呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

温度レポート

おとといの夜はなんとリビングのカーペット上で寝た。
夫婦喧嘩とかではなく、泊まった友人に付き合ったんです。

友人にはちゃんと寝具を用意したが、私は枕・掛布団は使ったが、下は完全にカーペットのみにしてしまった。
リビングの床は硬いフローリング。さすがによく眠れなかった。

しかし寒さは全く無かった。
エアコンオフ後、あまり室温が下がらないばかりか、床も冷たくないのだ。
我が家に床暖房の設備は全く無い。ベタ基礎にまで分厚く断熱材が使われているからだろう。







そんな睡眠不足が原因か、昨夜はいつもより早く床に入った。
で、今朝は当然いつもより早く、6時前に起床してしまった。
若い時と違い、「いくらでも」は寝られないのである。



6時ちょい前、起床時の寝室(2階)室温 14℃
6時ちょうどの1階リビング 12℃
常に無暖房の玄関 10℃
(ウッドデッキ) -7℃


概ね今月は毎日こんな調子である。
もうすぐ節分を迎えるが、この大寒中も上記より家の中が冷える事は無かった。
常識で言えば、もうこれからこれ以上下がる事はまずないだろう。

各所の気温が最も下がったのは、年末だったか今年に入ってからだったか忘れたが、寒河江で-10℃という最低気温を記録した時だ。

ここに書いたが、その時は確かリビング9.5℃、玄関8℃だったかな。
それが新自宅のこの冬の最低記録である。

前の夜9時頃に各所の暖房(エアコンのみ)をすべて切り、一晩経ってこれくらいだから
朝の予約暖房は一度もしたことがない
いくら寒い日でもせいぜい室温10℃からの暖房スタート
これは実に幸せである。





  1. 2013/01/28(月) 06:54:05|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自宅内外温度

午前7時。
外(ウッドデッキ) -8℃。 この冬最低。
一階ダイニング 11℃。 やはりこの冬最低。
ダイニングの暖房(エアコンのみ)を切ったのは昨夜9時頃。
朝起きた時に11℃あれば、予約暖房の必要はない。

玄関 9℃。 同じくこの冬最低。ここは無暖房なので屋内ではいつも最も寒い所だ。

外気-8℃といえば当地では底に近い。
そして内外温度差19℃。以前の古い家とははっきり違う。





  1. 2012/12/27(木) 07:37:16|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

内外温度差

今朝は冷えましたね。
午前7時、ウッドデッキの温度計は-4℃
この冬一番の冷え込みではなかったでしょうか。

そして昨夜7時頃に暖房(エアコンのみ)を切った、一階ダイニングの温度計は12.5℃
入居後初めて13℃を下回りました。

しかし外気との差は16.5℃
以前の自宅だったら・・・
外が-4度なら室温は+3~4℃だったような気がします。

という事は、暖房開始前の冬の朝の室温は、新旧自宅で10℃近く違う
しかも暖房を開始してから温まるまでの時間が短い

十数度の室温からの暖房スタートなので、寒さに震えながら室温の上昇を待つ、
あの長く辛い時間が無い!
あるいはタイマー予約暖房も要らない。これは素晴らしい。


切った時に19~20℃だった室温の低下は12時間で7℃
そして相変わらずフローリングが冷たくない。いまだにスリッパはおろか靴下も履かなくて済んでいます。
(何度か書きましたが、我が家の冷・暖房はエアコンのみ。床暖房も蓄熱式暖房もありません)


新築で目論んだ、暖房についての「省エネ」は、この時期で相当達成されている事が実感できます。
冬本番の来月が楽しみになってきました。またレポートします。



  1. 2012/12/10(月) 08:00:25|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上下水道使用量

のおしらせが来た。
例によって2カ月分。家を建替えてから初めての2カ月フル使用量だ。

39㎥ だった。
現在と逆で長女はいないが次女のいた、人口の同じ一昨年同期は47㎥だった。
一人当たりの使用量に換算してみると・・・

一昨年同期⇒11.75㎥
今回⇒9.75㎥


17%ほど減っている。

①いまどきの便器は、昔のものと較べうんと節水なんだそうだ。
②また、建替えのついでに買い替えた洗濯機も節水に優れているものを選んだ。
この辺が減った原因ではなかろうか。
風呂場での使用量はそんなに変りないような気がする。

「高気密+高断熱=省エネ」を狙った、「建物」というハードとはまた関係の無い部分なのだが、
水だって使用量を削減できるのならこれに越したことはない。

40年弱、以前の家に住んでいたわけだが、その間にやはり世の中は進んでいた。



  1. 2012/11/21(水) 14:09:41|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月電気使用量

が来た。きのう。

昨年は10月17日~11月14日の、29日間327kwh(8,724円)だった。
大震災からまだ半年。一生懸命節電の工夫と努力をしていた頃だ。(今もしているが)
当時は我々夫婦と老母の3人暮らし。
以前の老朽家屋だったので、当然電気の他に煮炊きにはプロパンガス、給湯と暖房には灯油を使っていた。


さ、今年の同期は・・・
10月16日~11月13日の29日間で507Kwh。10,765円。
昼間286kwh。
夜間221kwh。

今年は昨年同期と違い、長女が再びこの家で暮らしている。たっぷり電気を使って。
この新しい家のエネルギーはすべて電気。
昨年までと違い、給湯も煮炊きも電気。
灯油代ゼロ、ガス代ゼロ。

昨年同期のエネルギー代金の合計は約2万3千円。
今年はなんと半額!
人口が増えたことを考えればそれ以下だ。 金額ベースで6割減とか。

ブラヴォー!
高気密高断熱、恐るべし。





  1. 2012/11/16(金) 20:47:27|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

省エネ住宅 made by ボスコ

今日は11月6日。
9月21日に入居してからひと月半。
この間、どんどん気温は下がっていった。

この秋のこれまでの最低気温は6℃ほどだったか。
店では確か10月下旬からエアコンやファンヒーターで暖房を始めている。

ところが!

