呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

初ボランティア

募集を聞きつけ、きのうの午前の3時間半、みっちり汗を流す機会を頂いた。

様々なしがらみに手も足も頭もがんじがらめの私、太平洋岸の被災地に行くのは不可能。
駆け付けた現場は寒河江のお隣、中山町長崎、私たちの身近にも被災された方はいるのである。

ビフォー ↓

ビフォー

この度の大地震でぺしゃんこに潰れた小屋。
数十センチ右が母屋。間一髪、不幸中の幸いである。
更に、完全にこちらのお宅の敷地内で倒壊し、律儀にも周りのお宅には全く迷惑を掛けていない。

この写真は倒壊直後の状態で、私がお邪魔した時は屋根のトタンは既に一部撤去されてあった。
で、男3人(クマさん、まつ坊さん、おれ)で解体開始。
現在重機を頼む事ができず、完全な人力作業である。
こちらのご主人も屋根にはのぼらないが下で分別作業をなさる。

まずは丹念に釘を抜きながらトタンの除去。次に防水のための黒いシートの除去。
するとお次はザラ板剥がしだ。金槌と釘抜きの休まる暇がない。

募集者のクマさんに「半日と言わず、どうか丸一日手伝わせて」と頼んだのだが、彼はなかなか「うん」と言わない。
作業を始めてその訳がすぐに分かった。どえらくハードなのである。

苦労してザラ板を剥がし終わると骨組みだけになり、下の惨状が丸見え。
お次は「垂木(たるき)」という骨組みの撤去。
割とあっという間に正午となった。
クマさんとまつ坊さんはともかく、私ごときは一日やったら死ぬな。

アフター ↓

アフター

今日はここまでとのこと。
トタン剥がしで屋根の上にいる時にザラ板を踏み抜き、右脛にたばこの箱くらいな面積の擦過傷を作ってしまった。
やはり素人、ドジである。

でもここまで進めば残りの解体と片付け作業は「見えて」くる。
3人の人力って結構すごい。
奥様が手作りの昼食を準備して下さり、3人でありがたく頂き、辞す。



寒河江にいても、義援金ばかりでなくできる事があった。
「猫の手」よりは幾許かお役に立てたのなら幸いである。

声を掛けてくれたクマさん、まつ坊さんに感謝します。ありがとうございました。

おれ



  1. 2011/03/31(木) 16:43:46|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

被災地の隣で⑨

今日で震災から19日目。
今夜も余震があった
死者・行方不明者は2万8千人を超えた。
原発事故もまだ先が見えない。重苦しい。

きのうあたりからGS行列は驚くほど短くなったそうだが、午後からは閉まっているスタンドが多かったり、いまだに満タン給油できなかったりと、平常時とはまだまだ違う。
スーパー・コンビニ・ホームセンターの品ぞろえも然り。

我が家はというと、忙しくなってきた。
いよいよ近づいた次女の引越の直前準備、町会長職の前段取り、楽団の活動再開に向けての準備。
そして非常時といえども月末。仕事もこれまでよりは忙しい。
復旧が進み、お客様も弊社関係各所が動き始めたからだ。

大震災以来、夢の中のように毎日を過ごしている。
一体あれは何だったのか。
今朝もいやな夢を見て目覚めた。

明日は生まれて初めてのボランティア参加。
ぐっすり眠って頑張ろう。




  1. 2011/03/29(火) 23:24:30|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

余震

今朝も結構な余震がありましたね。この辺は震度3だったかな。
震源に近い石巻では震度5弱とか。
大震災から17日、これほど長期間余震が続いた事はありませんね。
それも体感地震だけで何十回も。

携帯電話を利用した「エリアメール」

CIMG5430.jpg

今朝もこれが来ましたね。これで一体本震から何回目になるんだろう。

精度に問題はあるものの、(今回も山形沖でなく宮城沖だった)空振りもあったものの、
しばらく前から始まったこの仕組みは素晴らしい。
地震が来る数秒前にアラートと共にこのメールが来るから、少しは備える事ができる。

だがもうたくさんだ。
皆さんはいかがですか?

か弱い人間たちが大打撃から力を合わせて立ち上がろうとしている時に、再び被害を伴う地震が来たら、
例えば首都圏にある程度の混乱を齎すような、福島第一原発に更なるダメージを与えるような余震が来たら、
そう思っただけで頭が萎えてしまいます。

こっち(東北)だけで勘弁してよ。もうこれで勘弁してほしい、神様!
余震の度に、エリアメールが来る度に思います。




  1. 2011/03/28(月) 22:31:24|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新シリーズ「町会長日記」

町会長日記第1回。

正確にはまだ就任していない。4月3日の総会からである。
だがもう様々動き始めている。

今夜は現会長様宅にお邪魔し、第1回引継会。
顔面蒼白と開き直りが綯い交ぜだ。

順番だもの、やるしかない。
親愛なる拙ブログ読者の諸兄諸姉、どうか1年間、私をお守り下さい。




  1. 2011/03/27(日) 22:50:45|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

震災後の仙台

定休日の今日、震災後初めて仙台へ。
長女のアパートの視察が主な目的。
ガソリンの心配をせずに行けるのも友人たちのご厚意のおかげである。

往きは高速。
格別の渋滞などは無かったが、宮城川崎インターを過ぎたあたりに巨大地震の被害を感じた。
亀裂や段差の補修などは当然済んでいたが、結構な路面の波打ちがある。

