呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

エコポイント

昨年11月に申請していた、我が家にとって第一弾となるエコポイントがやってきた。

CIMG5311.jpg

日本中の多くのお宅にも舞い込んでいる事であろう。
今回の分は台所テレビ、東芝レグザ32型。
わずか(数年前と較べれば)46,800円という価格であった。

その安いテレビになんと!

CIMG5312.jpg

14,500円分のエコポイント。品代の3割超のバックである。

次に買った我が家のフラッグシップ、50型にはなんと39,000円分のポイントが来る予定である。






例えば30万円の振袖一式を買った人には、政府から税金を財源とした7万円とか10万円分のポイントが返ってくる。
そんな支援考えられますか?

自動車、電機。巨大産業、誠にお幸せである。
また、子供手当や公立高校無償化。
子供は古今東西、命をかけて、ひいひい言いながら苦労して親が育てるものだ。
とても大事なものを失いやしないか?

そして高校は義務教育ではない。任意の学校なのだ。
運転免許を取るため自動車学校に入る時に補助金はもらわないでしょ?

昨今の政府のばら撒きようはもはや「異様」である。
今までこれほどの巨大なばら撒きは無かったのではないか。
この大変な時に、財政は大丈夫か?




巨額のポイントを国からもらいながら(と言ったって、一旦納めた税なんだけどね)、誠に複雑な気持ちである。








  1. 2011/01/31(月) 21:16:57|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おめでとう!J-SNIPER

みなさん、聞いて下さい!

我が一般マーチングバンドJ-SNIPER がやってくれました!
マーチングオンステージ東北大会で本日、全国大会出場を決めてくれました!

結成以来7年目の快挙です!
おめでとうみんな!よくやった!BRAVO!

やった!やった!おめでとう!ほんとうによくやった!

YES!YES! OH!MY GOD!



  1. 2011/01/30(日) 23:03:33|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

上吹さん30周年記念定演

尊敬する近隣バンドの一つ、上山(かみのやま)吹奏楽団さんの結成30周年にして第30回の定期演奏会に行ってきた。
山形テルサ大ホールにて午後14時開演。
次女とその友人と。
初めてあの空中のボックス席に座る。それも、最もステージに近い所に。

第1部はP.スパーク3連発。上手。
初めてのボックス席で、新鮮な音の聴こえ方に驚く。

15分休憩という事でニコチン補給のためにホールを出るとすぐ、地元有名吹奏楽団の団長さんとバッタリ。
親切で気さくな彼は、自分はタバコは吸わないのに、なんと外までつきあって下さったのだ。

で、来たばかりで席はこれからとおっしゃるので、我々の座っている所へお誘いする。

第2部は「ローエングリン」からエルザの大聖堂への行列 から始まる。
次は今回の最終曲、大序曲1812年。

キターーーーーーー!

これが楽しみだったんです。
指揮は常任指揮者岩井先生でもなく、顧問の佐竹先生でもなく、那須一彦先生。
ど素人が言う事ではないかもしれないが、お三人の中で那須先生の指揮は感情がはっきり現わされていて好き。

1812の「大砲」はバスドラムなどでなく、パソコンとスピーカーを使ったリアルなもの。
個人的にはそのやり方大好き。

そしてやはり始まってしまった、大砲やチャイムのタイミングでの嗚咽と涙腺決壊。
隣に団長さんがいるので、悟られないように必死にこらえる。

チャイコフスキー先生でも先に書いたピアノコンチェルト№1やベートーヴェン先生のシンフォニー№5や、ピアノコンチェルト№5や、ガーシュウイン先生のパリのアメリカ人や、ホルスト先生の惑星の木星や、ショスタコーヴィチ先生の5番や禿山の一夜や韃靼人の踊りや、その他、泣けてくる曲はたくさんあるのだが、

なぜか1812は必ず泣く。

しかし、この曲の吹奏楽版楽譜、本当によくできている。
正直言えば少しは物足りない所があるが、吹奏楽版としてはお世辞でなく良い。
吹奏楽ってその意味で相当の表現パフォーマンスを持っている。

上吹さん、天晴れ!
その証拠に、1812が終わるとBRAVO! が飛んだ。

あー、行ってよかった。
僕にチケットをくれた子、ありがとう。雪道の400km近く、帰りも気を付けてな。






  1. 2011/01/30(日) 22:50:34|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

課題曲到着

CIMG5309.jpg

全日本吹奏楽コンクール2011年度課題曲集、本日到着。
きっと、全国の学校や団体にもどっと届いている事であろう。

夏、あるいは秋まで、この5曲をもって熱い戦いが繰り広げられる。
小学生・中学生・高校生・大学生、そしてお兄さんたち・お姉さんたち・おじさんたち・おばさんたちの歓声や涙が聞こえてきそうだ。

