呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

リベンジ失敗

先月20数年ぶりに行ったのに、フェイント定休日のためにありつけなかった、渋谷は道玄坂のインドカリー屋さん。
悔しかったので今月リベンジに行った。

これは先月ここに載せた写真。↓

2017021509543569c - コピー

ネットで調べ、金曜日さえ避ければと、行ったのが2月11日(土)。
金曜ではなかったが建国記念日だった。

金曜日の他に、マジック手書きで「祝日」が追加してたあったのだ。
ほんとに悔しかったが今度こそ。

で、行ったのが今月19日(日)だ。
金曜でもなければ祝日でもない。今回は食えるぞー!




が、また駄目だった。すでにその日の営業を終えていたのだ。
行ったのが夕方6時。慌て者は看板をもっとよく見なければならなかったのだ。




あまりに悔しいので拾った画を載せます。

リベンジ失敗

味はもちろんだが、一度見たら忘れられないご飯の盛り方。名物の卵。
あああ、早く食いたい。






  1. 2017/03/23(木) 17:23:48|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロス

「〇〇ロス」という言葉の使い方、今年あたりからよく聞くようになった気がする。

NHK朝ドラ「あさがきた」で、ディーン藤岡氏演じる五代友厚が死んでしまった時。
この年末で解散するSMAPのテレビ番組、SMAP×SMAPの最終回が流された昨夜。
NHK大河ドラマ「真田丸」が最終回だった先日の日曜。

その都度「ロス」という言葉がネットや新聞などに散見された。
この場合の「ロス」とは「喪失感」の事なのだろう。

私はというと、録画の真田丸最終回を見終わってから、十分「ロス」を感じた。
昨年、バイクで信州上田城、車で和歌山九度山を訪れるという偶然が重なり、
そこへ近年の歴史狂いも相まって、「真田丸ロス」は事前に予感できていた。

スマップも五代も真田丸も、大好きだった人たちは、大げさに言えば
「これから自分は何を楽しみに生きていけばいいのだろう」といったところではないか。
とてもよくわかる。

私も「これからの日曜の夜、おれは何をすればいいのだろう」だからだ。
真田丸は毎回もれなく見たもんな。

とても楽しませてもらったが、欲を言えばもう少し掘り下げて欲しかった。
例えば大坂の陣だけで一年かけるとか。ま、エンタテインメントにそれは無理難題か。






今月18日、かけがえのない人を突然なくした。(我が家の中の事ではありません。念のため)
かつて経験したことのない強く大きな「ロス感」から、今のところ全く抜けられない。




  1. 2016/12/27(火) 17:27:10|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開けます!時間外

数日前の夕方のこと。友人から電話があった。
「申し訳ないけど今夜8時に店を開けてもらえないか。〇〇を買いたいという人を連れて行きたいんだが」

彼は当店がもっと早い時刻に閉まることや、再開店するには我々夫婦のどちらかが1キロほど離れた自宅から再出勤しなければならないことなどを熟知している。

だから「すまないが」という枕詞が付けたわけだ。
だがこちらはそんな話は有り難く嬉しいばかり。喜んで再開店し、彼とお客様を迎えた。

当店の営業時間は
◎平日  9:30~17:30
◎土・祝  10:00~16:00
そして定休日は日曜としているが、

24時間・365日は営業できない当店としては、
「お客様が在店でなければ」
「ご来店予約など無ければ」
とりあえずこうさせて頂きますというもの。

このお客様のように、ご都合で常の営業時間にはお越しになれないお客様は昔からいらっしゃり、
当店は我が身の不都合の無い限り、いつも喜んでお迎えしている。

また、ご高齢とかご遠方などでご来店が困難なお客様には、昔も今も喜んで出張・訪問させて頂いている。
こんなことは当たり前すぎて、普段ならわざわざここに書くことも思いつかないくらいである。


お役に立てて本当に嬉しかった。
友人の厚意にもお客様にも心から感謝申し上げたい。

「行きたいけど17:30までは無理」、「日曜しか行けない」
という方、どなた様もご遠慮なくご一報下さい。
泥酔中・爆睡中・入浴中とか、寒河江にいない、などでなければ体の都合のつく限りお応えさせて頂きます。(^-^)/





  1. 2016/12/12(月) 07:30:15|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自作スピーカー