地球の巨大な力に矮小な人間が敵うはずもない事は、この度誰もが思い知ったことだろう。
だが、・・・

一般道路、高速道路、鉄道、港、建物の多くは千年に一度という巨大地震に耐えた。
30年前、50年前に同じ地震が来ていたら、民間家屋を中心にもっと悲惨な被害だったと思う。
このあたり、自然災害を被る度に少しずつ強くなっていった日本人の意識や技術は無視できないと思う。
今日はそんな事を感じた。

さて、仙台宮城インターを降りて北環状に入ってからが結構な渋滞。
そう、わずか数キロの間に何カ所も「給油渋滞」が出来ていたのである。
2車線の北環状が1車線と同じだった。

若干回復の兆しが感じられないでもない山形・寒河江のコンビニやGSと比べ、仙台はやはりもっと復旧が遅れている感じがした。




で、娘のアパート。

CIMG5423.jpg

階段の壁に損傷が。↑

CIMG5425.jpg

建具に若干の歪みが↑

CIMG5427.jpg

洗濯機上の突っ張り棚がひっくり返っていたり、↑(直してからの写真)
冷蔵庫の上にあげておいたホットプレートや置時計が落ちていたり、姿見が壊れていたり。

結論を言えば、住み続ける事は問題無く可能。
あとはGW明けの学校開始までに都市ガスさえ復旧すれば完璧だ。
安心して帰ってきた。

還りは国道48、関山ルート。やはり渋滞などは無し。
48の被害はたった1カ所、仙台から見て作並温泉手前の路肩が若干傷んでいた程度。

浜際以外の仙台は元気に(もちろん様々な辛さを乗り越えてだが)震災前に戻りつつあった。
何よりよかった。




  1. 2011/03/27(日) 22:36:10|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨夜早い時間、ややこたえる事があった。
寝る時間まで苦いウイスキーでも嘗めてやりすごすしかないかと思っていた所、愛する友人たちからお誘いを頂く。
救われた。ありがたい。一晩寝て更に辛さも和らいだ。

ところで今日、先日に続きまたある方から燃料についてご厚意を頂いた。
ご自分にとっても貴重なはずの燃料なのに。
なんとお礼を申し上げたらいいのか、わからない。

加えてきのう、震災後初めてスタンド行列に並び、26㍑(4千円)のガソリンを得た。
根性無しの私でもなんとかなるかと思えるような、あまり長くない行列を発見したので並んでみたのである。
行列距離600m、待ち時間は40分足らずで済んだ。今時ラッキーという他ない。

といことで、ご厚意とラッキーのお陰で久しぶりにフューエルゲージがビンビン。
明日、長女の仙台市青葉区のアパートを震災後初めて見てこようと思う。
果たしてどんなことになっているか。




  1. 2011/03/26(土) 22:25:28|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送別会

子供らも私ども親も、大変お世話になった顧問の先生お二人がご栄転なさる事になり、昨夜、某保護者会歴代の限られた役員たちで送別会を催した。
本来であれば現役保護者会が主体で大々的に催し、OBが少しよばれるかどうか、くらいがよくあるスタイルなのだろうが、今は国全体が非常時の真っただ中、止むをえない。

最高幹事はこの混乱の中、多忙の中、奇跡的な開催を実現し本当によくやった。ご苦労様でした。

招集対象者は、
2004~2011年の8年間の三役プラス2004年の参与(会長経験者)二人。
役職が重なった人もいるだろうから、20人以上の参加というのは奇跡的だ。
きっと、いや、当然、先生方の徳のなせる技であろう。

その年その年を代表する方々なので、思い入れも濃い。
だが8年に跨る方々の集まりというと、残念ながら最長老の私などは若い方の方々のお顔は正直あまりわからない。

この時期、被災地で想像を絶する困難な生活や悲しみと向き合っている方々、原子炉とまさに命懸けで戦っている方々、放射線の恐怖に直面している方々を思う時、正直言って頭の片隅に若干のしこりが全く無かったとは言えない。

しかし、

子供らがお世話になった先生方にお礼を申し述べる事もとても大事な事、欠かせないと思う。
そして被災地の隣に生きる我々は幸運にもそれが可能だった。
「幸せ」を噛みしめながら先生方を送る事が出来る「幸せ」。

困難に立ち向かっている方々の代わりに大事な事が出来る幸せ。
声をかけて頂けて本当に幸せだった。

先生方、ありがとうございました。
新天地でのご活躍とご健勝を心からお祈り申し上げます。
そしてまたいつか。




悪い癖、帰宅は2時半。辛うじて新聞配達に勝った。





  1. 2011/03/24(木) 22:46:45|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災地の隣で⑧

