呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

大渋滞(本編)

きのうは私だけ休みをもらい、世田谷まで次女を迎えに行ってきた。
GW帰省である。
別にバカ親だから行ったわけではない。
楽器他、荷物が多いのでやむを得ず迎えに行ったのだ。
決して、神に誓ってバカ親だから迎えに行ったのではない。


と、思いっきり強調して書き始めます。


出発は朝5時半。
いつもなら10時~10時半には到着する旅程だが、きのうはある目的があり、ずっとスロー走行。
それでも確か10時頃には浦和料金所を過ぎた。これなら楽勝で11時前には着くだろう。

だが首都高に入ると事故のため大渋滞。
わずかな距離を進むのに1時間以上も費やした。
渋滞の頭にたどり着くと、乗用車4台の玉突き事故。

CIMG5513.jpg

ばかやろ!

ところで、首都高上での写真 ↓

CIMG5511.jpg

わずか36リットルのガソリンタンクのミラ。
400キロ近く走ってゲージはまだ半分。すごい!

しかし、アパートに着くと正午近い。たかが世田谷に行くのに6時間以上!





気を取り直し、娘と昼食を摂ったり用事を済ませたりして、午後2時過ぎ出発。
ゴールデンウイーク初日の東北道下り、しかも大震災の後だ。
渋滞は覚悟していた。

皆様ご存知NEXCO東日本の渋滞予想サイトでは、なぜか意図的に東北道・磐越道・常磐道の予報を発表していない。
だから、「渋滞はあるだろうけど、なるべく軽く済みますように」と祈るしかなかった。

最初の70kmはそれでも順調に進んだ。
しかし、埼玉県が終わるあたりから福島飯坂ICまでの2百数十キロは
ずーーーーーーーーーーーーーーっと断続的渋滞。

世田谷を2時過ぎに出れば、いつもなら7時前には家に着く。
きのうの帰宅は午後10時であった。

400kmちょっと走るのに8時間弱。
5時間を過ぎた頃から体が苦しくなり、目はますます霞んできた。
まいりました。

しょうがない。しかし、悟りを開いて臨んでも一日14時間運転はきつい。
皆様、どうぞ快適で安全なGWをお過ごし下さい。




  1. 2011/04/30(土) 16:47:44|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大渋滞(序)

東京日帰り往復818km。
運転時間14時間。
とにかく疲れた。
今日は寝ます。
おやすみなさい。
  1. 2011/04/29(金) 23:43:06|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1971製CB750Four

そんな事を思い出した美しいバイクとはこれだ。


CIMG5492.jpg


CIMG5493.jpg


CIMG5494.jpg


CIMG5496.jpg


CIMG5497.jpg


CIMG5498.jpg


1977年春から原付で始まり、1999年になってやっと大型免許を取得するまでの22年間。
CB750はずっと憧れのシンボルだった。

そして夢の塊でもあった。
自分の人生もスタートしたばかりだったからなあ。
若いということはそれだけで素晴らしい事だ。





だが、50おやじもそれなりに頑張り楽しむのだ。
まだまだ行くぞ!



  1. 2011/04/27(水) 12:18:47|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

箱根の思ひ出

あるモータースさんに伺った際、往年の名車CB750Fourが整備を受けているのを見て、なぜかだしぬけに遠い記憶が甦った。



18歳でバイクに乗り始めた私は、まさにその年、たった一年だけだが三島に住んでいた。
ご存知の通り、三島は天下の嶮箱根八里を越してすぐの街だ。

箱根と言えばバイク乗りにとってはサンクチュアリ(聖地)である。
サンクチュアリの麓に住んでいたのだ。
バイク人生スタートの年になんという幸運。

泣く泣くたった一年で三島を去らねばならなかったがしかし、次の3年間は東京。
幸い、箱根は充分日帰りツーリングの範囲内だ。

その4年間、無数のカーブを持つ美しい箱根を何回走ったことか。
ゆうに100往復以上したんじゃないかな。
さすがに冬はきついが、春・夏・秋を通して美しい。
碧(みどり)滴(したた)る急峻な山々も、紺碧(こんぺき)の芦ノ湖も、若い私を魅了した。

また、箱根を越すルートは国道1号ばかりでなく、旧1号・箱根新道・ターンパイクと、豊富に選べるというのも他に類を見ない。
神奈川から静岡に抜けるという目的であれば、上記ルートだけでなく、芦ノ湖の北側にはなるが国道246号や東名高速もある。
今思い返せばウハウハ状態じゃないか。





