呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

爆走640km(日光)

いろは坂(ストレス蓄積)を降り、しばらく走ると日光市街。
ガスマンさんご指名の煎餅店に寄る。
CIMG2507.jpg
小さな店だが接客が実に感じよく、試食させてくれる煎餅や菓子もうまい。
HPもあり、創業100年を越える店のよう。
CIMG2508.jpg
日光といえば「甚五郎」か。肯ける。

どこかの社寺の門前通りのような。ゆるい坂道になっている。なかなか風情のある町並だ。
CIMG2510.jpg
土産を買い込んだら「バイク急便」のようになってしまった。
CIMG2511.jpg

もう午後3時半。
ここからはあと300km弱。家路を急ぐ。

しかし、復路は疲れが出た。
第2休憩地点の「安達太良SA」ではヘトヘト。

第3(最終)休憩地点の「古関PA」では地面に伸びた。
無謀なツーリングであった。

クサカベ石油さんバイパス店に辿り着いたのが19:20。
おれの燃費は19.2km/l 。
やはり回転数の上がる高速はいつもより少し悪い。
というか、とばし過ぎかな。



遂にバイクにもETCを搭載、今日のコースが実現した。
高速をフルに使い、それも高速料金往復で2,000円のお陰(日光宇都宮道路は別)。

でもきつい。
高速を使うにしても次回は500km以内、10時間以内だな。
急ぎに急いだ一日、余裕がまったくない。

ガスマンさんお疲れ様。
奥日光ありがとう。


  1. 2009/06/30(火) 21:22:40|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

性分

店一階売場の蛍光電球の一つが玉切れ。
交換のため取り外してみると・・・

CIMG2519.jpg

ブラヴォー!!

なんというブラヴォーな性格!


ところでさすが蛍光球、よくもった。
休業日を除いて約2300日、一日10時間として2万3千時間!
素晴しい!
白熱球なら10個も取替えていたかもしれん。


しかし・・・
すぐ電卓片手に計算するこの性格も・・・

ブラヴォー!!


  1. 2009/06/30(火) 10:15:33|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西の湖の虫

恐るべし。

CIMG2518.jpg
↑ 虫が喰った場所。手のひら全体が象のようだ。

CIMG2516.jpg

パンパンに腫れて指が曲げられないほど。

320km先から来た血、うまかったかこのヤロ。


  1. 2009/06/29(月) 23:00:21|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

爆走640kmⅠ(奥日光)

CIMG2469.jpg

↑ 上河内SAあたりでのショット。
ご存知、CB1300が2台。
都合さえつけばドカやカワサキなど、最大5台の予定だったのだが残念。

寒河江ICを7:05発。順調に進み、宇都宮ICからは宇都宮日光道路を全活用、名所「いろは坂」のすぐ手前までほとんど高速という珍しい行程。
かえりもほぼ同じだったので、一日を通し一般道走行はわずか6%だった。
本当に珍しい。

だけど、そうしなければ奥日光日帰りは無理。止むを得ない。

で、普通の交通量のため、さほどエキサイティングな走りもできずいろは坂を登り、華厳の滝もパス、中禅寺湖を左に見ながら一路「戦場ヶ原」脇の「赤沼茶屋」へ。
ここが我々の今日の最終到達ポイントだ。11:20着。

ご経験の方はここからは読み飛ばして下さい。

実はここから有名な「小田代(おだしろ)が原」「西の湖(さいのこ)」「中禅寺湖千手(せんじゅ)が浜」行きのハイブリッドバスが出るのだ。
30年前、このエリアでわが人生最悪の日を過ごしたが、その頃はこのハイブリッドバスが走る林道には誰もが何の乗り物でも自由に乗り入れできたものだ。
その後、10年ほど前に家族で久しぶりにここを訪れたときには、今回と同じように既に林道入口には鉄のゲートができており、このバスしか入れなくなっていた。
夢の風景と会いに行くにはこのバスに乗る他ないのである。

CIMG2470.jpg
↑ 「クリンソウ」とかいう花の季節だそうで、今は最も人々が訪れる季節ということでバスの中はこの通り。

↓ しばらくこんな森の中を走る。
CIMG2471.jpg

↓ すると「夢の」小田代が原が。
CIMG2472.jpg

20分程乗ってここ↓で降りる。西の湖まで徒歩20分だ。
CIMG2491.jpg

途中も素晴らしい ↓
CIMG2476.jpg

CIMG2477.jpg

CIMG2478.jpg

で、「夢の」西の湖に到着。↓
CIMG2485.jpg

CIMG2487.jpg

残念ながら写真ではほとんどお伝えすることはできないが、私の半世紀の人生中、最も大事な場所のひとつなのである。

バスの本数は少ない。大急ぎで来た道を戻る。
これがディーゼルエンジンと電気モーターのハイブリッドバスだ。
CIMG2492.jpg

赤沼茶屋まで戻り、今日の最大の目的は果たしてしまったのだが、折角ここまで来たのだから隣接する「戦場ヶ原」も見ない手はない。↓ 
CIMG2497.jpg

↑ 小田代が原を広くしたような、やはり湿原。
↓ とどめに、やはり近くの「竜頭(りゅうず)の滝」を久しぶりに拝んで奥日光をあとにする。14:30頃。
CIMG2505.jpg