備忘乱れ書き。

大震災14日目。死者・行方不明者併せて2万6千人を超えた。
尾花沢市の人口くらいに当たる。どこまで増えるのか。言葉が無い。

ガソリン・灯油・軽油は相変わらずほぼ買えない。
東北道は今朝から全線で一般車通行可。左沢線は28日から運転再開予定。
この辺に復興の明るい兆しを感じる事ができる。

今日、買物があってコンビニ、ホームセンターを各1軒ずつまわったが、トイレットペーパーがどちらにも山積みになっていた。
有難い。大震災後初めて見る。
ホームセンターにはやはり久しぶりに小型ラジオが入荷していた。

きのう、東京23区他に配水する金町浄水場から乳児の摂取基準を超える放射性物質が検出され、大騒ぎになっている。
間もなく次女を東京に送り出さなければならない身、水用ポリタンクも売場に積んであったので一つ買う。

26、27日に予定していた彼女の引越。
高速にも入れない(きのう現在)、燃料も入手困難、大学の日程変更も読めない(きのう現在)。
そんな状態では引越を強行することはできない。

大家、レンタカー屋、老母のショートステイ先、あちこちにキャンセルの連絡をしてしまった。
それから間もなく、大学が4月2日から始まるという正式発表があった。
8日の入学式を中止する発表が既にあったので、「その前に開講することはまずあるまい」と踏み、
26、27日の予定をすべてキャンセルしたのに。

なんてこった!
1日に引越すべくバタバタと準備を再開。
それもこれもその直前までに燃料の確保ができなければ再びキャンセルしなければならないのだが。

だがレンタカーは空きが無くダメ。
最後の手段、ハイエースを持つ知人に失礼を承知で願い、快くお借りできる事に。
地獄に仏だ。

あとの心配は燃料と放射能のみ。

歴史・知識としての広島、長崎、ビキニ環礁以外、放射能には何の縁もなかった自分が、
まさか、放射能を心配する日が訪れるとは!

来月から務めなければならない町会長職の仕事がぽつりぽつり舞い込み始めている。
粗悪な頭が早くも悲鳴をあげ始めた。

仮に1日、2日にめでたく引越を済ませる事が出来ればだが、翌3日の午前中から町内会総会である。
その招集者が前会長さんである事がわずかな救いだ。

なまんだぶなまんだぶ。




  1. 2011/03/24(木) 20:59:12|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災地の隣で⑦

備忘乱れ書き。

12日目の今日、死者・行方不明者は2万1千人を超えた。
毎日毎日、増えていくばかり。
被災され、日々ご苦労を重ねられている方々へお見舞い申し上げ、亡くなられた方々のご遺族様へお悔みを申し上げます。
また、命懸で救助、復興、原発事故の対処をなさっている多くの方々へ、最大の尊敬を表します。




福島県では農産物・畜産物から放射性物質が検出され、震災による甚大な二次被害が発生している。
何も悪くない農家の皆さんは、誰をぶん殴れば、どこから補償してもらえば・・・

ちなみに、福島県二本松市に本拠のある「空の庭」社長の、血を吐くような「社長のブログ」を読んで頂きたい。
空の庭ホームページからどうぞ。

我らの住む地方はというと、相変わらずガソリン・灯油・一部の食品他、様々な重要物資がほとんど手に入らない。

左沢線全線、山形新幹線全線、東北新幹線の一ノ関・那須塩原間、仙山線全線は運行未再開。
山形道は一部、東北道は一関と宇都宮の間が一般車通行禁止。

楽団は今週分に続き、今月の残りの活動の休止と総会の延期を決めた。

長女の仙台の大学は、校舎の倒壊などは無かったもののキャンパス全体に相当の被害があったということで、なんと5月7日まで入構禁止。
次女のNは、名物にして昔から変わらぬ、日本武道館での統一入学式中止。
そしてやはりキャンパス全体の安全確認を済ますまで入構禁止(世田谷キャンパス)。

道路も、燃料も、新幹線も、引越運送便も今のところ先が読めない。
ということは・・・

「タダ飯食い」二人をもうしばらく家で養い続けるしかない。うざーい。





なんて言えないよな。
幸せを噛みしめなければ罰が当たる。





  1. 2011/03/22(火) 21:33:25|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大行列

11日の大地震から二日間くらいは停電のためガソリンスタンドは閉まっていた。
売る油はあっても、給油するには電気が必要だから。

停電解消後から3日目あたりから、停電が解消するなりスタンド行列が発生した。
灯油が無くては暖房・給湯ができず、ガソリン・軽油が無くては車が動かない。

3月中旬にしては異例の寒波がきた。暖房・給湯に灯油を使っているお宅はまだまだ少なくなかろう。
我が家もそうだ。
ガソリン・軽油が無くては通勤できないし、買物にも行けないし、遊びにも行けない。