二十歳かそこらの天気の良いある日、後ろにおねえちゃんを乗せていたかどうか、それは記憶に無いが、私は芦ノ湖畔の箱根神社近辺を走っていた。

と、無謀かつ万年金欠の私には珍しくないガス欠発生。
やれやれ、ガソリンスタンドまでどれくらいあるのか、後ろにおねえちゃんを乗せたまま(かどうだったか記憶は無いが)例によってバイクを押し始めた。

当時乗っていたのは現在のようなでかく重いバイクではなかったし、体力もあったし、
「ガソリン切れたらスタンドまで押せばいいや」と常に思っていたし、大抵はそれで間に合っていた。
だがさすがに箱根、その日は押しても押してもスタンドが無い。

すると、一旦通り過ぎて行った車がなぜか戻ってきて、男性ドライバーが降り立った。
齢の頃は30代後半からせいぜい40歳くらいのおじさんだった。
今の自分よりずっと若いのだが、当時の私にとって彼は十分「おじさん」だった。

「ガソリン買って来てやろうか?」
「ありがとうございます。助かります」
「だがガソリン代はもらうからな。ガス欠は自分の不注意。甘えられちゃ困るからね」
「はい、ガソリン代くらいはなんとか持ってます。よろしくお願いします」

しばらくすると彼は、スタンドが貸してくれたのであろう携行タンクにガソリンを持って来てくれた。
「ガソリン代は○○円、タンクの保証金が○○円だ。ここから進んで最初のスタンドだ。そこにこのタンクを返せば保証金を返してくれる」

「ありがとうございます。本当に助かりました」
お金を渡しながら礼を言うと、
「おれも若い頃、バイクで君と同じように助けてもらった事がある。だから助けたんだ。じゃあな」





決して「だから」というわけでなく、その後の人生、バイクであれ車であれ、あるいは自転車・歩行者であろうと、路上であるとないとにかかわらず、トラブルに見舞われている人を見つけたら必ず助けることにしている。
まあ、特に男性であればそういう人は多いであろうが。
困った時はお互い様だからね。




なぜか40年前に生産された美しいバイクを見た瞬間、そんな事を思い出してしまった。




  1. 2011/04/26(火) 20:58:40|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4連チャン

おとといはダチたちとの会。
きのうは公民館役員の懇親会。
今夜は楽団の花見兼新年度決起大会兼新入団員歓迎会。
明日は隣組の花見。

どれも欠席するわけにはいかないが、老骨に4連チャンはちときつい。
ということで残念ながら、且つ非常に珍しく、今夜は一次会帰り。
9時ちょいには帰宅してしまった。

それにしても幸せな事である。それを噛みしめなければ。




  1. 2011/04/24(日) 21:48:58|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

末広町公民館管理委員会

毎度面白くない(であろう)記事、すいません。



だった。今夜。
末広町の4つの町会の長は自動的に末広町公民館の

①管理委員会
②運営委員会
③町内各団体代表者会

のメンバーにならなければならないのである。
で、今夜は第1回の管理委員会。顔合わせである。
予め公民館総会にも出席し、今年度役員の方々を頭に入れておいたので驚かなかったが、
やはり自分が最年少であった。
最下っ端、終始おとなしく先輩方の話を聞いていた。

会議は終わり、初回なので懇親会となる。
まんじりともせず、やや辛い時間になるかも、と予想していたが、
狭い地元、お名前とお顔が一致する先輩方や、道ですれ違えばいつも挨拶申し上げる先輩方も多く、
また思いがけず多くの先輩方から優しくお声掛け頂き、快適に過ごさせて頂いた。

有難い。
これならこの一年、末尾に付いていけるかもしれない。
皆様、青二才をどうぞよろしくご指導下さい。




  1. 2011/04/23(土) 21:59:45|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GWの営業のおしらせ

あれよあれよという間に来週からGWが始まりますね。
皆様も様々ご予定を立てられているのではないでしょうか。
当店のGW中の営業ご案内です。


4月29日(金)昭和の日   営業時間10:00~17:00
  30日(土)            〃
5月1日(日)          定休日
   2日(月)           営業時間9:30~18:30
   3日(火)憲法記念日  春休み
   4日(水)みどりの日    〃
   5日(木)こどもの日    〃


以上です。ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。



  1. 2011/04/23(土) 16:54:46|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抜けた

ええと、明日土曜は朝9時半から中央公民館で寒河江市衛生組合長総会、その終了後に同所で寒河江市廃棄物等減量促進員委嘱式

町内会役員会の方々にも各団体から押し付けられた様々なお役目をお願いしている。
自分は上記の二役を請け負った。

明日のために念のため頂いた案内文書を確認しよう。
えーと・・・
町会長ファイルを開く。
あ、あった。

ガビーン!

