呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

別誂え座布団

別誂え(べつあつらえ・オーダーメイド)座布団のご注文を頂きました。
全部で25枚。
たまたま都合でダイハツミラに積んだ所、後部座席を倒して20枚、助手席に5枚。
運転席以外にはほぼ空間が無くなるといった量でした。
明日朝、山形市のお客様に納品です。

今回は生地代・仕立代合計で単価1,800円ほど。
5枚一組とすれば9,000円ですね。
もっと高いもの、もっと安いもの、様々ありますが、別誂えといえどもそんなに値は張りません。
ホームセンターさんなどで売っている既製品よりは多少高めかもしれませんが、中綿も生地も縫製もまったく別グレードです。

数種類の現物生地をご覧頂き、ご注文から仕上がりまで意外と早く、今回はなんと二日でできました。

呉服屋といえども(呉服屋だから?)、繊維関係のものは様々ご要望にお応えしています。
曰く、カーテン・ブラインド。
曰く、各種名入れおそろい衣料
曰く、名入れ手拭い・タオル・のれん・幕
曰く、羽毛・羊毛布団他寝具

どこに相談しようか、お悩みの際はどうぞお声をおかけ下さい。


  1. 2009/09/30(水) 22:44:18|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「櫻花」演奏会案内

吹奏楽バンド「櫻花」の誠にささやかな演奏会が近づいてきました。
当初、会場キャパの都合で団員の家族くらいしか呼べないと思い込んでいたところ、もっと大丈夫なのでした。
少々私の分のチケットがありますので、「それじゃあ行ってやろうか」という方がいらっしゃいましたらご連絡をお待ちしています。

今回はお客様全員ご招待で、入場は無料です。
日時は10月4日(日)午後5時半からです。
ただし、ご連絡頂いた時点で満席の場合は平にご容赦下さい。

  1. 2009/09/29(火) 22:26:11|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

演劇

ご縁あってわらび座さんの来月寒河江公演のポスターを店内外に掲示しています。

CIMG3059.jpg


CIMG3062.jpg

ご覧の通りです。
当店にチケットもありますので、ご希望の方はお気軽にご連絡下さい。


  1. 2009/09/29(火) 18:24:04|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M県 一夜明けて

全体的に見て以前より参加団体が減った。
ひと団体あたりの人数も減った。
3年先、5年先という近い将来が心配。

また、わが身を振り返ると・・・
気が付くと今回で10年目の観戦であった。

この10年間は、序盤・終盤が応援団、中盤が渦中の身だった。
一時期ではあるが我ながら思わず深くかかわったものだ。

自身も10歳としをとったし、自分の子供達もとっくにアリーナにはいない。
そろそろひと区切りつけるにはいいタイミングのようだ。
いやいや、遅すぎた気配も感じるくらいだ。

マーチング、ありがとう。みんな仲良く楽しく頑張れ。


  1. 2009/09/28(月) 10:35:37|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

M県大会所感②

中学校の部

①新庄
CG無し。他の2校と較べるとやや平凡か。

②天童一
音、明るくて好み。見て聴いて気持ちがいい。
CG、衣裳はシンプルだがとても映える。
5人全員上背があり、高校生並みに見えた。きれい。
このバンド、好み。
そういえば初めて見たMの大会は9年前のこの大会だったが、その時このバンド、確か同じようなユニフォームを着て演奏演技と閉会式の場つなぎにドリルはせずに演奏してくれ、小学校しか見たことのなかったこの目にはとても新鮮に見えたっけ。
その後長い間あまりパッとした成績を残せなかったのではないかと記憶しているが、昨年あたりから伸びてきて、今年は結構いい評価なのではないか。

③最上
名門バンド。
さすがいい演奏。
好感のもてる熱演。


高校の部
①新庄北  
なかなかいい演奏演技だったと思うが・・・
細かい所が一晩寝て記憶が薄れてしまった。
ただ、エントリー部門は違うが、もうひとつの高校、鶴東には相当差をつけたのではないか。