いろは坂は上りと下りのルートが別なのだが、・・・
下りの走りは登りよりも更に面白くない。
「遠くの観音様はありがたい」だろうが、気持ちのいいワインディングなら地元にたくさんある。

と毒づいて Ⅱにつづく。

だが奥日光の大自然は相変わらず素晴らしかった。
やはり何か縁のある場所なのかもしれない。



  1. 2009/06/29(月) 22:46:15|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

皆勤の権化(ごんげ)

疲れ果ててロングツーリングから19:30帰宅。

今夜はなんと「櫻花」練習日。

今日ばかりはさすがのおれ様も練習休もうか、と帰り道ちらちら思っていたが…

行った。

3曲やっつけてきた。

ほひー


  1. 2009/06/28(日) 22:15:50|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

目指せ戦場ヶ原(爆走640km)

今日は定休日、ガスマンさんと奥日光日帰りツーリングに行ってきた。

さすがに疲れた。

明日アップします。

おやすみなさい。
  1. 2009/06/28(日) 22:09:00|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商人冥利(あきんどみょうり)

中央高さんの定演に遅れた代わりに、それを吹っ飛ばして余りあるすごいものをお客様から頂戴した。
これだ。
1、2、3 ↓

CIMG2466.jpg

いつもご夫婦お揃いでお越し下さる神奈川県川崎市からのお客様。
ご遠方からお越し頂き、ご贔屓頂くだけでもなんと御礼申し上げていいかわからないのに・・・
先日の「十四代」もまだ残っているのに。

ご夫婦は私の主たる趣味、吹奏楽とバイクのことをご存知だ。
しかもユーフォニアムを吹くことも。

で、数ある「キューピーブラスバンド」の中からピンポイント爆撃。
「ユーフォニアムキューピー」だ。

衝撃的なプレゼントを頂戴した。
楽器はもちろん、頭も腹も私そっくりではないか!

ありがとうございました。
ただただありがとうございました。


  1. 2009/06/27(土) 23:45:13|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央定演に遅刻

中央さんの6時開演の定演に駆けつけるためには、土曜恒例5時閉店の直後出発すれば楽勝セーフ。

のはずだった。

だが出発直前、大事なお客様から「これからご来店」のお電話を頂く。

おれにとって趣味の吹奏は「生き死に」とはまったく関係ない。

お客様方のお陰で日々、店も家も生かして頂いている。

いくらバカでも迷いはない。

次女と彼女の親友は妻から乗せて行ってもらう事にし、おれはお客様をお迎えする。



で、お客様の御用が終わりお帰りになった後、山形県民会館にスクーターで駆けつける。

19:30頃だった。

受付のお姉さん達に聞くと、「まだ4曲くらい残っていますよ」とのこと。

だが、間に合ったのはいわゆる「お楽しみの部」第3部の途中からであった。

残念。

一番聴きたかった課題曲の塊の第一部、友人達に音源を頼むしかない。



定演が終わり外に出て家族を待っていると、陵東吹部から中央高吹部に子供が進んだ猛者保護者達も出てきて、ついつい固まってしまう。

こいつら本当に、筋金入りの、最強の、愛すべき○○達。

おれはすごい連中と一緒にいたんだなあ。



  1. 2009/06/27(土) 23:23:33|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これから中央高定演

今日は土曜日。
平日より早い午後5時閉店。

強豪山形中央高吹部さん定演初日(高校定演に「初日」ってすごい!)の今日は午後六時開演。
ラッキー。

同校HPから演奏曲目 ↓
1日目
1部:
平成21年度全日本吹奏楽コンクール
課題曲「Ⅰ・Ⅲ・Ⅴ」
ティルオイレンシュピーゲルの愉快な悪戯

2部:
クラリネット協奏曲 エレビー作曲
クラリネット独奏 加藤明久

3部:
アニトラの踊り
蘇州夜曲
山形中央SPなど



2日目
1部
キャンパスフェスティバルマーチ
パンチネルロ リード作曲
平成21年度全日本吹奏楽コンクール課題曲「Ⅴ」
管弦楽のための協奏曲

2部:
加藤明久先生の解説・実演指導付き  ←すごい!
平成21年度全日本吹奏楽コンクール
課題曲「Ⅱ・Ⅳ」

3部:アニトラの踊り
大きな玉ねぎの下で~昴
山形中央SPなど



だそうです。
行ってきます。
レポートは夜。

CIMG2465.jpg




  1. 2009/06/27(土) 15:41:10|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同窓生の訃報

今朝、ロサンゼルスで人生の同窓生が亡くなった。

彼は世界的な超有名人だったので、テレビは朝から大騒ぎだった。

満50歳では「痛ましい」という他ない。



しかしどの番組でもニュースでも、歌手としての彼を紹介する映像は専ら「スリラー」。

だが私にとって、彼を象徴する歌はダントツにジャクソン・ファイヴ時代の「ハレルヤ・ディ」だ。

大人になってからの彼は、私にとってのマイケルとはだいぶ違う。



それはともかく、彼にはまだまだ30年も40年も生きて欲しかった。

早く逝き過ぎたこの同窓生の分まで頑張るぞ。

どんなに地味な人生でも、御日様は毎日毎日平等に照らしてくれる。




  1. 2009/06/26(金) 22:51:50|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パチンコ

パチンコ、おお、パチンコ!