その二つの会合は今朝終わっていた。

なんてこった!

一日間違って記憶していたのだ。
抜けた。

あーららっと。しーらないっと。




  1. 2011/04/22(金) 20:39:18|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前輪ビフォー・アフター

CIMG5451.jpg

CIMG5491.jpg




  1. 2011/04/22(金) 17:21:44|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辛い話

店に来られた方から気になる話を聞いた。

「いやー、自粛ムードが蔓延し、寒河江の景気も沈んでますね。」
「そうですねー。自粛はほどほどにして、被災地の周りの我々が元気にならないと、
間接的な復興支援もうまくいかないんじゃないでしょうかねー」
という、最近お定まりの会話。

「そういえば最近こんな話を聞きました。寒河江にもにも多くの避難者の方々がいらしゃるわけですが、ある方が
(炊き出しを受けている身の避難者が、夜になると市内の飲み屋で酒を飲んでいる。そりゃあないだろ)
なんて言ってましたねー。」





辛い気分になった。人間は難しい。

だが、被災していない幸せな我々は普通に時々飲みに出かけるでしょ。
何の罪悪感も伴わずに。

避難されている方が避難先の見知らぬ街で、我々と同じように身銭を切って酒をのみに出かけてはいけないだろうか。
私はなかなかそうは思えないんだが。

皆さんはいかがですか?





  1. 2011/04/21(木) 23:36:51|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記念写真

長女は満20歳と9カ月。
寒河江市で催してくれる成人式はこの夏。
なので夏の成人式用衣裳(うすもの)は既に準備した事は書いた。

しかし、はたちの記念写真は袷(あわせ)の衣裳であろう。
なので式本番の「うすもの」とはまた別に衣裳を調えた事も書いた。

地震の影響で新学期開始が延び家にいる長女、先月に予定していた袷振袖を着ての記念写真撮影、今日行った。
これだ ↓

CIMG5475 - コピー

CIMG5481 - コピー

本人の希望で顔は抜いた。勢い余ってばあさんの顔まで抜いてしまった。

もちろんプロのスタジオに行っても撮ってもらった。
はたちの記念写真は見合い写真にも使えるかもしれないからね。
仕上がりは2週間後とのこと。

今回は本人の希望も入れながら、振袖、袋帯、長襦袢、帯〆、帯揚げ、重ね衿、草履、バッグ、品質は固より色柄のコーディネイト、呉服業30年の持てるノウハウをすべて注ぎ込んだ。(衣裳の中身はお粗末だけどね)


しかし・・・

CIMG5483.jpg

CIMG5477.jpg

プロの着付けをご覧下さい。
超絶技巧である。恐れ入りました。
お願いして良かった。
また、袋帯に芯を入れないで仕立てて正解だった。





二年後、もう一人いるんだよなあ。




  1. 2011/04/21(木) 21:51:31|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もったいない

町会長の仕事、我が町会の規約を見ると、「市などからの文書の配布・回覧」も重要な仕事の一つとして挙げられている。
配布と回覧、既に一つ二つ済ませたが、今日はどっと来た。↓

CIMG5470.jpg

CIMG5471.jpg

70戸分の配布文書8種、回覧1種。すごい量ですね。
期首だし、選挙は近いし、今回は特別多いのだが、月二回の寒河江市報の発行に合わせて、少なくとも年に24回はこういうのを班長さん宅(我が町会は6班)に分配して回る事になる。

ま、町会長の重要な仕事の一つだからそれはいいのだが・・・

CIMG5472.jpg

↑今日来た文書が入っていた封筒6枚。

CIMG5473.jpg

↑それぞれの文書のトップに乗せられていた、市長名の「配布or回覧お願いします」の依頼文書などで9枚。



寒河江市には206の町会があるという。ということは・・・

今回一回の配布用に、全市でA4用封筒とA4依頼文書はそれぞれ一千数百枚。
この封筒とA4の紙、一年分なら万単位になるのでは?
おれなら、封筒は少し大きめのやつにしてひと袋にすべてぶち込むな。
また、同じ市長名の配布依頼文書なら、A4一枚に一覧にしてすべてまとめるな。

うーん、もったいない!








