呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

終わった

「シンフォニック・アンサンブル」から「櫻花吹奏楽団」に生まれ変わって第2回目の自主演奏会。
文翔館議場ホールにて、17:30開演。

NEC_0081.jpg

NEC_0097.jpg

みんなこれまでの練習よりもはっきり良くできたような気がする。
これが本番の為せる力なんだろうな。
開き直るのかな。
練習ではやや遠慮でもしてしまうのか、不思議なもんです。

打ち上げは日を改めてだし、出来栄えも感想も何も、今はただ疲れた。
風呂入って寝よう。

先生、皆さん、お疲れ様でした。
また、折角の日曜日に聞きに来て下さった大勢のお客様はもちろんの事、
急遽の撮影依頼に快く応じてくれたS氏など、
今日の演奏会を成立させて下さったすべての方々に心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。





それにしても、十分な運営打ち合わせも、現場下見もできないまま今日を迎えたわけだが、
初めての会場での準備、後片付け他、結構ある様々な仕事を終始淀みなく素早く全員で出来たこと、
当然と言えば当然だが、長い間子供の追っかけを続けてきた自分にとっては感動ものだった。
さすがは大人の塊と言ったところか。




そしてまた、県吹奏楽界の重鎮が「抜き打ち」でお越し下さったのには驚き。
赤面しつつも感謝します。ありがとうございました。



  1. 2010/10/31(日) 21:52:52|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ明日

我が吹奏楽団の年に一度の自主演奏会。
私が入団してから、出演は別として自主演奏会はこれでまだ3度目(シンフォニック時代を含め)だ。
いよいよ明日となった。

部活ではない社会人のバンド。
限られた練習回数・時間の中で一生懸命練習した。

「これが今の我々のベストの演奏です」と言えるような演奏会になるといい。
自分は・・・
3年5カ月かけて、先生や仲間達のお陰で少しはそれ以前よりはマシになったと思う。

「ヘ音」楽譜で演奏するようになれた。
人の音を聴くようにもなれた。

でもまだまだだ。譜読みとか、細かいリズムとか、ダイナミクスとか、色々。
「もっと頑張ろう。もっと進もう。」という気持ちを大事にしよう。
どこまでできるかは別問題。

かけがえのない先生と仲間たち。
明日はよろしくお願いします。



  1. 2010/10/30(土) 23:20:42|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

干支手拭

まだ11月にもなっていないのだが、毎年恒例の
日本橋小舟町、染処日本一、竺仙(ちくせん)さんの本染干支手拭が入荷した。

さっそくディスプレイ。

CIMG4851.jpg

↑ 上から 「絵馬」、「マンボ!」。

CIMG4854.jpg

↑ 「おしくらまんじゅう」、「市松うさぎ」

CIMG4853.jpg

↑ 左から 「宝船」、「千社札」

いずれももちろん「本染(ほんぞめ)」。800円~1000円くらい。
洒落た江戸前。年末年始のご挨拶などに最適です。
また、以前紹介しましたが「額」(8400円)もお世話しており、
これを使うと玄関や客間の立派な飾りになります。
多少にかかわらずご予約・ご注文をお待ちしております。



ところで、入荷した手拭いを開封、ディスプレイしている時に「おや?!」と一つ発見。

CIMG4854 - コピー

↑  写真4番目の「市松うさぎ」をよーく見ると ↓

CIMG4855.jpg

たった一羽のうさぎにだけ「赤」が使ってある! それもほんのわずか。
紺一色なら染工程は半分で済むのに!

なんという根性! ブラヴォー!
私も毎回こういう仕事をしたい。



  1. 2010/10/29(金) 21:02:29|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キレるパターン

呉服仕入先の東京は○社の担当者から電話。

「いつもありがとうございます。ところで差し上げた請求書が届いた事と存じますが、ご送金頂けましたでしょうか」

さすがは東証一部に上場していた一流会社の営業マン、日本語に卒がない。
この会社の当店に対する〆日は毎月20日。
だから請求書が到着するのはいつも22or23日。

で、彼からの電話は26、7日だった。
我が社は請求書を頂戴したら、(集金に来られる場合は別として)原則としてパソコンに向かい送金操作をしている。
である。郵便を受け取るや否や即!
だから彼は送金後3、4日経ってそういう電話を寄越した訳だ。

キレた。
同じ事、初めてではないからだ。
「確かめてから電話寄越せ!この!」
電話口でやってしまった。

また、やはり東京の呉服仕入先△社。自社が決算月を迎えると必ず、その月の請求書に

「弊社決算に付き、お支払に関しましては格別のご高配を賜りたく云々」
という文書が添えられてくる。

毎年だった。
やはりキレた。
担当者が来店の際にやっちまった。
「そういう文書は払いの悪い先に入れろ!この!」

憚りながら山森、痩せても枯れても、苦しい時でも、どちら様にも、
充分な支払いを延ばしたり欠かしたりした事はただの一回も無い。
身銭を切って会社に貸しても(多分当分返してもらえないと思っても)支払だけは必ずする。
それがビジネス界の最低限の掟だ。
人を見てものを言え!この!

