呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

B.D.氏とノーベル賞

ノーベル賞受賞について、組織から氏への連絡が取れず、
ばかりか彼から何の反応・コメントもないという珍しい事態が続いていることは報道の通り。

生まれた時代のずれもあり、私は彼のことをほとんど知らない。
知っているのは自分よりも上の世代であること、名前、職業、
あとはオールバックで、スタジャンを着、横を向いて座っている写真くらい。
彼の持ち歌さえほとんど知らない。

きっと彼は高邁で深い考えを持ち、オーラまで発している偉人なのだろう。
(今回の対応もそこからきているのだろう)

だからノーベル賞組織は彼の功績を認め、賞を以て褒め称えようとしているのである。
彼に悪意の攻撃をしているのではない。その逆だ。

ならば、もしも賞が要らないのなら、丁寧に謝辞と理由と詫びを述べて辞退を申し出るべきと思う。
無視、無反応は無礼の極致ではないか。下手をすると傲慢ともとられかねない。






  1. 2016/10/22(土) 09:16:11|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怖くて書けないこと二つ

①この度の国際裁判判決に対する当事者の反応。

②先日の参院選や、間もなくの都知事選の立候補や擁立のノリ。






  1. 2016/07/13(水) 20:26:22|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬肉祭

ニュースで某国の犬肉祭に関する記事を見た。
特に某国南部で犬肉を食うということだが、これが国際的に非難の的になっているという。
非難する中心は主に愛護団体などなのだろう。

このところ彼の国と我が国の関係はぎくしゃくしっぱなしだし、頓に最近は領海侵犯などで益々悪化している。
この国へ好感ばかりを持つにはなかなか努力が要るようになった。
が、犬肉祭についてだけは彼の国に対して一定の理解を持つ。

食は人類にとって文化である。
犬肉食を非難する奴は牛肉・豚肉・鶏肉・馬肉・魚を食わないか。

食わないなら許せるが、自分が様々な動物の肉を喰らいながら犬肉食を非難する資格は無いだろう。
人類はあらゆるものを食って今日まで生き永らえてきた。

その中には主観的ゲテ物も無数にある。
猿の脳みそ、カブトムシ、蜂の子、カタツムリetc.etc.・・・

それらを食う人を顔をしかめて見ながら自分は平気でイナゴや塩辛やカニみそやホヤ、ナマコ、ウニを食っている。
焼鳥屋に行けば雀の頭蓋骨をバリバリ噛み砕いて食っている。
自分は色んな命を神様から頂きながら、こと犬肉食のみ非難する資格は無いと思う。

日本人は昔からクジラを食う。肉だけでなく、油や骨、髭まで無駄なく生活に役立てる。
クジラを食わない連中にそれを非難される筋合いは無いと考える。

人類をはじめ、この世のすべての動物は他の命を頂かないと生存できない宿命を持たされている。
これがキリスト教でいう「原罪」ではないのか。

要は、原罪を認識しながら感謝の心を絶やさず頂くことが大事なのではないか。
犬が(肉ではないよ)大好きな私はそう思う。





  1. 2016/06/22(水) 20:54:46|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

某首長

単刀直入に言って驚き。これに尽きる。



自分が地方自治体の首長に就任したら、まずは理想的な首長たろうとするだろう。
一般市民のことを考えれば「別荘など持っている場合ではない」と考え、売却するだろう。
だから頻繁に別荘に通って政務の一部をこなす、なんてこともない。

公用車での移動は何らかの事情がない限り自分で運転し、車両は高級車を廃する。カローラあたりで十分だ。
出張時の宿泊先は質素なホテルの質素なシングルルームを選ぶだろう。もちろん一泊数千円だ。

出張先の相手が「安いホテルに泊まっている人物とは会わない」というなら、喜んでそんな人物との面会・会談はこちらから願い下げるだろう。

美術館巡りは先方からの求めがない限り全くしないだろうし、
飛行機に乗る時は健康の問題でもない限り、迷いなくエコノミークラスだろう。
公費を使って美術品を購入することも、クレヨンしんちゃんを買うことも考えないだろう。

なぜそうするか。
市民に選ばれた為政者だから、当然一般市民よりも質素倹約する義務があると思うからだ。

が、・・・ だんだん慣れてきたらどうだろう。
「高級ホテルやファーストクラスを使っても構わないんだ」
「公費で家族旅行や飲食をしても公費で済むかも」
「別荘でも公務をしているといっても通るかも」
「仕事のためと言えば、自分の好みで美術品を買ったり美術館巡りをしても通るかも」

