呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

祝! モンテJ1昇格

CIMG1570.jpg


10年目にして遂にやったー!!!!!!!!

おめでとう!

正直言って、おれ、サッカーファンではありません。

サッカーのことは何もわかりません。

でも嬉しい。

おめでとう!

来年も頑張れモンテディオ!


  1. 2008/11/30(日) 21:36:28|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々!「日曜小さな旅」

11月晦日。明日からいよいよ師走ですねー。

皆さん、一生に一度の2008年、もうちょっと頑張りましょうね。

さて「大印伝展」開催のため、4週間ぶりの日曜の休みです。

午前中はみっちりと自宅を掃除、昼からハニーと久しぶりに小さな旅に出かけました。

じゃーん!目指したのはこちら。↓

CIMG1569.jpg

散らした青海苔やチャーシューの形でわかった人はすごい!

はい、山形の誇る名店、「○○○」米沢店のチャーシュー麺(並盛)です。

名物「からしみそ」とどちらにしようか少し迷いましたが、このところ喜多方・会津若松としょうゆ味を食べ歩いた私は「較べる」ことにしました。

うまい!

けど・・・

勝手な個人的評価は、というと・・・

5点満点とすると↓

喜多方「坂内食堂」の肉そば(チャーシュー麺)⇒4.5点

会津若松「めでたいや」の肉中華(  〃  )⇒4.3点

○○○米沢店のチャーシュー麺⇒4.1点

といったところです。

麺にもスープにも感想はありますが割愛。

チャーシューのみつっこみます↓

この店の同品は、上記3店中最も高い950円(ただのしょうゆ味・並盛で!)。

なのにチャーシューのボリュームはずっと安い「めでたいや」と同じくらいの少なさ。

坂内のチャーシューは健啖家の私でさえ「こたえる」量の多さ、かつもっと安い。

それぞれ長所短所はありますが、○○○は(チャーシューのみの「切り口」ですが)惜しいかな、ライバル達と比べ、割高さを感じます。

あと150円安ければ手放しで礼賛なんですが。

なぜそんなにこだわるかというと、

ハニーが注文したスタンダードの「ラーメン」が630円。

写真のチャーシュー麺には長いチャーシューが4枚入ってるでしょ。

「ラーメン」はそれからチャーシューを3枚とったもの。

このチャーシュー3枚の差がなんと320円の差。

皆さんは納得できますか?

私はいまひとつ腑に落ちない。

腑に落ちないまま久しぶりの小さな旅、帰途に着きました。







  1. 2008/11/30(日) 20:41:24|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新記録?シンフォニック

今夜の練習は私が知っている限りでは多分最少の参加人数。

4人!

金・木混合クヮルテット。

新記録のような気がします。

こんな時もあるんですねー。

なかなか音楽にはなり難い音重ねですが、それでもめげずにわが同窓生S氏リードのもと頑張る。




ところでわが「シンフォニック・アンサンブル」は毎月6回ほどの練習日を持っていますが、私は入団2年目の今年、まだ一度も休んでいません

入団初年の昨年は2~3回休んでしまいましたが。

多分、メンバー中最も「音楽無学」かつヘタクソであろう私ですが、メンバー中最も休まないことだけは自慢できます。



え?「他に行く所が無いからだろう」って?

その通りです。が、でも、・・・

その昔、日大山形高で皆勤賞を頂いた私。

また再びの「栄光」を地味に目指します。

まずは目指せ「2008年皆勤賞」!