一般の部
①鳥海
うーむ・・・
山形県の星、全国出場経験もある、ちょっと前までは見上げる大バンドだったのだが。
人数が・・・
CIMG3044.jpg
なかなか厳しい。
あまりに少ないと同じ楽譜でもつらい。
頑張れ鳥海。
鳥海ホープフルジュニア(小学生)といい、三川中といい、庄内がさびしい。
ついでに、頑張れ庄内。

②アッシュ
Jと同じ年に大会にデビューしたこちら。
デビューと同時にめきめき頭角を現した。
今回も実に洗練された演奏。
すばらしい。
CIMG3051.jpg
人数もまずまず。
このところは鳥海に替わって県を代表するバンドといえるだろう。


③J
以前と同じことを書くかもしれないが、演奏は結成当初とは雲泥の違い。
また、長期経験者の割合が増え、動きや身のこなしも一般らしく成熟してきた。
つまり見ていてかっこいい。
でも、欲を言えば更に演奏を頑張ってほしい。
いつもそうなのだが、その場では「まあ、よかったじゃないか」と思えても、録画を見聞きすると結構アラもある。(そりゃあどこも一緒か)
また、この「天地人」、すごくさびしく聴こえる部分が(繰り返しがあるので2回)ある。
と、素人の私は感じるんだが音楽に詳しい方、どうなんでしょう。
人数の問題も大きいのかな。今年はブラスが少なめだから。
J伝家の宝刀、演出も素晴らしく、CGも健気に頑張り、ソロも上手で、大編成ピットもほほえましく、サポーターも相変らず大活躍で・・・
あっ、やばいやばい。身贔屓になってきた。
書きたいことはたくさんあるがこの辺で急いで筆を擱く。


  1. 2009/09/28(月) 08:16:00|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M県大会所感①

CIMG3017.jpg


①唯一パレコンでエントリーの鶴岡東高。
うーむ、吹コンの面影はない。
3年生がいなくなったのは他の学校も同じ。
頑張れ鶴東。

②千歳小
昔ながらの典型的吹連スタイル。
左右対称。
ひと頃、常勝六小を抜いたが…
小学生ならこれで「御の字」と言いたい所だが、その後出場の小学校を見てしまうと・・・

③六小
おお、いつの間にか先生が変わっている。
いい意味で以前の「吹連六小」のイメージがガラッと変わった。
こりゃあ吹連でなくM協バンドだ。
「アンサンブル」を意識したいい音だった。
動きもいい。

④滝山小
そういえば昨年あたりからメキメキ良く(強く)なったんだっけ。
②、③が30人台だったのに比べここは50人台。
迫力がある。
アンサンブルも圧巻。
ちょっと敵わない。

⑤谷地中部
以前から知っている子のデビューもあった。
小さい体ながら彼はなかなか良くやっていた。
昨年あたりより音への意識も更に良くなったのではないか。

⑥寒河江小
私の出身校でもあり、わが子らの揺籃のバンドでもある。
CG無しがちょっとさびしいが、音への意識も改善されていたのではないか。
⑤と同じく、やや少な目の人数というネガで大バンドに対しては少し不利になるのかなー
だって、審査には昔からそういう傾向があるもの。

⑦寒河江中部小
50人台の大迫力。
ここのカラーガードは数年前からピカ一だ。
県大会では中・高・一般ひっくるめてもトップレベルだ。
どんな指導陣なのか、とにかくすごい。
バンドはというと、人数が多いためアラが目立たないかもしれないが、音に対するこだわりはいまひとつか。
いずれにしても上位に評価されたのではないか。



小学校の部、数年前までは聞くのがちょっと辛い団体があったりしたが、近年のレベルアップはすごい。
すべてのバンドが「聞ける」。
また、長年「吹」エントリーだった六小と滝山の「M」化には驚いた。
マーチングの神様よ、すべての子供達に祝福を。
そして「M」の部でなんとか今年は「全国」に行く団体がありますように。

(中・高・一般の「2」へつづく)

  1. 2009/09/27(日) 23:14:21|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M県大会

パレコンの部 
①鶴岡東高 のみ
(20分休憩)

小学校の部
①千歳   吹・Mエントリー
②山六      〃
③滝山      〃
④谷地中部  M・吹エントリー
⑤寒河江   Mエントリー
⑥寒中部     〃

