呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

疑問

例えば家族合計のプライベート携帯電話料金が、世帯所得の10%とかそれ以上とか。
ダイニングやリビングで、家族がそれぞれのスマホをいじって無言で過ごしているとか。

どんなに世の中が変わろうとも、そういう状態を普通とは思えない。

「えええ?あーらそんなの、多くのお宅で当たり前よ」
とおっしゃる方がおれば、「多くのお宅が普通でない」と思う。

おかしくないか。大丈夫か。
大金(おおがね)はたいて大人も子供も四六時中そんなものをいじっているより、
身の回りに、座ったままでも手の届くほど近くに、もっとずっと大事なものがいくらでも転がっているんじゃないか。


長時間拘束され、身を削って稼いだ血と汗と涙の結晶の多くを、
なんで見ず知らずの会社に延々と、しかも気前良く、献上し続けなければならないのか。
くやしくないか。おかしくないか。


10数年前まで我々の周りに溢れていた「普通」が、今は失われていないか?

それとも私がおかしいのだろうか?







  1. 2014/10/03(金) 21:56:11|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紋位置

久しぶりの「ダメ気に」カテ。まいります。

CIMG9543 - コピー

このところ複数回新聞に載っている、県内有名企業さんの広告。
見る度に目が釘付けになる。

大学生さんのデザインとか。
意図してならば「そうでしたか。わかりました」だが、呉服屋としては気になってしまう。




  1. 2014/05/31(土) 21:23:35|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正解

当カテ、久しぶりにまいります。



テレビのクイズ番組を見ていたら

「正解した方には○点差し上げます」


「正解した方」?

「正解の方」とか「正解を出した方」が「正解」では?






もう一つ。

「かけ流し」

??? 
学校でも親からも習ってない言葉だ。
いつ誰が言い出したんだろう? どういう意味なんだろう?





  1. 2014/02/16(日) 19:37:52|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんか変だ

久しぶりのこのカテ。




昨夜のこと。友人と二人で飲食に出かけた。
何度か書いたあの「戦略的飲食」の焼肉屋である。

二時間半ほどを楽しく過ごして勘定を済ませ、店の出口に向かう時に見えた光景。
出口近くの4人席に向かい合って座っていた、20代半ばくらいに見える青年二人。

目の前の焼肉を食べもせず、生ビールの入ったジョッキはテーブルに置かれたまま、
二人とも脇目も振らずにスマホに見入り、それぞれ画面をいじっていたのである。

なかなか衝撃的な光景だった。

しかしおかしい。変だ。
男二人、酒を酌み交わすのなら語り合えよな。




だが人様のことばかりは言えない。
我が家の娘たちも、スマホを握って生まれてきたかのようによくいじっている。

絶対におかしい。
中・高校生から二十歳くらいの子供たちなら「おもちゃに気をとられているか」と、
無理に理解してやろうとすることもできるが、これが先の立派な齢の青年二人くらいになると笑えなくなる。

ましてや30代、40代、あるいはそれ以上の大人がそうやっていたら、正直言って「うーむ・・・」と唸るしかない。
私にしたって、現在使っている携帯電話をスマホに替えたらどうなるかわからない。




今やたいていの自動車やバイクは、結構安全に時速160~180キロ出せるだろう。
だが、多くのドライバー・ライダーは良識を発揮してそんな速度は出さずに運転している。

「出したい気持ちはあるけれど、でもあえて出さない」
我が国の車社会は結構な歴史を経てある程度成熟していると思う。
そしてみんなの安全や秩序が保たれているんだと思う。

国民がなべて、黙って、てんでに、スマホいじりに四六時中没頭している。
古今東西、これまで誰も見たことのない不気味な光景が国中で日々繰り広げられている。

おかしい。
クルマ社会のように、人々がスマホに吞まれない日が早く来るよう願う。



  1. 2013/12/02(月) 20:16:33|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここの歴史