路線バスもゴミ収集車も、郵便配達も新聞配達も救急車も、すべて油で走っている。
こりゃあ大変な事だ。

原油価格高騰による各種燃料の値上がりは辛かったが、それでも「無い」恐怖とは比べものにならない。
で、限られた量の入荷と同時に店を開けてくれるスタンドさんには連日早朝から大行列。
52年生きて、初めて見る光景である。

その光景、隣県3県の甚大な被害とはまた性質(たち)もレベルも違うが、やはり「悪夢」の一つに違いない。

弊社や拙宅の油はあと数日で払底しそうだ。
だが根性無しの我が家は、いまだに行列に並んでいない。
需給の復旧と我が家の払底とどちらが先か。

当然、親しい人たちも数多く並んでいる。
それも、3時間5時間並んでいる。しかしこんな時だから当然、満タン給油はできない。
でも並ばないわけにはいかない。本当にご苦労様である。
被災地での人命救助や復興と共に、一日も早くこの状況が解消されますように。

しかし・・・
東京・甲府・三島・藤沢、被災地から遠く離れた場所で、なんでスタンドやスーパー・コンビニに行列を作っているんだろう。
冷静になって下さい。そして被災地の事をもっと思いやって下さい。遠い所の方々。

人が並んでいたから、買っていたから、必要は無いんだけれどとりあえず自分も並びます、買います。
クレヴァーとは言えない!
あなた方が買い溜めするその分が、そのまま被災地や隣接県にゆきわたらないのかもしれないのに。



  1. 2011/03/21(月) 20:54:03|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災地の隣で⑥

大震災から10日目。死者、行方不明者は2万人を超えた。





ほんの少しわかりかけたような気が。「悩みながら生きる」事を肯定すること。

生まれてから多分きっと死ぬまで、「よくも飽きもせず」と思うほど、困難・ストレス・悩みといったものが襲来し続けるのではないかな。

で、あれば、
それらを避けるのでなく、(それらから逃げ遂せるのは不可能だろうから)喜んでそれらに入って行くのだ。
逃げて逃げ切れない時はとてつもなく不愉快だからね。

それならばむしろ積極的に入って行き、向き合うのだ。
向き合い、何か人様の役に立とう、と心底思う事だ。

心底思えた時、あらゆる苦悩から相当解き放たれるのではないか。そうありたい。




今日、震災後初めてマブ達と軽く飲んだのだが、思いがけずどえらい厚意を頂いた。
爪の垢ほどでも人様に何かすれば、どこからか返ってくるのではないか。これがヒントになった。

人をやっつければ、必ずしもやっつけた人からでなくとも、いずれ誰かからやっつけられる時が必ず来る。
逆に、何かこの人にしてあげられないか、何でもできる事はしよう、と実践しながら過ごしていれば、
格別望んでいなくても、してあげた人からでなくても、どこからか何か返ってくることがある。

いや、なにも返ってなんか来なくてもいい。できる事をなにかさせて頂く。
これが期せずして「生老病死」の苦しみからある程度解放される鍵なのではないか。




もう一つ、徳川家康の訓。

「人生は重き荷を負うて歩むが如し。」不自由を常と思えば格別辛くもない。

そう、不自由が当り前なのだ。自分のために人や世界があるのではないんだもの。この宇宙は。
不自由が常とわかる事が出来れば、ほんのちょっとの幸せにもすごく感謝できるようになる。
この度の未曾有の大災厄で、多くの日本人が様々な事に気付いたのではないか。

日本での普通の生活がいかに贅沢なものであったか。
真の「感謝」に気付くいいチャンスなのかもしれない。
いや、気付かなければならない時期なのかもしれない。





  1. 2011/03/20(日) 22:53:52|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きのう今日

どうしても何も書けない。

警察がつかんだ死者、行方不明者数1万8千人超。
他に安否不明1万数千人。

原発事故によるものも含めて避難者数十万人。

なにか、大きな事を悟らなければならないのではないか。
だがまだ何もわからない。





  1. 2011/03/19(土) 20:41:44|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災地の隣で⑤

ヒートアップした原子炉を冷却するため、
自衛隊のヘリが真上から、警視庁の放水車がすぐそばから、放水している。

私たちの代わりに、幾百万の命を守るために、とてつもない放射線数値の所へ突入している。
我々はその人たちの勇気に応えなければならない。

決して負けてはならない。
頑張れ、豊蘆原瑞穂国。




  1. 2011/03/17(木) 21:01:13|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災地の隣で④

備忘乱れ書き。

CIMG5414.jpg

CIMG5413.jpg

きのうから冬に逆戻り。業績の代わりにどちら様にも負けない歩道の除雪。
先日消滅した山森山脈が再び出現してしまった。

大震災から今日で七日目。
原発の対処は相変わらずパッとしていない様子。
ろくに制御もできないこんなに危険なもの、無しで世の中済まないものか。

そして三陸沿岸部と言った津波の被災地にもこちらに負けないくらいの積雪と低温。

楽団の方はというと、練習は固より月末演奏会の中止もとうに決まった。

震災4日目の去る3月14日はホワイトデーであったが、自分は動けないし、モノは作ってるか売ってるかもわからないという状況では「お返し」は延期するしかない。
妻はじめ愛する女性たち、ごめんなさい。