こういう杜撰、無神経、無礼は大っ嫌いだ。もしも自分が同じ目に遭ったらどうか。
だが、許してつかわす。どちらも大事なパートナーだからだ。




蛇足

「身銭を切って会社に貸しても」

説明します。
当社は日本最小かもしれないけれど「株式会社」。
佐藤家の財布と山森の財布はまったく別物。
だから、正確に言うと私は「自営業」ではなく「会社役員」なんですね。

PTA委員選出投票などの前に、職業欄に「会社役員」なんて書くと思わぬことになったりするんですね。



  1. 2010/10/28(木) 22:21:02|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦友たちの戦線離脱

CIMG4847.jpg

滅多に無い暴挙、未曾有のタバコ大増税から一カ月近く経った。
悲報が相次ぐ。
この度のいくさで戦友たちがバッタバッタと倒れ始めたのだ。
今ぱっと思い出せるだけで ↓

おなじみV-MAXさん。
先日買物に来てくれたタメダチK氏。
医者に脅されてやめちゃった、やはりタメのY氏。
ビジネスパートナーのM氏。
櫻花ボントロのH先輩。

あともう一人二人いたような。
ダチたちお前もか!

そして当然、この度の敵大攻勢直前には全国の多くの戦友たちが大量の弾薬備蓄を行ったそうだ。
だから・・・
考えるのも恐ろしいがあと1カ月後、2か月後には更に多くの戦友たちが倒れる可能性が高い。

いやーまいった。
今まで戦は数々あったが、今回ほど戦友を失ったのは初めてだ。
これまでのいくさとはっきり違う。

おれは・・・
最後の一兵になるまで、刀折れ矢尽きるまで、戦い続けるかそれとも・・・

戦友たち、弾(たま)が尽きたらどうする?



  1. 2010/10/27(水) 21:54:33|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感謝

時々あるこういう日。
夕方気が付いてみると、今日お越し下さったお客様の多くが例えばマーチング・吹奏関係の方々だった、という日。
今日がそうだった。

和装・印伝・お揃いTシャツetc.。
そういえばおとといの土曜もそれに近かったな。

斯界の皆様に相当食わせて頂いてたりして。
マーチング・吹奏呉服店?

それは極端な表現だな。
それにしてもその方々の中にはここをご覧の方もいらっしゃるかもしれない。

皆様本当にありがとうございました。
お買物頂こうが頂くまいが、それよりもいまだにお寄り頂ける事が嬉しく、ありがたく、幸せです。
どうかこれからもずっと、お立寄り下さい。



  1. 2010/10/25(月) 21:24:30|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出演

CIMG4833.jpg

ということで、今日を迎えた。
今年はなんと天下の山吹さんを差し置いて櫻花がトリ。

我々が待機中に出番を終えた山吹さんの皆さんがどんどん出てくる。
最後に出て来られて私を見つけて下さったのは常任指揮者のM先生。

長女が高校吹部1年の時にみっちりお世話になった、お若いが尊敬する恩師である。
当時のバカ保護者会のバカ筆頭として、また、PTAの席で何度ご一緒させて頂いたか。

嬉しかった。
M先生と山吹さんの益々のご発展を心からお祈り申し上げます。

さて、年に何度と無い最低の昼食(詳述は避ける)をそそくさと済ませればまもなく本番。
常任指揮者H先生のもと、演奏が始まる。
お客さんは70人ほど。

クラシックマーチ2曲、2010課題曲マーチ1曲、クラシック1曲、都合4曲。
マーチの櫻花である。
幸いアンコールを頂戴したので櫻花恒例「ふるさと」。お客さんの斉唱付き。

今日都合が付いた演奏者は、メンバー13人助っ人二人の合計15人。
最後の練習が5日前、本番前の音出し一切無しという事で、一曲目はリズムなどにややアラが出てしまったが、以降はまあまあなんとかなったのではないか。