  1. 2008/11/29(土) 22:35:56|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弊社加工部から御礼

別誂え(新規お買上)呉服の仕立上がり品、
しみ抜き仕上がり品、
染替え仕上がり品、
別寸法仕立直し上がり品、
汗取り加工上がり品、
丸洗い仕上がり品、
不都合修正仕上がり品など、

ずいぶん多くの仕上がり品を抱え、弊店加工部はこの所大忙しです。

今日一日だけで10名様近いお客様に20点以上の納品をさせて頂きました。

納品業務は明日も続きます。

また、今月は「大印伝展」をメイン催事に据えながらもなぜか高級呉服のご注文が相次ぎました。

この非常に具合の悪い世相の中、「きもの離れ」が進んでいるといわれる昨今、弊店をこのようにみっちりご利用頂き、ただただ感謝感激です。

精一杯のいい仕事をさせて頂き、お客様のご恩にお応えしたいと思います。

「ひょっとしてもうダメか?」と思うほどひどい時期が続く時もあれば、弊店の能力を越えるほどご利用頂ける時もある。

いい時も悪い時も心を平らに。

なかなかできませんがそう心がけていこうと思います。

様々なご注文、誠にありがとうございます。


  1. 2008/11/28(金) 21:55:56|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

朗報相次ぐ

夜、親しい友人達から相次いで連絡あり。

一人は某マーチングバンド保護者会会長に内定。総会承認を待つばかり。

もう一人はお子さんが志望大学に合格。



友人ということでは既にもう一人が某吹部保護者会長に就任している。



いずれもわが事のように嬉しい。

おめでとう!



よき友人達の更なる活躍と、その子供達の更なる成長を祈ります。



  1. 2008/11/27(木) 22:38:41|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

印伝「なごみ」シリーズの札入・小銭入

またまたお問合せ頂きありがとうございます。

今日で売場の復旧も終わり、やっとお問合せにお答え出来るようになりました。

大変お待たせして申し訳ありませんでした。




色漆を二色(赤と黒)使うため、製作に倍の手間がかかるちょっと贅沢な「なごみ」。

先日も簡単に紹介しましたが、品を絞って更に詳しくやります。

まずは札入れ↓
img101.jpg

↓ご覧の通り、カードポケット10(12?) ポケット3 ファスナーポケット1 の収納力で1万3650円。
CIMG1568.jpg


がま口型小銭入れはこの通り↓
CIMG1563.jpg

この薄さで↓
CIMG1566.jpg

結構な収納力です。↓
CIMG1565.jpg


いかがでしたでしょうか?




  1. 2008/11/27(木) 18:34:21|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「二度と行かない店」の話

ひょこっと遊びに来たダチと話が弾む。

「何が頭にくるって、飲食店で頭にくることってあるよね。」

「んだなー、二度と行かないと決めた店、結構あるなー」




「二度と行かない」と決めた店とは・・・



①席待ち順番を無視して着席した客を許す。

②客によって応対が変わる。

③注文品を異常に待たせても全然悪びれない。

④量を知らないで注文したのであろう客の注文数・量に対し、「多すぎるのでは?」と思ってもアドバイスしない不親切さ。


などなど。



話が進むほどに「すごく似ている短気な友人たちが多い」事にも気付いたりして。

皆さんはいかがですか?

飲食店の皆さんご注意を!

いやいや、私始め何の業種にも通じることだ。我が事と思って気をつけよう。



  1. 2008/11/26(水) 22:44:29|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シンフォニック、「忘年会案内」

先生は風邪でお休み。

お大事になさって下さい。




ところで予てから話になっていたシンフォニック忘年会、担当者が見事段取りを終えてみんなに案内を配布してくれた。

シンフォニックに足りないのは

①ミーティング

②メンバー

と常に感じている私は嬉しいばかり。

今から楽しみです。

Qちゃん、MDさん、案内もらってきたからね。





○○○ちゃん、段取りありがとうございました。



  1. 2008/11/26(水) 22:20:43|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝展後片付けほぼ終了

きのう今日と店を閉め、貸出品の返送作業に努めたところ、終わりました。

集荷トラックに積込を終えたのは午後6時半。

売場の復旧はまだまだですが、明日からは何とか店を開けれる状態までにこぎつけました。




しかし毎年恒例「大印伝展」、歳とともに大ごとになってきました。

とはいえ、あれだけ大勢のお客様に喜んで頂ける催事はそうありません。

知力体力の続く限り頑張りたいと思います。




体は今日も「ハヒー」ですがきのうよりは少しマシ。

返送終わって頭が楽になったんだろうな。




メトキさん、「なごみ」、明日まで待って下さいね。

お待たせしてごめんなさい。


  1. 2008/11/26(水) 22:16:01|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ひーひー

