呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

北の大地2017④

太平洋沿いの国道336(ナウマン国道)を延々北上。
上陸初日9月8日夕刻5時ちょっと前、襟裳岬から47Km。数少ない町(広尾町)に入ったのですかさず初給油。
北海道大陸は早目の給油が基本だ。トリップは320Kmほど。15.5ℓ入った。
広尾までの移動は下図の通り。

img045 - コピー (4) - コピー

地図右端上の丸印が宿のある浦幌。少し方向を変えると帯広も遠くない所だ。
さて、広尾の町の少し北の海岸旭浜に、戦争中に作られた廃トーチカ群があるので寄ってみよう、という名コーディネーターS氏の提案に従った。
が、現地でナビや地図を駆使しても探せない。「あるいは道路から離れているのかもしれない」とのこと。

残念だが諦める。
広尾の町で給油したのが5時近かったから、旭浜を発ったのは5時20分とかそれくらいではなかったか。
間もなくとっぷりと初秋の日は暮れた。

先行車も、後続車も、対向車も、歩行者も、集落さえ殆どない暗いナウマン国道を相当なスピードでひた走る。
「この速度で鹿や狐が飛び出してきたら」などと考えながらひたすら走る。頼りは三台のヘッドライトだけだ。
この広尾旭浜から浦幌駅前の宿までの小一時間、63kmは、今回の旅の中で相当印象に残った走行となった。

18:16、人も歩かない、車もあまり走っていない静かで小さな町、浦幌の駅前にある小さな旅館に着いた。
あまり遅くならなくてよかった。必死にブイブイ走った甲斐があったというものだ。
さて、この日の全軌跡を。↓

img045 - コピー

襟裳岬から127Km、苫小牧港からは304Kmだった。僅か7時間でこの移動は年寄りにはたやすいことではない。

さてこの、年配のおかみさんが一人でやっておられるような旅館、実によかった。
一泊二食付きでなんと6,500円だったろうか、安い他にやや年季を感じさせる建物・部屋も実に清潔だった。
素晴らしい。おかみさんと、この宿を探し出し予約してくれたS氏に感謝します。

P1010957 - コピー  夕食。

P1010961 - コピー  朝食。いずれも心のこもった、必要十分なもの。

P1010958 - コピー

P1010959 - コピー

私の部屋。新しくなくても質素でも、「清潔であれば心地よい」の見本のよう。機会があればまた泊まりたいくらいだ。
入浴、夕食後、近くのコンビニに三人で出かけ、少しのアルコールとつまみを買い、この部屋で夜会。
上陸初日の夜も遅くなく寝た。沢山走るには朝早い出発が欠かせない。



  1. 2017/10/23(月) 17:31:49|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の大地2017③

振り返ると、日高道を門別で降りてからは一貫して海沿いの国道(サラブレッドロード)を走るが、静内、様似、襟裳などいくつかの町を通る内、最も大きな町は浦河だった。
浦河というと地震を想起するのは私だけだろうか。

新冠の手前には日本唯一という「泥火山」、様似にはローソク岩や親子岩他、観光ポイントはいくつかあったが、秋の日つるべ落とし。
あれもこれもすっ飛ばしてひたすら走る。途中から雨も降りだした。15:24、襟裳岬到着。

P1010933 - コピー

ここだ。到達感があった。

P1010942 - コピー

img045 - コピー (3) - コピー

苫小牧から4時間ちょい、178Km。(ピンク線は新冠道の駅からの軌跡)

P1010929 - コピー

P1010939 - コピー

↑遊歩道で行けるぎりぎりの先端まで行ってみた。

P1010931 - コピー

岬には食堂兼土産屋が一軒あるきりで人もあまりいない。この岬の大美点だ。森進一さんの歌を思い出す。
ひとえに場所(各種交通ターミナルから遠く、周遊コースからもど外れている)が理由だろう。

やばい。4時だ。今夜の宿は浦幌。120Km以上先だ。
連れたちは若いが、自分は還暦目前。なるべく暗い道は走りたくない。出発。
 



  1. 2017/10/20(金) 21:28:33|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の大地2017②

9月8日(金)。

P1010913 - コピー

「きたかみ」は定刻の午前11時より前には苫小牧港に接岸した。

P1010920 - コピー

トラック、車、人、下船は順調に進み、いつも最後になるバイクも11:10には下船。
天候は晴れだったか曇りだったか。北の大地2017ツーリング、即スタートした。

港から間もなくの沼ノ端ICから日高道へ入る。この高速は40Km先の「日高門別」まで出来ており、おいしい無料供用中だ。
更に国道235を27Km進み、12時半頃新冠(にいかっぷ)の道の駅で小休憩。

img045 - コピー (2)