いつも練習場としてお世話になっているこちらの文化祭出演3回目。だいぶ慣れてきた。
MDさん、車ありがとうございました。



ん?櫻花の出番は初夏の日大山高吹部定演以来だったか?
さびしい。

だが、年内だけでこれから三つある。珍しく忙しくなりそう。



  1. 2010/10/24(日) 21:46:59|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空也もなか

お客様から(お客様からだよ!)お土産を頂いた。
「これどうぞ」と差し出して下さった紙包みを見た瞬間、

銘酒「十四代」以来のうおおだ。

CIMG4828.jpg

銀座並木通りの「空也(くうや)」のもなか。
何十年ぶりか。

このもなか、ただものではないのだ。
まず、
①予約無しでは買えない。
②電話で注文して送ってなどくれない。

①も②も体験済み。

創業者が「空也念仏」の信者なので店名を「空也」にした。
それくらいだから超老舗。
百数十年だか二百年だか、それ以上だか、とにかく超老舗。

③夏目漱石先生の「吾輩は猫である」の中に「空也餅を食ったら歯がとれてしまった」などの記述もあるくらいの名店

④うっかり喰いそびれて干からびてからもまたうまく食える方法があるのだ。
 干からびた空也もなかを鍋に沸騰させたお湯の中に入れて煮る。
 極上の「しるこ」になる。
 体験済みだし「しおり」にも書いてある。

⑤極楽を味わったら、10個入空き箱は「年賀状入れ」になる。
 (これは自分で開発。簡素な包装にして箱まで無駄が無いのである。食い終わった後に山のようなゴミができる他の菓子、見習って欲しい。)

CIMG4832.jpg

包みを開けると奥床しい、しかしほとんど読めない掛け紙が。
ここでますます期待が膨らむ。

CIMG4830.jpg

何十年ぶり!
発泡スチロールのケチな受け皿など無い。箱の中にはもなか以外何も無い。

CIMG4831.jpg

たまたま居合わせたQちゃんと二人で頂く。


⑥ただのもなかではない。長い研鑽が類を見ない味を醸し出す。



お客様は私が空也が好きな事を覚えていて下さり、わざわざ予約してお持ち下さったのだ。
なんというご厚意!

空也、秘伝豆、さくらんぼ、つや姫、パスタ、十四代、焼酎、DVD、本、etc.etc.
頂いてばかり。

うーん、困った。布施が果報にまったく追いつかない。
とにかくありがとうございました




  1. 2010/10/23(土) 23:23:49|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2010「大印伝展」予告

年に一度、店を埋め尽くす怒涛の品揃え

のキャッチコピーでお馴染みの、11月恒例「大印伝展」
今年も近づいてまいりました。

①いつもは400点ほどの在庫量ですが、この時ばかりは数倍(千数百点!)に増えます。

②仕入れ資金のかさむ大物(バッグ類)はとりわけ増えます。

③また、小物類も普段置かないものを多数お見せ致します。

④ひとタイプあたりの色・柄陳列が多くなり、大満足の品選びをして頂けます。

⑤普段なかなか多くは陳列できない、印傳屋の誇る数多い「ブランドシリーズ」も勢ぞろいします。

⑥期間中のお買上にはいつもよりサービスが増します。
 (例:山森ポイント2倍とか、お買物券進呈とか。新聞広告やご案内はがきに詳述)

⑦3、4日でなく、長期間やります。

・甲州印伝のトップメーカー「印傳屋」さんの絶大なご協力のもと、
今回は11月5日(金)~23日(火)の19日間(期間中無休)開催の予定です。
どうぞご期待下さい。



  1. 2010/10/23(土) 21:56:31|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世の中狭過ぎ

きのうの事、
市外のお得意様のご主人様がお亡くなりになられ、やはり市外のご葬儀式場にお悔みに行ってきた。

そのお宅様には、現在の大奥様、その前の大奥様と、実に数十年にわたりご贔屓を賜っている。
衷心からお悔やみを申し上げる。

で、ぶったまげたのは受付。
お二人で受付をなさっていて、お手の空いた方の方に熨斗袋を差し出すと・・・

「あれ!」

お互いに顔を見合わせる。

いま大学2年生の息子さんと、高校2年生のお嬢さんを持つ、私より少し若いお父さんだ。
二人のお子さんとはうちの娘たちが中学吹部、高校吹部、一般マーチングバンドでばらばらと重なり、
というわけで彼や奥様と我々夫婦はここ数年、親しくお付き合いさせて頂いている。

「なぜあなたがここに?」
お互いに言ってしまった。

なんと「故人は私の母方の伯父です」とのこと。

うっひょー! ぶったまげた!