  1. 2011/04/20(水) 22:10:56|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客様の力作

過去何度か風呂敷をお買い上げ下さったお客様がまたそれを買いにお越し下さった。

「私、これで小さなきものを作るんですよ」
「えーっ!それは素晴らしい。機会があったら是非拝見したいものです」
「わかりました。差し上げます。持ってきます」
「いやいや、買って頂いたものを頂いてしまっては申し訳ありませんからお貸し下さい」
「わかりました」
「ありがとうございます。その際は風呂敷売場に飾らせて頂きます」

一、二時間後、お客様は再びおいでになった。

CIMG5465.jpg

CIMG5466.jpg

どうです?素晴らしいでしょ?
野郎はどうしても殺伐としてきますが、女性は年齢に拘わらず潤いがある。
素晴らしい。

「作っている間はとても楽しく、出来上がると嬉しくてしょうがないんです」
とのこと。そうでしょうね。

当分飾らせて頂きます。本当にありがとうございました。

ちなみにお客様が作られたミニチュアきもの、元はこんな状態でした。↓

CIMG5469.jpg

レーヨン製、一枚1,050円です。あなたも挑戦してみませんか?




  1. 2011/04/20(水) 21:46:05|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

支援物資

箱根の向こう、静岡県三島市から我が家へ支援物資が送られてきた。

CIMG5464.jpg

携帯ラジオ、懐中電灯とそれ用の電池。
今どきこれらは宝石より貴重な品々である。
生涯のダチから送られてきた。
奥様の心温まる手紙まで添えられて。

テレビでは毎日毎日朝から晩まで「頑張ろう日本」とか「一人じゃない」などといった文句が繰り返させているが、まさにそれだ。
ダチは余分なラジオや懐中電灯を送ったのではないのだ。
自分やご家族に必要なものを送ってくれたのだ。

なんてこった!
といって、あまりに申し訳ないからといって、ダチの厚意を送り返す事など出来ない。
有難く頂戴する事にする。
実は本当に助かった。

元はと言えば数日前、実に軽い気持ちで打った「お前んとこではラジオや懐中電灯や乾電池買えるか?こっちはどこへ行っても何日経っても全然ダメだよ」という私のメールが発端なのだ。

実はなんとなんと、三島で生まれ育った彼の夫人は寒河江のご出身なのである。
なんというご縁の妙。
しかしおれんちはともかく、奥さんのご実家ではその品々は大丈夫なのか?

なんというご夫婦。
ただただ頭が下がる。

おれは彼に相応しい友だろうか。




  1. 2011/04/19(火) 21:51:20|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総会

町会長絡みの、ではない。
昨夜、楽団の総会であった。
三月中に催すべき所、震災の影響が及んだのである。

副団長兼事務局ということで、昨夜に向けて日々雑事に追われる中で時間を拾い、資料作成はじめ準備を頑張った。

役目最後のお手伝い、うまくいったかどうか。少しでも役に立てたら本望である。

新年度は重職を降りさせて頂き、町会長職他に備える。
年をとっても、いつまで経っても、人生を過ごすのはなかなか大変である。

しかし、「大変だ」と言って泡食ってる内が幸せで華(はな)なんだろうな、きっと。
皆さんはいかがお過ごしですか?



  1. 2011/04/19(火) 21:24:23|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉眼

という事で無事用向きを足し、アパートの近くにある長女の通う大学の様子も確かめ帰途に就く。
帰りは48号ではなく、泉インターから東北道に入り、北部道路、東部道路、南部道路、また東北道、山形道というルートを辿る。

各道路の損傷もひどいものだったが、東部道路を通過中に見た光景。
なんとも言えない、生まれて初めて見る光景。
東部道路の東側(海側)、見渡す限り津波にのまれている。
なんとも言えない。

場所によっては盛土の上を走る東部道路の西側(内陸側)にまで津波の痕跡が及んでいる。
なんという事だ。
クマさんの気持ちがよくわかった。

興味本位で被災地沿岸部に立入る車が後を絶たない事が問題になっているらしい。
厳しくいえば、帰り道にまた48号を選ばなかった私もそれに近い一人かもしれない。
なので、下の道には降りず、交通の流れに従って止まらずに東部道路のみを走った事をせめてもの言い訳とする。

斯くなる上は、一日も早い復旧復興を祈り、できる限りの協力をするしかない。
神よ仏よ守り給え。




  1. 2011/04/17(日) 22:42:19|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絶対負けない