昨夜、妻に誘われてちょうど20年ぶり(結婚した年に最後に行ったことを覚えている)にパチンコ屋へ行ってみた。

台はすっかり変り、何がなにやら勝手がわからない。浦島太郎だ。
でも折角来たんだからと、妻を促し座らせ、紙幣を入れさせ、おれはその後ろに立ち・・・

妻は3、4分で玉を費消し、おれはする気になれず・・・
パチンコ屋に入ってから出るまで10分とかからなかった。
で、なんの喜びも楽しみもなく彼女の千円札は消えた。

なぜ彼女はいきなりパチンコ屋を思い出したのだろう。


18歳の大学1年の時、そう、4・5・6月あたり、箱根の向こうの三島の町でパチンコにはまった。
女手ひとつで店を切り盛りし、息子を私立大学に入れてくれている親を気遣い、
本気で仕送りを断ろうと思った

「仕送り無しで充分暮らせる。」
4月、5月はそう思うほど玉が出たのだ。
連日、元手数百円でいい塩梅玉がたまるとおれはいつも未練なくパチンコを中止し換金した。


だがそれはもちろん戦略だった。
6月からはピタッと出なくなった。
人口に対し学生の比率がうんと高い三島では毎年繰り返される戦略なのだろう。


即、未練なく、パチンコ屋へは行かなくなった。

それから30年以上、上記の特例2回しか行っていない。
賭けなし麻雀はお付き合いで少しはしたが、競輪も競馬も経験がない。
向いてないんだろうか。

だが昨夜、人口43500人の小さなわが町にあるそのパチンコ屋はすごい人数のお客で溢れ返っていた。


家に帰ると今年初めて庭にキャンプチェア(すわり心地がいいんだこれが)を出し、庭専用照明をつけ、いとこからもらった泡盛「豊見親(とぅゆみゃ)」のロックを左手に、愛犬を右手で撫でながら、小一時間至福の時を過ごす。

「あの客の100分の1でもうちの店にきてくれたらなあ」などとつぶやきながら、きっと阿呆のような顔で泡盛を飲んでいたことだろう。


  1. 2009/06/25(木) 20:00:00|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

J‐SNIPER SEMB出番

JSサポーター会の親分から以下の通りおしらせを頂きました。

一般マーチングバンドJ‐SNIPER(ジェイスナイパー)出演のおしらせ

〓花咲か音楽祭〓

6月27日(土曜日)

10:30~柴橋小
10:50~寒河江小
11:05~寒河江南部小
11:25~寒河江中部小
11:40~J-SNIPER

会場 : 花咲フェア会場(山形道寒河江SA隣接)の中


天気がいいといいですね。
土曜日はお休みという方は是非お出かけ下さい。

そういえばここの至宝コメンテーター、MD氏はSEMB寒河江小学校マーチングバンド保護者会の今年の親分です。
当日、バンドを一生懸命サポートする彼の姿も目に見えるようです。
彼の目印は「ゲ」と「ル」、すぐわかります。
見かけたら励ましてやって下さい。

がんばれすべての出演者、すべてのサポーター!

(我ながらドメスティックなブログ…)



後記

あっ!すいません! ↑ 「ゲ」のは「ハ」ではありませんから。念のため。



  1. 2009/06/25(木) 10:27:01|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カタログ燃費を斬る!

フィットの実走燃費、カタログ値(24.0km/L)とのずれが大き過ぎて納得いかん!
という記事を以前書いたことがある。

まあ、メーカーの測定法とユーザー(おれ)の乗り方の違いがその落差に如実に現れるのだろう、という常識的な理解はしてあげて、その上で言ったのだ。

「届出値」だか「審査値」だか知らないが、実走に近い測定法とカタログ値にした方が良心的ではないですか、という気持ちなのである。

皆さんもご経験上、同じお気持ちでは?
今もその感想は変らない。フィットはいつも大体16km/l 、一般路長距離の最高記録でも21km/l 。
たいていカタログ値の3分の2、「この上ない」と思える理想的な走りをしても9割に満たない数字だ。

ところがこの件について、ネット上で大変参考になる見解があったので紹介します。
但し、「メーカー広報」といった権威のあるものではないのでご参考にとどめて下さい。

 ↓  ↓  ↓

メーカーが嘘を言っているわけではなく、フィットのせいでもない。
日本車のほとんどがそうだ。特にパワーに余裕の無いコンパクトカーの実燃費はカタログ値(10-15モード)の70%程度あれば合格だと思う。
コンパクトカーだけじゃない。レガシイなんか通常6掛、最高でも8掛だった。

なぜそうなるかというと、日本の測定法が実際の使用条件にあっていないからだ。
国土交通省認可の10-15モードはこんな条件で測定している。↓

①3,000km慣らし走行後の車両を使う (新車状態は不利)
 これは許せる。「慣らし」はすぐ終わり、その後が長いから。
②60km/hで15分暖機後測定 (完全暖機状態。始動直後は混合気が濃いので不利)
 そんな乗り方する人は滅多にいない。却下!
③走行抵抗設定 車両(空車)+110kg (2名乗車分を考慮)
 これはまあ良心的
④搭載電気機器やエアコンはOFF状態 (今どきエアコンOFFで乗る人いる?)
 いるよ!なるべくつけないようにしている でも測定はON OFF半々にしては?
⑤実走行ではなくシャシーダイナモという機械の上で行われる。
 話にならん!実走は片時も休まず少しは操舵しているし、路面抵抗も全然違うべ!