多分2カ月以上も前、いつもお世話になっている飲食店のご主人が突然、「差し上げます」と小さなスピーカーユニットを2個下さった。
もちろん新品だが、丸裸のユニットである。こんなやつだ。


nfj_o219-f - コピー


ご主人は知ってか知らずか、オーディオマニア少年の成れの果ては目を輝かせた。
こんな小さなフルレンジは初めて見るが、アルテックと言えば昔からユニットの有名メーカーである。

おれ「ありがとうございます。しかしこれをおれにどうしろと?」
彼「ネットでこれ用のエンクロージャーキット(スピーカーの「箱」)が買えるんですよ。ご自分で作って下さい」

おおお!なんという世の中!そりゃそうだよなあ。
ということで探してみると、あった。


nfj_h55-f.jpg


40年前と違い、今は「マニア」には程遠いおじさんであり、ご主人はおれのことを少し誤解なさっている。
が、こうなっては作るしかない。

とはいえ歯は痛み、身辺(プライベート)には世間並の心配事が相次ぎ、なかなか40年ぶりのスピーカー自作は進まなかった。
ネットでエンクロージャーキットを買うのに数週間、
組立作業に手をそめるまでまた数週間、
完成させるまで更に数週間。

業を煮やしたご主人は途中、
「はんだとはんだごて持ってきました。お使いなさい」
「キットに付属のものよりずっと上等なコードを持ってきました」
と何度か私の尻を叩きにいらっしゃった。

なんでこんなに時間がかかったのか我ながらあきれるが、このほどやっと完成した。


P1010509.jpg

P1010511.jpg

P1010512.jpg

P1010514.jpg



自作ったって板はきれいにカットされ、穴は開いており、ターミナル部(裏側のコードを接続する)も完成されており、バカチョンキットである。

しかしやはり嬉しいもので、完成後はさっそく店のミニコンポにつなぎ聴いてみた。
極小口径フルレンジらしく、HiもLowもエンド出力は小さいが、反面まとまりのある音だ。
健気に、一人前に鳴り響く。

高校生の頃はろくな工具も持たず、合板のカットから自分でやったっけ。
バスレフダクトもその合板を切り刻み、穴をあけ、接着したものだ。
思えばよくやったなー。




ここまでくるとアンプも作ってみたくなったりして。






  1. 2016/12/11(日) 10:26:20|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初本積雪2016.12

きのうから少し積もり始めた雪。
今朝。


P1010513.jpg


数日前の初雪は芝生や屋根などには1~2cm積もったが、舗装道路に積もるほどではなかった。
今回が本降・積雪だろう。

また来るものが来た。
ゴミ拾い通勤も来春までお休みだな。






  1. 2016/12/11(日) 07:53:03|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の初夏あたりから歯に悩まされている。
以前も書いたが、歯科医に「歯周病の進行による痛み・不具合」、「それは長年の喫煙が大原因」と指摘され、
恐怖のあまり苦しみなく長年の喫煙習慣を断つことができた。
それは良かったが・・・

不具合な箇所の治療の他、歯石の除去、ついでに見つかった虫歯の治療。いずれも複数回。
歯の治療が思わぬ長さで続いている。

毎日歯科医に行ければとうにみな済んでいるのだろうが、なぜか3、4週間に一回の予約診察・治療というペース。
まだ終わらない。

しかも不具合・痛みの箇所の根本的治療は大病院に行かねばなないことになり、時間も気力も非常に消耗する事態となった。
命に係わる病気には深刻さは敵わないだろうが、この齢までほとんど大病を患ったことのない身。

食事も不味く(よく噛めない)、時折痛みにも襲われ、長期間なかなか消耗している。
このところブログアップもままならないのはそれが原因ではないか。
体の不具合・痛みはごく普通の快適な生活を蝕む。

治療の山場(抜歯)はこの年末の予定。いやはやまいった。





  1. 2016/12/10(土) 17:20:44|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成28年

いやはや!28年?平成になってから28年!
おーまいごっどー!おーまいごっどー!
そして今日は12月7日。もう、今年を振り返ってしかるべき暦だ。

んーーーーーー。またあっという間の一年だった。
私は一体何をしていたのか。落ち着いて振り返ってみると・・・

割と地味な一年だったような気がする。
昨年はすごかったもの。
2月、仙台グランディにkissを観に行き、4月、東京ドームにポールに会いに行き、
8月、北海道をパンクするほどバイクで走り、10月、スイフトで明日香村と高野山へ行き、