「大印伝展」、一夜明けて・・・

今日明日は店は休みです。

閉めて何をしているかというと・・・

とても簡単に言うと、膨大な数の印傳屋貸出品の返送作業。

あまり簡単に言い過ぎてよくわかりませんね。

でもいいです。省きます。

呉服でも印伝でも、催しで苦労するのは「準備」と「後始末」。

催しの最中は「接客」か「お客待ち」のどちらか。

頭も体も楽なもんです。

「準備」と「後始末」は頭も体も使い、しかもどちらも時間に追われる。

今日は午後3時頃からは・・・

「ヒーヒー」、「ハーハー」、「フーフー」、「ホヒー」

腰が、脚が、眼が、頭が悲鳴をあげはじめた。




でも、残念ながら今日一日では「返送作業」は終わりませんでした。

明日も店を閉めて「返送作業」の残りと、売場の復旧作業です。

あさってからは店を開けて「月末業務」にあたります。

あああ、30日(日)の定休日が待ち遠しい。




夫婦揃って歳とったなあ。



  1. 2008/11/25(火) 20:37:34|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

印伝はいつでもご覧頂けます

年に一度の「大印伝展」は終了しましたが、当店では印傳屋の印伝を常に400点ほど陳列しております。

印傳屋直営店(全国で3軒)を除き、常設展示数としては全国有数の売場です。

いつでも甲州印伝を見に、触りに、お越し下さい。

お待ちしております。


  1. 2008/11/24(月) 21:25:28|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大印伝展」終了

18日間の日程を無事終えました。

気が付けば印伝の中では重要な「札入れ」や「小銭入れ」(いずれも一般品)の紹介が抜けてしまいました。

悔やまれますがまたいずれ、機会があった時に。




また今年も連日、多くの新しいお客様、また印伝大好きな多くのお得意様がお越し下さいました。

ここで厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。




明日とあさっては後片付けのため通常営業を休ませて頂きます。

ご不便をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。



  1. 2008/11/24(月) 21:18:31|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

印伝紹介16(ブランド後編)

ブランドシリーズを続けます。


ロングセラーブランド「フィネザート」です。↓
CIMG1549.jpg
写真でもわかりますね。この微妙な漆の色。

「麦」、「パピルス」、「スカラベ」などがなんともいえない緑や紫で表現されています。





ロングセラーシリーズが続きます。こちらは「ルミドーレ」シリーズ。↓
CIMG1551.jpg

CIMG1552.jpg
↑金色の金具、バラの花が「ルミドーレ」です。

黒くツヤツヤしているところが「漆」、白っぽいところが「顔料」です。




昨年発表された新しいブランド、「豹柄」の「フラトル」。↓
CIMG1553.jpg
他のバッグや小物が現品販売で無くなってしまい、連休のため注文できていません。

色々お見せできずすいません。





CIMG1554.jpg
↑こちらもロングセラーシリーズ、「ポルカンド」です。

これもこれだけになってしまいました。




そしてお待たせしました。男性にはご存知の方が多い「隼人(はやと)」。↓
CIMG1555.jpg

もう一丁↓
CIMG1556.jpg
一般品もブランドシリーズも、女性向と比べメンズはどうしても品種が集約されているので、今回の展示会でもこの「隼人」や「庵」は男性に大人気でした。






そしてここをご覧の方々に大サービス!