更に加速も20km/hまでに7秒、50km/hまでに18秒もかけている。
 言語道断歩行者横断!
エコ運転の目安でさえ20km/hまでの加速が5秒、最高速度も70km/hまで。

ゆえに完全暖機前の15分以下のチョイ乗りが多い、スタートダッシュが好き、エアコンつけっぱなし、高速道路は100km/h以上で走る、という場合は当然大きく燃費が下がる。

同じ車でも欧州基準だと全然違う数値になる。
フィットは日本では10-15モードで24.0km/Lだが、英国HONDAのHPでフィットの燃費を見ると、カタログ燃費は市街地モードで15.3km/L、郊外モードで21.7km/L。(エアコンはOFFだと思う)

(赤字筆者)

 ↑  ↑  ↑

なるほどなるほど、その通りだとすれば日本の測定法はやっぱりおかしい。
そんな走り方、絶対にありえないもの。
それに較べ、欧州のカタログ燃費は私の実走燃費とほとんど同じじゃないか!
素晴しい!

昔、「上げ底」商法というのがあった。
菓子箱などの底を上げ、内容量を実際より多く見せかける。
結構長らく社会問題になったものだ。
そういや、見た目のいいスーパーの精肉パック、開けてみると脂身だらけでがっかり、なんてのも似たようなもの。

なんだか情けなくなってきた。
車を売って間もなくばれる虚飾、文字通り虚しい。
先進工業国と言われるわが国の、中でもグローバルな世界に冠たる自動車メーカーたちのカタログが・・・
「うそ」とは言わないまでも自然と疑問を覚える。

まあ正直言えば、18歳でバイクと車に乗り始め、夢中でカタログをむさぼり読んでいたその昔から、「実走燃費はカタログ値×(かける)0.○○」の習慣が身についちゃってるんだけどね。
うっ!益々悲しい!



  1. 2009/06/24(水) 20:30:58|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

処分 国産甚平

仕入れてから二度目の父の日も売り逃がしてしまった国産ブランド甚平2着。

ブログをご覧の皆さんに捨て値の大サービスをさせて頂きます。

①LLサイズ一着 ↓
CIMG2458.jpg
CIMG2460.jpg
↑ ご覧のような品質・価格です。
麻30%の他、シワシワの「しじら織」(今風に言えば「シャーリング加工」?)になっているので、汗ばんでも肌に密着しづらく、涼しさは抜群です。
「古渡(こわたり)」ブランドは和装の世界ではとても有名です。
このブランドのLLは、W95の私でさえ余りがあり過ぎるくらいのゆったりサイズです。

②Lサイズ一着 ↓
CIMG2461.jpg
CIMG2463.jpg
サイズ・価格(17,850円)と色が違うだけで、組成や生地は①と同一です。
私ならこのサイズでちょうどです。とにかくたっぷりしています。


①、②どちらも7,990円とさせて頂きます。


当店伝統の「思い切り」で処分します。もちろん赤字価格です。
「処分といえども損はしたくない」などと思っているといつまで経っても換金できませんから。
この辺、株式投資と共通するか。


それと、ホームセンターさんやスーパーさんによく並んでいる1,980円、2,980円、あるいは998円などといったものとはまったく違う世界ですので念のため。
彼らと何もかも同じラインナップでは当店のような零細専門店は存在意義がなくなってしまいますので。
しかし、低価格品と品質重視品の「存在の良し悪し」云々の話ではありませんのでこれまた念のため。
どちらにも存在意義は立派にあると思っておりますので。



  1. 2009/06/24(水) 10:47:24|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

願えば叶う?

今度は地元の友人から銘酒を頂いた。
青森県上北郡おいらせ町の酒だ。
NEC_0065.jpg

コピー ~ NEC_0066

ちょっとピンボケだがラベルの左側に甘辛・軽重の表があるのがおわかりだろうか。
NEC_0067.jpg
淡麗にして辛口、酒飲みの酒だ。

帰宅後さっそく頂く。

むはーーーー!