さて、様々なものが相変わらず不足しているが、特にガソリン・灯油が入手ほぼ不可能。
既に底をついたお宅もあるかもしれない。無いかな?今無くなったら凍死するよね。
行列に並ぶのが苦手な我が家はだいぶ逼迫してきた。あと何日もつか。

でも!
被災地にいる多くの被災者や救助の方々が今なめている辛酸を思おう。
われら、まだまだ天国だ。

現在発表されている、しかるべき機関が正式に把握している死者、4千数百名。行方不明者9千数百名。
更にその他に! 安否不明者1万数千人。
もう七日目。


  1. 2011/03/17(木) 14:08:04|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

被災地の隣で③

備忘乱れ書き。

仙台市青葉区に住む妻の叔母夫婦と多賀城の友人の無事はおとといわかった。
昨夜遅く、松島の同級生からやっと「無事」のメールが来た。
静岡県三島の友人も無事。昨年、家を建替えていてよかったと。

きのうの朝、熊本の学生時代の友人から10数年ぶりに安否を気遣う電話。
嬉しかった。単身赴任で大阪にいるらしい。

ところが、

地震後間もなく安否メールを寄越してくれた静岡県富士宮(ふじのみや)市の友人がいるのだが・・・
昨夜、よりによって富士宮を震源(最大震度6)とする地震が発生。
今度はこちらが安否メールを送信。
間もなく無事の返信をもらったが、さすがに震度6、ひどかったそうだ。

今回の大震災、本震もすごかったが余震も経験したことのない回数だ。
震源も東北の太平洋沖ばかりでなく、秋田沖、信越、関東とバラバラ。

今日は震災発生から六日目。こんなに不安と緊張を長く強いられたことはない。
心と体が少し疲れてきたような気がするが、被災地で苦しんでいる方々の事を思えば弱音なんか吐いていられない。

自分を奮い立たせるため、三島の友人からもらったメールを以下に載せます。
皆様も勇気付けば幸いです。



灯油が乏しくてはさぞ寒かろう。頑張ってくれ。
ところで報道のインタビューにこんな風に答えていた人を見たぞ。
「世界中が見ている。日本人のすごさを見せてやろう」
今こそ日本人として目覚める時かもしれないね。
佐藤、絶対復興しようぜ!








  1. 2011/03/16(水) 10:50:05|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災地の隣で②

備忘乱れ書き、続けます。

自分は今何ができるか。老体を顧みずに被災地に行ってボランティアするか?

しかし駆け付けるガソリンも無ければ、被災地は今それどころではない。
大震災後5日目の今日はまだ復興の段階に入っていない。
まだ、自衛隊・消防・警察といったプロたちによる遺体の発見・収容さえままならない状態なのだ。

ならば・・・
省エネだ。東北電力が計画停電をしようかというほど供給不十分な今、節電等の協力は大事な事だ。

で、弊社はきのうの営業からこうした。↓

CIMG5406.jpg

CIMG5407.jpg

もちろん、お客様がいらっしゃる度に即フル点灯する。
自宅でも徹底。その気になれば結構やれる。

また、通勤は徒歩にした。
ひと月ほど前から始めた毎日30分のウオーキングが効いているのか、苦にならない。
というより、私のホンダフィットにはもうガソリンが入っていないのだ。

我が家ではダイハツミラに3分の2ほど入っているだけ。
ガソリン・灯油が買えない今、節約というより「使えない」のだ。
灯油も残り少ない。なるべく使わない他ない。


そして、被災地の隣でやれることもう一つ。義援金だ。
窓口はネットや郵便局など色々あるが、お世話になっているO氏がいる山形新聞寒河江支社さんに歩いて行った。

齢を取るごとに「人様のために何かしたい」という気持ちは強くなっていく。
多分、生きれば生きるほど「人様から何かして頂いた量」が積み重なっていくからかな。

という事で、わが人生の義援金史上最高額をお渡ししてきた。
「徳」で一番尊いのは「じゃーん!おれ、したよ」なんて言いふらさず、隠れてこっそりする「陰徳」。
私はアホなので、こんなところで明らかにする謂わば「陽徳」か。

でも、陰・陽にかかわらず、義援金は渡した分だけ必ず被災者・被災地の役に立つ。
「がんばれがんばれ、がんばれがんばれ」と呟きながらまた20分かけて店に戻った。
そして義援金を出す側の自分はなんて幸せなんだろうと思う。

こんな「アホ陽徳」をたまたまお読みになり、「あっそうだ、忘れてた。自分も窓口に行ってこよう!」
なんて方がお一人でもいらっしゃれば「アホ冥利」に尽きます。




  1. 2011/03/15(火) 17:43:24|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

援助のお願い

ブログ仲間、不動産業の志田宏さんの今日の記事をそのまま転載します。



2011-03-15 (Tue) 12:03
おはようございます。
今日はお願いがあります。
先程、今回の地震で被災した方が賃貸物件を借りに来ました。
本当に実体験を語ってもらいました。
ここには何も持たず来ています。
毛布、布団、着る物、食材などなどとりあえず日常品が必要なんです。
どうかご協力いただけないでしょうか?
宜しくお願いします。
出来れば私の会社に持ってきていただけると助かります。
本当にご協力宜しくお願いします。
助け合いの心・・・大切ですよね。






