呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

仏縁

厚い信仰心や特定の宗教を持たない私ですが、我が家の墓は寺にあり家には仏壇があり日本に生まれ育った私には日本仏教を身近に感じます。


私たち夫婦は、ゆうべは7時から12時まで5時間、取引先の若い後継者夫妻と語り合いました。


私達は仕事・育児・人生の苦労の道半ば。
彼らは今それらをスタートしたところ。


私達も昔あんなだったんだなあ・・・


これからふたりで未経験の苦労を無数に乗り越えていかなければならないわけですが、若さがそれを可能にするんですね。


美しく健康で輝いているご夫婦を見て感無量でした。


隣の妻にも「苦労をかけるな。もう少し付き合ってくれ」
なんて、言えば言える年齢になってしまった。


先輩面して彼らに様々アドバイスを垂れるのは忸怩たるものもありますが、勘弁して下さい。


夫婦で自分らの若い頃を目の前に見、また「仏縁」を感じた夜でした。


フレー!フレー!若者。健康第一。
ひとは仕事の苦労では死なない。心配せず進め!
  1. 2007/01/25(木) 09:34:43|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お買得!国産作務衣(さむえ)

CIMG0527.jpg



この作務衣、ここ数年当店が定番商品にしている丁寧な作りの国産品です。

二十数年間、様々な作務衣を着てきましたが、質感・着心地・デザイン・ポケットなどの使い勝手・価格など高いところでバランスされ、一番気に入っています。

常に16,800円で販売していますが、実はワケありなんです。

メーカー曰く、
「誤って生地をカタログ色にない色で大量に染めてしまい、そのままにしてもおけないので、いつも通り縫製しました。
どかっと安くしますので助けて下さい。」
という品物です。

写真の色だけですが、M・L各5着ずつ確保しました。

ご希望の方に52,5%引7,980円で販売致します。

「ブログで見た」とおっしゃって下さい。


  1. 2007/01/24(水) 09:48:21|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詰替えインク

高価なプリンタインクは以前から頭の痛いところです。

皆さんもそうですよね?

で、以前から気になっていた安価な詰替え用インクを初めて買ってみました。

ちょうど「マゼンタがなくなりました」の表示が出たので詰替え作業開始。

格別難しい事もありませんでした。

ただプリンタウインドウ表示は、見た目にもスッカラカンになったそのカートリッジは純正品を補給して印刷を再開した場合、満タンに表示されるんですが、今回は表示が 減ったカートリッジに「!」マークがついたまま・・・

まあ印刷に支障はないもののちょっと気になる。

しかし純正カートリッジの数分の一のコストはとても助かります。

しばらく使ってトラブルがなければ今後はこれで行こう。

既にお使いの方、いかがですか?
  1. 2007/01/19(金) 18:04:38|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わが人生初の講演会

きのう、無事終わりました。

箇条書きの原稿をA4に2枚半ほど用意していきましたが、

意外に時間が早く過ぎているのに(夢中だから?)、30分経過したあたりで気づき、少しはしょって終了したのが定められた一時間の3分前くらい。

お陰様で何とかこなしました。

初体験で感じたこと二つ。

① まじめに準備していけば素人でも何とかなる(もちろん素人レベルでですが)

② こんな私の話を聞いて下さる方がとても真剣で、素晴しい社員さん・素晴しい会社なんだなあ。大変感心感謝もしましたが、実に恐縮でした。

いい経験をさせて下さったT常務さん、ありがとうございました。

今回の件をネタに仲間を呼んで新年会やりますか。
  1. 2007/01/17(水) 21:56:27|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンコン県大会2007

CIMG0521.jpg



今年もやってまいりました吹奏楽アンサンブルコンテスト県大会in酒田!

