呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

訪問演奏(2016ラスト?)

きのうはとても天気のいい、季節はずれの暖かさの日曜日。
朝から山形市成安の某施設を訪れ、小吹奏楽団の一員として小一時間演奏させて頂いた。
音が響く体育館に、聴いて下さる方が100人ほど。




正直言って頓(とみ)にここ数年、月数回の練習に通うのが億劫に感じるようになってきた。
夜の、片道17Kmの道のりが遠く感じる。悪天だったり疲れていたりすると特に億劫。
目を輝かせ、ほぼ皆勤で通っていた最初の数年が嘘のようである。

齢のせいもあろうし、心にも原因がありそうだ。
多くの人に心当たりがあるであろう、人並・世間並の悩み・心配に向き合う日々。
「執着」という煩悩から逃れ切れない、凡夫ならではの苦しみである。

また、自分で言うのもなんだが「赤ちゃん状態」だった入団時よりも、
さすがに少しは吹ける・読めるようになったことも小さくない原因と思う。
例えば新譜。
下手なりに一通り吹けるようになるまでの時間と、本番までの仕上げ所要時間が劇的に短くなったから。



とは言いながら、本番が近づいた合奏練習、また真剣そのものの本番(年数回程度)や、
仲間の音に自分の音が溶け込んでいく吹奏楽の時間はとても楽しく、幸せな時間であることは相変わらずだ。
だから「億劫だ」「大変だ」「もうだめだ」と、だらしなく、ぐずぐず言いながらも辛うじて続けていられるのだろう。

そして怠ってはならないとても大事なことがある。
それは、耳を傾けて下さる方々に失礼のない演奏になるよう、アマチュアなりにできるだけの努力をすること。
換言すれば、「聴衆や吹奏楽をなめるな」ということだ。










  1. 2016/11/14(月) 07:15:13|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文化祭出演2016

去る23日(日)、我が団は常練習場としてお世話になっている山形市内の大公民館の文化祭に出演した。
トリということで出番は15時頃だった。約40分間。

正直そのための自分の練習回数は決して多くなかったが、経験曲が少なからず含まれていたこともあり、まあ何とかこなすことができた。

これで同催事への自分の出席は、入団以来一度も休まず10回目くらいになる。
ということは入団してから10年ほど経つことになる。おやおや。



演奏技術・経験、音楽知識、すべて赤ちゃん状態で入団したわけだが、さすがに当時よりは成長したと思っている。
幼稚園年少組くらいにはなれたかな。

理解し送り出してくれた家族、温かく迎えてくれた団、ご指導下さった常任指揮者、いつもアドバイスしてくれた団員の皆さん。(順不同)
これらすべてに恵まれて今がある。感謝を忘れてはならない。

我が団は年に数回、あちこちで演奏機会を頂いている。
それが少しでもsomebodyへの恩返しにつながっていることを願う。

櫻花ロゴ(小)  わが団のロゴマーク


  1. 2016/10/26(水) 08:03:22|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

50日ぶり?

わが吹奏楽団の練習(山形市篭田で月数回)は当然いつも夜である。
終了はいつも21時半頃だから、帰宅すれば22時だ。
それから風呂に入って一杯やってだから、寝るのは24時にはなる。

したがって午前4時半起床のさくらんぼ手伝い中はずっと練習を休んだ。
毎晩21~22時には就寝しないと体がもたないからだ。

今夜は久しぶりの練習参加だった。
先週はさくらんぼは終わっていたものの、東京出張のために引き続き休んだから・・・
なんと約50日ぶりか。ひえー!

ピストンは4本ともカチカチに固まっていた。





  1. 2016/07/14(木) 22:09:19|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問演奏2016.5

きのう日曜午後、山形市内の某施設(Sさん)でわが団は訪問演奏を行った。
100人はいようかという聴衆の皆さん。
こちらは相変わらず12人というギリギリの人数。

自分としては満点の演奏とはいかなかったが、結構楽しんで頂けたような反応が一番嬉しい。
わが団何十回目の訪問演奏か。
少しでも聞いて下さる方々のためになるなら本望。




  1. 2016/05/09(月) 20:54:40|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

驚天動地

或る人がこの度、突如或る音楽教室に入講した。





  1. 2016/04/14(木) 19:24:51|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あのころ(前編)

CIMG0462.jpg


先日のこと。
以前、ある学校のマーチングバンドのご指導をなさっていた先生が、ひょっこりとご来店下さった。

思いがけないことだった。
わが子らがお世話になった学校のマーチングバンドの歴代の先生方なら、
「ありゃー!先生。お久しぶりです」なのだが、お越し下ったのは他校の先生だったのだ。