我が家はというと、残念ながら子供の追っかけは昨年で遂に終わってしまった。
そしてわが団はというと、現在の所連盟に加盟していないのでコンクールとは無縁。

だが毎年、その年の課題曲は熱心に演奏するのである。
吹奏楽人にとって、課題曲というのは特別なものだから。

CIMG5310.jpg

しかし、到着はしたが・・・
「どれどれ」と取りかかることはすぐには無理そう。

3月に演奏会を控えており、ちょっと課題曲どころではなさそう。
特に私のようなへぼは尚更。

ま、あわてずじっくり今年も頑張ろう。





  1. 2011/01/29(土) 17:46:41|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吹奏バカ親日記

進学も決まり、とうに自由登校(週に一度くらい。懐かしい!)状態になっている次女は先月あたりから櫻花の練習にまぜて頂いている。
親が言うのもバカ丸出しだが、さすが小学4年から金管一筋9年。

なかなか吹く。
当り前だろうが「初見」などもなんのそのである。

くやしいが譜読みの速さ・正確さなどはとてもかなわない。
子供の頃3年くらいしかやっておらず、20数年のブランクを経てやっている52歳の自分などは、とても次女のようなまねはできない。

若いってすごい。
ここをご覧の方々でうんと若い方は少ないかもしれないが、
どうぞ、勉強でも、読書でも、音楽でも、スポーツでも、仕事でも何でも、死ぬほどやって下さい。

積み重ねていけば、きっといつか、すごい事になると思います。
そして私のように「ああ、若い頃ちゃんとやっておけばよかった」なんて、後悔はしないで済むはずです。

今の私が辛うじて後悔しないで済んでいるのは、読書と仕事だけかな。




  1. 2011/01/28(金) 22:35:13|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

きものの悩み相談室(たるみ)

新シリーズを始めたいと思います。

その名は
きものの悩み相談室

皆様のきものの「?」について少しでもお役に立てれば幸いです。




第1回の今日は、きもののたるみについて。

きものの多くを占める袷(あわせ)仕立のきもの。
その裏側には胴裏(どううら:ほとんどの場合、白い羽二重「はぶたえ」)や、
八掛(はっかけ:「裾廻し(すそまわし)」ともいう)といった絹の裏地が付いています。

経年変化、湿度、着用回数などの理由で、これらの裏地あるいは表地に収縮が発生し、
双方の収縮率が異なるために表、あるいは逆に裏にたるみが生ずる事があります。

表が縮めば裏地に、裏地が縮めば表にたるみが来ます。

殊に見た目で言えば、表が弛んでいると気になりますね。

言い忘れてました。
最もとび抜けてたるみが発生する場所は「裾(すそ)」です。
きものの色んなパーツの中で、最も長いのが「着丈(きたけ)」。
きものでも建物でも、狂いは長い所に出がちです。




仕立が悪くて最初からたるみがあったりするのは論外ですが、絹織物は「生き物」。
仕立上り時にはなんともなくても、時間が経つにつれて「たるみ」が発生することはよくあります。

また、この「たるみ」というやつ、きものだけでなくなんと帯にも発生することがあります。
折角きれいに締めたお太鼓の「垂れ」、裏地がベロのようにはみ出したり。





本日、お客様から「たるみ直し」のお召物を二着お預かりしました。
どちらも裏地の縮みにより、表の裾部にたるみが発生していました。

当店ではシミ抜きを筆頭に様々な加工を承っていますが、たるみ直しはポピュラーな加工です。

きものの「たるみ」でお困りなのに、

譲りもの・もらいものだったり、お買上になった呉服店が廃業していたり、
どの店から買ったのか忘れてしまった・・・
なのでどこに持っていって相談したらよいのかわからない。

という方、
どうぞ、ご遠慮なく当店にご相談下さい。
きれいにお直し致します。


また、たるみの範囲、状況、直し方などにより料金は変動します。(ほとんどの場合数千円程度)
ご心配な場合は見積りをお申し付け下さい。
ゴーサインを頂いてから取りかからせて頂きます。




  1. 2011/01/27(木) 21:28:15|
  2. 呉服・和装よろず相談室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

100周年記念焼酎

友人から山森創業100周年の祝いに頂いた焼酎。

CIMG5303.jpg

麦焼酎だ。ラベルをよく見ると

CIMG5304.jpg

なんとも言えない味のある名前。
鈍い私はなぜ彼がこれを下さったのか、実はピンとこなかったのだ。

さすがはセンス抜群の彼。
ありがとうございました。




ところで・・・

うまーい!