先ほど、被災者の方々が入居なさる先へ、直接差し入れに行ってきました。
総勢13人とか。ほぼ着の身着のままの避難。まだまだ足りないものはあると思われます。
「本当にありがとうございます。助かりました」と深々と頭を下げられるご主人。
子供さんたちもおり、大変苦労なさって寒河江までたどり着いたご様子。

詳しくは志田社長のオフィスへお問い合わせ下さい。
 ↓  ↓  ↓

(有)住まいるーむ情報館
寒河江市寒河江内の袋83-4
TEL:0237-86-6396


困った時はお互い様。皆様へ私からもご協力をお願い致します。



  1. 2011/03/15(火) 15:50:31|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災地の隣で①

まずは御礼から。
弊社や長女の安否をお気遣い下さり、多くの知人・友人・取引先から電話やメールを頂戴しました。
本当にありがとうございました。
皆様の温かいお心に触れ、こんなに嬉しいことはありません。

さて、未曽有の大災厄について、備忘のためにも乱れ書きをしたいと思います。
とはいえ、何から手を付けていいものやら。

まず、現在の弊社や我が家を取り巻く状況から。

11日(金)の午後2時46分から始まった臨時休業。
翌土曜日は全日臨時休業。日曜日は定休日。

そして今日は地震後初めての営業日。
不要不急の商品を商う呉服屋、「開店休業」状態を覚悟していたが、意外や意外、お客様の方が実に落ち着いていらしゃる。
幾人かのお客様がおいでになり、営業を開始してよかった次第。

ガソリン・灯油がほぼ買えない困難が襲ってきた。
二、三、連絡を取ってみたが、庄内も置賜も状況は同じ様子。
更に驚いたのは、出張取りやめの連絡を下さった印傳屋の弊店担当A氏の話によると、甲府でもスタンドが閉まっているとのこと。

我が家の次女も同じだが、間もなく子供さんを東京に引越しさせなければならないお母さんも
「道路の通行止めと燃料不足で、依頼した運送会社から役務を履行できるかわからないと連絡がきた」と不安なご様子。

弊店で昼の弁当を依頼している給食会社から電話があり、配送車の燃料が確保できないので、しあさってから弁当を供給できないとのこと。

郵便や新聞の配達もバイクに依っている。
燃料、食料、日用必需品ほか、すべての物資は物流が滞れば供給は即、危機に瀕する。

また、驚く勿れトイレットペーパーも入手困難になってしまった。

被災地の隣県とはいえ、被災地の方々のご苦労とはくらべものにならないとはいえ、われわれ山形県民もなかなか難儀な局面を迎える事となったようだ。

しかし、騒いでも何にもなりません。助け合い、譲り合い、冷静に行動しましょう皆さん。
と、自分にも言い聞かせます。

危機的状況の我が家のガソリン事情なんですが、スタンドの行列を見ただけで、また、長時間並んでもわずかな給油しか受けられないかもしれない事を考えると並ぶ気が萎えてしまいます。

今朝、偶然にえらく行列の短いスタンドを見つけ、淡い期待を抱いて並んでみたが・・・
行列から離脱する車が続出。
案の定、軽油しかない様子。
挙句、敷地内に入ってしまったガソリン車に店員さんが「入ってこないで下さい!」と毒づいている。

それはないだろう。入るまでわからないんだもの。
入って来て欲しくなければ、しかるべき場所に「軽油しか売ってません」と張り紙でもしておくべきだ。

復旧を待つことにします。




  1. 2011/03/14(月) 21:06:03|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大震災

皆様、被害はありませんでしたか?
ご家族、ご自宅、お勤め先は大丈夫でしたか?
このたびの大地震で被災された多くの方々にお見舞い申し上げ、
また、亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。

CIMG5404.jpg


それにしてもなんという大きな被害。
大地震発生から三日目の今日18時現在、死者・行方不明者合わせて3千人超。
報道を見聞きする限り、最終的にはその数倍に増えそうな気がします。
なんということ。
本当に祈るしかありません。

マグニチュード9.0。
観測史上世界最大級とか。
こんな数百年に一度という大地震に、自分が生きている内に遭遇するとは!
それも大被害地域のすぐ隣の県で。

あんなに激しく長い揺れも初めてなら、あのように長い停電も初めてでした。
11日金曜日の午後2:46から、昨夜12日の午後9時10分頃まで、30時間以上でしたから。
まさしく非常事態の中での生活でしたね。
様々な経験を強いられました。

