呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

保護色

P1010487.jpg



↓   ↓   ↓



P1010488.jpg




  1. 2016/11/21(月) 16:48:23|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝新製品・新カタログ

毎年恒例9月1日発売の新製品を陳列・販売中です。

P1010372.jpg

一般品の手提げ・小物数種類の他、この度誕生した新ブランドシリーズがこれ↓

P1010380.jpg

「ペルモネ」シリーズです。例によってバッグと札入れなどの小物が数種類ずつラインナップされています。
渋めの色柄を、個人的には気に入っています。
一般もブランドも、ご来店の上、どうぞお手に取ってご覧下さい。


さて、カタログ(もちろん無料)も新しくなり、進化したので紹介せずにおれません。

P1010381.jpg

↑この度、これ一冊に印傳屋の全ての一般小物とバッグがまとまりました。

P1010382.jpg

P1010383.jpg

直前まではバッグと小物が別冊だったり(それでも進化した方だった)、それ以前は更にバラバラだったり、
折角の素晴らしい製品たちがやや見づらい時代が長く続きましたが、今回とうとう完成した感があります。

どなた様もご遠慮無くご請求下さい。
店頭手渡しの他、メール便で発送も致します(お一人様一冊)。

また、わかり易さも維持されており、
「このバッグは他にどんな色・柄があるの?」が一目瞭然です。↓

P1010384.jpg


新製品も新カタログもどうぞよろしくお願い致します。





  1. 2016/09/12(月) 10:01:08|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロック・チェック

年度替りの気分一新にもなるし、開催中の売出しにも些か貢献できるし、思い切って甲州印伝を二つ買った。


CIMG0451.jpg CIMG0452.jpg


ラウンドファスナー式束入れは№2317。20,520円。
ショルダーは№6036。30,240円。

どちらも昨年9月発売の印傳屋新製品である。
柄も同時発表の新柄、ブロックチェックだ。


CIMG0450.jpg


実はこの二点、どちらも女性向けの品番なのだ。同品番の別柄を見てみると、

CIMG0457.jpg CIMG0458.jpg


この通りである。
「しかしこの女物、ブロックチェックを選べばおれも使えそうだ。」
と、昨年5月の秋葉原での発表会から考えていた。

現在使用中の印伝ショルダーは昨年買ったばかりでとても気に入っているのだが、
入れるものが少ないお出掛けにはちょっと大き過ぎるのが玉に瑕。

使用中の印伝束入れの方はというと、3年半(2年半?)くらい使い込みいい感じになってきたところ。
ただ、札入れ部にマチが無く、少しのお札しか入らない。(大抵はそれで間に合うのだが)



ではなぜこの度思い切ったか。

1.次々新しいものが欲しい「物欲」
2.もう一つ小さなショルダーが欲しかった

3.あまりお札の入らない束入れを使っているからいつもピーピーなのではないか、
  また、「お金回りのいい人はいつも新しくきれいな札入れを使っている」という俗説

4.強烈な新柄「ブロックチェック」を楽しんでみたい
5.お客様に印伝をお勧めする身。自分が色々使ってみなくてなんとしょう


と、このように様々な理由を付けた。さっそく喜んで使っている。
№6036はショルダーというよりポシェットなのだが、私の体に対し小さ過ぎようが、それは構わない。
目的が達成されればそれでいいのだ。

№2317は、いつもたくさんのお札を入れられるよう、頑張って働くしかない。
そしてこれも俗説なのだが、新しい財布を買ったら、まず初めに出来るだけ多くのお金を入れるといいのだそうだ。

新しい財布は「あ、これが普通の状態なのね」、とそのぎっしり感を覚え、その結果財布はその状況を続けるのだそうである。
私は一晩、2317に掻き集められるだけのお金を入れて寝た。
さ、どうなりますか。








  1. 2016/04/03(日) 13:50:31|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お問合せありがとうございます

拙ブログの古い記事をご覧下さり(多分拍手まで賜り)、お問合せを頂きまして誠にありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。
お問合せの内容をもう一度よく考え、改めてここでお答え申し上げます。

数年前にアップした、印伝根付け」記事の写真をご覧になってのお問合せの可能性が大きいかと拝察致しております。
実はだいぶ前から印傳屋では「紺地の鹿革に赤漆の柄」の組合せの生産はお休みになっております。

従いまして、同社のブランドシリーズ「なごみ」(紺地に赤黒二色のトンボ)に似ていると言える「紺地に赤トンボ」の各製品も、残念ながら現在は生産されておりません。

また、「なごみ」シリーズには値付けのラインナップはございません。

そのため、この度はご希望の品をご用意できず誠に申し訳ございません。
今後とも当店の印傳屋製甲州印伝をご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。