印傳屋製なのに印傳屋から仕入不可能な「宇野千代」シリーズ。↓

CIMG1557.jpg

自動車のOEM生産(間違ってないですか?)のようなもの。

例えばスズキの「MRワゴン」、マツダでは「AZワゴン」として売ってますよね。

そんなものです。

CIMG1560.jpg

宇野千代先生は桜が大好きだったそうです。






印傳屋ブランドシリーズはまだまだあるんですが、これで最後とさせて頂きます。

今年9月発表されたばかりの最も新しいブランド、「巻貝」柄の「シェライト」シリーズ。↓
CIMG1561.jpg

顔料等使わず、漆一本槍のシェライト。個人的には好きです。

最近、漆の柄に隙間があって鹿革を触ることの出来るものに愛着を感じたりしています。

トンボとか。





ブランド紹介、心のこりですがこれで終わりです。

さ、後は明日を残すのみ。アクセス数も落ちてきましたが決行します。

皆様、あともう一日だけ、どうかお付き合い下さい。





  1. 2008/11/23(日) 17:50:12|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝紹介15(ブランドを一挙に!)

長かった「大印伝展」もいよいよ明日が最終日。

もう時間が無いのでブランドシリーズを一挙に紹介します。

(ブランドシリーズも造りの基本は「一般品」と同じ、「鹿革に漆で模様付け」です)



アラベスク模様が印象的な「ジオベスク」シリーズ。↓
CIMG1537.jpg
わずか数点しか写っていませんが、フルラインナップだとバッグ10種・小物数種くらいあります。




重厚なレース模様で人気の「プライデン」シリーズ。↓
CIMG1538.jpg
こちらもシリーズ中の一部しかありません。




こちらも大人気の「フォルキイ」シリーズ。↓
CIMG1539.jpg
これも同じ、シリーズのほんの一部しか写っていません。





女性向「和」のブランド「なごみ」シリーズ。↓
CIMG1540.jpg

実はこの「なごみ」、前回紹介の「和」のメンズブランド「庵(いほり)」と対を成します。↓

CIMG1541.jpg

↑そうなんです。これも手間のかかる「漆2色使い」。

ですので一般品よりもややお値段高めなのですが、販売実績はトップクラスです。





次は「更紗(さらさ)」技法を使った「ほのか」シリーズ。ピンボケすいません。
CIMG1542.jpg

CIMG1543.jpg
↑ということです。これも息の長いシリーズです。





そして「日本の房(ふさ)」をイメージした「ベネッセージ」シリーズ。↓
CIMG1544.jpg
これも黒と赤、漆二色使いです。




いわゆる「印伝イメージ」から遠い、斬新なデザイン「リプレアル」シリーズ」。↓
さざなみのイメージです。
CIMG1546.jpg
表面が「黒・茶・白」で覆われていますが、「黒」が漆、「茶と白」は顔料です。

つまり、鹿革はまったく表面に現れていません。

その意味でも珍しい製品です。





ロングセラーブランド「キャレー」シリーズ。↓

CIMG1547.jpg

この通り、大柄な漆模様が特徴です。印伝に多い「連続模様」ではありません。↓

CIMG1548.jpg
またまたピンボケ失礼。




(ブランドシリーズ「後編」につづく)





  1. 2008/11/23(日) 13:46:12|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お問合せありがとうございます

ではお問合せにお答えします。

まず小銭入れ↓  外観をもう少し。

CIMG1529.jpg

CIMG1530.jpg

次にサイズ確認↓

CIMG1531.jpg

↑ ファスナーをいっぱいに開いたところ。
  折ったお札がギリギリ入るくらいの開口部巾です。




次、札入。↓

CIMG1532.jpg

↑左側にカードポケット二つ、右に小銭入れ部の下(裏)にはポケットありません。

↓小銭入れ部。

CIMG1533.jpg

↑両側に「マチ」があります。


札入れ部↓

CIMG1534.jpg

↑一万円札を入れたところです。両側に数ミリ余裕があり、あとはそこから下は縫製されています。

CIMG1535.jpg

↑具体的にはこんな感じです。独特の「丸み」にはほとんど「無駄」はありません。



念のためもう一度サイズ関係確認写真。↓

CIMG1536.jpg




以上です。お問合せありがとうございました。

音符シリーズは優しい、かわいい丸みが特徴です。

よろしくお願い致します。






  1. 2008/11/23(日) 10:42:56|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

催し、準備から19日目

その間、10:00~17:00の7時間休みの日を2回取ったんですが、ちょっと疲れが出てきました。

情けない話ですが・・・ 歳かなー

いやいやそんなことは言ってられない。

あと二日、ご来店下さるお客様のために笑顔で頑張ります。

やるぞー!