↑フェリーターミナルから78Km。矢印のあたりだ。

P1010924 - コピー

この道の駅の名は「サラブレッドロード新冠」。
数多くの名競馬馬の産地らしく、施設の過半はその記念館のようだ。写真の像は彼のハイセイコー。

腹減った。ここから16Km進んだ所にポツンと食堂がある。

P1010927 - コピー

ツアーコーディネートの達人、S氏が狙いをつけていた店だ。13時ちょいに到着。
メニューも彼に任せれば間違いない。

P1010928 - コピー

これ全部食ったらおれの中性脂肪はどうなるか。巨大な揚げたて海老天が四つ。
三人とも完食。しみじみ美味かった。S氏のお陰で上陸第一食目、大当たり。
地元の人が食べていた「磯ラーメン」も美味そうだったな。

13:48、さあ出発。目指すはこの日最大の目的地襟裳岬だ。






  1. 2017/10/20(金) 14:18:24|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の大地2017①

去る9月7日(木)、ライフワークのようなムードも漂ってきた北海道ツーリングに出発。
これで6年連続6度目となる。何と幸せなことか。

今回の主目的は、襟裳岬、根室、野付半島の踏破。
これが実現すれば、大雑把ではあるが「北海道大陸」をほぼ回れたことになる。
だから彼の地へのツーリングは今回が最後になるかもしれない。

連れはお馴染の二人。乗る鉄馬は、新旧はあるが三人とも同じホンダCB1300だ。
初日のこの日の移動は、19:40仙台港出航の苫小牧行きフェリーに乗り込むのみ。

雨。また雨中の出発だ。もう慣れているからどうということもない。
まずは無限のS氏と寒河江インターで16時半頃待ち合わせ、即出発。
山形自動車道を30分、37キロほど走った先の古関PAに入り、ここで待合せのガスマン氏を待つ。
彼は17:30頃到着、即再出発。

日没に加え、雨によるヘルメットシールド外側の雨滴、内側の曇り。
悪視界に悩みながらフェリーターミナル到着。寒河江から仙台港まで全て高速を使った。

今回乗る船体は「きたかみ」。以前のブログを読み返すと、この船に乗るのは初めてではないようだ。
太平洋フェリー航路就航3隻の内、最も古く小さい船だが、それは他の二隻と比べれば、の話であり、何ら問題ない。

手続き(G氏に毎年おんぶ)、乗船、予約の部屋で旅装を解き、即大浴場で入浴。
風呂から上がればフェリー最大の楽しみ、バイキング夕食だ。が、従来と料金が違う。
1,500円と、これまでより500円安くなっている。「高い」という利用者の声が多かったのか。

P1010908 - コピー

まあ、安くて助かるじゃないか、と思いながらレストランに入るとすぐにがっかりすることになった。
バイキングメニュー中、最も楽しみにしているサーロインステーキがなくなっていたのだ。
代わりに登場していたのはポークソテー。それじゃ代わりにならないよ。残念。

紙コップに自分でサーバーから注いでくる生ビール(350㏄)も500円と安くない。
以前はちゃんとしたジョッキに入れて従業員さんが手渡ししてくれたと思うが。
二杯目はレストラン内にある自販機の缶ビールにした。これで十分。

北海道ツーリングにフェリーは付き物だから、青森⇔函館、苫小牧⇔八戸も含め船に乗るのは今回で12回となる。
さすがに慣れ、遅くなく(22時とか)床に就いたと思う。一度使ったら二度と雑魚寝の二等船室には戻れないB寝台だ。

P1010909 - コピー

この日の走行は家から仙台港までの92Kmのみ。

(つづく)






  1. 2017/10/19(木) 11:28:35|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第六次北海道ツー

に行ってきた。

P1020050 - コピー

9月10日(日)。道東、中標津(なかしべつ)郊外の「開陽台」展望台から武佐岳(むさだけ)方向の大パノラマ。
さすがに六年連続六度目。大雑把にではあるが、「北海道大陸」を今年でほぼ周り終えることができた。

P1020064 - コピー    摩周湖第一展望台

六回を通し、心強い同行の仲間に恵まれ続けたたこと、
毎回相当な距離を、若い仲間に伍して連日走れる体を親からもらったこと、
毎回1000キロ超の旅を、毎年無事に走らせてくれた神仏の御加護、
毎回快く送り出してくれた家族、

色々なことに感謝しつつ、とりあえず今回を集大成とする。

私にとって北海道ツーリングは、長い間夢であり憧れだった。
それを一度ならず六回も続けられたこと、まさに夢の実現である。
本州とは全く違う大地に乾杯!