  1. 2016/02/13(土) 10:26:00|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中古ハヤト入荷

img380 - コピー

↑ 印傳屋の高級メンズブランドシリーズHAYATO(隼人)。
その中の№8901(セカンドバッグ)の「黒」の中古が一点入荷しました。↓

CIMG9759.jpg

 CIMG9756.jpg

CIMG9755.jpg

CIMG9757 - コピー


仕様はこの通りです。↓
img380 - コピー (2)


中古ですから僅かな擦り傷などはありますが、ハードな使用をしていないため程度は「上」です。
税込21,600円(店頭渡し)で販売します。
発送納品の場合は、恐れ入りますが運賃とお振込手数料が加算となります。

以上、どうぞよろしくお願い致します。








  1. 2015/03/11(水) 17:01:42|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014大印伝展終了御礼

きのうをもちまして「2014大印伝展」11日間の全日程を終了させて頂きました。

連日多くのお客様にご来店頂きましたこと、多大なお買上げ・ご注文を賜りましたこと、
また、ご遠方から時間をかけてお越し頂きましたこと、
何もかもがありがたく、心から御礼申し上げます。誠にありがとうございました。


毎年11月恒例のこの催しを、今後も続けてまいりたいと思っております。
不行届や商品に対するご要望など是非お寄せ頂き、今後の改善に努めさせて頂きます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


先日も書きましたが、当店では常に多数の印傳屋製甲州印伝を陳列しております。
万一ご希望品の在庫が無い場合は迅速にお取り寄せ致します。

また、全ての印傳屋製品について修理も承っております。
印傳屋製甲州印伝は、メンテナンスをすれば驚くほど永くご使用頂けます。
あらゆる故障・不具合が発生した際には是非当店にお持込み下さい。

呉服・和装・・印伝はいつでも当店をご利用下さいませ。





  1. 2014/11/11(火) 18:10:37|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生産終了印伝④

その最終回です。


CIMG0136.jpg

№6305  手提げ  税込13,500円  左 黒黒花唐草  右 黒赤とんぼ

これも昔から取扱ったロングセラーでした。さびしいです。
以前は11000円+税だったかな。印傳屋製手提げ中、最も小さく、もっとも安い品でした。

CIMG0138.jpg

マチも3cmかそこらなので、入れるとすれば束入れとハンカチ+αくらい。
所謂「ちょっと手提げ」ですね。
当店残存在庫はこの二点だけです。





CIMG0134.jpg

ペンケース  №4601  税込3,780円
左から 紺白波うろこ  黒黒ひょうたん  黒ピンクチロリアンテープ  赤白小桜菖蒲

これもロングセラー。これはたっぷり入ります。入れれば10本でも。
ファスナー部まで印伝で覆われているのが印象的ですね。
当店在庫は写真の4点で全てです。





CIMG0135.jpg

№2522  カード入れ  税込3,456円  上左から 赤白小花唐草  黒赤青海波  黒黒とんぼ

裏表とも全く同じ造りで三つずつ、合計六つのカードポケットがあります。 
それに加え、手前の写真に写っていますが、頂点に深いポケットが一つ。
二つ折りにした紙幣を入れる意図と思います。

札入れや束入れとは別にカードを持ち歩きたい方に最適ですね。
登場したのは6~7年前だったでしょうか。当店残存在庫はこの3点ですべてです。





以上、4回に分けて「生産終了印伝」たちを紹介しました。

現在の当店在庫ですので、写真で紹介した品々はすべてお求め頂けます。(随時売切れご容赦)
もしもお気に召したものがありましたらご遠慮なくお声をお掛け下さい。
よろしくお願い致します。



毎年毎年、新商品が生まれるかわりに生産終了品も発生します。
印傳屋の印伝は時代と共に生きて動いているようですね。






  1. 2014/11/07(金) 16:30:41|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝生産終了品③

もう新規仕入れ・販売は出来ない生産終了品その3回目。

CIMG0131.jpg

№4406  ポーチ  14,580円  黒ピンク アメリカンブルー

マチは1~2cmほどの平らなポーチですが、タテヨコのサイズは印傳屋製ポーチ中、最大でした。
当店ではこれの紺白とんぼに小切手帳などを入れて使用中です。
ファスナー式。中にカードポケット二つ。残存在庫は写真の一点だけです。