停電は岩手、宮城、福島ではまだまだ復旧していない様子。
さぞかしみなさん疲れていることでしょう。心が痛みます。




私の大事なビジネスパートナー兼友人が多賀城に、妻の叔母夫婦が青葉区に、同級生が松島にいます。
また、仙台近辺には知人が数人います。
誰一人、固定電話でも携帯電話でもいまだに連絡が取れません。

幸い帰省中の長女のアパートも青葉区にありますが、これもどうなっているのか。
皆さんの中にも被災地にこういった繋がりのある方が多いのではないでしょうか。
心配ですね。

現在の状況では行きたくてもなかなか難しそう。
ガソリンは入手困難だし、道路がどうなっているのかもわからない。



とにかく、被災地の方々が一人でも多く無事であるよう、祈るしかありません。
皆さん、助け合ってこの困難を乗り越えましょう。

CIMG5405.jpg

この日を忘れない。







  1. 2011/03/13(日) 18:33:15|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めてのデータ通信

NTTでいうところのフレッツ光とか、ADSLとか、
インターネットの開通については、2年前に一人暮しを始めた長女の時に経験して懲りた。
面倒くさくて。

長女の時は仙台だから工事の際にやむを得ず現場に駆けつけたが、次女は東京。
同じ事は無理。

また、その申込みの面倒なこと。

だから、今回(次女の新生活でのインターネット)はこんな選択をした。

l05as -

多くの方々はご存知であろう、ドコモのFOMAを利用した、端末による「データ通信」である。
この小さな端末をパソコンのUSBに差し込めば他には何もいらない。
もちろん工事もいらない。
速度は7メガ強で、ADSLにはやや及ばないが、試してみると充分我慢できる範囲内だった。

ただし、料金は少し辛い。
初年度は割引により約5300円とまあまあだが、2年目からは約6300円(いずれもプロバイダ料金込み)と、
ADSLの我が家、我が社、光の長女の5千円程度より割高だ。

頭が痛いところだが、次女の大学2、3、4年の3年間の辛抱と思うしかない。



ところで、いざ契約をしてみて驚いた。
前述の月々の使用料は当然として、写真の端末はいくらするのだろうと思っていたら・・・
なんとタダなんだそうだ。

更に!

CIMG5402.jpg

このネットブックパソコンもタダでもらった!

ありがたいような、でも、既にノートパソコンを備えている身からすれば、
そんなの要らないから月々の使用料を千円でもいいから値下げしてほしい。

また、契約から2年未満の解約には使用月数に応じて大層な違約金を支払わなければならない仕組み。
なんとかならないものか。

国産品と比べ、やや見劣りする外国製のネットブック、妻の初めてのパソコンとなる事に。
やれやれ、子育て終盤はなかなかきつい。
ただし、ドコモショップのご担当者の親切な対応にはとても満足している。

データ通信に詳しい方、私の判断はいかがでしたでしょうか。




  1. 2011/03/10(木) 22:18:22|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サシ飲み会2連発

きのう、さきおとといと、二人の友人とそれぞれサシで飲み会。
お誘い頂いた事、嬉しく、感謝します。

お二人ともそれぞれの業界の大御所。
光栄です。

楽しかった。




  1. 2011/03/10(木) 21:37:26|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おすすめ品数種

CIMG5395.jpg

CIMG5396.jpg

かわいいストラップ4点(のみ)。
超おつとめ価格、上が399円、下が699円
そして、

CIMG5399.jpg

作務衣(さむえ)。
10数年取り扱ったロングセラー。
残念ながらこの度生産終了となりました。

手前の金茶色はMとL各2着ずつ。
奥のグレーはLL2着。(ちなみに私はLでややきつく、LLだとややゆるめ。ご参考まで)
合計6着のみです。

定価16800円で長年大事に販売してきましたが、そんな理由で9,975円の超特価と致します。

他の色はありません。また、上の2色にしても追加はもうありません。
私も2着愛用し、品質には自信を持ってお勧めできます。

そして更に!(出た!ジャパネット山森!)
6着の内、先着4名様に!

CIMG5400.jpg

作務衣姿を引き立てるこの合切袋をプレゼント致します。

以上どうぞよろしくお願い致します。



  1. 2011/03/09(水) 18:08:25|
  2. 超お買得・おすすめ品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消滅

とうとう消えた。

CIMG5391.jpg

と、思ったら・・・

CIMG5392.jpg
CIMG5393.jpg

ひとかけらあった!