中学校の部
①新庄
②天童一
③最上

高校の部
①新庄北  のみ

一般の部
①鳥海
②アッシュ
③J

ということでマーチング関連団体はすべて見た。
天童会場は近くていい。
入場料も1000円だし。

ということで興味津々のM県大会、出演順に素人所感シリーズスタート。


  1. 2009/09/27(日) 22:23:56|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日はM県大会

何でも聞いた話によると、明日の県大会では出場全団体が県パス・東北出場とか・・・

となると「大会」というよりは「発表会」みたいな感じか。
「緊張感」の観点で語れば正直いまひとつ。
吹コンのように金・銀・銅も付かないだろうし。
得点による順位は付くだろうが観客にはわからないし。

ともあれ多くの団体を応援したいが、最も応援するのはやはり家族を挙げてお世話になったSEMBとJ-SNIPERだ。
頑張れSEMB、頑張れJ-SNIPER!

JSロゴ

ところでJ-OBの皆さん、明日夜はOB打ち上げでもいかがですか?

コピー ~ 05東北ピットトリミング



  1. 2009/09/26(土) 21:04:20|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

太宰イヤー

CIMG2983.jpg

この春からまた始めた太宰。
二十歳の頃ありったけ買い揃えた文庫が書庫にあるので1冊読み終えるたび次々持ってくればいい。
ただ、いつも床に入ってから読み始めるので、日によっては3分で気絶したりで、これでまだ4,5冊目だ。

二十歳・30代・40代・50歳、読むたびに新鮮で、彼の偉大さと博識に圧倒され、言葉を覚え、発見と満足に浸される。

皆さんの愛する書物は?


  1. 2009/09/25(金) 22:00:57|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あほんだら

当地方では「めんご」とも言いますね。




さて、1カ月前の車検から帰ってきてから、わが愛馬CB1300のアイドリング(十分に暖機後のアクセルオフ時エンジン回転数)が高いのが気になり、かかりつけのモータースに行ってきた。

新車で購入してから10年間ずっと1000rpm(1分あたりの回転数)ほどだったのが、車検後は1250~1500rpm。
これはすごく異常に感じる。振動も音も気持ち悪くて我慢できん。
ガソリンも食いそうだし。

モータースのご主人とこの車のマニュアルをチェックしてみると、やはり1000rpmと指定されている。
あっという間に直してもらった。

昔々、単気筒車なら自分で調整したものだが(電子制御でもないし)、この4気筒はさわる気にもなれない。
ああ、気持ちよくなった。

しかし…
CIMG2980.jpg
CIMG2981.jpg
CIMG2982.jpg
わが愛馬、うっとりするほど美しいではないか。

あほんだらのあほショットでした。


  1. 2009/09/25(金) 21:43:55|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お休み

今日はアップ休みます。
連休中動きすぎたか、ネタが尽きました。
お休みなさい。
また明日。


  1. 2009/09/24(木) 22:04:18|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼は生きている

盛岡市紺屋(こうや)町。
古くてちびた建物が多い。

そのひとつに和風雑貨屋があった。
誠にちびた店だ。
私たちが通った時は客は一人も入っていなかった。

その古ぼけた木の外壁にこれまた古ぼけた小さな黒板がかけてあった。
それに白チョークで

下の畑にいます


もちろん密集市街地に畑など一坪もない。
彼はまだ生きている。
盛岡はすごい街だ。


  1. 2009/09/23(水) 23:27:40|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィット燃費

盛岡往復。
17.0km/l

全行程の半分以上を占める、往きのほぼ100%を占める260kmの高速は推測15.5km/l 。
還りの一般道ほぼ100%、210kmは推測19.5km/l 。

三人乗りならまずまずか。


  1. 2009/09/23(水) 23:22:02|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また盛岡その2

前回の盛岡行きで「南部古代型染」に接し、手に入れ、更には昔出合ってすっかり忘れていた「紫根(しこん)染・茜(あかね)染絞り」の店の存在を知った。
紫根も茜もお察しの通り「草木染」だ。
そしてお察しの通り「絞り」は熟練職人の手業だ。

