呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

仮住まい日記最終回

昨日で新しい家に4晩寝た。あっという間だ。
多くの協力者のお陰で物品の搬入が非常にうまくいき、家の中もだいぶ落ち着いてきた。

昨日は引越し作業後の疲労がピークだったが、今日はだいぶ和らいできた。
その証拠に、数日振りに夜のウオーキングを実施。
明日夜は久しぶりにバンド練習に行くつもりでいる。

商売の方も今日からは頭が回りだした。
何もかもが少しずつ平常に戻っていく。

そんな中、仮住まいで大変お世話になったS氏の奥様に、アパート退去の立会いをして頂いた。
本当にありがとうございました。

GWから4ヵ月半お世話になった市内鶴田にあるセレーザ鶴田。
多分、この立会いを以ってここを訪れるのは最後と思う。
物件は新しく、物理的にはとても快適だった。

今となってはその4ヵ月半は早くも夢のような過去となった。
ありがとうセレーザ鶴田。




今回を以って「仮住まい日記」カテを閉じます。
皆様、お付き合い下さりありがとうございました。




  1. 2012/09/25(火) 20:55:20|
  2. 仮住まい日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引越し

事情により、22日(土)・23日(日)の予定だった、仮住まいから新築なった自宅への引越しが一日早まり、21日(金)から始まった。
また今回も㈱ボスコの皆さんや、多くの友人たちの助けを頂いた。

とりあえず格好がつくのに21日・22日・23日の3日間が必要だった。
店の営業日を二日休んでしまった。
完全に落ち着くまであとどれくらいかかるのだろう。

今はただ、稀に見る肉体疲労に襲われている。
今日午前は妻に店を任せ、借りた軽トラックでクリーンセンターを2往復。
ガレージに集めていた不用品を排出し、すっかりきれいになった。

今年3度目の引越し。
最初はGWの自宅から仮住まいへ。これが最も大変だった。
次は7月下旬、長女の仙台アパートからの引き上げ。
そして今回だ。

ブログを休み、ウオーキングを休み、店も休み、バンド練習も休み・・・
もう一晩二晩寝れば疲れは取れる。
頭も体も早く平常に戻さないとね。

皆様、またよろしくお願いします。
そして今回お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。

そうそう、北海道の続きも書かないと。







  1. 2012/09/24(月) 23:31:24|
  2. 仮住まい日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮住まい残りわずか

5月22日の地鎮祭から始まった自宅建築工事は、多くの方々のお働きのお陰で順調かつ予定通りに進み、来週末に引越しを始められそうである。
入居作業(引越し)は3日もかかるのかな。二日くらいで粗方済ませられるのかな。



「建替え」なので、建築の前に旧宅の解体作業もあったため、ここ西寒河江での仮住まい生活はGWから始まっている。
それから130日ほど経った。
引越し当初から「9月下旬なんて、遥か先だよなあ。長いなあ」と思っていたが、とうとうほぼ過ごしたわけだ。

仮住まいに来て即策定した、夜のウオーキング東西南北4コース。
とても馴染んだがそれも間もなくお別れだ。

自宅のある地区にはない、24時間営業のスーパーが近くにあり、「おお、何かと便利かもしれない」なんて思ったが、ほとんど深夜・早朝の時間帯に利用することは無く終わってしまった。
考えてみれば、そういう時間に買物する習慣は元々無かったのだ。

馴染みの居酒屋さんは一軒できた。
友人たちを誘って130日間に10回ほど行ったかな。
店の人たちは愛想が良く、行けば必ず「いつもありがとうございます」。
末広町に戻ってもまた来たいお店である。



ここに居るのも今日を入れてあと9日。
あ、違うか。ちょっと旅に出かけるので9日も居れないんだ。
噛み締めながら残り少ない日々を過ごそう。




  1. 2012/09/13(木) 07:02:52|
  2. 仮住まい日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

September

CIMG7423.jpg

GW、この仮住まいに移り住んですぐに、壁に5カ月分のカレンダーを貼った。
今日、とうとう最後の一枚のみとなった。
長かった。

September。
いい響きですね。
ご同輩の皆様にもチューリップやアース・ウインド&ファイヤーを思い出される方が多いのでは。

(なんのこっちゃ)



  1. 2012/09/01(土) 10:15:55|
  2. 仮住まい日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仮住まい残り時間

CIMG7182.jpg

GWにこの仮住まいに引っ越してきてすぐに壁に貼った5月から9月までの5枚のカレンダー。
やっと残り2枚となった。

9月下旬が自宅竣工予定なのである。
あと50余日の辛抱。


辛抱と言えば、やむを得ない事ではあるが、決して短くない建築期間中にはご近所様にも様々ご迷惑をおかけしている事と思う。
誠に申し訳ない。




  1. 2012/08/02(木) 22:25:22|
  2. 仮住まい日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮住まいの利点

数少ない利点の一つ。

安い!