  1. 2017/09/13(水) 20:13:09|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士見えんツーまとめ3

午前6時過ぎにホテルロビーに小田原城見学希望者集合。全員だった。
歩いて数分の素晴らしい名城址を見学。
そのまま近い小田原駅前に歩き、すき屋、松屋、吉野家と3軒びっしり並んでいる店のどれにしようか悩んでから皆で朝食。

8時半、小田原出発。
来る時は西湘バイパスを使ったので、帰りは小田原厚木道路にしてみた。
入って間もなくのPで休憩と土産買い。

富士は後ろだし丹沢や箱根の向こうだし、今回はもう二度と見ることはできない。
無念。

10:48、圏央道白岡菖蒲P(もうすぐ東北道に合流という地点)でこのツー4度目の給油。
自分は13,2ℓ。寒河江から889Km。 

上河内SAで3度目の休憩と昼食。
13時ちょうど、同1048Km地点で白川中央スマートICから東北道を降りる。

高速料金節約のためにここから寒河江までは全部一般道もしくは無料高速のみ走る。
猪苗代湖の西側を北上、若松市の北から無料高速で喜多方へ。
そして大峠、長井、R287で寒河江という、今年開発した節約ルートである。

若松郊外で私以外みんな5度目の給油。私は無給油で家まで帰れるとふんだ。
ここで14時半。同1,113Km。

あとは米沢市山中の道の駅「田沢」で休憩、更に白鷹町で馬肉を買い、17:50、1240Km、二泊三日の旅全員無事帰還。
めでたしめでたし。

私は即給油。18,73ℓ入った。三日間の合計消費量は65.82ℓ。
平均燃費は18.9Km/ℓ。今回は高速道路の割合がとても多く、よくなかった。

(完)






  1. 2016/09/29(木) 07:41:22|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士見えんツーまとめ2

9月3日(土)

午前9時頃から三島大社参拝。立派で広く、素晴らしいお社(やしろ)である。

駅前楽寿園に源を発する、三島中心部を流れる源兵衛川フットパスが素晴らしいから是非歩け。
人工の「三島スカイウオーク」(最近できた長大人道吊り橋)などよりずっとそちらを勧める。

と、前日久しぶりに会った静岡の旧知が強く推すものだから、男5人、駐車場捜しにどえらい苦労をした後訪れてみた。

もちろん悪くはないが、なぜそんなに推すのか理解できなかった。
この程度の自然は、我が郷土には掃いて捨てるほどある。付き合わせた4人に申し訳なかった。

あとは本編に書いた通り。
初訪問の世界遺産「韮山(にらやま)反射炉」とそこでの昼食はいまいち。

湯ヶ島を通り過ぎる時は、同窓生の実家(温泉旅館を止めたと聞いた)がどこだったか、
39年前の記憶を辿ったがもはやわからなかった。
また別の同窓生とお邪魔し、夕食と温泉を馳走になったことがあるのだ。
記憶にはないが、その後泊めてまで頂いたかもしれない。

湯ヶ島から先は多分行ったことが無いと思う。
浄蓮の滝。滝そのものは平凡だったが、滝下のワサビ田とワサビ心太(ところてん)と、全部食えた鮎の塩焼きはよかった。

旧天城トンネル。
数キロのダートを走るのに苦労したが、隧道は雰囲気満点であり、訪れた甲斐のあるものだった。

あとは湯ヶ島まで戻って別県道に逸れ、しばらく山中を激走し、冷川ICから伊豆スカイラインをまた激走、箱根峠に再び戻ってきた。
私も初めてのこのルート、伊豆の大自然の中ばかりを駆け抜ける、実に素晴らしいものだった。
今回のツーで、「走りを楽しむ」という点ではこの区間が最高だったと私は思う。

で、箱根新道で天下の険を下れば夕方。小田原に投宿し、皆で美味い刺身に舌鼓を打った。
この日は韮山辺でツー3度目の給油。寒河江から647Km。私は10.5ℓ。

そしてこの日もまたまたほとんど富士を拝むことができなかった。
雨には降られなかったが、曇りだったのだ。初日と全く同じ。
明日は小田原を後にするばかり。もう富士は見えない。連れたちには気の毒という他無い。

この日の走行距離は180Kmくらい。







  1. 2016/09/24(土) 10:10:35|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士見えんツー6

カテは「バイク」でいいのかな。「温故知新」にしないと後日検索しにくいかな。
などと考えながら書き始めます。

9月4日(日)。ツーリング最終日早朝。
確か6時過ぎくらいにロビーで待ち合わせると、珍しく全員が揃っている。

フロント早朝番のじいちゃんに
「お城は早朝でも入れますよね?」
と聞くと
「いや、入れませんよ。9時からかな」
「そうなんですか。わかりました」
そんなやりとりをして出発。