ということでアパートの部屋に入ろうとすると、ドアの取っ手に大きなビニール袋がぶら下がっている。
なんだ?新電話帳か?あるいはどなたか知人からの差し入れか?
開けてみると

CIMG5462.jpg

カセットガスレンジとガスカートリッジが大家さんの丁寧な手紙と共に入っていた。

「地震以来ご不便をおかけして申し訳ありません。ガスの復旧までせめてこれをお使い下さい。
○○○号室の○○さんの所に予備も置かせてもらっています。足りない時は彼にもらって下さい。
また、5月分の家賃お振込の際は、ご不便をおかけしておりますので○万円差し引いて送って下さい。」

なんと見上げた大家さんであろう。
この度のライフラインの寸断は大家さんのせいではないのに。
地震も忘れられないが、大家さんのこのお心遣いも当分忘れられないと思う。
思わず御礼の電話を差し上げた。
今日頂いたセットはだいぶ前に配布して下さったもののようだ。

大震災にも原発事故にも参ったが、人様の心にこそ救われる。
こういう事が全国のあちこちで積み重なる限り、日本はどんな困難にも絶対負けない。





  1. 2011/04/17(日) 22:13:03|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラヴォー!神業

三週間前だかの日曜、ガソリンの心配が無くなり、大震災後初めて仙台の長女のアパートを見に行った事は書いた。
鉄骨造の建物は入居を続けることに全く問題はなく、その時点で電気・水道もとうに復旧していたが、都市ガスだけはだめだった。

その後毎日のように仙台市ガス局のホームページを見、大震災から1カ月以上経ったきのうおとといあたりにアパートのあるブロックの復旧を知り、開栓立会いの不在票を確認に行ったのである。

やはり不在票はあり、その場でガス局に電話して立会日時を決める事が出来た。

500名の仙台市ガス局の職員の皆さん、そして全国各地のガス会社から参集された2700名、末期には3200名もの復旧隊の皆さんの大奮闘のおかげである。

未曾有の甚大な被害から5週間、大仙台市の数十万戸の都市ガスを復旧したスピード、私は神業と思う。
ご苦労様でした。そしてありがとうございました。

5月7日から始まる長女の新学期に間に合った。





  1. 2011/04/17(日) 21:29:08|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅花

久々の「喰う」カテ。

お金がかからないので仙台に行く時には大抵通る国道48号関山街道。
東根市高崎小学校を過ぎ、しばらく走るととうとう人家が途切れる。

すると間もなく山の中にポツンと名所大滝(白糸の滝)と大滝ドライブインがある。
それも過ぎると間もなく ↓

CIMG5460.jpg

「紅花食堂」がやはり山の中にポツンとある。
この街道沿いにはとうの昔に廃墟となったドライブインが少なからずある。
そんな中でここだけは通る度に客の車がたくさん止まっているのが見える。

ずーーーーーーーーっと昔から「いつか入ってみよう」と思いながら今日まで来てしまった。
今日は仙台に行くのに、昼飯時に合わせてここを狙ってきたのだ。

私が注文したのは醤油ラーメン並盛550円。

CIMG5457.jpg

またまた意地汚く箸を付けてからの写真。失礼。
大の男は絶対足りない盛り。だがなかなかイケる。太い縮れ麺。

そしてもう一つ。

CIMG5458.jpg

ミニチャーシュー丼350円。
これは好み。旨い。

この二つで腹9分目となった。
飯時でもあり、ほぼ満席。
数あるラーメン類の他にも唐揚定食やモツ煮定食など、メニューは豊富のよう。
まだの方、入ってはずれは無いと思われます。
是非どうぞ。




  1. 2011/04/17(日) 21:14:06|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不思議

来たる5月29日(日)「呉服の日」(関係無いか)、山形テルサのテルサホールで
あの超一流吹奏楽団、東京佼成ウインド・オーケストラの演奏会があります。

東京佼成

何でも山形テルサ10周年記念事業という事です。

ご覧の通り、指揮は山下一史先生、ソリストは須川展也先生。
吹奏楽ファン垂涎の演奏会ですね。

今頃チケットを買いに行ってきたんですが・・・

意外や意外!

結構空席がありました。
なんでだろう?ここにも大震災の影響があるのかな?