今回(きのう)制覇(おおげさだな)するのは後者。

NEC_0099.jpg
NEC_0102.jpg
↑店構え。
入口ののれんに見覚えのある方はいないだろうか。
そう、去年だか一昨年のNHK朝ドラ「どんど晴れ」(盛岡の老舗旅館の話)の旅館玄関入ってすぐ左の帳場口にかかっていたのと同じものだ。
そういや、「肉の米内」店内には「どんど晴れ」に出た長門裕之さんやアンジェラ・アキさんなど、多くの著名人たちの色紙が貼ってあったっけ。

NEC_0100.jpg
ずらり並ぶ紫根・茜の帯地や着尺(きもの地)。

NEC_0101.jpg
↑紫根染絞り着尺。やはり携帯のため画像失礼。
技と伝統、この世でこれほど素晴らしいものは稀だ。

店の方とたっぷりお話させて頂き、とはいえ先月に無理して「南部古代型染」の帯地を購入したばかりのため、さすがに帯地・着尺(10数万~数十万円)は買えず、といって何も買わずに帰る気も毛頭なく、こんなものを数点買った。↓
CIMG2969.jpg
↑立湧(たてわく)柄の 半間×120cmの のれん。
他には手提げと合切袋。

CIMG2971.jpg
CIMG2972.jpg
↑買ったものを入れてくれる紙の袋や手提げまでしびれるでしょ。
これらもご主人のデザインだそうだ。たいしたもんだ。

着尺や帯地を買えず、後ろ髪(うしろには少しある)を引かれながら、「経済を立て直してまた来るぞ」とつぶやきながら帰途に就く。

ところでこの紺屋町(こうや・染物屋の町)、歴史的建造物があちこちにある。
レンガ造りの巨大で立派なものもあるのだが、とりあえず近場のもの↓
NEC_0098.jpg

帰りは5連休4日目の東北道上り渋滞を危惧し、好きな道であることもあり、近くの雫石町から岩手県道1号線を南下する。
大好きな沢内村を通れる。
先月の記事と重なるが、高速フル使用は260km、沢内経由なら210km、エコなのである。
有料道路無しで4時間強で帰れるし。


さてもさても…
岩手県はイーハトーヴ(桃源郷)である。



  1. 2009/09/23(水) 22:57:22|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また盛岡その1

先月末、吹奏楽コンクール東北大会高校大編成の部応援観戦のため一泊で訪れた盛岡にまた出没。
今回は日帰り。
主目的は「その2」に譲り、わが人生で最上のカルビ焼きを紹介する。

フィットで9時に出発、割引1,000円のため寒河江から高速。
秋の5連休4日目の今日、上り渋滞は当然だが、東北下りもなぜか結構な交通量。
幸い最後まで渋滞にはならなかったが、所々時速90kmほどに落ちた。
それでもとうとう一度も休まず走ったため、盛岡市街地に2時間半で到着。

その店を体験し薦めてくれた友人に電話でガイドを頼みながら紺屋(こうや)町(偶然今日の主目的もこの町)にある、目指す「焼肉レストラン米内(よない)」に到着。

NEC_0090.jpg
NEC_0096.jpg
全く普通の個人商店だ。
しかもこの建物の右半分は本当に普通の精肉店。

ところがどっっこい↓
NEC_0092.jpg
ランチサービスタイムということで、我が家の女二人が注文した、僅か1,100円のカルビ定食の肉↑

NEC_0093.jpg
NEC_0094.jpg
↑私は800円のミノと冷麺。携帯電話カメラのため見苦しいのお許しを。

カルビを数切れもらって驚いた。
こんな柔らかいカルビ、半世紀生きて食ったの初めて。
とび抜けてうまい。
なんということだ!
前回行った、盛岡では有名な某チェーンのカルビはここの足元にも及ばない。
そしてはっきり安い。
某チェーンのメニューがまだ記憶にあり、極上カルビ、上カルビ、並カルビ、どれを較べてもここははっきり安い。
今までおれは何をしていたのだろう。

そして我々が食べたサービスタイムのカルビは当然「並」と思う。
恐ろしい店だ。

至福のひと時を過ごし、会計は3人で3,850円!