私は意志の弱い男であり、聖人君子でもなく、ちょっとおだてられればすぐに木に登る。
多くの煩悩を持つ、全き凡人であると自認している。
だから「おれは絶対そんなことはしない」なんていう自信は無い。

そして結構な期間それらの所業を繰り返し、遂に指摘・批判されるようになったら・・・
議会であのように代表質問されたら・・・

集中審議の答弁をしなければならなくなったら・・・
市民からあきれ返られ愛想をつかされたら・・・
津々浦々のテレビにそんな自分の姿が曝されたら・・・

小心者の私ならパニックに陥り、泣きながら謝罪し、即辞任表明するだろうな。

この度の某首長はすごい。
はぐらかしてばかりでまともな説明責任を果たさず、辞めないで「今後も職務を通して自治体のために働きたい」と繰り返す。

彼の強靭な精神力には尊敬すら覚える。
今後も針の筵の上で過ごしたい、と言っているのだ。私なら即降参だ。

しかし全く理解できないのは、議会や市民から完全に信頼を失った今、それでも辞めないというのは
これはもう豪胆とか気丈とかではなく、「無神経」・「エイリアン」と言うより他無いのではないか。

日本人には「恥」の概念がある。「廉恥」という言葉もある。これが無いのを「破廉恥」という。
ご家族やご親戚の気持ちを考えたことはあるのだろうか。
日本一の大学を出、多くの著作を世に出し、様々な言動を残し、世界有数の巨大都市の首長という類稀な人物が・・・

そこで誰もがわかることがある。
人間は、いや為政者なら尚更、学識の他に人間性が不可欠であるということだ。

残念ながらその最も大事なものが欠如、あるいは不足している政治家が昔から数多くいた。
私がすべての政治家を信じきることができない大本はそこにある。

最後にもう一度。彼は並の精神力ではない。大したものだ。










  1. 2016/06/12(日) 20:24:19|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンバレ熊本

毎日ショウウインドウでお客様をお迎えしている当店のマスコットたちが


CIMG0530.jpg


今朝から幟を持った。
ガンバレ熊本。





  1. 2016/04/26(火) 09:44:38|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊本地震 御見舞

CIMG0499 - コピー


熊本県で震度6弱 津波なし
熊本で震度6強 阪神大震災級
熊本地震で8人死亡 計17人に
阿蘇山 小規模な噴火が発生
阿蘇大橋が崩落 全長約200m
学生寮が倒壊 11人生き埋めか
南阿蘇村 温泉施設で50人孤立
熊本空港閉鎖 16日は全便欠航


ネットニュース一覧は全てが熊本地震となった。
新聞の大見出しの通り、今も強い地震が続いている。

他、九州新幹線、高速道路、JR豊肥本線、被害を受けみな不通だ。
我が国にとり、東日本大震災以来の大災害だ。

これほど短いインターバルで無数の大地震がしつこく続くのは経験も見聞したことも無い。
熊本・大分の人々の恐怖と心労、避難生活の苦労は如何ばかりか。

必要な生活物資は手に入るのか。5年前の我々の記憶がまざまざと甦る。

被災された方々、怪我を負われた方々に心からお見舞い申し上げ、
亡くなられた方々のご冥福を祈り、ご遺族の方々には謹んでお悔やみ申し上げます。





ところで、熊本市中央区には学生時代からの友人の家がある。
東京に単身赴任中の彼は、14日(木)夜の震度7の前震を受け、翌15日午前の飛行機で急遽帰省した。

早く帰ってよかった。
翌日には熊本空港は本震等でターミナルビルが被害を受け、完全閉鎖・全便欠航となったから。

幸いその時点ではご家族と家は無事だった様子。
だが16日未明の本震をはじめ、その後も打ち続いている余震の影響はどうか。

熊本は宅配便も集配受付休止。
何一つできない私はその後彼への連絡を躊躇っている。

ご家族・ご自宅と共に、彼の無事を祈るのみ。




  1. 2016/04/17(日) 10:29:10|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝 北海道新幹線開業

CIMG0446.jpg


とにかくめでたい。
四国・山陰には無いし、山形・秋田新幹線も「なんちゃって」だが、とにかく初めて北海道から九州まで世界に誇る新幹線でつながったのだから。

齢をとり、バイクに乗れなくなっても、「ちょっと函館に塩ラーメン食いに行くか」が、飛行機の他にも手段があるのは大きい。
なにせ、仙台⇔函館北斗が2時間半なのだから。



それにしても・・・
福島⇔山形のわずか90kmを60分もかけて走る、我が「なんちゃって新幹線」。なんとかならないものか。
フル規格なら20分なのに。

いつも思うのだが、フル規格化が不可能に近いのなら、この90kmの在来線共用部分を、
減らした踏切を更に絞ったり、立体交差や柵を増やしたり、
高畠・赤湯・上山の方々には申し訳ないが、途中停車は米沢だけの列車を増やし、
安価・短時間で実現できる対策をすべてやり、

もっとぶっとばしたらどうか?