今の今まで知らなかった。なんで?
彼も同じであろう。奥様も知ったら驚かれるだろう。

世の中狭過ぎ。


  1. 2010/10/23(土) 11:05:27|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

枯渇

さすがの饒舌もこのところ(数か月?)やや下降線か・・・

無理せず休みます。

おやすみなさい。皆様よい週末を。



  1. 2010/10/22(金) 21:23:52|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メンズ印伝バッグ(SOLD OUT)

瞬間風速的限定超特価のおしらせです。

CIMG4820.jpg

印傳屋製甲州印伝メンズセカンド、現品1点のみ。↑
茶色の鹿革に黒漆で「網格子(あみこうし)」模様です。

CIMG4822.jpg

「マチ」はタバコの箱の横幅くらい。↑

CIMG4821.jpg

ストラップを取り外して使うこともできます。↑

CIMG4823.jpg

前ポケットの押さえはマグネット式。↑

CIMG4824.jpg

裏ポケットはファスナー式。↑

CIMG4825.jpg

内部は仕切りがありませんから、収納もゆったり。↑

CIMG4826.jpg

内部にもポケットが二つ。ひとつはマグネット式押さえ。↑
もうひとつ(反対側)はファスナー式。↓

CIMG4827.jpg

この品を今週いっぱい(23日17時まで)の限定で、
定価26,250円の所、30%引18,375円でご奉仕させて頂きます。
尚、1点のみですので、約定成立の場合は売切れにご容赦をお願い致します。

原則として値引きできない、値引きしていない印傳屋の印伝。
また、この品は傷も汚れも不具合も、難は何ひとつありません。
本当の超お買得品です。
どうぞよろしくお願い致します。




ただいま22日20:40。
お約定をを頂きました。
印伝に限らず、また皆様に喜んで頂けるお買得品を用意したいと思います。
ありがとうございました。



  1. 2010/10/21(木) 17:51:59|
  2. 超お買得・おすすめ品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すごい人数

わが櫻花吹奏楽団の出演や演奏会が迫ってきた。
今月二つである。

昨夜はその直前の練習だった。
どこのバンドでも本番直前にはおなじみ、助っ人が登場するので人数の数え方が難しくなるが、昨夜は約20人での練習。
大バンドさんには笑われるかもしれないが、私から言わせれば異様な多さである。

普段の練習出席率、これに近かったらなあ。
音も変わるし指揮者も演奏者も燃えるよな。

ポンコツ(編成が不十分の意)バンドとは言え、音楽を愛する気持ちは一人一人よそに負けない。
また、腕前はと言えば、おれはどうしようもないが、瞠目すべきプレイヤーは何人もいる。

いつも通り、ただただ集中して臨むのみ。
編成がたりない分は「気持ち」を以て、聴いて下さる方々に喜んで頂けるよう心をこめるしかない。



  1. 2010/10/20(水) 23:17:06|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

売場

当店1階の座売。昨年夏、改装新設した。
大規模な呉服の催事は2階大広間で執り行うが、ここが普段の呉服売場。
当店の生命線である。

CIMG4803.jpg

CIMG4806.jpg

ご賢察の通り、残念ながら呉服は昔のように右から左へ勢いよく売れていく時代ではない。
だが、相変わらず当店の基幹商品である。
これは刀折れ、矢尽きるまでやめる訳にはいかない。

なぜって、それが山森呉服店だからである。
お客様に対する当店の使命だからである。
「儲かれば何でもいい」では断じてないのである。


で、次に「印傳屋の甲州印伝」売場。

CIMG4804.jpg

CIMG4805.jpg

甲州印伝は皆様ご存知の通り「経済産業大臣指定伝統的工芸品」。
17年ほど前から取扱いを始めたが、老若男女を問わず日常的に使えるものばかりとあって、売場は連日賑わいをみせる。
我が人生を傾注する「呉服」に匹敵するほど、自分もその魅力の虜になってしまった。

売上金額はともかく、数量に関しては呉服売場を凌ぐ人気。
うーむ!
嬉しいような辛いような・・・

いや、
いやいや、
惚れ込む商品に出会った事と、そのお客様に感謝するしかありません。
ファンの皆様、ありがとうございます。



  1. 2010/10/20(水) 22:20:49|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被企業訪問

珍しいお客さんたちがやってきた。
長女がお世話になった地元高校の1年生男子5人組。

総合学習としての企業訪問なんだそうだ。
全体のメインテーマが「老舗企業の知恵を学ぶ」
彼らの班の研究テーマが「呉服」
なんと光栄なこと!