皆さん、盛岡へお出かけの際は、余計なことは一切考えずこの店直行をおすすめします。
「肉の米内(よない)」で検索。HPあり。
駐車場も台数バッチリ。店の前は写真の通り3台でいっぱいだがすぐ近くにもうひとつある。

注意をひとつ。
我々は偶然正午10分前に到着したため待ち時間は数分だったが、出る頃には長蛇の列だった。

もう一度言う。
こんなカルビ喰ったことない!
盛岡居住経験者、箱根のRZさん、行ったよね?


ところで4週間前の激戦地、岩手県民会館はこの店から歩いて2,3分の所だった。
NEC_0097.jpg
なんてこった。


  1. 2009/09/23(水) 22:07:45|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々の外飲み会

定演を肴にOB保護者で打上げ。
外飲み会は久々だ。
嵐のようだった外飲み会も昨年あたりからは月一くらいか。
な、もんだから小遣いがたまってたまって・・・(うそでーす)
しかし現役保護者ならともかく、こういうの珍しいのではないか。

とにかくきのうの定演ほどOB保護者が来場した演奏会を私は知らない。
広い会場の中で、会った人だけでも十数人はいた。
現役保護者ではなく、OB保護者ですよ!皆さん。


なつかしい大馬鹿者達がぞろぞろ。
なんだか嬉しくて泣きそうになった。
みんな行きたくなったのは現会長の人徳かな?


ここをご覧の若い保護者諸兄諸姉、家事・お勤め・生業に差し障るほど子供の部活には入れあげて下さい。
大丈夫、いくら入れあげてもその時期は泣いても笑ってもあっという間に過ぎ去りますから。
だから笑った方が勝ち。
そして宝物だけが残りますよ。(入れあげればね)

あれあれ、飲み会の記事のつもりだったんだが、逸れちゃった。
ともあれ皆さん、今後の人生Good luck!

(「二度目の盛岡」につづく)

  1. 2009/09/22(火) 23:15:04|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中学吹部定演

三十数行の下書きを完成させたが「下書き保存」にとどめる。
以上。



  1. 2009/09/22(火) 23:02:09|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥海ブルーライン

天気予報チェックの結果、実に唐突に実行前夜に行くことを決める。
実行前夜とはおとといの夜のことだ。
そして実行はきのうだ。

朝5:30起床。
6:00、近所のコンビニに集合。
集合ってのはもちろん、僚友ガスマン氏と。

朝遅いのが特徴の我々がなぜこっ早く集まったか。
午後2時から愛する中学校吹部の定演があるのである。

普通ならツーリングはあきらめなければならないスケジュールなのだが、
欲張りな我々は実に珍しく早起きで克服することにした。

さて、きのうの行き先はあろう事か、コンビニ駐車場で相談。
半端なツーリングは嫌だ。
といって定演に遅れるわけにはいかない。
で、鳥海ブルーラインを目指すことに決定。

「おニュー(中古だが)の250スクーターで来るのかと思った」と、ガスマン氏。
だめだめ、当代きってのスポーツマシン、世界のホンダが誇るCB1300とはとてもタメ走り出来る代物ではない。

高速を使わず月山を越え、旧朝日村・現鶴岡市の落合から右折、「こばえちゃライン」を爆走。
余目・遊佐間でわけがわからなくなりながらも、それほどひどい誤迂回はせずに今日の目的地「鳥海ブルーライン」に到達。

この道路、昔々は有料だった。
大学生の頃、友人と二人で車で走ったことがある。
だから多分30年ぶり2回目。

あの時は秋田側から入り山形県に抜けたが、終始深い霧。
全く何も見ることが出来なかった。



今回は絶好!
CIMG2943.jpg
↑酒田北港・酒田市街・湯の浜まで一望。

CIMG2944.jpg
↑仁賀保(にかほ)かな。

一枚目と似ているが、大庄内平野をどうぞ↓
CIMG2946.jpg

CIMG2947.jpg

飛島がバッチリ見え、高い所から見るのは初めてなので、興奮してバシバシ撮ったのだが一枚も写っていない。残念。

で、帰りのルートをとても迷ったのだが、万が一にも定演遅れてはならぬ。
用心に用心を重ね、R344青沢越やR47をあきらめ、もと来た「こばえちゃ」と月山を逆戻り。

早朝はちと寒かったが、天気にも恵まれ、どの地点でも渋滞にもあわず、庄内平野もブルーラインも実に気持ちよく爆走した。

満タン法燃費計測はまだ。

「米の粉の滝」で昼食をとり、13:20、無事寒河江市民文化センター着。
都合300km、奥日光以来の爆走、最高だった。
ガスマン氏はどうだったか。

ところでこないだの車検後、アイドリングが高すぎる。
気持ち悪いので直そう。

(中学定演につづく)