間違いなく淡麗辛口。やばい。

ありがとう。



そういえばこの所、お酒の頂き物が続いた。もちろんさくらんぼもだが。

川崎市からのお客様の「十四代」から始まり、市内のお客様から焼酎「トライアングル」、文字通り日本中飛び回っている旅客機パイロットの従弟からは宮古島の泡盛「豊見親(とぅゆみゃ)」

願いは念じ続ければ叶うという。

波長の合う人、好きな人同士が寄り合いやすいように、酒が好きだと人様のご好意と共に酒が寄ってくるのだろうか。

好きな女(男)と一緒になりたい。

好きな人たちと共に人生を歩みたい。

好きな仕事を一生続けたい。

好きな趣味をできる限り続けたい。

たくさんの知識を身につけたい。

そう願い続けると叶うのだろうか。





いや、知識以外は既に半ば叶っているか。



  1. 2009/06/23(火) 21:53:14|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

竺仙(ちくせん)の匂い

暮れと初夏、当店の仕入先、自他共に認める日本一染処「竺仙(ちくせん)」さんからお心遣いが届く。

CIMG2450.jpg

今日頂戴し、開けてみると ↓

コピー ~ CIMG2451

やっと熨斗紙が見えました。江戸前らしく「中熨斗(なかのし)」です。
わが地方では「外(そと)熨斗」が一般的ですが、メトキさん、RZさん、御地ではいかがですか?
しかし、「松の葉」はにくいですね。

CIMG2456.jpg

熨斗紙を伸ばしてよく見ると、竺仙の独壇場、手拭いの図柄です。

CIMG2452.jpg

中身はもちろん東京本染製品。

CIMG2457.jpg

中身はもちろん箱 ↑ や、包装紙 ↓ までしびれます。

CIMG2455.jpg


ちなみにこの「本染ガーゼ2本セット(箱入)」は1,995円です。ご贈答にいつでもご利用頂けますのでどうぞお見知りおきを。

ゆかたで最も有名なメーカーなのですが、こういったギフト用品にも他にない竺仙独特の日本・江戸・東京の匂いがします。

夏目漱石先生の「猫」にも出てくる銀座の老舗「空也(くうや)」や人形町の「壽(ことぶき)堂」などと共通する匂い。

決して華美ではない。シンプル、素朴、頑固、俗っぽいが言葉で言えばそんなところ。



さあ、また落としどころを見失ったまま筆を擱きます。

大丈夫かなおれ?


  1. 2009/06/22(月) 14:56:23|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

寄る年波

50歳と5ヵ月。

「フィフティー・ブルー」ショックからは立ち直ったものの・・・



二、三日前、自転車通勤中に私のつぶらな瞳(右目)にプンプン虫の野郎が飛び込んできやがったお陰で異物感と痒みを感じ、眼科のお世話になる。

昨年も6月に同じ目にあっている。

ついでに昨年から気になりだした左目の視野に黒い点がひとつ見えるのも診てもらった。

人からも聞いており、予想はしていたとはいうものの・・・

「飛蚊(ひぶん)症ですね。眼球の濁りといいますか、お年を召すと止むを得ないんですよ。あー、眼底検査は異常ありませんでした。」

と、先生からはっきり宣告されると寄る年波の悲哀を感じる。

この冬から春にかけての結構長い期間、左膝に違和感があったのも記憶に新しい。

齢とともに今までなかった経験をする。

これをお読みの私より若い皆さんへ、聖書の中から一つプレゼント。

汝、若いうちに楽しめ



追記

「佐藤さん、そう言えば昨年も虫がはいりましたね。ふうむ、そんなに大きな目じゃないんだがなあ」

悪かったな!先生!



  1. 2009/06/22(月) 13:25:37|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

TERMINATOR SALVATION

20090606_676663.jpg


今年初めて映画館に行ってきた。

ターミネーター4。

原名 「TEAMINATOR SALVATION」。

SALVATION、知らないので調べてみた。

救助 救出 救済者 救助手段 救済 (宗教上の罪の)救済。

(ああそうか、サルベージ船のSALV…か)

色々あるが、個人的に最後の「救済」をとろう。

だって、スカイネットが人類に核攻撃した200X年○月○日を、生き残った人類は「審判の日」と呼んだくらいだから。

まあ、救済者も新登場したかもしれんが。

ちょっとだけシュワちゃん型T-1000も出てきた。

ターミネーターシリーズは大好きで、これまでの3本もすべて映画館で観た。

今回も楽しめた。

sub28_large.jpg

↑ バイク型の「モトターミネーター」なんてのも初登場したし。

スピード感もあったし。



でも・・・

Ⅰ、Ⅱと較べ、重厚な「愛」と「哲学」が少ない。



ちょうど、昨年だか観た最後の「ランボー」の失望に近い。

ちょっと残念だった。

観た方いますか?是非ご感想を。


  1. 2009/06/21(日) 20:25:03|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お披露目の別注Tシャツ

天気がもってよかった。
そして納品が間に合ってほんとによかった。
コピー ~ CIMG2438

同じTシャツの保護者の方も。(サイズは全然違いますが)
コピー ~ CIMG2442

左胸ワンポイント(一部マスキング処理) ↓
CIMG2441.jpg

ご注文頂き誠にありがとうございました。

「青空と太陽」、なかなかな演奏でした。ユーフォ、いいぞ!

偶然でしょうが、野球選手たちの入場行進・整列完了と曲の切れ目がピタリ!

ブラヴォー!