  1. 2008/11/22(土) 21:24:45|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝紹介14 「庵(いほり)」

ロングセラーのメンズブランドを紹介します。

実はメンズブランドはここで度々取り上げた「隼人(はやと)」ばかりではありません。

その名も「庵(いほり)」。色漆を2色(黒・白)使った贅沢な造りです。

柄は「一般品」の「ひょうたん」とまったく同じです。

CIMG1526.jpg

↑ 上から、「札入」、「眼鏡入れ」、「名刺入れ」、「小銭入れ」 です。

本当は二つ折り札入れなどもあるのですが在庫を切らしています。

贅沢とはいっても「小銭入れ」に至っては1,680円という手頃なお値段。



↓次、大物。

CIMG1528.jpg

左から 「スピードケース」2万2575円、 「ショルダーバッグ」3万450円、 「合才袋」1万6800円です。




「庵」をよーく見てみると↓

CIMG1525.jpg

この通り、こだわりの2色使い。

鹿革に「型紙」をのせて色漆を摺り込む作業が2度必要になります。

なので一般品よりもお値段は一~二割高め。

でも売れています。

ご愛用のお客様達のお顔が目に浮かびます。

よろしくお願い致します。



  1. 2008/11/22(土) 17:38:35|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝紹介13(いよいよ「ブランド」の部)

印傳屋の製品は、「一般品」と「ブランド品」の二つに大別できることを前回書きました。

今日から「ブランドシリーズ」の紹介をさせて頂きます。

まずは「音符シリーズ」から↓

CIMG1518.jpg

↑上の写真にはシリーズのほとんどが写っていると思います。

CIMG1519.jpg

↑ポーチとペンケースです。

私が現在愛用しているのは一番下のペンケース。

CIMG1520.jpg

↑カードケースと小銭入れ。

私は紺色の小銭入れを現在メモリー入れとして使っています。

CIMG1521.jpg

↑札入と小銭入れです。

いずれも開いたところも載せました。

札入は丸く、個性的でかわいいですね。

小銭入れは印鑑数本入れにもなりそうです。






この音符シリーズ、ご覧のように各品とも「紺」と「赤」の二色あります。

音楽関係の方などにもおすすめしたいです。

しかしそれにしては「八分音符」だけというのはちょっとさびしいかな?

いやいや、そんなうるさいこという人はいないかな?

色んな記号入れたらデザインとして成り立たなくなるかもしれませんからね。



よろしくお願い致します。




  1. 2008/11/22(土) 14:05:43|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

印伝紹介12(一般小物最終回)

小物の最終回です。

CIMG1512.jpg

↑「ミラ-」 ロングセラーです。2,100円。

二面あるミラーの拡大率が違うので「大小ミラー」と呼ぶ時もあります。

ご覧の袋付き。



CIMG1513.jpg

↑かわいいサイズの「指輪入れ」 1,680円。

ご覧の通り、二つの宝飾品がぶつからないように中仕切りがついています。

エメラルドなど、硬度の高くない石にも安心です。



CIMG1514.jpg

↑「巾着(きんちゃく)」 4,410円。

うーん、何に使えばいいんでしょう?正直言ってあまり売れません。

「印傳屋の印伝」を扱って15年、この品はまだ10個も販売していないと思います。




CIMG1515.jpg

↑「携帯ストラップ」 1,575円。

財布と並んで毎日触る印伝の代表格。

私も使っていますが、糸をはじめとにかく丈夫。




印傳屋の製品は「一般品」と「ブランドシリーズ」の二つに大別されます。

ここまでご紹介したのはほとんど「一般品」の「小物」でした。

明日からいよいよ「一般品のバッグ」や「ブランドシリーズ」を紹介します。

え?「もういい」?