  1. 2009/09/22(火) 22:02:08|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋休暇連作スタート

わが国初の秋のゴールデンウイーク、別名シルバーウイーク、5連休(の人もいるだろう)。

休むの大好きな私もきのう・今日と休み、ここを先途と走り回った。
きのうは一日で
①ツーリング
②中学吹部定演鑑賞
③飲み会
の3つ、

今日は盛岡日帰り出張をして、
(1)絶品焼肉との遭遇
(2)憧れの紫根(しこん)染・茜(あかね)染絞りとの再会
の二つ。

ではまいります。


  1. 2009/09/22(火) 21:08:38|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芋煮会

CIMG2929.jpg
櫻花有志メンバーによる芋煮会。メッカ馬見ヶ崎にて。
こんな若い人たちと一緒です。
なんか、マーチングバンドJ-SNIPERでお世話になっていた頃のようです。

CIMG2930.jpg
その若い人たちが頑張ってくれるので

CIMG2931.jpg
年寄り達は極楽。

CIMG2932.jpg
CIMG2938.jpg
CIMG2937.jpg
CIMG2939.jpg
さすがは芋煮会世界一のメッカ、絶好の秋晴れの下(もと)、どえらい賑わいであった。


  1. 2009/09/20(日) 21:25:52|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パシる

わが団「櫻花」、久しぶりの自主演奏会が近づいてきた。
実にささやかな演奏会になる予定なのだが、それでもそれなりの準備は欠かせない。

気が付くと自らパシっている。
生まれながらのパシリ屋なのかなー。

もちろん、身を粉にして運営や準備に奔走しているメンバーは俺だけではない。
みんなご苦労様である。


ところで、万が一の話ですが…
「山森が熱心に参加している楽団の演奏会、行ってやろうか」
などと思って下さる神様のように優しい方がもしもいらっしゃったら…

誠に申し訳ございませんっ!
今回に限っては会場のキャパの問題で、全団員、家族くらいしか誘うことが出来ないんです。

もしも神様のような優しい方がいらっしゃったら、次回はもちろんお越し頂けるような段取りにしたいと思います。(団長でもないのに…)
その節はどうかよろしくお願い致します。


  1. 2009/09/19(土) 22:51:47|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男性向き「超お買得品」

前回の女性向超お買得品、あっという間にご注文を頂戴してしまったものですからもう一つ(お買上下さった方、ありがとうございました)男性向き超お買得品を用意しました。

CIMG2924.jpg
↑本格的な造りの高級雪駄です。

CIMG2925.jpg
↑鼻緒の柄が二つあります。
左が「吉原つなぎ」、右が「紗綾型(さやがた)」

CIMG2926.jpg
↑底は牛革。履き進むに連れて実に足の動きに「添い」ます。
それなのになぜか反らない。そして減りにくい。
かかと部の「馬蹄型」の金具も効果を発揮します。

CIMG2928.jpg
↑ぞうり表は天然素材の本畳。
通気性も抜群で、素足で履いた時の心地よさは当然ビニールとは雲泥の差。



今回はここをご覧の皆様に上記雪駄(2足限り)を超特価税込4,990円でご奉仕させて頂きます。
サイズは2足ともLL(25.5~27.0cmあたりの方に最適)です。
尚、超特価のため誠に恐縮ですが送料・お振込手数料発生の際はご負担をお願い致します。


おととしから私も使い始め、惚れ込んでいるひと品です。



  1. 2009/09/19(土) 13:42:47|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人間国宝 芹澤けい介

突然ですが、「芹澤コーナー」が復活しました。↓

CIMG2911.jpg
故芹澤けい(金偏に圭。この入力画面、変換不可能)介氏は型絵染の人間国宝です。
20年ほど前から取扱っていたのですが、本業の呉服や人気の印伝にかくれ、ここ数年は「細々取扱い」といった感じでした。