  1. 2009/06/20(土) 11:19:23|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太宰師直筆原稿発見

10代から敬愛している太宰先生の原稿が見つかったそうだ。
今日の山新さん朝刊 ↓ ファンも多いでしょうからどうぞ。
コピー (2) ~ img141
コピー ~ img141
コピー (3) ~ img141
img141.jpg

うーむ、彼の著作には一貫して「プライドと劣等感・罪悪感」が感じ取れるが、16歳ともなれば当然それらは芽生えていた様子。

コピー ~ img140
コピー (3) ~ img140

辻魔「羞」児 がそれを物語る。


  1. 2009/06/20(土) 10:43:31|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特注Tシャツ納品

ある団体様から別注Tシャツのご注文を頂き、アクシデントを乗り越えて本日納品させて頂きました。

「別注」とはご存知の通り、団体名や主張をデザインして素材のTシャツにシルクプリントするものです。

今回は左胸ワンポイントと、背中の2箇所に入れさせて頂きました。

呉服屋のこととて、昔からTシャツ・ジャンパー・トレーナーはもとより、手拭・タオル、果てはお盆、最近は印伝に至るまで名入れのご注文を頂いています。

img139.jpg
img138.jpg

↑ このような多くの色の中から選んで頂いた今回のご注文、5月末にお話を頂いたのですが、

明日のご使用日に対し、納品なったのが今日

体重が1キロほど減ったかもしれません。間に合って本当によかった。
(え?いつもそういう注文ばかりもらえば?)

もし、万が一、間に合わなかったら切腹もの。

明日、朝からこのTシャツが鮮やかに揃う様子が目に浮かびます。

ご注文誠にありがとうございました。



今回はご注文から納品まで3週間。すべり込みセーフでした。

できれば4週間以上頂けると大安心納品できます。

団体様には遠隔地の業者からもダイレクトメールが多数舞い込むと思いますが、我々地元でも料金にほとんど相違はありません。

遠慮せず細かいやり取りがたっぷりできる、「顔」の見える大安心の地元業者をどうぞご贔屓に。

えー、中でも寒河江駅前の山森呉服店なんかいかがでしょう?



  1. 2009/06/19(金) 16:58:07|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

父の日といえばかりゆし

img087.jpg
↑ 海中遊泳柄 7,900円

img080.jpg
↑ 星砂天の川柄 8,400円

img115.jpg

などなど、沖縄感たっぷりの好評「かりゆしウエア」のメンズ。

カタログ掲載品取り寄せだと父の日には間に合いませんが、カタログから厳選のすぐにお渡しできる在庫、十数着あります。

是非ご利用下さい。



  1. 2009/06/19(金) 14:19:40|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大量アクセスに御礼

うーん、さっぱり心当たりはないんですが、なぜかきのうは久々の200オーバー。

分不相応のご訪問に感激です。ありがとうございます。

常連さん以外にはどんな方々が来て下さっているんだろう。

いつもそう思います。

いずれにしましても重ねて厚く御礼申し上げます。



しつこいようですが、ご訪問記念に

どーか、コ、コ、コメントたもれっ!(と、ここだけなぜか女言葉)


  1. 2009/06/18(木) 14:10:25|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

紗袋帯

たまには本業の記事を・・・
CIMG2431.jpg

本日お買上頂いた紗(しゃ)の袋帯(ふくろおび)(盛夏に使う礼装用帯)です。

お客様のご了解を頂きましたので紹介させて頂きます。

コピー ~ CIMG2434

↑皆さんもご存知の「西陣織」製品は伝統工芸品なんですね。

CIMG2435.jpg

↑仕立前なので開いている「口(くち)」。

西陣織製品には必ず付いている独特の形状の「西陣織工業組合」のラベル。
そしてそれには必ず組合員固有の番号が印刷されています。
この帯は56番
実はこの56番は西陣でも老舗中の老舗、名門「洛陽(らくよう)」の番号なんですね。

番号は組合に加盟した順に付けられると聞いています。
現在、3000近くまで番号があると思いますので、長い長い西陣織組合の歴史の中でも「三桁以内(1~999)」の番号の織元(おりもと)はそれだけで一目置かれ、尊敬を集めています。
そんな中、「洛陽(らくよう)」は二桁!

仕立ての際には不要のため切り取られるこの部分、当店では必ず仕立て上がった帯と共にお客様にお返ししています。

保存して下されば、「私の帯はどこ製?」というご質問にもお答えできるし、お客様も「私の帯は西陣製」という誇りを持って所有することが出来ますからね。

皆さんも西陣の帯をお求めになったら、この組合証紙は帯の端切れにくっついたまま是非保存しましょう。

というわけで、この素晴しい帯をお客様がお使いになる日がこちらも楽しみです。

ちなみにこの帯の仕立て上がりのお値段ですが、

①帯本体の価格
②防水・防カビのためのガード加工料金
③極上の絹100%の帯芯(仕立の際、帯の中に入れる)
④仕立代

合計で壱拾万円台後半です。

相当いいものでも、同じグレード同士を較べると夏帯は冬の帯よりはっきり安く、お客様にお勧めしやすくて嬉しいものです。



  1. 2009/06/18(木) 13:56:27|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

再認識

二つのバンドが最近演奏した同じ曲を、記録作業をしながらまた聴いて驚いた。

似たような編成、同じような練習期間、同じ楽譜を演奏しているのに随分違う!