  1. 2011/01/26(水) 21:08:07|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

月命日

アホ犬「いわき号」が死んだのは先月、12月26日。
だから今日はやつの初めての月命日。

CIMG5305.jpg

骨は相変わらず薄型地デジテレビの横に置いてある。
いわき、今はどんな所にいるのだろう。
畜生にもあの世はあるのかな。

お前がいなくなったので毎晩恒例の散歩に行かなくなってしまった。
だから体がなまって風邪なんかひいたのかもしれん。

またいつか、会いたい。なでたい。





  1. 2011/01/26(水) 20:56:00|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外注

大雪ですね。
数年に一度の雪おろし、皆様のお宅は済まされましたか?これからかな?
雪下ろし中の事故のニュースが相次いでいます。
なさる際にはどうぞくれぐれもご注意下さい。



昔、社屋の雪おろしを職人さんに頼んだ記憶がある。
総2階建ての屋根に昇る事も難しい構造だったからである。
だが、自宅の方は総2階建でもなく登れるため、雪おろしは今まで自分でやってきた。

今日、初めて自宅の雪おろしを人様(プロ)にお願いした。
先週末に熱を出してから、熱は下がったものの体調がいまだ万全でない。

屋根には結構な積雪。60~70cmはあろうか。
そして週間天気予報はずーーーーーっと雪。

3人のプロたちはスノーダンプを活用し、あれよあれよという間に我が家の雪おろしを済ませてしまった。
幸い、敷地に多少の余裕があるので雪は下ろしっぱなし。片付け不要。
すごい量だった。

新たに二つできた我が家の雪山、いつまであるか。
いっそのこと、真夏まであれば助かるんだが。




体調、先週初めに一人でやったカーポートの雪おろしが祟ったか。
時間に追われたため、休憩もろくに取らず、びしょ濡れの肌着を着替える事も出来ずに次の仕事に取り掛からざるを得なかった。
この齢にはきつかったか。

こういう弱り目祟り目の時、人様の力は本当にありがたい。






  1. 2011/01/25(火) 21:29:11|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

振袖バカ親日記 番外編

さてしかし、

この度選んだ振袖一式は(あわせ:きもの全体に裏地が付いた、わが県で言えば10月~4月に適するきもの)である。
そして寒河江市の成人式は真夏である。

ということは・・・
折角作っても成人式本番には着用不可能。
それをわかっていて成人の記念に袷の振袖を買った。

しかし、袷の振袖というきものは成人式専用じゃない。
記念写真を撮ってもいいし、友人の結婚披露宴や各種式典などに何回でも着ることができる。



ではでは、
娘の成人式本番はどうするのか。

真夏の未婚女性の第一礼装は、本当であれば
(ろ:通気性に優れた盛夏用の生地)の振袖
(しゃ:やはり通気性に優れた夏季用の織り方)の袋帯
なのだが・・・

紗の袋帯は大丈夫なのだが、残念ながら絽の振袖はあまりに需要が少なく、
現在はほぼ流通していないと言って過言ではない。

ではプロとしてどう対処するか。
そのような理由だけで一生に一度の一大セレモニー成人式に、呉服屋の娘を洋装で行かせる事は忍びない。




実はその問題、この度の振袖購入の前にもう解決していた。

絽の付け下げ紗の袋帯である。

付け下げ(つけさげ)は柄の総面積や袖の長さにおいて、華やかさで振袖には及ばないが、
立派にきもののTPOを押えられる。
また、一般論として 絽の付け下げは袷の振袖よりも、紗の袋帯は袷用の袋帯よりも、圧倒的に安い。

山森はこのようにして寒河江の真夏の成人式を乗り越えることにした。





もしもきものについて様々お悩みの方がいらっしゃいましたら、どうぞご遠慮なくご相談下さい。
どんなに小さなことでも構いません。
そして当店では、お客様のお求めが無い限り、商品は一切お勧めしません。
ご安心の上ご相談下さい。
能力の及ぶ限り、親身になってご相談を承ります。

いつもそのように営業しております。





  1. 2011/01/24(月) 22:44:58|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

振袖バカ親日記

長女はこの夏で満21歳になる。
昔々私が通ったNでは、満20歳の年の成人の日(昔は1月15日に決まっていた)に、大学で成人式をしてくれた。
が、長女の通う大学ではしてくれないようだ。

また、私たちが暮らすこの寒河江市では、なぜか昔から成人式は暑い盛りのお盆に催してくれる。
なぜ定められた国民の祝日に催さないのか、理由はわからない。
強いて考えれば、寒く、積雪・降雪が予想される季節だからか。

それにしても真夏とは!
せめてゴールデンウイークとか。

また、私の感覚ではわが市の成人式は1年遅い。
なんで満21歳になる年なんだろう?
特に女の子などは1年でも早い方がより可愛らしいんだろうけどね。

ま、色々と挙行して下さる側の事情や理由があるのだろう。
さて前置きが長くなった。

いよいよ娘の振袖を買う事にした。
お得意様からお嬢様(長女の同窓生)の振袖一式のご注文を頂いたついで、というきっかけだ。
充分な品数を取り揃え、まずはもちろんお得意様からお選び頂く。
そしてその後に豚児の振袖を選ぶという順序だ。