CIMG0132.jpg

№9007  ペンケース  2,376円  
更紗技法を使ったロングセラーブランドシリーズ「ほのか」中の一つでした。
シリ-ズ全体が生産終了となっています。

薄くてタテヨコも最も小さなペンケースなので、かさばらないのが特徴です。
在庫はこれだけです。





CIMG0133.jpg

№4603  万年筆入れ  3,564円  紺白ひょうたん
名前は万年筆入れですが、もちろんペンケース使いでもいいですよね。

ボールペンや鉛筆が3~4本は楽に入ります。
珍しい口金式ですから、人とはちょっと違うものを使いたいという方にも。
これも在庫はこれ一点だけです。

(最終編④につづく)






  1. 2014/11/06(木) 11:54:38|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝生産終了品②

残念ながら生産終了となり、望んでももう仕入れ・販売できない。
しかし当店にまだ少々の在庫がある印傳屋製印伝たち。
その第二弾まいります。



CIMG0125.jpg

№1101  小銭入れ  税込1,512円  左は赤白アメリカンブルー  右は赤黒トンボ

ゴルフボールよりほんのちょっと大きい、かわいいかわいい口金式小銭入れです。
在庫はこの二点のみ。

CIMG0126.jpg

口はこの通りドカンと開きます。かわいいんですが、これでコイン20~30枚は楽に入ります。





CIMG0127.jpg

次に№1301  税込2,376円  「押口」式小銭入れ  赤黒梅

当店が印伝を扱い始めた20年ほど前には既にラインナップにあった、超ロングセラーでした。
在庫はこの一点のみ。

例えばですが、ズボンのポケットに入れた際、口金に「ひねり」部が無いので痛くなく、
コンパクトさを楽しめる非常に珍しい造りの小銭入れです。

CIMG0128.jpg

これもドカンと口が開きますね。





CIMG0129.jpg

今日はもう一つ。№4401  ポーチ  9,504円  赤黒花唐草
在庫はこの一点のみ。

もちろん何を入れてもいいのですが、マチがあまりない(1㎝くらいか)こととタテヨコのサイズから、
定期預金証書数枚と銀行通帳数冊、なんていうイメージをしてしまいます。

CIMG0130.jpg

中仕切りは無く、内ポケットが一つのシンプルな造りです。 

(つづく)




 

  1. 2014/11/04(火) 22:00:44|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生産終了品①

過去、年に一度の「大印伝展」期間中にはよく商品の紹介をしてきましたが、今年は趣向を変え、

既に生産が終了し、望んでももう二度と仕入れ・販売出来ない、
しかし当店に僅かな在庫がまだある


という、生産終了品シリーズを数回に分けて書こうと思います。では第一回まいります。




CIMG0121.jpg

↑ ショルダーバッグ №6008 税込41,040円 茶色の鹿革に黒漆で「うねり」。

私は現在、これの黒黒ひょうたんを愛用中です。それも、同じ品のなんと3個目。
実に長く使ってきました。理由はもちろん使い勝手がいいから。

①徒歩通勤時に傘をさしていたり、凍結・積雪路の場合は楽だし安全。
②手前のポケットに束入れ(札入れ)がピタリと入る。

とにかく手放せません。残念ながらこれが最後のひと品となりました。






CIMG0122.jpg CIMG0123.jpg

↑ シガレット №4502 税込5,616円  在庫数はご覧の3個。

「シガレット」とはいうものの、エコーなら横にして二つ入ろうかというサイズなので、
女性を中心に「小ポーチ」としてお使いの方が多いようです。化粧品入れとか。

昨年、タテ・ヨコ・マチの寸法がこれとほぼ同じくらいの横型ポーチが発売され、
そのタイミングでこの品は生産終了となりました。

ちなみに当店ではこれの黒黒とんぼに
指輪のサイズ計測棒指サイズ計測リングセットを入れて使用中です。






CIMG0124.jpg


↑ 合才袋 №3003  税込14,580円  黒赤菱菊

この3003がラインナップから外された今、印傳屋の合才は現在2サイズ(3種)となりました。
写真は3003を、最も売行きのいい、ちょっとだけ大き目の合才にピタリと重ねて置いてみたところ。

縦2cm、横1センチほど小さいでしょうか。3003は合才ラインナップ中、最小サイズでした。
「合才を一つだけ持つなら大きい方がいいか」という消費者の方々の判断が原因か、生産終了となりました。
残存在庫はこれ一つだけです。

(つづく)


 


  1. 2014/11/03(月) 17:10:13|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ここの歴史