長女の高校は全チーム地区で果てましたが、先にも書いたとおり
次女の中学はサックスチームとフルートチームが出場。

応援部員の大型バスに同乗したノリノリ保護者は7人。
内、出演生徒の保護者はたった一人。
自分の子供が出ないのに遠路酒田まで行く6人のその理由は・・・

写真の通りです。
と言うのは冗談、吹奏楽ファンなんですねー
でも酒田での昼食はこども達のおかげで3年連続の楽しみです。

飛島行き船乗り場ビルの2階にある「とびしま」が私たちの
常宿、じゃない常飯屋です。
あーうまかった。
写真のあわびの刺身は私のオプションです。

さて素晴しい演奏が出来たわれらの2チームはどちらも金賞。

わが中学校初の金賞。快挙です。

拍手喝采、喜び満面、と思いきやサックスの子達は大泣き。

同点1位が4チーム。なので彼女らは1点差なのに5位。
しかも東北大会行は4チームに予め決まってる。

泣けるの分かります。

でもあなたたちにはまだまだチャンスがある。

頑張れ!


  1. 2007/01/16(火) 11:18:39|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この世の極楽

師匠のブログでも紹介されている、市内中央のK氏の新宅を氏のご好意で拝見してきました。
素晴しい!

 
BRAVO!


エネルギー供給も、間取り、素材、デザイン、浴室も氏と奥様の書斎も、ついでに薄型大画面テレビも・・・


思わずうなってしまいました。

おれも一生懸命働こう

氏の「イヤー、この正月はどこにも出かけませんでした」

の言葉を思わず妬んでしまいました。
  1. 2007/01/16(火) 10:11:02|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

究極のエコ、衣類の部

和服を仕立てる前の状態、いわゆる反物。

大昔からサイズは決まっていて、(勿論日本人の体格の変化に合わせ多少の変更はありましたが・・・)

巾38cm×長さ12m これがスタンダードです。

この布が定められたパーツに裁たれて縫われてああいう形になるんですね。
12mをたった8パーツに裁つだけです。
きものは8パーツで出来てるんですね。
裁ち方は日本全国共通です。
北海道で和裁を習った人が沖縄で和裁店を開いてもなんら問題ありません。

また、生地や裏地を組合わせると、オールシーズン対応です。
無駄がなく、どんな体格の人にもこのサイズで間に合います。
勿論極端に大きい人は例外ですが、

「洗張り」と言う工程を経て、まったく新たに、しかも新パーツ補充無しで縫い直しが出来ます。

お母さんのきものを娘さんの寸法に変更して縫い直すとか、

太って着られなくなったのでゆったりサイズに縫い直すとか・・・
あるいはまた、年齢に対してきものが派手になってしまったので地味な色柄に染め直すとか・・・

洋服とはだいぶ違いますね。

なんとか先人の知恵とものづくりの情熱と美しさをこの地域にあと数十年語り継いで行きたいと思っています。


  1. 2007/01/10(水) 18:15:50|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新年おめでとうございます


気がつけばこのブログを始めて一年が過ぎました。


秋頃ちょっと息をつきましたが、何とか最初の一年
続けることができました。



一年間の感想はと言えば、常にうっすら漂っている孤独感は
なかなか辛いものがありましたが、そんな中師匠はじめ色んな
方々からたまに頂くコメントのお陰で続けられたような気がします。


ありがとうございました。


この先どれくらい続けられるか自分でも楽しみです。



皆様、今年もよろしくお願い致します。








閑話休題、
これは自分に言い聞かせているのですが、
人や自分を取り巻く現況を嫌ったり呪ったりしていると
自分も苦しい。
また嫌な状況が好転するわけでもありません。

やはり幸せ・満足といったものは自分の心の持ちよう
なんだろうな。
いつも「これでいい」「これで十分」「これで幸せ」と考えよう。
人や状況を嫌う前に「では自分は?」と省みよう。

それすらも自分が心地よくなるための「利己主義」「自己愛」
かもしれませんが、いつも「不満足で人や状況を嫌う自分」
よりはずっとまし。

この所そんな事を考えています。




今年もどうぞよろしくお願い致します。
  1. 2007/01/06(土) 18:05:43|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ここの歴史