呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

タイミング

風邪を引いて寝込む一月恒例のこのタイミング。
いつも訪問販売キャンペーンの後なんだ。

好成績と否とにかかわらず毎年のように今頃だな。
そしてわがJ-SNIPERがオンステージ東北大会を間近に控えた時期でもある。

うーむ、キャンペーン時期をマーチング閑散期の春にでも変更しようかなー。

20060206113914.jpg


  1. 2006/01/29(日) 20:14:29|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一年ぶりの風邪

pic_0022.jpg


風邪を引いてしまった。
おとといの午後発病、昨日一日寝た。

熱は最高で38℃。平熱が低い方なので結構こたえる。
腹もおかしいが首から腰まで痛い。食欲は無いし、何をする気も起きない。

今朝は36度台まで下がり、ブログを書く元気も出てきた。
昼から出勤し、完成した名入れ手拭いのカット、畳み、のし紙印刷、包装をする予定。





  1. 2006/01/28(土) 10:13:37|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝値付け

CIMG0214.jpg


印傳屋製品で最も小さな品です。
左と右が財布・がま口などにつける「根付け」。

左の「巾着(きんちゃく)」型はお金が飛んでいかないように口が紐でぎゅっと縛ってあり、
右の「長靴」型はやはりお金にお足がつくように「靴」なんでしょうね。

真ん中のは昔、たばこのみ達が使った「早道(はやみち)」。キーホルダーです。
たばこの葉っぱ入れとキセルさしがつながっていますね。

この三種類はどれも525円。
前から感じていましたが、材料と製作の手間を考えると、
このお値段は「戦略」ともとれるほどのバーゲン価格ではないでしょうか。





  1. 2006/01/25(水) 15:01:36|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪中レスキュー

今日は定休日。
午前中に家の掃除を終え、昼から妻と小ドライブ。雪を見に西川町へ。

入間(いりま)の先だから多分小山近辺と思うが、降りしきる雪。
視界不良の中、道に迷いやむなく後戻り。

すると、行きかう車も人もいない山中で、道路脇の雪の壁に突っ込んだ軽トラを数人のじいちゃんばあちゃん達が救助中。
「これは出番」と思い車から降りる。

なんと救助隊のじいちゃんの一人は泥酔、レロレロなのでした。
押したり引っ張ったり試行錯誤を繰り返したあと、ちょっと運転を替わらせてもらったら何のことは無い、難なく脱出成功。

じいちゃんばあちゃんたちにお礼を言われつつ寒河江とは別世界の小山山中を後にした。
皆さん、機会があったら冬の盛りにこの地に行ってみて下さい。

寒河江の町中での雪との闘いが楽に思えてきますよ。





  1. 2006/01/22(日) 22:40:05|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新感覚の縁起良さ

CIMG0213.jpg


帯の産地といえば京都西陣。
写真は西陣の老舗「まいづる」の新作なごや帯です。

きものや帯に、縁起の良い龍の図柄はよく使われますが、この龍の上にはあの「日本昔話」の男の子が乗ってるんです。
なごや帯は小紋やつむぎのきものによく締められますが、これは「まじめかわいい」新感覚ですね。

正月なのでお値段は大勉強中です(今月末まで)。





  1. 2006/01/21(土) 14:32:30|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宝飾品訪問販売

三十数年来、山森の正月はこれ。
今週は午前から夜更けまで毎日お客様宅の訪問。

問屋のアドバイザーさんがずっと同行してくれるので、心強いけど疲れます。正直。
初日の昨日は絶好調、今日は絶不調。終わるまで頑張ります。

終わったら毎年の事ながら神経・体ボロボロ。





  1. 2006/01/17(火) 21:07:06|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マ全国大会

小学校の部。
東北の金賞常連(十数年連続だっけかな)校がまさかの銀賞。

うーむ… 諸行無常。



  1. 2006/01/17(火) 20:57:44|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

○東吹部

保護者の昼飯の話ばかりで部員たちごめん!
06アンコンは混8・打3とも銀賞。

厳しい県大会で本当によくやった。
その根性と技量を夏のコンクールに生かして下さい。

今回は応援に回った下級生部員達、今後を期待してるよー!
先生方、ご指導ありがとうございました。





  1. 2006/01/17(火) 20:42:20|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

喜多方肉そば

私は幼児の頃から、いや親に言わせると乳児の頃から食欲旺盛で、当然体格がよく、肥満とは切っても切れない人生を驀進中です。

妙な前置きですが、この度早々とプロフィールフォトをこの数ヶ月中の食事で最も感動したものに変えてみました。
喜多方の「肉そば」(チャーシュー麺)です。

ご覧の通りこれでもかとチャーシューがのってます。
麺が全く見えません。

大の男でもチャーシューを平らげるだけで腹いっぱいになりそうです。
これまでにも喜多方を訪れ、ラーメンを数回食べていましたが、その頃行ってた店にはこういうメニューは無いのでした。

未経験の方は是非一度ご賞味あれ。




  1. 2006/01/16(月) 23:19:57|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

保護者の楽しみ3(しつこい!)