CIMG5299.jpg
CIMG5301.jpg
CIMG5302.jpg
CIMG5300.jpg

きものも帯も、いずれ劣らぬ逸品ぞろい。
娘がこれらの中から選んだものに、親としてもプロとしても異存なかったので即決まり。
気になる価格は・・・

正直言って我が家の常の経済感覚を超えるものとなったが、
だが、
我が家は100年間、4代にわたってお客様によりよい呉服をご提案し続けてきた家。
100年間のお客様に申し訳ないようなきものを、豚児といえども着せるわけにはいかない。
また、娘にとって振袖は一生に一つの記念のきものとなる。

ここは家と店の威信にかけて頑張る事にする。
でなければ「呉服屋でござい」と言って寒河江で過ごせなくなる。





あー、振袖選びもブログも青筋立てちゃった。




  1. 2011/01/24(月) 21:49:11|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一念

今はすっかりお元気になられたが、
2、3年前に体を悪くされたのをきっかけにご商売をおやめになった、
山形市にお住まいの呉服小売業の大先輩X氏。
正午頃、久しぶりに突然電話を下さった。

X氏「おう、昼飯食いに行くべ」
即座に
おれ「はいっ、ありがとうございます。お供します」

やっつけなければならない仕事も目の前にあるし、
1時半と2時にそれぞれ大事なご来客もあるのだが、
何の世界でも、どなたでも、先輩から声が掛かればこんなものだろう。

X氏「山形の○×呉服店、とうとう呉服を諦めて別のものを取扱い始めたな。
たしかそれはなかなか売れそうなもんなんだよ。
お前にそれを教えたいんだが、ど忘れしてしまった。ええと、なんだっけなあ。
ところでお前、まだ呉服屋続けるのか?」

おれ「先輩、何をおっしゃいます。呉服屋はきものだけ売ってりゃいいんだ。
洋服だの、毛皮だの、宝石だの、健康器具だの、それじゃあ何屋だかわからん。

と以前私におっしゃったのは先輩じゃないですか。
私は就業当時から今日まで30年近く、一日も抜けなく、専業呉服屋のつもりでおります。
刀折れ、矢尽きるまで、最後の最後まで呉服屋を続けます。他の何屋にもなる気はありません」

(以上はそれが正しい正しくないの話ではなく、彼や小生の個人的見解です。結論や成功への道筋は百人百様。念のため申し添えます。)

X氏「そうか、わかった。んじゃ、呉服屋のまま死ね」

おれ「はい、そのつもりです。ありがとうございます」



以上のような、「文字」ではとても表せない大先輩の愛情溢れる言葉に感激した昼食となった。




  1. 2011/01/24(月) 18:35:53|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自画自賛

やろうよ!
という事になり楽譜は買ったんだが様々な事情で半端にしてしまった。

今夜はそんな数曲を中心に集中練習。

1.宇宙戦艦ヤマト(旬ですからね。初見)
2.ラプソディー・イン・ブルー
3.銀河鉄道999

なんと3曲の内、2と3は小生のリクエストなんですね。
頑張らざるを得ない。

くどいようだがすべて「ヘ音」のまま演奏。
嬉しくてしょうがない。

そう言えば昨年秋あたりだったか、
「ヘ音」OKになった事を「我ながらよくやった」とアホ丸出しで話したところ、
地元吹奏楽界の著名な方から「自分で褒めちゃだめですよ」と窘められた。

おっしゃることはよくわかります。
でも褒めます。
こんな信じられないくらいすごい事、黙っていられるか。

また、「ヘ音」克服くらいでは全く満足してないから、「向上心」の保持にはなんら影響ない。

さあもう一回。

3~4年かけて良くやったお前!
やればできるじゃん!えらい!





仕事もなー。





―――― 追 記 ――――――

それにしてもいつもながら、ラプソディーの冒頭、
M先生のクラには毎回しびれます。

なんであんな風に演奏できるんだろう。




  1. 2011/01/23(日) 23:59:13|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダメ気に 和田アキ子先生編

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー先生のピアノコンチェルト第1番。

ピアノが煌びやかで豪快で、ベートーベン先生のピアノコンチェルト5番と同じくらい好きな大曲。
仮にその曲名を知らなくても、聴けば誰もが「ああ、あれか」というであろう有名な曲。

最近、パチンコ屋さんのTV広告で、大歌手和田アキ子先生がその冒頭の6小節を歌ってますね。
ピアノが入る直前の6小節。

著作権に触れるとまずいので、4分休符を「ウン」、8分休符を「ン」、4分音符を「タン」、8分音符を「タ」として書いてみます。
ちなみに4分の3拍子(最初の1小節のみ4分の4)です。調子はというと♭が五つ。
無学の徒は何短調というのかわかりません。
では、

ウンンタタタタン/タタタタンタ/タタタンタン/タンタンタン/タンタ かな?