既に先月、学校からオファーを頂いており、喜んで応じて今日を迎えたわけだ。

訪問学習はインタビュー形式。
10以上の質問が用意されていた。
付け焼刃でない、呉服店という対象をよく考えたことが窺える、なかなかの質問群であった。

100分ほどの間、一貫して伝統ある進学校の生徒らしいまじめな態度。
くずれたオヤジとしては、彼ら、もう少しくだけていてもいいかなと思ったくらい。
実に好感が持てる少年たちだった。
途中、該当学年の先生まで様子を見に立ち寄られるという、念の入ったご指導。

一通り彼らが用意してきた質問に答え終わると、今度はこちらから質問攻め。
出身中は?
部活は?
通学方法は?
○○先生は元気?

などと話をしていたら、5人の内たった一人の市内の子が、我が家と同じ町内会の子と判明。
なんと、彼や彼のご両親とは数年前まで一生懸命育成会をやった仲だった。

しまいには反物の巻き方の実習をしてもらう。
初めは四苦八苦していたが、みんななかなか筋がいい。

最後に心ばかりの訪問記念お土産を一人一人に渡してさよなら。
大きく育て少年たち。頑張れ。



  1. 2010/10/19(火) 17:41:05|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男の中の男

今夕、マブから頂いた。

CIMG4801.jpg

どんな苦難に出会っても、黙って、笑顔で。

彼を残りの人生の手本としたい。

新品種「つや姫」を一口一口噛みしめろ!




  1. 2010/10/18(月) 21:37:29|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聯合艦隊現況

久々のレポート。

日経平均

ご覧の通り、9月後半からは9500円を挟んで±200円のレンジでの一進一退。
一か月に及ぶ膠着状態。

7月6日、久々に出撃した我が第一、第二艦隊はその後・・・

第一艦隊は酒田港を母港としたいような郷土の戦力である。
これがこの一か月大善戦。
どうしたことか、理由はわからないが日経平均から上に乖離し始めた。
めでたしめだたし。

だが、首都に本拠を置く名門第二艦隊は対照的な苦戦。
戦力が少々落ちてしまった。
忍耐強く回復を待つ事にする。

一、二の±はと言うと、幸いプラス。
だが、新テューバには程遠い。

ま、いいけどね。
今回は「戦い」に出かけたのではなく、「油田」をさがしに出かけたんだから。

聯合艦隊現況の結論。
風雲急を告げる事もなく、まったりと遊弋しています。
こんなの、出撃と言えるのかな。




  1. 2010/10/18(月) 21:17:32|
  2. 投資・経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「創業祭」御礼

創業99周年記念「大創業祭」

本日滞りなく4日間の日程を終了致しました。
連日の賑々しい、またご遠方からのご来店、多大なお買上・ご注文に心から厚く御礼申し上げます。

誠にありがとうございました。



  1. 2010/10/17(日) 20:23:46|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びデモ

双方にとっても、第三者にとっても不幸なことだ。
誰にも何一つ利益を齎さない。

ここの3スクロール分くらいは優に使って論評したいところだが、自分を抑える。







↑ というような成熟した、上品なリアクション(もちろん双方)が
問題解決のポイントになるのではないかなあ。

なんちゃって。



  1. 2010/10/17(日) 10:18:34|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

亮子ちゃん柔道現役引退

ここを開設して5年近く。
今頃なんですが、ご覧の通り新カテ「時事」を追加しました。どうぞご贔屓に。

第1回の今回は亮子ちゃんの件。



希有の柔道家。
3回のオリンピックで金メダル二つ、銅メダル一つ。(かな?)
「柔(やわら)ちゃん」の愛称で親しまれた彼女は間違いなく日本の英雄だった。
柔道を志す者ばかりでなく、誰もが柔道家としての彼女を尊敬し、誇りとしたことだろう。
もちろん私も尊敬した。