さすがは2LDK。一日あたり3.8kw。100円。
店でも家でもこんな数字は見た事が無い。

今後の新宅や店舗での節電のヒントにしよう。





  1. 2012/07/13(金) 21:23:51|
  2. 仮住まい日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストレス

この記事のカテをどれにしようか、迷った後に決めたのが「仮住まい日記」。
その方向で書こう。

午前は定休日限定さくらんぼもぎ方お手伝い。今シーズン3回目。
たぶん、いや、畑の収穫状況を見ると間違いなく今日が最後のお手伝いだろう。

午後は家族と共にチョロチョロ出歩いて過ぎる。
もちろん、休日ならではの日中ウオーキングも。




さてさて本記事のテーマは何か。

GWにここに引っ越してから2カ月に近い。
自宅の建て替えが成り、再び戻るのは9月下旬の予定。

という事は5カ月弱の仮住まい期間の内、まだ40%しか過ごしていないのだ。
あと60%。言い換えればあと3カ月近くの仮住まい生活が残っている。

いくら新しくても近代的でも、我が家の場合、集合住宅生活にはストレスを覚える。
予想通りだった。
ドアを一歩出れば共同の空間だ。もちろん庭もない。土が無い。
そして2LDKに4人はちときつい。
我が家族がかつて経験した事のない状況なのである。



あと3カ月弱、過ぎてみればあっという間さ。と自分に言い聞かせてやり過ごそう。
これが今日の主旨なのでした。





  1. 2012/07/01(日) 19:54:51|
  2. 仮住まい日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盛り沢山な定休日

今日は先週ほどもて余すことなく過ごす事が出来た。

定休日恒例、2LDKの掃除を終えると、建設中の我が家に行き庭木に水遣り。
そしてガレージに入り、売り払う本(段ボール4箱)を取り出して古本屋に直行。

「精算まで30分程お待ち下さい」と言われたので、その時間を利用しホームセンターへ。

CIMG6910.jpg

1個2,480円。
LEDなので消費電力は6w/hだが、この価格では償却するのにどれほどの時間がかかることか。
非常に痛いが、日常の一つ一つの行為が難しくなっている母のために購入。

玄関で先日から試してみた所、母には非常に良い事がわかり、脱衣室トイレの分を買い増したのである。

皆様ご存知とは思うが、人を感知すると点灯し、2~3分で自動消灯。
しかし人がその場に居続ければ感知して点灯を続ける。

更に、簡単なスイッチ側の操作で連続して点灯させる事も出来る。
そしてその場合も、3時間以上人を感知しないとやはり自動で消灯する。

もちろん明るい時は人が近付いても点灯しない。

母にはこれは本当に良い。
新宅でも母が関係する所にはなるべくこういうのを付けたい。



さて時間となり古本屋に戻ってみると・・・
83冊の本がなんと千八百数十円
泣きながらアパートへ戻る。

昼食を済ませると定休日ならではの「日中ウオーキング」だ。
仙台と家、半々の生活になっている長女も付いてくるようになった。
毎回四十数分、もくもくと付いてくる。




さて、歩き終えてもまだ四時だ。
私の提案で、左沢(あてらざわ)の楯山(たてやま)公園、別名日本一公園まで全員でドライヴ。
西寒河江地区にあるアパートからは本当に近い。10分も走れば到着だ。

「なぜここが日本一なの?」と長女。
私も小学生の頃、遠足で初めて訪れた時にはそう思ったに違いない。

「見なさい。ここからの眺望が絶景なのだ」

CIMG6903.jpg

(大蛇行する最上川)

CIMG6904.jpg

(川に隣接する、歴史ある左沢の町)

CIMG6905.jpg

おお、左沢駅。
特徴のある駅舎も目を引くが、終着駅ならではの「レール・エンド」が心にしみる。

折悪しく雷鳴と共に結構な勢いで雨が降ってきた。
でも、

CIMG6906.jpg

全くへっちゃらで眺望を楽しみ続ける事ができる。
やっぱりここは間違いなく

CIMG6907.jpg

である。



さてやっと5時。
「本屋に行きたい」と長女が言い出し、全員乗ったまま天童市へ。

いいものを見つけた。

CIMG6919.jpg

先ごろ亡くなった、私が小学4年から敬愛している北杜夫氏の未読本が4冊もあったのである。
新聞で見て狙っていた「どくとるマンボウ 最後の家族旅行」は単行・文庫共に見つけることはできなかったが。

