呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

懺悔2015.7

久しぶりのこのカテ。
前回はと言うと、昨年の11月だった。

さて、今月一カ月でなんと二度も人様に御迷惑をかけてしまった。
二度とも「期せずして」ではあるが、迷惑は迷惑。

この齢になって恥ずかしい。
修行と反省あるのみ。懺悔。




  1. 2015/07/29(水) 13:30:29|
  2. 懺悔の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっちまった

定休日の今朝、4時半頃目が覚めた。
齢もとったし、昨夜は10時半頃就寝したからそんな時間に目覚めてもそれほどおかしくはない。
だが、その目覚めのうつらうつらの頃、大変なことをだしぬけに思い出したのである。

数日前、2、3日じゃないな。4、5日も前だったろうか。正確に思い出せないところが情けない。
営業日の午前中、お客様から電話を頂いた。

「もしもし。きもののしみ抜きをお願いしたいんだけど」

年配の、親の代からのお得意様である。
車の運転もなさらないし、歩いて当店にお越しになるにはちょっと遠すぎるお宅である。

「わかりました。お昼までにお預かりに伺います」

その電話を頂いた時、私は接客中で忙しかった。
そしてその電話の件は、当座の接客・商談を終えた時点で見事にどこかへ飛んでしまった。

よくぞ数日後に思い出したものである。いやいや、よくも数日間もの長い間思い出さなかったと言うべきか。
お得意様に対し、大変失礼なことをしてしまった。




だが私はもう一度寝た。4時半起床はいくらなんでも早過ぎるからだ。
お得意様への失礼も、本式に目覚めてから反省することにしてとにかく寝た。

さすがになかなか睡眠に入ることはできなかったが、それでもしばらく我慢している内に眠れた。
いくらお客様に申し訳ないとはいえ、自分気持ちだけで早朝にお客様を訪問することはありえない。
この辺、年の功だろう。若い時なら気になってとうとう眠れなかったと思う。

正午近く、お客様宅を訪れた。お詫びを申し上げながら、しみ抜きご依頼品をお預かりしてきた。
お客様は一切私を咎めることなく、優しくお笑いになるばかりである。



物忘れ?呆け?大丈夫か。一体何歳まで営業できるだろう。
お客様へのご迷惑が度重なったりするようになる前に引退した方がいい。
自分の事よりお客様の方がずっと大事だからだ。

ここ数年、夫婦でそんな話をするようになった。

久しぶりの「懺悔の部屋」カテでした。懺悔。




  1. 2014/11/16(日) 19:47:29|
  2. 懺悔の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

In New Zealand

久々の「懺悔の部屋」カテ。今夜は大サービスです。


1989年10月、新婚旅行でのニュージーランドでのスリーショット。

CIMG6361 - コピー

左が妻、中央が私、右は同じツアーで一緒だった当時20代前半の一人旅の女の子。

お、おれ、髪の毛がたくさんある!
つ、妻が岡村孝子様京野ことみちゃんみたいだ!(ぜ、全然違うか)




冗談はともかく、右の女の子は新婚旅行中、相当時間おれたち夫婦と共にいた。
ホテルでも夜になると心細いのか、「ご一緒してもいいですか?」と部屋に来る。
食事もよく共にしたし、オプショナルツアーも一緒にした事もあったかもしれない。




今でも妻に責められる。
「あの新婚旅行って一体なんだったの?」

だって、頼ってくる彼女に「来ないで下さい」なんて言えなかったべよ。




ごめんよ。







追記
この頃の体重は確か73kgくらいだったと記憶している。
へー! という事は現在よりちょっと重かったんだ!

でも、当時は1年半アスレチックジムに通い上げたばかりの30歳の73kg。
今は1kgくらい軽いとはいえ53歳。
筋肉量はだいぶ違うだろうなあ。腹のブヨブヨ感とか。




  1. 2012/01/23(月) 21:46:55|
  2. 懺悔の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

反省の機会

今日、「おれが、おれが」「私が、私が」で凝り固まっているように見える人と出会った。

その人はとても悲しそうで、辛そうだった。実際、涙ながらに語っていた。

「自分は何も悪くない。悪いのはすべて相手」。

その地獄のような苦しさから抜け出すには「おれがおれが」「私が私が」の我執を捨てるしかないだろう。

抜け出すには、辛いだろうがそれしかない。

人を攻撃する事しかできない内はなかなか苦しみから抜け出せない。

「あの人は私の思うようにならない。私が望むような人でない」

と思うよりも先に、

「私はあの人にとってどんな存在なののだろう」

「私はあの人に何かいやな振舞いはしていないだろうか」

「私はあの人にもっとしてあげられる事は無いだろうか」

「私があの人から今までに頂いた恩を思い出してみよう」

と思った方がきっといい二者関係、ひいてはもっといい家族関係を築く事が出来るに違いない。

夫婦が、親子が、兄弟姉妹が、うまくいかなければ家族全体に重大な悪影響を齎す。

自分も相手も楽になるには相手の気持ちを慮り尊重すること。

そうすれば必ず、そしてすぐ、自分にいい結果となってはね返ってくるはず。







というように、人の事だととてもよく見える。

では自分の事は・・・

何も見えない。

自分に人の事を云々する資格などあるのだろうか。

知らず知らず、あるいは確信犯的に、何か人様に失礼な事、傷つける事をしてはいないか。






思い当たる事は少なからずあるような気がする。

今日、神様だか仏様だかわからないが、悩める人を私のすぐそばに近寄らせ、私に反省のチャンスを与えたのかもしれない。

精進とはなかなか辛さを伴うものだがしかし、しなければならないことは明白だ。

今日出会った苦しみのさ中にある人が、一日も早く解放されますように。

そして自分ももっと上のステージに行けるよう、悟りと反省と精進を実践しなければ。

自分に克つしか手は無い。





  1. 2011/05/10(火) 22:58:05|
  2. 懺悔の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ここの歴史