そして惜しい哉、今年の衆院選で当選、初めて国会議員となった彼女はきのう、柔道現役引退を表明した。
すべては諸賢ご存知の通り。

柔道家亮子ちゃんが終わる事は残念だが、当然の判断と結果だと思う。
彼女のこの度の決断(遅すぎたが)に拍手を贈りたい。

正直、彼女が選挙に立候補した時はとてもがっかりしたものだ。
政治とは無関係の著名人を擁立する方、それを受け入れる著名人の方、
どちらも頭大丈夫か?と。
彼女ばかりにではなく、現象そのものにがっかりしたのだ。
まあ、今に始まった事じゃないけどね。

もっとはっきり言えば、「こんな輩(やから)に政(まつりごと)を託しているのか」と思うと、
情けなくて泣けてくる。

また、
まずは芸人を志し、次に「どげんかせんといかん」と県知事を志した東国原氏。
そして次は多分・・・
彼については以前詳しく書いた通り。

彼ら彼女らがいかなる理屈をいくら並べても私の感想は絶対変わらない。
彼女が引退を決めたこの時点で言える事は・・・

せめて先を見通して、直前でもいいから立候補前のタイミングに引退して欲しかった。
彼女を尊敬していただけに、なおさら強くそう思う。

我が身を振り返って、自分の人生に生かす事にしよう。




  1. 2010/10/16(土) 21:45:34|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猛暑後の電気料

検針日だった。
市内末広町自宅の9月14日~10月14日、31日間の電気使用量。↓
367kwh  9,337円


9月14日からといえば、さすがの猛暑もほぼ終わった時期だ。
その前の一カ月間(8月13日~9月13日)はと言うと、↓
738kwh  18,052円

倍だ。今年は盛夏はもちろん、9月の残暑も異常に長かったからねー。


まーしかし、気候とエネルギー消費というのは、当たり前ですけど比例しますね。
お宅様ではいかがでしたか?

ちなみに我が家(自宅)は築37年目に突入した低気密・低断熱・非耐震の安普請・老朽家屋です。




  1. 2010/10/15(金) 22:29:51|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記:飲み会

知ってる人も知らない人も、誰もが見れるのがブログ。
だから大抵は「発信」記事なのだが、たまには日記(備忘録)代わりにさせて頂く。

マブとは言うものの、昨夜の4人のみが顔を揃えるのは「久しぶり」だったのか「初」だったのか。
全員、数年前に子供絡みの同じ団体に属していた頃からの仲である。
子供の成長と共にだいぶ共通項がばらけてきた。

とはいうものの、4人の中では私が最年長。
彼ら3人は下の子が同じ学校に通っているという共通項があるが、ひとり私は違う。
私の下の子と彼らの上の子が同じくらいなのだ。

それでも彼らは私を交ぜてくれた。

ここまで書けばここをご覧の私の他のマブたちは、
「ああ、その3人とはあいつとあいつとあいつかな」
とわかるかもしれない。

それにしても、ついこないだの「ツーリング反省会」同様、昨夜も当然楽しかった。
また、随分飲んだ割にはなんと2,500円という一次会だった。
飲み放題プランが良かったか。

また、2次会で私は初めて入ったそば屋(ラーメン屋?)ではびっくりするほどうまい
「冷たい肉(鳥肉)そば」も堪能して1,000円!

楽しかった他にお金まで安くついた。
0時半帰宅。



さ、これだけ書いて1年後、2年後、この記事を読み返した時、

「3人は誰々だったか」
「店はどことどこだったか」
「何の集まりだったか」
「何の話をしたか」

思い出せるかなー

またよろしくね。みんな。



  1. 2010/10/15(金) 22:06:22|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

印伝マウスパッド

残念ながら売り物ではないんですが

CIMG4796.jpg

甲州印伝マウスパッドです。紫地の鹿革に黒漆で「ぶどう」の柄。

製品になる前の状態の数枚を、ただただ印伝売場のディスプレーとして使っていたのですが、

CIMG4800.jpg

あるお客様から 「これ、マウスパッドに良さそうですね」 と言われて初めて試した次第。
なかなかの使い心地でした。

本当にお客様の柔軟な頭脳にはいつも感心してしまいます。
教えて頂き、ありがとうございました。



  1. 2010/10/14(木) 14:12:31|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

うーーーーむ

中学生の頃から故遠藤周作先生の本を読み始めた。
それも「海と毒薬」などの純文学作品群の方はそこそこにして
とりわけ愛読したのは大衆小説群、そして有名な「孤狸庵(こりあん)」シリーズ。