宿から歩いて数分の小田原城址へ。誰もが知っている名城である。
6時台だがいくらでも入れた。

P1010316 - コピー

P1010346 - コピー

P1010305 - コピー

↑新庄城(山形県)や小峰城(福島白河)のように堀は一部しか残っていない。
が、難攻不落の地形は城址を一周して確認した。みんな、考えることは同じである。

ところでホテルフロントのじいちゃんが「城には入れない」と言うのは天守のことなのだろう。
確かに天守オープンは9時と書いてあった。

きっと多くの人が「城」というと「天守」を想起し、イコールなのだろう。
我々プロ(何の?)は「城」と言えば城郭全体を指す。

ところでぞっとする絵を見てほしい。↓

P1010333 - コピー

北条ただ一軍を取り囲む秀吉軍の図である。↑
左下隅に早川の「一夜城」。右上の方には家康の陣。

北条側に海岸の布陣は無いのだが、夥しい連合軍は海上にも布陣している。
なんと水軍は七軍。蟻も漏らさぬとはこのこと。必殺の鬼だ。
いや、鬼も泣く情け容赦ない布陣である。

なまんだぶなまんだぶ






  1. 2016/09/15(木) 20:15:38|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士見えんツー5

浄蓮の滝からもっと伊豆半島を南下。
「伊豆に行ってきたよ」と人に言うなら、ここに行かなければ。

「出たとこ任せ隊」が向かったその場所とはこちら。

P1010291.jpg

旧天城トンネルである。ここが伊豆のエキスであろう。
国道の新トンネル直前から旧道に入ったら即ダート。

ここまで3kmもあったろうか。ビッグバイクにダートはきつかったが、全員無事に登り切る。

P1010294.jpg

雰囲気満点のプレート。右から「天城山隧道」と読める。

我々の伊豆攻めはここまで。あとは山中をひた走って冷川ICからスカイラインに入り激走。
走りに走って再びきのうの箱根峠に出た。

なんとか、一瞬でも富士を見たくて箱根峠まで走ったのだが、ほとんど拝めなかった。
ここから小田原に下れば、もう間近に富士を見ることはできない。

二日この辺を走って、ほとんど雨にも降られず、それでも富士が見えない。
ちょっと考えられない。一体どうしたことか。不思議である。



とにかく小田原のホテルにチェックイン。夕方だ。
この日は一夜城も小田原城もあきらめ、ひとっぷろ浴びて繁華街の居酒屋へ。

北海道に勝るとも劣らない刺身、特にカツオとウマヅラに舌鼓を打つ。
小田原の魚、大したものである。




それにしても三島も小田原も、街は人、特に若者で溢れていたな。
昔からだが寒河江とはえらい違いだ。

そりゃそうだ。人口構成(高齢化率)だけでなく、そもそも人口そのものに大きな差がある。




  1. 2016/09/13(火) 22:09:39|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士見えんツー4

日々、また昨日頂いた多大な拍手に厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。



9月3日(土)午前9時頃。ツーリング二日目の朝は三島大社から。何十年ぶりの参拝である。

P1010243.jpg

向かって右が箱根方面、左が三島中心部、うしろが伊豆。昔、いつもここを通って箱根を登り下りした。

このあと、バイクの駐車に大変な苦労をし、えらく暑い中を市内を流れる川のフットパス散策。
地元の友人にうんと勧められての散策だったが、正直言っていまいちであり、誘った私は仲間たちに申し訳なく思った。

さて「出たとこ任せツーリングクラブ」は、協議により韮山(にらやま)にある重要文化財「反射炉」へ。
大社から40~50分くらいだったろうか。

P1010269.jpg

三島から伊豆の懐に入っていったわけだ。
ここは昔から文化財だったが、私は当時興味を持てず、今回が初訪問である。

なんと昨年世界遺産に登録されたそうで。が、正直言って大きなインパクトはない。
隣接のレストランで、ごく普通の昼食を摂る。

出たとこ任せクラブは、更なる行先をこの昼食中に決めた。
更に伊豆の奥へ。修禅寺・湯ヶ島を越え、まずはここへ。

P1010270.jpg

誇張でなく、バイクを走らせている間中ずっと石川さゆりさんの歌が聞こえていた。

P1010271.jpg

踊り子に

P1010284.jpg

滝に

P1010285.jpg

ワサビ田

P1010286.jpg

とどめにワサビ心太を食べてみた。心太そのものにワサビ味が付いており、更に器の右上に盛られたワサビ漬。
うまかった。
みんなはわさびソフトを食べていたが、これなら悔しくない。

さ、またここで次の行き先が決まった。
更に伊豆の奥懐へ。




  1. 2016/09/13(火) 08:43:10|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ここの歴史