新自宅のこのところの室温は、物理的に二階より温度の低い一階で毎朝18℃ほど。
一階は老母の生活圏なので、起床後と夕食時の数時間のみダイニングのエアコン一台で20℃ほどになるよう、軽い暖房を始めているが・・・

自分たちの寝室や視聴覚室のある二階は朝夜共に20℃ほど。
高断熱のなんという威力!

2階はこの秋まったく暖房を使っていない。
以前の家ではとても考えられない。

2階に限っては暖房エネルギーを全く使わずに過ごす11月の夜。
信じられない!

さ、2階で暖房を始めるのはいつからだろう。
また、12月や厳寒の1・2月は1階2階の室温は一体どうなるのだろう。

住宅の性能発揮が楽しみです。またレポります。





  1. 2012/11/06(火) 22:11:27|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異変というか誤算というか

新しい家に入ってから、予想外の事態がひとつ起こっている。

CIMG7771 - コピー

これが我が家のリビングである。3畳の仏間とぴたりと続いている8畳だ。
(もちろん仏間は畳敷きで、リビングと襖で仕切ることができる。
が、襖は常に全開で、11畳間のように使っている。)

在宅中は当然ここが多くの時間を過ごす部屋になるはずだった。
これまでの人生も、以前の家でも、当然そうだった。

ところがである。
入居してから早やひと月半経つが、ほとんどこの部屋を使わないのである。
毎朝仏様にご挨拶に行くが、リビングはその時に通る通路の役目しか果たしていない。

だから、折角の50型テレビもつけたことがない。
予想外の事態となった。

ではリビングで過ごして然るべき時間は、私はじめ家族はみなどこに居るのかというと・・・

CIMG7767 - コピー

ここに居るのだ。
対面式キッチンとくっついている、広いとは言えない6畳のダイニングだ。
テレビは32型。

なぜなんだろう?
実は建て替え中に4ヵ月半暮らした2DKの仮住まいでは、一貫して「D」に居続けた。
そこしか居るところがなかったのだから。
その「癖」が続いているのだろうか。

もったいないことである。
ま、正月とか、使い始めるかもしれないけどね。




  1. 2012/11/05(月) 20:31:36|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

外構工事も終了

仮住まいから新自宅へ引っ越したのは9月21日。
その2週間後の10月2日から外構工事が始まった。

家は新しくなったものの、地面の一部が旧家屋解体時のままのボコボコだったのだ。
地面はデコボコで旧家屋の下に敷いてあったのであろう大きい無数の玉砂利がゴロゴロ。
庭の一部も壊れたままだった。

それらの問題を全て払拭する外構工事も先週半ばあたりには大方が終わり、
これでやっと新自宅が完成した気になれた。
もう老母が敷地のどこを歩いても危険ではなくなった。

そして立て替えた結果、母屋と車庫の間に新たに出現した12坪ほどの空地には、
枕木道からウッドデッキへのアプローチとする数十枚の平板(重かった!)を敷き、
念願だった芝生(360枚!)を植え(並べ?)、来春の根付きを待つばかりとなった。
ここで将来孫と遊ぶ予定なのだ。(冗談だよー)

この作業には森のクマさんこと㈱ボスコK社長の絶大なご協力を頂いた。
二人で半日がかりでやったのである。

もしもプロにお願いしたら一体いくらかかったろう。
芝はホームセンターから1万3千円ほどで購入。運搬用に借りた軽トラックの荷台が一杯になる量だった。
しかし費用はそれだけ。
数十枚の分厚い洗い出し平板は昔不要になってずっと保管していたものを使用。
この度新たに買ったら結構な金額だったはず。ラッキーだった。

いや、二人でやったというより、K社長がメインで私はただの梃子(助手)だったな。
翌日から二日間、太もも内側を中心に、ひどい筋肉痛に襲われた。

K社長、本当にありがとうございました。




  1. 2012/10/16(火) 17:46:21|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宅画像

引越しだ何だと何度も建替え関係の記事をアップしながら、新宅の写真を一度も載せてませんでした。
これです。
主なコンセプトは、①省エネ、②老母にとって劇的に快適なこと、③視聴覚室の新設 です。

CIMG7690.jpg

手持ちのデジカメでは収まりませんでした。
切れた左の方 ↓

CIMG7689.jpg

ダイニングの外の小さなウッドデッキです。
この上にはやはり小さな2階ベランダがあります。

CIMG7692 - コピー

玄関外には旧家屋でも使っていた手作り表札をまたまた使用。

ろくなおもてなしもできませんが、近くまでお越しの際には是非お立ち寄り下さい。お待ちしております。




  1. 2012/10/09(火) 21:26:28|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新自宅その後

引越しから早や2度目の定休日。
定休日恒例、午前中の屋内清掃を終えると、続きはやはりハウスキーピングだ。

午後は先週に続き、足りないものの買物に出かける。
帰宅後はアルミカーポートをラティスで囲う作業。
防風・防雪・目隠し、一石三鳥の効果を狙う。

自宅建替え工事に伴う多くの車両の出入りのため、工事中は以前から取り付けていたラティスはもちろん、6本の柱のみを残し、屋根まで取り払われていたのである。

完成引渡し時には屋根は復旧されていたが、三方のラティスは無くなったままだったのだ。
ラティスの枚数も足りなかったし、午後のわずかな時間では完全復旧はならなかった。
完成はあしただな。

まだまだ落ち着かない。




  1. 2012/10/07(日) 23:06:50|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ここの歴史