そこを何とかあと3日お付き合い下さい。




  1. 2008/11/21(金) 16:38:40|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

原油50ドル割れ

「産油国やメジャーが躍起になってるか?」と思えるほどしぶとかった60ドル台期間と比べ、50ドル台期間は超短かった。

わずか数日だったでしょうか。

夏の最高値の3分の1になってしまった。

それでもわずか3年前と較べればまだまだ高いのですが。



原油価格下落は書くまでも無く、皆さんご承知の通りいい事がたくさんありますよね。

しかしそれが

①更なる世界的株安

②更なる世界的景気減速懸念

③更なる円高

などど表裏一体で連動しているのだから手放しでは喜べません。




なんだか最近、聨合艦隊への興味も薄れてきました。

来年、あるいはさらいねんあたりまでほったらかすしかないかもしれません。

ここをご覧の諸賢、いかが展望なさいますか?



  1. 2008/11/21(金) 10:13:48|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝紹介11

おはようございます。

あと三日、今しばしのご辛抱を何卒よろしくお願い致します。

今日は「ペンケース」です。




まずはこちら↓
CIMG1509.jpg
ペン類が10本も入りそうな、しかも横までファスナーが開いて使いやすいベストセラー。

3,990円です。


次は↓
CIMG1510.jpg
商品名は「万年筆2本入れ」といいますが、現在は万年筆ユーザーは少ないと思われます。

「ペンケース」でいいでしょう。

おしゃれな口金式。3,465円。


そして↓
CIMG1511.jpg
似た形の大小二つ。

共通点はセンターファスナーです。

特に下の大きい方は、印伝でファスナーが見えない設計です。

小が2,100円、大が3,675円。




実は私、この小の方にペン類を4~5本入れ、小学校マーチング、中学吹部、一般マーチング、子供育成会などの役員を精力的にやっておりました。

が、残念ながら無くしてしまいました。

宴会付き会議が多かったのが原因だったか。

高校吹奏役員や商店会役員の会議など、今は別のペンケースを愛用しています。

それはまた後日紹介します。



  1. 2008/11/21(金) 10:03:57|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早くもXマス 「シンフォニック・アンサンブル」

ふと気付いて見るとこのブログ、最近印伝だらけ。

いかに自分が必死になっているかわかります。

でもこれじゃあ色んな方が来て下さるここ、面白くないですよね。

一息入れて話題を変えます。




ゆうべはシンフォニック練習日でした。

アルトサックス担当の山形市内老舗ホテルにお勤めの可愛らしいお嬢さん(おじさんメンバーから見れば「娘」といってもおかしくない)が、皆にホテル特製クリスマスケーキ他の予約のお願い。

おれなんかすぐ、「はいはいはいー、何でも買っちゃうよー」

他のおじさんたちも「はいはいはいー」

女の子って男の子より得なような。




シンフォニックは一足早くクリスマスムードです。





  1. 2008/11/20(木) 21:54:54|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泣き止んで印伝紹介10

立て続けに参ります。(まだお客さん来ないよー)

「免許入れ」「パス入れ」類です。

CIMG1502.jpg


①左上(黒黒とんぼ)から  二つ折り式です。
  開けると↓
CIMG1503.jpg
免許部分の他、カードポケット一つのみ。シンプルです。


②右上(紺白ひょうたん) とにかく薄くコンパクト。
  開けると↓
CIMG1504.jpg
パス入れ部の裏側にカードポケットが三つ。個人的にこういうコンパクトなのが大好きです。


③左下(黒赤きつね) ②と似たコンパクトさですね。
  開けると↓
CIMG1505.jpg
うーん、わかりづらい写真でごめんなさい。
真ん中の革の両側にポケット一つずつの二つのみです。


④右下(赤白麻の葉) 最大の収納力を誇ります。
  開けると↓
CIMG1506.jpg
まず、二つ折りの背中にポケット二つ。
そして↓
CIMG1507.jpg
内側には左に二つ、右に三つ。

お値段は7,350円。




以上よろしくお願いします。


  1. 2008/11/20(木) 14:10:25|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涙の印伝紹介9