今から十数年前、先日の「南部古代型染」のようにのぼせにのぼせ、静岡市登呂遺跡にある芹澤けい介美術館や、仙台の東北福祉大学内にある芹澤博物館に通ったものだ。

当然、「のぼせ」度に比例して「芹澤グッズ」をお客様に薦めるので、一時期は随分販売した。
そういえば当店内や自分の身の回りには印伝のように多くの芹澤品がある。

CIMG2912.jpg
↑商品。525円、1,050円、1,575円といったところが売れ筋。

CIMG2914.jpg
↑のれん。もう長いこと陳列したので販売はできない。左が3,150円、右が2,100円だったかなあ。
そういった手頃なものから凝った生地の数万円するものまであります。

CIMG2916.jpg
↑事務室入口のドアに貼ったクロス。525円。上の手作りプレートも泣けるでしょ。

CIMG2917.jpg
↑印伝売場の上の壁に飾った、自家製4連「喜の字」クロス。

CIMG2920.jpg
↑店舗裏口の目隠し用のれん。

CIMG2921.jpg
↑いつも使っているハンカチ。

CIMG2922.jpg
↑札束をぎっしり入れて銀行に持って行く時に使いたい巾着(きんちゃく)。
残念ながらそういう使い方をまだしたことがない。


芹澤先生の作品への憧れは未ださめず、コーナー復活と相成りました。
人間国宝の作品を525円とか、1,050円とかで結構楽しめてしまう、なんだか嘘のような道楽、あなたもいかがですか?
美術館で購入してきた原本作品の写真集や、長いことかけて自分で集めた先生の資料もあります。
コーヒーでも飲みながらご一緒に楽しみましょう。もとへ、離れていますからごゆっくりお楽しみ下さい。


追記
これらの製品はプリントではなく、風合絶佳、本格的な東京本染で、製品の多くは綿100%です。


  1. 2009/09/17(木) 17:57:58|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

超ご奉仕品

午前中にどっとお客様がいらっしゃった反動か、午後は閑古鳥が「カンコ、カンコ」と鳴いている。
そこで久々のお買得品紹介です。

CIMG2908.jpg
↑3個しかありませんが、参考小売価格4,725円(高いよねー)の所を、問屋をいじめにいじめて通常特価1,995円としていました。
「手提げなんか、百均にだってあるわい」とおっしゃる方、ごもっともです。
ではこの手提げ、なぜ結構なお値段かと言うと、正絹(絹100%)製なんですね。
シンプルな造りですが、その素材は高級です。
柄はパッチワーク(切り嵌め)で、裏にもあります。

「手」を除いたサイズはタテ31cm、ヨコ26cm。
A4ファイルはギリギリ入るがファスナーは閉められないなーと言った所です。

CIMG2909.jpg
↑口はファスナー。

CIMG2910.jpg
中を見ると内ポケットが一つ。
なかなかおしゃれな裏地を使っています。


今日はこれを!・・・(ジャパネットみたい)
ここをご覧の皆さんにだけ!(やっぱりジャパネット)
税込1,000円で提供します。(ジャパネットだ)

ご注文はここへのコメント、携帯メール、電話、何でも結構です。
厳正に先着順とさせて頂きます。

奥様、お母様への(あ、敬老の日も近いからおばあちゃんへでもいいですね)プレゼントに最適ですよ。
女性は年齢にかかわらず袋物が大好きですからね。


  1. 2009/09/17(木) 15:19:06|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

演奏会18日前

久々の櫻花記事。
今日は常任指揮者のご指導。
練習は回数を重ねるもの。
吹コンシーズンでお忙しかった先生がご欠席の間、メンバーはまずまず練習を重ねていた。
もちろん課題は至る所にあるものの、まあまあ、まあまあではないか。
2曲分解して2曲とも通せた。
そんなに難しい楽譜じゃないけどね。
他のみんなはもちろんのこと、おれも少しは慣れてきたか。
10月4日に控えた久々の自主演奏会、なんとかなりそうです。

ところでいつもH(ハー)が気持ち悪いの、ファゴットさんが指摘して下さった。
ハァ・・・
おれも吹くたび感じていたところ。
次回何とかしてみよう。


  1. 2009/09/16(水) 22:49:03|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チロリアンテープ