そしてこの区間をせめて40分、出来れば30分で走るのだ。ならば山形⇔東京は2時間ちょっとになる。
どうでしょう?





  1. 2016/03/27(日) 08:24:51|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

県・公立高志願倍率2016

が先週発表された。受験するすべての子供たちに胸躍る、輝く春を迎えて欲しい。
ところで今年に始まったことではないが、異様な数字に目を引き付けられる。

低志願倍率の一例。
最上地方A高のA1分校は、定員40人、内定0に対し志願者22人、倍率0.55。(以下同順)
同地方B校のB1分校、定40、内定0、残り20に対しなんと2! 倍率0.1

置賜地方のC高は定80、内26、残り54に対しなんと5! 0.09!
庄内地方のD高のD1分校は、40、0、40に対し20で0.5。

同地方のE水産高やF農業高も一部の学科を除き0.26~0.4といった数字が並んでいる。
募集定員に対し、志願者が半数に満たない年が二年続くと、以後募集停止になるというルールを最近知った。

このままでは近い将来に地域唯一の高校が何校もなくなる可能性が大きい。
小学校がなくなるのも大変だが、高校がなくなるのも地域にとっては大変なことだ。

過疎地域の活力低下が更に加速する要因になると思う。
人口他、今の所まずまずのわが市だって、数十年という長い目で見れば危うくないか。






  1. 2016/02/29(月) 17:27:44|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬩(せめ)ぎ合い

経営再建を目指すシャープさんは、なんと!
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業さんの傘下に入るというウルトラC手法を採ることにし、
先ごろから交渉を続けてきたのは皆様ご存知の通り。

「我が国が誇る世界的大企業がこんなことになるとは!」なんて嘆いてばかりいられない。
万が一完全にバッタリ倒れたら、数多い従業員、取引先に甚大な影響を齎してしまう。
生き延びるためにはあらゆる手法を検討しなければならない。

といって、シャープばかりでなく、国としても機密性の高い、流出させたくない技術までは鴻海に渡したくない。
だから、今回の縁談は途中で止まったりもした。これだけの大事、紆余曲折があって当然だろう。

だが今日午前、遂に双方合意に達したというニュースが流れた。
と思ったら!今夜になってまたニュース。



鴻海は、シャープから新たに重要文書を受け取り、
「内容を精査する必要があり、双方がこれについて合意に達するまでは買収契約を見合わせる」
との声明を同日夕発表した。

鴻海、シャープ双方ともその内容を明らかにしていない。
シャープは25日午前、取締役会を開き、鴻海傘下で経営再建を図ることを全会一致で決議したばかり。

両社の交渉期限は29日で、同日までに契約を結ぶ必要がある。
鴻海は声明の最後に
「早く内容をはっきりさせ、今回の取引が円満な結果をもたらすことを期待する」とした。 






うーむ!最後の最後までどうなるかわからない。
今夕のこの出来事はシャープの大和魂か、はたまた第三者の肝煎りか。あるいは両方か。

いずれにしてもわが国の数ある巨大企業で初めての非常事態だ。
私がシャープさんの社長だったり、日本国の総理大臣だったら・・・

あなたなら?


それともうひとつ。「経営再建」という言葉。
実業界の端っこに身を置くようになって30数年。

何度も何度もその言葉を聞き、そのありようを身近にも何度も見てきた。
他企業の傘下に入って「再建」。

その多くの場合、「再建」は美辞麗句と感じた。「再建」でななく、現実は残念ながら「○○」だ。

でも・・・ それでも・・・ 「死ぬ」よりはマシなんだろうなあ。






  1. 2016/02/25(木) 21:14:06|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お粗末

ネットニュースから。

沖縄北方担当相、 「歯舞」を読めず


Oh! my God!







  1. 2016/02/09(火) 18:31:44|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここの歴史