初雪、それも結構な積雪のためか今日はお客様さっぱり。

泣きながらこの隙にドカドカと紹介を進めます。

ポーチ類です。

まずは大きい順に
CIMG1495.jpg
↑「マチ」は1cmかそこらです。ぺったんこ。
柄は今年の新柄「梅糸巻格子」。


次は↓
CIMG1496.jpg
お値段も1万円を切ってきました。
この辺に各種「有価証券をぎっしり」なんてのが私の夢です。
100年後には達成できるか。


そして印傳屋には珍しい造りがこちら↓
CIMG1498.jpg
この9月に発売された片面がほぼ強化ビニールというもの。

もちろん裏側はすべて「印伝」ですが。

担当者にコンセプトを尋ねると、「中のものが見える」と単純明快な答え。



札入替りにもなりそうなポーチがこちら↓
CIMG1501.jpg
実際にそういう使い方をなさっているお客様もいらっしゃいます。



最後に印傳屋ポーチで「ロンゲストセラー」がこちら↓
CIMG1500.jpg
今回紹介のポーチの中で唯一「底マチ」がたっぷりあります。5cmくらいかな。

お値段はこの中で最も安い5,775円です。



以上です。よろしくお願い致します。



  1. 2008/11/20(木) 13:52:02|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝紹介8

おはようございます。

初雪、だいぶ積もりましたね。

皆様、交通にはくれぐれもご注意下さい。




さて印伝展、並びに紹介、だんだんあとがなくなってきました。

早くバッグ類やブランドシリーズを紹介したいんですが、、小物類がまだ終わりません。

尻切れトンボに終わってしまう可能性大ですが、気を揉まずに続けます。

はい、今日は「眼鏡入れ」類です。

CIMG1491.jpg
↑まずは「ハードケース」2種。

お持ちのめがねの大きさによってお選び頂けます。お値段も少々違います。



次は「眼鏡サック」↓
CIMG1492.jpg
男柄、女柄、同じ品物を二つ写してみました。

面倒くさがりの私あたりには良さそうです。


最後に「口金式」↓
CIMG1493.jpg
「ハードケース」タイプと同じく、大きさを選べます。

やはり大小で少々お値段が違います。

開くとこんな感じ↓
CIMG1494.jpg



「眼鏡など、一生縁が無いかも」と思っていたら、昨年から老眼がとみにひどくなってきました。

「近くのもの」が辛い。

とうとう昨年、「ハードタイプ」を一つ求めました。

ご同輩、印伝の眼鏡入れ、一ついかがですか?






  1. 2008/11/20(木) 10:01:29|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初雪

予報通り降りましたね。




田に積もる雪。

野に積もる雪。

山に積もる雪。

屋根に積もる雪。

庭に積もる雪。

か細い街路灯に照らされ町の歩道に降り積もる雪。

暖かい部屋の中で聞く吹雪の音。

吹雪にさらされながら歩く道。





好きです。

大寒に生まれたからかな。







  1. 2008/11/19(水) 23:38:07|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝紹介7

おはようございます。

さ、今日も一日張り切ってまいりましょう。

キーケース、キーホルダー類です。

まずは高級メンズブランド「隼人」から↓
CIMG1487.jpg
例によって「シェパードチェック」、茶と黒の二色です。7,350円

次に紹介する一般品のキーケースよりも大きく、ゆとりのある収納力です。

長年同じ物を観察していると、キーをつける金具が「丈夫なもの」「理にかなったもの」に変更・改良されたことがわかります。



次、キーケース続けます。
CIMG1489.jpg
上が隼人と同じ「三つ折式」。
隼人より小ぶりで、車のリモコンキーあたりは中に入れてホックをするのが苦しいかも。
ただ、お値段が2,100円と、隼人の3分の1以下。手頃です。


下がこの9月に新発売された大ぶりなファスナー式キーケース。3,675円。

印傳屋担当に聞いてみると、狙いはやはり「リモコンキー楽々収納」でした。

内部から「生えている」のがご覧の二つのリング。

また、外ポケットもあるので、小銭や紙幣数枚、あるいは自動車保険カードなど入れておくとドライブ時に大安心でしょうね。

私はこのキーケース、大好きです。





最後に「キーホルダー」2種。↓
CIMG1488.jpg
左がやはりこの9月新発売なった、印傳屋製品には珍しい造りのもの。2,205円。

何が珍しいって、「印伝部分」(色漆で模様付けされた鹿革)が少ない!