今日は印傳屋A氏の2ヵ月に一度のご出張の日。
印伝はいつもは電話やファックスで仕入れ注文をしているわけですが、この時ばかりは甲府から巨大なワンボックス車に満載されてきた印伝の現物を見ながら仕入れることが出来ます。
新製品を始め、今日もたっぷり補充しました。

その中のひとつに「なにこれ?!」という見慣れない柄が…↓
CIMG2907.jpg

「初めて見た!なんですかこれ?」
とお尋ねすると、
「6月の新作発表会でご覧になったでしょ。今年の新柄のひとつです」
とのこと。

きっと多くの新製品、新柄を一度に見て頭に入りきらなかったのだろう。
我ながらおっちょこちょいである。

この新柄の名は「チロリアンテープ」
なるほど。
皆様、どうぞお見知りおきを。

しかし、16年間印傳屋の印伝を見てきた目には斬新で衝撃的だ。
この新柄の製品生産はまだまだ緒に付いたばかりなのだろう。
数百点の現物を見せてもらったが、今日見た中ではチロリアンテープはこの1点だけ。
とりあえず仕入れる。

今後は他の品にもこの柄を揃えていきます。
お楽しみに。


  1. 2009/09/15(火) 21:53:11|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

再び「拍手」に御礼

やはりどなた様かまったくわかりませんが、
くる日もくる日も「ブログ拍手」を頂き続け、本当に感謝します。
ありがとうございます。

あなた(あなた方)に押されて書いている、といっても過言ではありません。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

もちろん「拍手」だけでなく、相変らず「コメント」も大歓迎です。
ご批評・ご叱責のお言葉も含めて。


  1. 2009/09/14(月) 23:39:01|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男の中の男

iw-15_b.jpg


イチロー、大リーグ9年連続200本安打達成。
同リーグ新記録だ。

誰もがイチローになれるわけではないが、少しでも近づこうではないか皆の衆。
(人に言ってる場合じゃない?)

  1. 2009/09/14(月) 23:07:20|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友人がわざわざ沖縄土産をもって来てくれた。
CIMG2903.jpg
「ちんすこう」はなんどか頂いた事があるが「カフェショコラ」は初めてだ。
↓お守りまで
CIMG2906.jpg

そして彼から最高におめでたい話を聞いた。
更には「○月○日を空けておいてくれ」と。
なんと御目出度い事!何という嬉しい事!

人生は素晴らしい。
(どんな時もそう言えますように)


  1. 2009/09/14(月) 21:52:10|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々「日曜小さな旅」

きのうのこと、夏休みが終わった長女を仙台のアパートまで送っていった。
CIMG2897.jpg
↑これでは送って行かざるを得ない。
 (なぜかいつも言い訳するおれ。今回は写真まで付けて…)

で、運転免許を取ってから32年。
その間、天童・仙台を結ぶ国道48号線を何回走ったろうか?
200往復以上は使ったのではないか。

寒河江・仙台が高速で結ばれた平成に入っても相変らずR48を愛用している。
急ぐ必要の無い時、関山街道は最高だ。
景色はいいし、適度なワインディングは楽しいし、タダだし、寒河江⇒仙台宮城IC間で比較すれば走行距離も10数キロ短くて済む。
これをエコと言わずしてなんとしょう。

途中で止まるということはあまりないが、仮に止まったとしてもその内99%は「大滝ドライブイン」かコンビニくらいだ。

昔から「いつかは止まってみたい」と思っていた所にきのうは止まってみた。

CIMG2900.jpg

CIMG2902.jpg

そう、皆さんご存知「鳳鳴四十八滝(ほうめいしじゅうはったき)」。
作並と熊ヶ根の間。
ニッカ橋だかハイランド橋の近く。
駐車場はあるのだが、下におりる遊歩道がなく、高い所から見下ろすばかりで正直いまいち楽しめない。
それともどこか別の所にでも入口があるのだろうか。

滝そのものは素晴らしいのだがアプローチが十分できずちょっと残念。
半端な「小さな旅」失礼。


  1. 2009/09/14(月) 21:24:30|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ここの歴史