このフレーズ、ホルンやボンといったが金管楽器が大活躍。
最後の「タ」は書いた通り8分で短く、ピアノが間髪を入れず四分で登場するのだが、TV広告では3拍くらいに伸ばして歌っておられる。

だが・・・

私ごときが言わずとも苦にしておられる方は多いのではないか。
さすが大歌手、豊かな歌唱力を発揮しておられるが、その最後の長い音符が低くないすか?

しかし、大歌手がそんな事わからないはずはないので、何か理由があるのではないか。
ここをご覧の声楽に詳しい方、教えて頂けないでしょうか。

「あれはね、表現法として昔から確立されている技法の一つなんだよ」とか。
お願いします。


えー、もう少し付け加えると
「7(なな)の付く日は」とかいう宣伝で先生が

「ナナナナーナナナナーナナナナーナーナーナーナーナーナーーー」と歌っておられるあの広告の事です。




  1. 2011/01/22(土) 22:51:38|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発熱

きのうの事。
どうにも具合が悪く早退、寝る。
夜、促されて熱を測ってみると37.8℃。

数年ぶりの発熱と不調。
前回は確か、家族を挙げてマーチングバンドJ-SNIPER本体やそのサポーター会に入団・入会していた頃、
それもオンステ目前のちょうど今頃の季節だった。

という事は多分4、5年は休まずに働き、遊び続けた事になる。
まずまず丈夫な体に産んでくれた親に感謝しなければならない。

そんな訳で昨夜はアップできる体調ではなかった。
今日は出社せず自宅で休んでいるが、きのうよりだいぶいい。
こんなの書いてるくらいだからね。

大寒・大雪の候、皆様くれぐれもご自愛下さいますよう。




  1. 2011/01/22(土) 09:29:16|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘルメット

CIMG5298.jpg

さて暴力的値上げ後、昨年12月21日に初めて買った高い高い20箱がおととい18日に無くなった。
29日間で吸ってしまった事になる。
ちょいの差で減煙目標の「2カートン(20箱)で30日間もたせる」は果たせなかった。

一日違いとは言え、約束は約束。どうぞ石ぶつけて下さい。
ヘルメットかぶって歩きます。
参照

しかし、自分としては満足。
400本÷29日≒13.8本/日。
以前よりちょうど10本減り、タバコ代は値上げ前よりも安く済むようになった。

ずっと続けよう。
これくらいならほとんどストレス無しにできる。

愛煙家の皆さん、その後いかがですか?




  1. 2011/01/20(木) 11:13:23|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤沢・世田谷の旅後篇

初日、初めて走る地下首都高やグルグルの大橋ジャンクションに大喜びしながら東名に突入。
随分久しぶりだ。
この前に東名を走ったのはいつだったのか、思い出せないほど久しぶりだ。
昔無かった「横浜青葉インター」なんてのもできてしまった。

そして二日目、アパートさがしの時間はふんだんには無いにもかかわらず、
東名や第三京浜で世田谷に向かう事をせず、懐かしの国道246号(通称ニイヨンロク)を使う。

懐かしい道だ。
世田谷でアパート暮らしをしていた3年間、さびしくなったり金が無くなったりすると、
決まってこの道を走って藤沢市湘南台に行ったものだ。

この国道は東京都心を起点に、厚木、御殿場と神奈川県の山際(丹沢)を通って静岡県沼津に至る、100km超の道。
海際を走る国道1号(旧東海道)の裏道的存在。

湘南台を発つと、初めの10kmくらいは246に出るために藤沢・町田線(昔県道・今国道)を走る。
この道は昔を彷彿とさせる景観だったが・・・

残念ながら246はほとんど昔の面影は無かった。
沿線の建物の多くは建て代わり、挙句、若干のルート変更さえあった。

ま、それはともかく、その日は次女のアパートさがし。
目的は果たした。

そしてその過程で新宿に行った事は書いた。
そこまで行けばもちろん桂花。

keika.gif

先月もらったターロートッピングサービス券を忘れていった。車の中には入っているのに。
チクショー!