誤解の無いよう書き添えるが、もちろん「どちらが上手い下手」とか、「どちらの方が好き嫌い」などという話をしているのではない。
どちらもいいところあり、まだいまひとつのところあり、どちらも伝統があり、メンバーたちは等しく吹奏楽に対する熱意で溢れている。
きっとコンクールまでには二団体ともそれぞれ素晴らしい練り上げになるのだろう。

しかし音楽とは・・・
コンクールという、考えようによっては相当奇妙な催しが昔から存在していることを改めて納得した。
今更、我ながら変な話だが。




おまけ

音楽は生きた人間がその時の感情や体調に影響されて奏でる。人間はメトロノームではない。だが。
「♩=○○○」をはじめ「楽譜の記号などクソ食らえ」という場合もあるかもしれないが、その結果作曲者の意図からあまりに離れすぎてはまずい場合もあるのではないか。

この辺、グスターヴ・ホルスト先生の組曲の一つの中のほんの一部分に歌詞を付けて歌われるのに違和感を感じる私のアホ脳の特色かもしれない。

さあ、話の落し所を見失ったまま無責任に筆を擱く。
おやすみなさい。


  1. 2009/06/17(水) 18:14:36|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼の皆勤と悲惨な事件

直近の日曜日、寒高定演が午後6時に終わり、家族で夕食を摂ってから長女を仙台に送っていくことに。
とすれば高速を使わずとも9時にはアパートに着く。筈。

だがその前に・・・

その夜はおれの櫻花練習日。
娘の帰り時刻(イコールおれの帰宅時刻)を犠牲にしても皆勤を目指す。
というと鬼の父親のようだが、練習時間中は彼女を山形市内の妻の実家に置き、じい・ばあに孫の顔を見せられるという一石二鳥。
幸い練習場⇔実家は近い。
で、皆勤継続達成。

練習終了直後の午後9時半、仙台に向けて再出発。
山形市内発となれば当然、山形蔵王ICから高速。
わずか49分で仙台市北郊のアパートに到着。22:20。さすがは高速。

ところが・・・

大荷物運搬を助けて、妻も娘の住む3階の部屋まで上がったのが不幸中の幸い。
水が出ない!
流しもトイレも風呂もポタリとも出ないのを発見。
もちろん部屋外壁に設置されているガスや水栓も確認した。

これでは生活不可能。
午後10時半ともなれば管理会社も連絡不通。

この時刻に近隣の知り合いに宿泊を頼むのは大迷惑だし、双方気を遣う。
で、・・・

気を静めて色々検討した結果、再び娘を連れて帰ることにした。
とても面白くない。
いやいや、自分に損なので切り替えて、切り替えて。
深呼吸して気分をコントロールする。

なんなんだ一体!

翌月曜(きのう)、さんざん連絡を取り、夕方やっと解決の報あり。
おかげで娘は大学を一日休みだ。
原因を聞くと、そのビルの清掃等を依頼している会社の人間が、誤って娘の部屋の水栓を閉めたらしい。

なんてお粗末!

ということで日曜の夜の晩酌は深夜12時からとなった。(これはまあ、自分が皆勤したから悪いのだが)
月曜(きのう)の夜、再び娘をアパートへ乗せていく。
念のため水を試したがOKだった。
晩酌は10時半からできた。

管理会社は「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。清掃会社にはきつく注意しておきました」
というが、

日曜夜の、片道は高速まで使ったひと往復はどうなるんじゃい!
フィットといえども130km走ればガソリン代は800円以上もかかるんじゃい!

なんという精神的ダメージの大きい事件。
まったく!


  1. 2009/06/16(火) 23:08:08|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

父の日といえば(合才袋)

合才袋といえば印伝ファンには相当な人気があります。
では紹介まいりましょう。

CIMG2416.jpg
↑数種類ある印傳屋の合才中、最大のもの。定価19,950円。
底にマチもあり、収納力抜群。

CIMG2417.jpg
↑これが普通サイズ。底マチあり。定価15,750円。

CIMG2418.jpg
↑普通サイズの底マチ無し版。定価13,650円。私はこれを使っています。

コピー ~ CIMG2419
↑「人とはちょっと違うものをもちたい」という方に人気の、高級ブランド「庵(いほり)」シリーズの合才。
底マチ無しでサイズもすぐ上の写真のものと同じなんですが、漆を白・黒二色使った贅沢な造りのため、定価16,800円です。

CIMG2420.jpg
↑以上、紹介した4種類勢揃いの図。ひもはすべて絹100%です。
もちろん、いずれも色・柄ともに豊富です。お好みのものをご注文下さい。


ところで・・・
見慣れない方は「何?この四角いのは?」なんて思われるかもしれませんね。
鹿革で出来ているので使い始めは硬さがありますが、しばらく使って頂くとこの通り↓
CIMG2421.jpg

私が使用中のものです。重いものが入っていなくてもぶら下げただけで写真のように自然と口がすぼまります。
とても軟らかくなりました。
「かっちり」した隼人シリーズのバッグも文句なしかっこいいんですが、気軽に使えるという点では合切が最高峰でしょうね。

自信を持ってお勧めします。


  1. 2009/06/16(火) 18:01:09|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ショートツーリング

NEC_0060.jpg
↑僚友ガスマンさんのCB1300。(別の日撮影)
おれのも同じだが20世紀(1999)製。彼のはずっと新しいモデル。集合管とハーフカウル、いいなあ。

直近日曜、そう、寒高吹部定演に行った日だ。

まったりと日曜の午前を過ごし、昼食後、「さて、定演までまだ3時間ある。庭の草取りかバイクでもいじるか」と思っていた矢先・・・

ガスマンさんから「ETC作動テスト完了。ただいま山形北。」とメール。

瞬間的にスイッチオン!