そんな昨年と比べ、今年は間違いなく地味だった。
バイクで北海道の南の端っこをちょろっと走り、箱根と伊豆を初めて大型バイクで攻め・・・

大ごとはそれくらいか。
妻を連れての泊りがけは、東京の娘の所へ行ったくらいだった。

世間並み、人並の心配事が、今年は特に多かった。
あまり出かけられなかったのはその辺に原因があったか。

まあ、長い人生、その辺はやむを得ないだろう。
来年は何とか、妻をどこかへ泊りがけで連れて行ってやらねば。バイクで出かける申し訳に。

しかしその地味な今年の特徴を強いて挙げれば、城址巡りが私的ナンバーワンだろう。
一年を通して随分回った。ちょっと数えきれない。

小田原城址、小峰(白河)城址、松前(北海道)城址、五稜郭、白石城址、新庄城址といったメジャーなところもあれば、
県内や市内の身近な小城址、支城址も随分回った。
まだまだ行かないととても回り切れない。来年再来年も楽しみである。これは楽しくてしょうがない。

そして他にはと言えば・・・

歯科医に歯周病を指摘され、自発的に喫煙を辞めたこと。(それからまだたったの4カ月だが)
あとは何かなかったかな?

皆さんはいかがな一年でしたか?

(つづく)









  1. 2016/12/07(水) 18:41:14|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安易

これは夢の話ではない。



数日前のこと、仕舞際の店に一人のお嬢さんが入ってきた。
「突然失礼します。〇〇大学4年の△△と申します。」
「はい、いらっしゃい」

「実は卒業記念発表の制作をしています。このフリップにJR✖✖線への想いをひとこと書いて頂き、フリップを持ったあなたの写真を撮らせて頂けないでしょうか?こちらに伺う前にもこんな感じで何人かの方々に書いて頂いたんです。」
と、彼女は何枚かのフリップを私に見せる。
「ははあ」

「で、来年2月の〇日から△日まで、大学の某所に展示させて頂きます。よろしければどうぞ見に来て下さい」
「わかりました」

ということで、お安い御用ではあるし、彼女にご協力申し上げた。
撮影は彼女のスマホだった。




だがよ・・・
卒業記念発表という大層な話であることを考えるとよ・・・

あまりに安易な企画ではないか?
考えるのも他人、書くのも他人、写真に写ってるのも他人。

ご自分のすることは取材の取捨選択と写真のプリントのみ。
あまりの安易さに大学の神(がおわせば)が慟哭しやしないか?

かわいらしいお嬢さんでなく青年だったら
「おいおいおい、ちょっと君。それじゃああんまりだろうよ」
と私はひとくさり投げかけただろうか。

いや、それこそ性差別というものか?



うーーーーーむ。





  1. 2016/12/03(土) 14:23:24|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Imagine PPAP

ppap.jpg



I think ・・・ 

PPAP = Peace,Peace and Peace.



imagine.jpg



Please imagine PPAP.






  1. 2016/11/23(水) 20:48:14|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショック

先日、母がお世話になっている施設を夫婦で訪れた時のこと。(均して週一回は行く)

入所者の方々のその時々の楽しそうな写真がいつもたくさん掲示されているが、
その時はとりわけ大きな写真がホールの壁に貼られてあった。

見てみると、先月ホームの駐車場を会場に催された、秋恒例芋煮会時の集合写真だった。
入所者・家族・職員さん、数十人が一枚に写っている。

見てみる。・・・ 我々夫婦を見つけた。

え?
おーまいごっどー!


顔の肉がすべて重力で垂れ下がり、とても疲れた表情の、夢も希望も無いような、
情けないじいさんとばあさんがそこには写っていた。

おおおお!おーまいごっど!おーまいごっど!
自分の「意識」などは30代くらいで止まっているつもりなのだが、写真には冷酷な真実しか写らない。
おおおお!おれたちはこうなっているのだ。

仮に頭髪の無いおじさんでも、つやつやとして生気に満ちた男性はいくらでもいるだろう。
おれは毛の他に精気まで抜けているのか。





手ひどいショックを受け、二人でふらふらしながら帰ってきたっけ。





  1. 2016/11/12(土) 07:11:57|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ここの歴史