読んだ方も多いであろう。
その中にこんな一節があった。

「夜、眠りに就く前、これまで自分がしてきた恥ずかしい事が次々と思い浮かび、「ワーッ」と叫んで布団をかぶる事がよくある。あなた無いですか?無い?フン、それじゃあまだ人生を語り合うに足らん」

原文とはだいぶ違うかもしれないがご容赦を。


だがこれを読んだ数十年前も現在も、全く同感なのである。
「なぜあの時あんなバカな事、恥ずかしい事をしてしまったか」
「タイムマシンがあったら戻ってやり直したい」
「あの時あの人は、みんなは、おれをどう思っただろう」
「あああ、おれってなんてバカなんだろう」
「ええええ、豆腐の角に頭をぶつけて死んだ方がいいぞお前」

10代20代ならともかく、50を過ぎた今でも時折そう思う事がある。
このブログだって恥の塊みたいなものかもしれないし。

で、それは孤狸庵先生のように布団に入ってからのタイミングもあるけれども、
朝、起床前のうつらうつらの時にもあるし、日中になぜか思い出してしまう事もある。

ただ、先生と違う事がある。
「ワーッ」ではなく、「うーーーーむ」なのである。私は。

ヘッセの「シッタルダ(悉達多:お釈迦様)」を読んで知ったのだが、
お釈迦様の究極の発声は「オーム」だったそうだ。
次元が違うか。

どなたか、私と一緒にいる時に私が「うーーーーむ」と唸ったら
「あ、山森は今、なにか悔恨の念に苛まれている」と思って下さい。

それにしてもいい歳をして困ったものだ。
皆さんはそんなことありますか?無いかなー。



  1. 2010/10/13(水) 21:38:39|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴社の即戦力

以前にもここで紹介した事があるのだが、
この優れモノをまだご存知ない方が結構いらっしゃるようなのでもう一度。

当店はこの所「大創業祭」売り出し準備の真っ最中。
折込広告も利用する予定だが、お得意様にはこの通りダイレクトメールを差し上げる。

CIMG4785.jpg

これ、80円切手を貼った、ただの定型封筒ではありません。
そう、郵便書簡なんですね。

こんな状態で1枚60円で郵便局で売られています。↓

CIMG4786.jpg

そして糊付けされておらず、こんな風に広げる事が出来ます。↓

CIMG4787.jpg

↑ 内側には罫線まで印刷してあります。



◎長所⇒安い!
 え?
 「市内特別郵便なら65円に割引になるし、民間(おっと、郵便局も民間だった)のメールサービスも80円よりは安いでしょ?」
 ですって?
 ええ、その通りですが・・・
 郵便書簡は封筒代込みで60円、それに市外(北海道でも沖縄でも)でも60円。
 また、グラム数は忘れましたが「ポスタルガイド」で確認したところ、80円切手を貼った定型封筒と同じ重量までOKなんです。
 つまり、A4の普通紙2~3枚の用向きなら郵便書簡で済む訳です。
 大抵はこれで間に合うでしょ。
 仮に、年間5000通のダイレクトメールを送るとしたら、
 定型封筒と郵便書簡の経費の差は10万円!
 ということで、当店では数年前から書簡を積極的に利用するようになりました。



で、
◎短所は・・・
糊しろを濡らして、折って、封筒にしなければならない。
でも経費節減のため、催しの際には毎回頑張ってシコシコとやってます。
慣れちゃって、相当手早くできるようになりました。

年間何万通、何十万通も発送しなければならない大きな商店、会社でこれが使えたら相当な経費節減になるんだろうけれど、残念ながらご覧の造りなので、大量の名入れ印刷などは難しいんだろうなあ。




取引先の立派な名入れ封筒や、お役所から来る大きな封筒を見る度に
「こういうのを節約する工夫をしてくれたら、仕入れる商品や地方税が少しでも安くなるんじゃないか」
なんて、
貧乏会社は思ってしまいます。

例えば、毎月毎月ペラペラの請求書一枚送るのに、1年間で
差額20円×何百社・何千社・何万社×12カ月=Oh! my God!