彼も同定演には行く様子。ショートツーリングの組立てにはちょうどいい。

寒河江ICで合流すると、もう13:50。

2時間でどう走るか検討の結果↓

月山ICまで高速、月山沢から旧112を楽しみ、田麦俣から新道・高速で帰る。

と決めたのだが、弓張平まで行ってみると残念ながら旧112はまだ積雪通行止め。

急遽予定を変更、月山沢⇒大井沢⇒柳川⇒左沢⇒寒河江と走る。

大井沢でのショット↓
NEC_0064.jpg
大好きだ。

相変らず素晴しい大自然、森林、沢。

2時間ドンピシャリでお互い帰宅、充分楽しむことが出来た。

隊のペースに巻き込まれ、死にそうな速度で走るのもたまにはいいかもしれないが、1300ccの有り余るパワーは内に秘め、ゆったり(もちろん遅いわけではないが)走ると、頭も体も生き返るようだ。

友人と大自然とバイクに感謝。


  1. 2009/06/16(火) 10:01:13|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

天晴れ!EPSON

先週のこと、昨年12月に購入したエプソンの複合プリンタの具合が悪くなった。

スキャンした画像に、PCディスプレイでもコピーでもくっきりと一本の筋が入るようになったのだ。

よくあるノズル目詰まりでもないし、ギャップ発生でもない。

「買ってまだ半年だぞ、なんなんだ一体」と憤慨し、でも幸い保証期間中なので購入店に持ち込んだ。

「なるべく早くお願いします」というと、「わかりました。エプソンに直送します。それが一番早いですから。10日間ほどお預かりします。」

この機械は私にとって無くてはならないものだ。

このブログ画像はもちろん、仕事で毎日のように使っている。



するとまだ4日目というに「直りました」との連絡が。

礼を言って持ち帰り梱包を解いてみると・・・



感動・感激がいくつも見つかった。

①原因やお詫びの書いてある書面があった。

②「あなた様が添えて下さった問題のある印刷結果のコピーは、大変修理の役に立ちました」という実に有機的な感謝のレポートと、修理後に実際にコピーした正常なプリントが添えてあった。

③スキャナユニット交換で問題が解決した他に、内部の清掃やチューニングも施してくれた。

④サービスなのだろう。数十枚のコピー紙が添えられていた。

⑤てんでに減っていたはずの6色のインクが全色満タンで(新品カートリッジで)帰ってきた。こいつはすごい!

⑥もちろん無料だった。


修理、エプソン本体がやっているのか下請けなのかそれはわからないが、本体の意志は色濃く反映されているはず。

これには大満足!

ものすごいユーザー的満足。

我が社も見習おう。


  1. 2009/06/15(月) 23:47:24|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

父の日といえば(鍵入)

続けてしまいます。

キーケース・キーホルダーの部

CIMG2406.jpg

写真上段2,100円のタイプ↓

CIMG2407.jpg

↑開くとこんな感じ。

鍵付け金具が4つ。うち一つは大きくて、車のリモコンキー対応でしょうか。


次、中段3,675円のタイプ。最も充実の造りです。↓

CIMG2413.jpg

↑中からリングが二つ生えていて、私は現在これを使用中。

車の鍵、家の鍵、店の鍵ほか、8個ほどつけていますが、大収納のこのケースにとっては楽勝。

望めばまだまだ付けられます。

余談ですが、ファスナーのポケットあるでしょ。

ここにいつも、できれば1万円、だめなら5千円、お札を一枚入れておくように心がけています。

助かるんですこれが。



最後、下段2,100円キー「ホルダー」↓

CIMG2408.jpg

↑ホックをはずして伸ばした所。

色々に使えます。↓

CIMG2409.jpg
↑バッグの手につける。
CIMG2412.jpg
ベルトにぶら下げる↑

わが家では数個活躍中です。




ここで、ご覧の方にドサクサ大サービス

CIMG2414.jpg

↑印傳屋のキーホルダーとしては最新の品。

CIMG2415.jpg

↑矢印の「ポッチ」を引っ張るとあきます。

印傳屋の漆の型紙としては実に珍しいワンポイント柄

ご覧の2個だけですが、税込1,000円と致します。

コメント・携帯メール・ご来店、なんでも結構ですが先着順とさせて頂きます。

お一人で2個でも構いません。

下心もありません。どなた様もご遠慮なくぜひどうぞ。



  1. 2009/06/15(月) 16:38:47|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ここの歴史