帰宅は午後9時頃だったかな。
笹谷は-8℃。スリル満点でした。

駄文お粗末。





  1. 2011/01/19(水) 22:34:32|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かまくら出現

5年前の豪雪にはまだ及びませんが、大雪の冬となりましたね。
皆様毎日の除雪作業、本当にご苦労様です。
私もこの所、疲労が重なりぐったりです。


さて先日、珍しく懐かしい「かまくら」が寒河江駅前通りに出現しました。

CIMG5288.jpg

お隣の木村仏壇様の息子さんの制作です。
どれどれ、ちょっとのぞかせてもらいましょう。

CIMG5289.jpg

おお、なんかやってる。

CIMG5290.jpg

なんと味な事を!
実にしゃれた青年です。

彼から頂いた海苔巻餅は格別でした。




ところで当店そばにもこんな山が出来ています。

CIMG5291.jpg

が・・・

とてもかまくらなんて思いつかない。
彼と私は20歳くらい違うのかな?
若いっていい。

ご馳走様でした。




  1. 2011/01/19(水) 21:52:00|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クライマックス

アパート探しから帰って来てからずっとめくるめくような日が続き、
珍しくブログアップも休まざるを得なかった。

めくるめく日々のクライマックスがきのう。

手始めは医院。
その後近い親戚と昼食を取り、駅まで送る。
次にお役所。
そしてあるプロからお話をたっぷり伺い、
最後に○○塾を訪問。
それはもう夜だった。

詳しい事は何も書けないが、ほとんど仕事ができない日となった。
もしもこれから10年、20年と生きる事ができ、この平成22、23年を振り返れば、
きっと転機の時期だったと思い出すだろう。

なかなか骨が折れる。




  1. 2011/01/19(水) 20:57:28|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

応対

「久しぶりに焼肉でも喰いに行こうか」ということになり、
「それならあそこに行こう」と思い立ち、日曜なので念のため営業を確かめるために電話した。
数年前にたった一度行ったことがあり、旨さと価格に感心した山形市にある焼肉専門店だ。

「もしもし、今日はやってますか?」
「○△×□」(よく聞き取れない)
「え?・・・えー、夜もやってますか?」
「○時までやってます」(やはり聞き取れない)
「夜も大丈夫なんですね?」
「やってます」
「わかりました。ありがとうございました」


「ありがとうございます」も「お待ちしております」も何もない。
信じられないが、先方の「やってます」の後には、逆にこちらの「ありがとうございます」のみ。
全くその後は無言で電話は終わった。

その店に行く気がたちどころに失せた。


 そんなわけで、月並な焼肉チェーン店を選んだ。
くやしまぎれではなく、本当に明るくはきはきしたスタッフたちの対応に感心。
よくある普通の焼肉の旨さが増す。
客が呼ぶと即座に大きな声で返事。これは好感が持てる。

会計の際たまりかね、代表してレジ係の兄ちゃんにスタッフの応対・反応について賛辞を贈った。
「みんな素晴らしい応対だね。旨い肉が益々旨くなった。頑張ってね!」
彼は実に嬉しそうに礼を言ってくれた。
おまけに誕生月の客は1割引だそうで。



きのう、東京新宿にある大手不動産会社に行った。
予め上京する前に、次女が住まう事になるアパートの下見(この会社では「見学」と表現している)をさせてもらうため、鍵を借りる約束をしていたのだ。

巨大なビルの7階にあるその会社に行くと、格別受付など無く、全スタッフが接客していたり、忙しく動き回っていた。
やっと一人を捕まえ、「約束している佐藤ですが」と用件を伝えると・・・

同行説明等はお願いもしないし、該当物件のカギをお借りするだけなのだが30分待ってもらちが明かない。
妻・次女と話し合い、「もう時間が無いからここやめよう、他行こう」という事に決めた。

「あのう、お話中の所大変失礼ですが、待っている間に時間切れとなりましたので見学はキャンセルします」
「えっ、少々お待ち下さい」
最初に声をかけた女性社員は話中の客をほっぽって男性社員を呼びに行った様子。
その男性社員が我々の所に来るにもまた数分の時間。

「お待たせしました。鍵ならすぐお渡しできますが」

ふざけるなこのやろ!失った貴重な時間をどうしてくれる!

とは思っても口には出さないけどね。

「いや、待っている間にもう時間が無くなりました。キャンセルします。さいなら」



④-1今日、新宿店での鍵受渡しの手配をしてくれたその大手不動産会社山形支店の女性から詫びの電話がきた。
一週間前、彼女は小一時間も相談に乗ってくれたのだ。

「新宿店で不行届きがありましたそうで、大変申し訳ありませんでした。お詫びのしようもございません。それで、お嬢様用の良い物件は見つかりましたか?」

「新宿ではとても残念でしたが、私たちはあなたの山形店でのご対応にとても満足しています。お世話になり、本当にありがとうございました。今回は御社のお世話になることはできませんでしたが、どうぞ山形店に来る大勢のお客さんを貴方の素晴らしいご対応で幸せにしてあげて下さい。ご活躍を祈ってますよ」



④-2検討の結果次女の住まいに決めた物件。
見学に訪れた際、大家さんが寒い中、なんと道路に立って待っていて下さった。



山形市内の巨大施設で住まいのリフォーム関係のイヴェントを催しているとかで、妻に促され定休日の今日行ってみた。
入場無料ともテレビで言ったたな。

イヴェント会場は1階と2階に分かれており、そのどちらにも受付があった。
どちらにも入るなり、「いらっしゃいませ。まずアンケートをお願い致します」
例によって例の如く、住所・名前・電話・etc.etc.・・・