が、・・・

CIMG5401.jpg

まもなく、あえなく消滅。

うっ、さびしい。

さよなら、山脈。




  1. 2011/03/09(水) 13:05:30|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無暖房住宅

随分久しぶりに天童市にある㈱ボスコさんの社屋にお邪魔した。
この社屋そのものが無暖房住宅のモデルである。
ボスコさんは平成14年竣工の当社店舗の新築をはじめ、様々お世話になっている会社。

拙ブログのリンクにある「森のクマさん日記」は、社長、専務はじめ社員の皆さんのブログである。
そのブログや、ボスコ.ホームのホームページにはよく無暖房住宅の紹介がされている。

しかし、耳で聞いても、ブログやホームページで説明を見ても、
この社屋に初めてお邪魔するまで、私は無暖房住宅を理解できなかった。

ローテク、オールドテクで作られた建物にしか住んだ事のない私は、
この山形県で、暖房設備無しで、過ごせるわけがない。
という固定観念を変えるのは容易でない。

皆さん、ボスコ社屋に行くとわかります。あなたの体が現実に暖かい室温に包まれるから。
電気も灯油もガスも使わず、あらゆる暖房器具もない家がなぜ冬も暖かいのか。

ホームページやブログを見ているだけでは、この現象は、あるいはマジックにしか思えない。

もう一度言います。
行くと理解できます。
このモデルハウスの暖房源はほぼ太陽だけです。

今日も外気は4℃なのに、ここの2階は確か24度だった。少し暑い
この建物で一番寒い一階北側の脱衣室でさえ17℃。

人工の暖房設備無しでこの室温。
今こうやって老朽家屋にに帰り、ファンヒーターの前でブログなど書いていると、
今日訪れたあそこは一体何だったのだろう、なんて思ってしまう。

だが、無暖房住宅は隣の天童市に間違いなく建っています。
頭の痛い暖房費が恒久的にタダ。
暖房によるCO2排出ゼロ

こいつはすごい事だ。
関心のある方は一度訪れてみるといいでしょう。
この魔法を体験するにはそれしか手はありません。

社員の皆さんが暖かく迎えてくれますよ。




  1. 2011/03/08(火) 21:10:13|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

風前の・・・

山森山脈、消滅寸前。

CIMG5390.jpg

5週間前↓が嘘のよう。

CIMG5314.jpg

なんて名残り惜しい。




  1. 2011/03/07(月) 20:47:46|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御礼

本日、「創業百周年謝恩祭」三日間の全日程を終了しました。
連日の賑々しいご来駕と、身に余るお引立てを賜り、誠にありがとうございました。
心から御礼申し上げます。





  1. 2011/03/06(日) 22:03:54|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アトムが泣いている

あそこのコンビニ、そこのスーパー、ここのホームセンター。
あちこちの駐車場で見かけるエンジンかけっぱなしの無人の車。
殊に滞在時間の短いコンビニでは3台に1台くらいはそのように見える事もある。

この2011年に、である。

エコロジーはもちろんだが、小生などは「あー!ガソリン代もったいない」なんて思ってしまう。
たしか、アイドリング1分でガソリン消費何ccなんて計算もあったはず。
ご興味のある方は一度お調べ下さい。



ところで今夜の散歩タイムの際、あるスーパーの前を通りかかると・・・

スーパー建物入口のほんとの真ん前にでーんと車が止めてある。
当然そういう場所には駐車禁止の黄色い斜線のペイントがあるのだが。
ちょっとお行儀が悪いので目に付いた。

その車、誰も乗っていないのにライトつけっぱなし。
そしてエンジンもかけっぱなし。

その車は量産車では世界一の、38km/lの燃費を誇る最新型プリウスであった。
オーナー、何のためのハイブリッド車選択だったのだろう。






  1. 2011/03/06(日) 20:22:04|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心配

以下青文字、某ネットニュースから(抜粋。大文字部分は小生)。



「東京スカイツリー」第1展望台が6日、初めて報道陣に公開された。
地上345mの展望フロアは東京タワーを超える。

【最速レポ】地上345m!スカイツリー展望台に初潜入

3月1日、ついに600mを越え、自立式電波塔として世界一の高さになった「東京スカイツリー(R)」。
3月6日(日)に報道向けの「第一展望台撮影会」が開催され、記者も取材に潜入




「公開」されたんなら「潜入」んねべ。大丈夫か?



ついでに・・・
この所台頭している「目線」
おれ、そんな言葉学校で習ったおぼえない。悪童、国語の時間に居眠りしていたか。



もうひとつ。
テレビで頻繁に使われる表現。涙ぐんでいる程度でも「号泣」の字幕。
大丈夫か?


ダメだ!気になる!




  1. 2011/03/06(日) 17:49:21|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンク

来月からの初体験、町会長職。
演奏会の準備。
総会の準備。
仕事。
○の事。
□□の事。
△の△△の事。

私のCPUの同時処理能力は精々命題二つまで。
懸案七つ。
充分パンク。




  1. 2011/03/05(土) 22:57:20|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感激

「創業百周年謝恩祭」初日の今日、午前。
「百周年おめでとうございます」と、お世話になっている親しい男性がご来店。

CIMG5388.jpg

こんな素晴らしい花を頂いた。
全く思いがけない、有難いお気持ちであった。

お祝いを頂くなんて。ただただ感激。
ありがとうございました。
文字通り有難い(あり・がたい=滅多にない)事です。

この花はお持ち下さった社長さんはじめ、社員の皆様からだとのこと。
皆様、ありがとうございました。
おととしの改装オープンの時といい、実に細やかなお心遣い。

まいりました。
忘れません。




  1. 2011/03/04(金) 21:25:59|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここの歴史