CIMG0209.jpg


事務局長さんが注文したのは「桶海鮮」。
豪快な桶に焼けた石を2個、目の前で入れてくれるのでした。

ん~このブログは一体なんなんだ!




  1. 2006/01/16(月) 23:19:17|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

保護者の楽しみ2

CIMG0210.jpg


保護者会長さんが食べてるのはここの一番人気かな?「海鮮丼」。
新鮮な具がたっぷりのって1,050円。これは破格値!

  1. 2006/01/16(月) 23:15:22|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

保護者の楽しみ1

CIMG0211.jpg


去る1月14日はアンサンブルコンテスト県大会中学校の部。会場は酒田でした。
縁の下の力持ち、保護者会のささやかな楽しみは昼飯!

総勢15人で昨年に続き「海鮮市場」へ。
この子が食べてるのは普通の顔では食べれないくらいおいしい「イカスミソフト」。




 
  1. 2006/01/16(月) 23:11:18|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たかが手拭

CIMG0205.jpg


されど手拭。

染処日本一「竺仙」(ちくせん)の本染手拭「招き猫」です。
竺仙に江戸前をやらせたら右に出るものはいません。

これからも少しずつ柄を紹介していきます。
お値段は大抵数百円から千円くらいです。

しかし、日本文化って凄いと思います。




  1. 2006/01/13(金) 22:47:41|
  2. 竺仙本染手拭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝万年筆入れ

印傳屋の


印傳屋製「万年筆入れ」。2本入ります。
結構なロングセラーです。

必ず万年筆でなくてもいいと思いますが、ビジネスシーンでこんなのからペンを取り出されたらしびれますね。
手触りまではお伝えできないのが残念です。

税込3,150円。写真の他にも色・柄多数あります。




  1. 2006/01/13(金) 22:35:04|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未熟ブログ

このブログ開設の師匠、K氏のブログを拝見したら、さっそくここをリンクして下さっていた。
とにかく彼は仕事が速い!ありがとうございます。
なんとリンクはマーチングまで。

ところで彼に指摘されたこと 「ブログに写真を!」
ごもっともです。努力します。でも、・・・・・・

 いやいや、できない言い訳は言うまい。

  1. 2006/01/12(木) 22:18:36|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

旅立ち

あと数日で長女が嫁いで行くというお母さんがご来店。印伝を買っていかれた。
印傳屋が誇る超ロングセラーの「口金式横型印鑑入れ」だった。

娘さんの新たな旅立ちにお母さんが贈る印鑑入れ。
こんなにはっきり想いがこめられているプレゼントは滅多にない。

朝からしみじみ感動した。お母さんの思いがこもった小さなはんこ入れは・・・ 
大丈夫。何十年も、あるいはそれ以上、ほとんど姿を変えずに娘さんのそばにいるはず。

  1. 2006/01/10(火) 22:00:32|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名入れ手拭

今日、あるお寺様から名入れ手拭の注文を頂いた。
そのお寺様の記念すべき事業を手拭に染め、多分檀家さんを中心に配られるもののよう。

白無地の手拭はただの手拭だが、名入れをすると命が入る。
お作りになった方にとっては一生の宝物、もらった人にとってもすぐにおろして布巾にする気にはなれないだろう。
名入れって不思議。

  1. 2006/01/10(火) 21:48:47|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うれしいこと

日本列島も今日から本格始動かな? 
3連休も明けて正月気分は完全に抜けた。

正月休み明け早々の数日前、ショーウインドウ陳列の振袖3点セット(振袖・袋帯・長襦袢)福袋が売れた。
ご同業ご存知の通り、我が地方の販売振袖の需要は全国的にみて超低水準。

ただ、福袋であるから甚だしい安値設定だった。
がしかし、「何でも屋」っぽくなってきた現代の呉服屋にとってきものが売れる事ほど嬉しい事はない。

なんて幸先がいいんだろう。お客様、ありがとうございました。
今年も呉服販売頑張ろう!


  1. 2006/01/10(火) 21:34:08|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪降し

明日からの今年の営業開始に備え、朝から店舗周りの除雪。
終わればなんと昼過ぎ。ひーひー言いながら家に帰りハンバーガーで昼食。

最後の一口を咀嚼しながら立ち上がり、お次は自宅の屋根の雪下ろし。何年ぶりだろう。
上ってみればなんと腰の高さまで積もっていた。

雪下ろし開始時刻には遅すぎる二時半なのだが、この積雪量なら始めて正解だった。
時間的体力的に全て降ろすのは不可能なので、雪国の皆さんご存知の軒先2m幅限定おろし。

連日の除雪作業でくたびれた体に鞭打ち、なんとか完了。
下では私が下ろした雪を妻が片付ける。

1.5tは降ろしたかな。木造建築ってたいしたもんだ。
夜は夫婦で天然石温浴に出かけ体を労わる。

とにかく今年の大雪には降参!いつから営業について書けるかな。


  1. 2006/01/04(水) 23:15:47|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今、ブログデビューしました

しばらくは練習を頑張ります。
一日でも長く続けることが目標です。


  1. 2006/01/02(月) 20:46:49|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ここの歴史