「お久しぶりです。山森さんから長らくお借りしっぱなしだったビデオテープをお返しに伺いました。
ずっと気にしていたのですが、今頃になり大変申し訳ありません。念のためにDVDも作ってきました」
ご丁寧に菓子折まで添えられて。

お顔を見てすぐにどなただか判った。びっくりと懐かしいのと嬉しいのと、あまりの律義さに感動したのと。

14年前製作のテープ。
色々記憶を辿れば、間違いなく10年以上前にお貸ししたと考えられるが、その記憶は全くない。
でもお貸ししたのだろう。私よりずっと若い先生に誤りのあろうはずがない。

きっと宴席か何かで、「先生見なはれ見なはれ。お貸しします」とでも言って、
迷惑を省みず強引にお貸ししたとしか考えられない。誠に申し訳ないことだった。

しばらくマーチング関係の四方山話などさせて頂き、厚く御礼を申し上げ、先生はお帰りになった。

(後編につづく)




  1. 2016/04/07(木) 19:30:38|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽団総会準備会議2016

夜、寒河江・山形を汽車で往復。
片道20数分かかる。だがJR運賃は320円と優しい。

充実の会議と楽しい慰労会となったが、終電なので帰宅は日付をチョイまたぐ。
山形本拠の楽団に身をおくと、なかなか交通が大変だ。




  1. 2016/03/09(水) 20:44:14|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンサンブル

県下一の進学校を出、日本一の旧帝大を卒業し、有名大企業に勤めている中学時代の同級生がいる。
年末年始帰省中の彼から久しぶりに連絡があり、一杯やって帰ってきたところだ。

昔運動部だった彼は、なぜか10年ほど前からアルトサックスの手習いを始め、今も続けているそうだ。
酔いの勢いではなく、実は数年前から話が出ていた彼とのアンサンブル演奏を期することにした。

彼は自分が最近演奏した音源を聞かせてくれ、希望曲のパート譜まで持参していた。
そこまで段取りしてあれば私に否応は無い。

このお盆を目途にやってみることになった。
しかしパート譜一枚では何ともしょうがない。まずは楽譜を作らないと。

楽しみである。










  1. 2016/01/02(土) 22:50:18|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問演奏2015.12

わが団は昨夕、山形市北郊にある福祉施設「いきいきの郷」さんへ訪問演奏に伺った。
今回の出席は全団員中13名。

あと数人、なんとかならないものか。あなたもいかがですか?気軽に吹奏楽を楽しめるバンドです。
コンクールには出ないので、時間その他色んなことを犠牲にし、歯を食いしばって練習する必要もないし、
腕前に自信が無いと交ざれないのでは?という不安も要りません。

私など20数年のブランクを顧みず、リハビリ状態から入団したのですから。
事実、ユーフォのくせに初めのニ、三年は「ヘ音」が読めなかったくらいです。

ま、それはともかく、曲指定アンコールまで頂き、楽しく演奏させて頂いた。
入所者、ご家族、職員の方々に感謝します。

また、演奏会の必需品「譜面隠し」だが、従来のものが都合で使えず、
急遽、使い捨てに近い試作品ではあるが私が作らせて頂くことになった。


CIMG0275.jpg


みんな何とか使ってくれたが、頑張って作ったものの紙の強度不足で機能的に不出来であった。
時間の関係で選択肢がなく、台紙は白だしロゴマークももう少し大きい方が良かった。
しかし今回の経験で、印刷屋さんに本物を注文する時には的確に仕様の希望を伝えられそう。





  1. 2015/12/13(日) 19:45:43|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公民館文化祭出演2015

日頃練習場にお借りしている山形市篭田西部公民館の文化祭。
わが団恒例の出演である。相変わらず大勢のお客さんだ。

自身9回目、団としては10回目の出演か。全9曲を披露。
何せ一般団体。練習不足は否めない。厳しい所もあったがなんとか無事に終了。

私はと言えば一曲当たり二三箇所ずつもやっちまったろうか。

だがドンマイ。アマチュアなのだ。
その中で秋田県出身のお嬢さん二人(Tp1stとドラムス)の助っ人が実によくやってくれた。
文字通り助かった。

多分わが団初のパートカット部もあった。聴いて下さる方々のことを考えればやむを得ないか。
二カ月ぶりの出演、楽しかった。







  1. 2015/10/25(日) 17:24:24|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ここの歴史