「書かないと入ってはいけませんか?」

「はい、どなたさまにもお願いしておりますので」

「そうですか、折角寒河江から来たんだけどなあ。んじゃさいなら」

その巨大施設を去った。





我が身を省みよう。
お客様は、モノだけを買いに来るのでは決してない。




  1. 2011/01/17(月) 00:56:23|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

藤沢・世田谷の旅(前編)

罪悪感と闘いながらの、営業日を二日潰した旅から先程夜9時前、戻ってまいりました。

きのうの神奈川県藤沢市湘南台までの行程は青天。
今朝の湘南台から世田谷までの行程も、世田谷・新宿で行動中の日中もほぼ青天。

天気に恵まれ、行動しやすくて本当に良かった。





きのうの初日はただ寒河江⇒湘南台の行程のみ。
贅沢な一日だった。

叔母の家があるのである。
子供(私にとっては従弟)らはもちろんとっくの昔に独立。
70代の叔母夫婦だけが静かに暮らしている。

大学1年の静岡県三島時代、50ccの非力なバイクで箱根を越え、月に1、2度は遊びに来た。
何kmあったろう。70kmもあったろうか。
中学生と小学生の従弟らもいたし、叔母のご馳走も待っていたし、とにかく転がり込んだ。

大学2~4年の東京世田谷時代もまったく変わらず転がり込んだ。
40数kmだったし、バイクも125cc、250ccと大きくなっていったから、益々楽勝で転がり込んだ。

卒業後、千葉県の最果て、銚子の呉服屋に丁稚(2年2カ月)に行ってからも、160kmを延々走って年に数回は訪れた。
バイクは400ccになっていたが、あらゆる高速道路を使っても3時間くらいかかったんじゃなかったか。
しんどかった。

丁稚の定休日は水曜日。
火曜の夜、7時半頃仕事から解放されると即、バイクに跨り出発。
湘南台に着くのはだから10時半。

二晩泊めてもらって木曜の朝5時半には湘南台を出発。
8時半に銚子の地獄のようなボロアパートに着くとそそくさと支度してすぐ出勤。
本当にしんどかった。





昨夜は鰻屋で誕生日を祝ってもらう。
30年前と全く同じにご馳走になる。

家に戻り義理の叔父と日本酒で過ごす。

初日はこうして無事に過ぎた。
ここを訪れたのは7年ぶりだ。忙しい40代だったからねー。



②は明日にします。
吹雪と凍結路の400km、さすがに疲れました。おやすみなさい。



追記

誕生日記事にたくさんのコメントを頂き、また、携帯にも多数メールを頂き、本当にありがとうございました。
こんな私が・・・身に余る光栄です。

そして申し訳ございません。コメントにお答えは明日にさせて頂きます。







  1. 2011/01/15(土) 23:47:07|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満52歳

本日は私の52歳の誕生日のためにこんなに大勢お集まり下さり、ありがとうございます。
ちがうか!

それはともかく、あとどれくらい走れるのかそれはわかりませんが、まだ走ります。
皆様今後ともどうぞよろしくお願い致します。

(おめでとうメール、一通だけもらったなあ。嬉しかった。)



  1. 2011/01/14(金) 19:54:54|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

湘南台

休業させていただき、ただいま神奈川県藤沢市湘南台におります。

例によってクルマで移動しましたが、440kmを昼食休憩入れても5時間50分で到着。

一度走ってみたかった地下首都高、そしてグルグル巻きの大橋Jct.を初めて体験。

更にはなつかしの東名を横浜町田IC.までですが走りました。

いや、よかった。

一泊二日の首都圏の旅、明日中にアップできるかわかりませんがお楽しみに。



  1. 2011/01/14(金) 19:50:00|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

臨時休業のお知らせ

明日14日(金)とあさって15日(土)の二日間、休ませて頂きます。
尚、16日(日)は定休日です。

ご不便をおかけし、申し訳ございません。
17日(月)からのお越しを心からお待ち申し上げます。




  1. 2011/01/13(木) 22:01:17|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごめんよ、タイガー

世にタイガーマスクが溢れている今、非常に忸怩たるものがあるが思い切って書いてしまう。

嬉しいのである。
初めてに近い楽譜3曲、それも全曲ヘ音。
誠に不完全ではあるが、自分としてはまあまあの(周りの人たちは「あれでか」というだろうが)譜読みで吹けた。

「宮崎駿アニメメドレー」
「ラプソディー・イン・ブルー」(クラ、圧巻である)
ビバルディー「四季」から「春」

昨春あたりから、初見でもすべて「ヘ音」で臨むようになった。
嬉しいのである。

中学生でも当たり前の事をこの齢になって初めて、やっとやれるようになったのである。

ごめんよタイガー。




  1. 2011/01/12(水) 23:39:51|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いせ辰小風呂敷