また、漆の柄(鹿)も非常に珍しいワンポイントです。

皆さんご存知の通り、印伝って普通は細かい連続柄ですよね。

最後に右。比較的新しい、数年前に仲間入りしたキーホルダー。2,100円。

こんな風にも使えます。↓
CIMG1490.jpg
あるいは男性がジーパンのベルトにくっつけ、ぶら下がった鍵はそのまま最寄のポケットへ。
なんていう使い方、実は私がよくしています。





以上、隼人以外は男女とも色・柄多数です。是非お試し下さい。




  1. 2008/11/19(水) 09:53:09|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拙ブログをご覧のお客様

今夕お買物にいらっしゃった女性のお客様、最後に「社長さんですか?ブログ、たまに見せて頂いています」とのこと。

赤面!ただただ赤面!

ありがとうございます。でも赤面です。

このおバカブログをご覧になるなど、もったいないことです。

いつも友人・知人・業者さんくらいしか意識して書いておりません。

あああ、なにかおバカなことを書いていなかったろうか。

いや、もう遅い。おバカだらけだ。

お客様、どうぞお見限りなく。

おバカなだけで決して悪いことは致しません。



  1. 2008/11/18(火) 22:11:28|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

平日サボり旅(熱塩加納)後編

若松の帰路、寄ろうと決めていたのがここ。

大峠に近い所です。

CIMG1467.jpg
昭和59年に廃線になったJR日中線の「熱塩(あつしお)駅」。

CIMG1468.jpg

CIMG1469.jpg
終点だったんですね。

CIMG1470.jpg
↑是非拡大してお読み下さい。
戦争が無かったら、米沢から日光まで一列車で行けたかもしれません。

CIMG1471.jpg
鄙びた所にひっそり佇むこの駅舎に、私の他に奇跡的に訪れた初老の夫婦。

「私は昭和40年代に一度この線に乗ったんですよ」と万感の思いのご主人。

CIMG1473.jpg

券売窓口。昔の「寒河江駅」を思い出します。

CIMG1477.jpg
待合室だったんでしょうね。益々昔の寒河江駅を思い出します。

旧寒河江駅のベンチは座面と背もたれが曲線で結ばれていました。

CIMG1478.jpg
近くに車両まで保存してありました。

CIMG1480.jpg

哲郎とメーテルが向かい合って座っているようです。




「めでたいや」よりも感動してまた車に戻りました。

ところで、「日中線」「日中温泉」の「日中」の意味、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。





  1. 2008/11/18(火) 21:48:16|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

平日サボり旅「会津若松」前編

さあ、今日は交代休。

前回は秋田市まで行きましたが、今回の目的地は会津若松、ラーメン店の「めでたいや」。

友人に以前から聞いていた店です。

ゆうべ彼から仕入れた情報によると、中でも「肉中華」がおすすめらしい。

ホンダフィットで10:20出発。

CIMG1461.jpg
49号線跨線橋から見る若松の町。

130km、2時間半ほどかかって迷わず「めでたいや」に到着。

CIMG1465.jpg

最寄の交差点はここ↓
CIMG1466.jpg

東山も写ってます。

全座席が座敷の店でした。

さて、ミニソースカツ丼プラスをぐっと堪えてたのんだのはこちら↓
CIMG1463.jpg
友人のおすすめ「肉中華」。

注文から10分ほどできました。

うまい!

うまいけれども・・・

喜多方「坂内食堂」の「肉そば」の方が個人的にはちょっと上かな。




さあ、秋の日は短い。

食べ終えたらとっとと帰途に着く。

(つづく)


  1. 2008/11/18(火) 21:21:10|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ここの歴史