望外の収穫だった。これでしばらく楽しめる。




という事で、またまた仮住まいでの平和な定休日の一つを凌いだ。
仮住まい生活はまだ4カ月近く残っている。
いや、わずか5カ月の内早くも1カ月が過ぎたんだ、と考えるか。





  1. 2012/06/03(日) 20:29:23|
  2. 仮住まい日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

留守番

定休日。
今日は義父の3回忌。早いものであれから2年。
妻と長女が出席・手伝いのため朝から実家へ出発した。

私は訳あって留守番をしなければならない。
例によって朝は仮住まいの掃除から。

先週も書いたが、2LDKは30分で終わってしまう。
仮住まいではここ ↓ が私の喫煙場所だ。

CIMG6876.jpg

人様の大事な物件をヤニだらけにする訳にはいかない。
縁台というのか床几というのか、店から持ってきたのだが、これがあるとなかなか快適である。



今日の課題は、一人勝手に外出せずにどうやって一日を過ごすかという事だ。
まずは昨夜の「ベト7」を振り返るため、持ち合わせのCDを聴いてみた。

CIMG6878.jpg

カラヤン指揮ベルリンフィル。すごいCDだ。1977年録音。

CIMG6877.jpg

仮住まいとて再生装置もしょぼい。
だが、それでも演奏を楽しむ事ができ満足。



さてそんなこんなでやっと昼が近付き、老母を連れて西川町方面へ外食に出発する。
西寒河江に住んでみると西川町が物理的に近い事を実感する。

だが、山菜そばを目論んだ間沢の「出羽屋」さんは順番待ち。
年寄り連れなので即あきらめ、もう少し先の「道の駅 水沢」へ。

しかしここも大混み。レストランは満員で「営業終了」看板が。
またまたあきらめて国道沿いの初めて入るそば屋で目的を果たす。

なかなか難儀な昼食行となった。



仮住まいに戻り、ゆっくり茶を飲むとウオーキングに出発。
さすがにこれくらいの時間は老母を一人残す。

いい天気だ。景色を楽しめる日中のウオーキングは定休日ならでは。
50分ほど汗を流す。




で、その後ネットブックに向かってこうやってネコネコと駄文を書き綴っているのだが・・・




まだ午後3時15分。
やれやれ。妻たちが戻るまであとどれくらいかな。

今夜あたり、ダチたちと近くの焼鳥屋にでも繰り出したいなあ。

(後記:繰り出した)





  1. 2012/05/27(日) 15:17:12|
  2. 仮住まい日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初Wi-Fi

何の略語だろう?わかる方教えて下さい。

CIMG6853.jpg

仮住まいスタートに合わせ、初めてWi-Fiちゅうものを使ってみた。
とりあえずここでも複数のパソコンでネットができる。
便利な世の中だがしかし、お金がかかる事夥しい。

利用料はひと月5千何がしだそうで、開始時には事務手数料3150円が発生。
2年使えばタダになるこの機械のお代も、それより早く解約すれば月割り残金を払わなければならない。
例えば5カ月で解約なら1万円以上の残金になるはずだ。

更に「2年以上利用」が条件なので、数カ月の仮住まい終了と共に解約すれば1万円近い違約金が発生する。
それでもそのタイミングで、もちろん即止めるつもり。

つまり娘と二人、5カ月間オンライン生活を続けるために、総額5万円超の出費となる。
Oh! my God!

せめてもの慰めは利用申込みに景品があった事。
任天堂DS、ネットブック、テレビの三択からテレビを選んだ。三菱「REAL」26型である。
この小ぶりなテレビは秋からの新生活に必要が予想されていたので助かった。

1年2カ月前、次女のアパート暮らし開始にUSB通信端末を持たせたが、やはり景品があったっけ。
その時は妻が「使う」というのでネットブックをもらった。(結局さっぱり使わないが)


が、
USB端末の時にも書いたかもしれないが、
景品はティッシュやタオルくらいにしておいて、利用料金をもっと安くするのが健康な商売じゃないのかなあ。
いかがでしょう皆さん。





  1. 2012/05/19(土) 21:53:57|
  2. 仮住まい日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ここの歴史