人気の「いせ辰」ブランドの中でも特に人気のある小風呂敷(50cm×50cm)。↓

CIMG5243 - コピー


在庫が減ったため、今年初めての補充。どっと仕入れました。

CIMG5244.jpg

この小風呂敷だけで数十種類の柄があり、それぞれ魅力的なのですが・・・
私のお気に入りを一つ紹介します。↓

CIMG5245.jpg

「壽(ことぶき)」百体字紋です。おめでたくって大好き。
近づいてみると ↓

CIMG5247.jpg

「いせ辰」のアイデンティティーが入ってますねー。
小風呂敷に限らず、いせ辰製品には必ずと言っていいほど入っています。

今日紹介の50cm×50cmの小風呂敷、使い方はあなたのアイデア次第。
弁当包み、のし袋包み、PCキーボードカバー、ちょっと細工して巾着(きんちゃく)にしたり。
素材はすじ入りが特徴の綿100%。お値段は525円です。

どうぞよろしくお願い致します。




  1. 2011/01/12(水) 22:52:37|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカペラ

「ハモネプ」とかいうアカペラコンテストのテレビ番組を見た。
自分は下手でも「評論家」はできる。

出場チームはみなアマチュア(みな大学生だったような)。
「完璧」あるいは「完璧に近い」といったチームは無かったような気がする。
優勝チームですら、リードもバックも乱れがあった。
特に予選はバランスの悪いチームが多い。
正直、聴くのが辛いチームも。

だが「予選」と「決勝戦」には明らかな違いがあった。
決勝戦出場チームの共通点。
バックがうまいのだ。

コーラスが、コーラス同士とも、ベースとも、リードとも「より」合っていてきれい。
また、ヴォイスパーカッションだが、ベースとパーカを一人で兼ねるようなチームは乱れがひどく、
(パーカリズムに音程を付けてしまい、ひどい事になっていたチームあり)
それを二人で分業しているチームには無理が少ない。

更には、コーラスチームととヴォイパ・バスチームが美しく合っていると、
リードの多少の「アラ」を幾分吸収してしまう。
盤石の土台の上なら踊り子の多少の「遊び」は許されるのかもしれない。

この辺を見ていると
音楽はやはりハルモニだ!アンサンブルの心だ!
と強く感じる。

また、リード(メロディー)について。
体も頭も本能的に「歌の化身」になっている人には敵わない。
今回は残念ながら際立って「体=歌」といった人はいなかったように思う。

実に、大歌手と素人の決定な違いはそれなのではなかろうか。
大歌手とは、脳に的確な「歌」のイメージを持てて、それを肉体が100%表現し尽くす事ができる人なのだ。



以上、素人の愚見でした。

私はといえば、もちろんずーーーーーっと地べたを這いつくばっている。
50歳過ぎてこれでは、多分死ぬまで「うまい歌手・うまい演奏者」にあこがれ続けるだけなんだろうな。
でも、それでもいい。





  1. 2011/01/11(火) 21:25:54|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山脈

数年ぶりにできました。山森山脈。

CIMG5240.jpg

数日かけて私が作りました。

この冬の雪、クリスマスに一度積もり、その後は穏やかな年末年始でしたが、
6日か7日頃から久しぶりに降り始め、連日の雪かき。
今日は1時間強でした。

山脈を横から見ると ↓

CIMG5239.jpg

こんな感じです。
業績はともかく、除雪だけはどちらの商店様にも負けません。
歩道が完全に露出するまで「剥き」ます。
何か一つでも取り柄が無いとね。

CIMG5241.jpg

ところで上の写真右側の除雪目印用「赤白ポール」、わかりますか?
5年前のあの滅多に無い大雪の時、
「山森山脈」の高さがこのポールの上端までいったのをありありと覚えています。

あの時はすごかった。連日の雪かきで体力の限界だったな。

寒さも雪もまだ序の口、皆様どうぞご自愛下さい。



  1. 2011/01/10(月) 18:20:09|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新年会

あー酔っ払った。
幸せ。
おやすみなさい。




  1. 2011/01/09(日) 22:55:24|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

却下

先日、複数のメンバーからある案が持ち上がり、役員会は案を整理して会議に諮る。

だがその話が出た時に不在だったそれ以外の複数メンバーから別案が出され、結論は役員会案とは別のものに。

先案が出た時は「なるほどそうだ。おれも賛成!」と思ったが、
別案にも十分納得できる。

何でも人の話はよく聞くものである。
短慮は禁物。
なんといっても全員の団体なのだから。

今夜の会議はいい勉強になり、しかも清々しい。
話し合って本当に良かった。





  1. 2011/01/08(土) 22:37:32|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ここの歴史