 
  1. 2010/10/12(火) 22:11:36|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

半日ツーリング

お馴染みガスマンさんとはよく走るが、今回から新たな仲間が加わった。
V-MAXさんだ。


CIMG4793.jpg

思い立ったのが正午。よく二人とも応えてくれたものだ。13:40発。
バイクでこの3人がそろうのは初めてだが、実は全員以前からのお馴染さん。

西部街道から次年子(じねご)を経てR47本合海(もとあいかい)、狩川(かりかわ)から南下、「こばえちゃライン」へ。
庄内朝日IC.から高速、月山を超えて寒河江。180kmの快適な走行であった。

月山湖P.A.にて ↓

CIMG4794.jpg

僅か4時間、物足りないくらいだった。
だが仲間が増え、これからも楽しそう。お疲れ様でした。またよろしく。



  1. 2010/10/11(月) 22:22:33|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ひつじや

で、記念日のお出かけに定めた所はここ。

CIMG4782.jpg

村山市の郊外にあるログハウスのジンギスカン屋さんだ。
10年ほど前、その存在をクマさんに教えてもらった。
我が別荘、岳(だけ:福島県二本松市)温泉の「空の庭」絡みの佇まいである。

CIMG4781.jpg

CIMG4779.jpg

雲に隠れてはいるが葉山も見えるし、

CIMG4778.jpg

オーナーのご自宅や小屋(すべてログハウス)も素晴らしい。
訪問は今回でまだ3回目かそこら。

CIMG4777.jpg

肝心のジンギスカンもうまい!
一人前1,580円。まだの方、お奨めします。
立地・建物・食べ物、すべてブラヴォーです。

ひつじやさんのお陰でまずまずの記念日。
めでたしめでたし。





  1. 2010/10/11(月) 22:07:26|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結婚記念日

21回目。

1989.10.10に披露宴会場からもらった(買った?)ろうそく。

CIMG4783.jpg

記念日の度に灯したのでだいぶ短くなっている。
そして・・・

CIMG4784.jpg

几帳面な性格も年と共に緩んだか、2年も燃やすのを忘れていたようだ。
こりゃあ一晩灯さないとおっつかないかな。

それにしても、
「命のろうそく」(残り時間)のように見えませんか?
いやいや、「まだ生かして頂いている」 と考えるべきかな。

さて、
♪まだ君ーにー恋してる~
かな?どうかな?



  1. 2010/10/10(日) 21:24:10|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

燃費最高記録(ミラ)

先日商用のため、愛車ダイハツミラ(FF CVT)で新潟県村上市まで行ってきた。
月山・温海(あつみ)ルート、往復340kmである。
そして出ましたミラ最高記録!

その時の付与条件↓

◎一人乗り
◎荷物無し
◎純正夏タイヤ
◎路面、ほぼすべてウエット
◎エアコンほぼ不使用(不必要)
◎渋滞・市街地走行ほぼ無し
◎車はもちろん「どノーマル」

そしてここにはっきりと数字は書けないが、結構な速度を保つ。
格別にエコランをしたわけではないし、といってとりわけ乱暴な運転をしたわけでもない。

ということで「ウエット路面」と「積極的走り」以外は好条件がずらり。
結論を書こう。
23.3km/L(例によって満タン法による)

ゴー・ストップが少なく、エアコンを使わないとこんな結果になる。
ハイブリッドに遜色なかったりして。
愛馬CB1300のベストが21km/l いかない事を考えても素晴らしい。

参考まで、我が家のミラのカタログ燃費は24.0km/l である。

もう一台の愛車、やはりFFでCVTのホンダフィットだが、
カタログ燃費24km/l に対し、結構なエコランで出したベストタイムが20.0km/l だった。

ホンダ、嘘をついていないか?
ダイハツ、偉い!

ちなみにきのう、ホンダは「フィットハイブリッド」を発売した。
最廉価グレードが159万円
カタログ燃費は30km/l。

では、我が家のフィット(119.7万円)の実績からその車の燃費を予想してみよう。

◎悪条件⇒17km/l 前後
◎普段乗り⇒18~20km/l
◎長距離・好条件・エコラン⇒25km/l

(比例で値を求めた。同じメーカーの運輸省届出値だからね)

CO2排出抑制には「効果あり」だろうが、果たして・・・
結構な車両価格差「もと」は何年がかりで、何km走るととれるかな。
12月に登場するという新ヴィッツハイブリッド
フィットハイブリッドにとって、恐ろしいライバルになるぞきっと。




後記

訂正します。
昨年11月の記事をたまたま見たところ、同車の燃費、24.3km/l という記述がありました。
もっとすごかったんだ。



  1. 2010/10/10(日) 18:26:46|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大反対

例えば平原綾香さんの場合のような考え方の「クラシック器楽曲の歌唱」という事象。

いくら考えてもいまだ納得いかない。

さあ、だれかかかってこい。




  1. 2010/10/08(金) 22:18:34|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ここの歴史