吹奏楽ファンの皆さん、音楽好きの皆さん、是非行きましょう。
ボックス席4500円、一般席3500円と、リーズナブルな入場料です。
まだまだいい席がありましたよ。

佼成サウンドの法悦、楽しみです。須川先生も大好き。




  1. 2011/04/16(土) 21:02:51|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災地の隣で⑫

備忘写真。



大震災翌日、夜7時過ぎ。自宅茶の間にて。

NEC_0117 - コ


手前から、翌日朝刊・夕刊・翌々日朝刊。
死者・行方不明者はその数十倍となった。

NEC_0118.jpg


放射線の初知識。3月16日のテレビ放送から。

NEC_0119 - コピー


4月1日。東北道の福島か栃木のSAかPAにて。

NEC_0122.jpg

写真ではぱっとしないが、結構な段差だった。





  1. 2011/04/15(金) 22:37:52|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休み

別に飲み会だから書けないというわけでもなく、
今日は書きたい事が見当たらない。

ま、こんな日もあるか。
休みます。
おやすみなさい。

皆さんにとってよりよい明日が訪れますように。





  1. 2011/04/14(木) 22:05:46|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5週間ぶりの演奏

自分としては3月6日以来、ちょうど5週間ぶりの練習。
3月は地震以後の練習中止。
早いメンバーは4月3日には練習を再開していたが、私は町会長絡みの会合のため参加する事ができなかった。
その次の練習日はというと、皆の練習を休止して総会準備の三役会議だったし。

案の定、ピストンがやや固まっていたのでオイルをさす。
この5週間というもの、全く楽器を吹いていなかったのだ。
入団して4年近く経つが、その間10日と吹かない日が続いた事は無かった。

その理由。
地震の影響で練習が休みになったり、用事で行けなかったり、ばかりではない。
どうしても吹く気になれなかったのだ。
52年の人生で、この大震災ほど心を沈ませる出来事は無かった。

だが、なんとか今夜から吹く事が出来た。

5週間ぶりで「スッ」と演奏する事が出来るのか。
なんとか出来た。
安心した。
楽しい。





  1. 2011/04/13(水) 22:50:52|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町会長委嘱式

並びに町会長連合会総会。
午後1時半から中央公民館ホールにて。

CIMG5456.jpg

Oh! my God!  平日の真っ昼間の開催。うーん・・・信じられん。



そして会合の真っ最中にも結構な余震が。



200余人の町会長さんの内、170名のご出席とか。
また、総勢の内、新任者が51%とか。

しかしこのホール、こないだの防犯協会総会でも訪れたが、懐かしい。
小学マーチングの東北大会出場激励会を、ここで3年連続で催した。(その後の事は知らないが)

この写真の下がステージになっているのだが、ラッパおやじお母さんバンドで激励演奏をしたりしたっけなあ。




こうやってボーっと、何事も無く、一年が過ぎていくといいなあ。
そう簡単にはいかねえかなあ。

(「あいだみつを」みたい?)





  1. 2011/04/12(火) 22:49:49|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災地の隣で⑪

備忘乱れ書き。

寒河江に住んでいても毎日のように体に感じる余震が続いている。
今夕も福島を震源とした大きな地震で当地も震度4、山形市あたりは5を記録したそうだ。
それから4時間、分刻みのように中・小の地震が続いている。

ひどいものだ。こんなの初めてだ。
必死の努力で復旧し始めた、新幹線を初めととする鉄道、高速を始めとする道路。
大きな余震が来る度に一時運行休止や通行止めが繰り返される。
まるで地球が我々人間を嘲笑っているかのようだ。



きのう、仕事で宮城沿岸に行ってきたクマさんが今日店に寄ってくれた。
多賀城(仙台市のすぐ北)ばかりかと思ったら、亘理(わたり:仙台市の南)にも行ってきたらしい。
彼が肉眼だ見てきた光景をパソコンで見せてもらう。

ひどいものだった。
日頃沈着冷静で豪胆な彼でさえ、今日は少し茫然としているように見えた。
あるいは少し憔悴しているようにも。

さもありなん。
テレビや新聞で見る映像画像と、肉眼に飛び込んでくる光景。
全然違うであろう。

二日にわたる停電に始まり、ガソリン・灯油、その他生活物資に2~3週間不自由した我々も苦しかったが、
震災からちょうど1カ月経った今日に至るも買えないものがあるが、

隣県はレベルが違うのだ。

我々は幸せという他ない。

「原発その他、我々日本人は根底から色々な事を考え直さなければならないのではないか」

肉眼で被災地を見てきた彼の言葉には非常な説得力があった。





  1. 2011/04/11(月) 21:37:21|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

都知事選所感

石原さんが大差で勝利。
僭越ながら、東京都知事選は相当部分(各候補の得票順位とその差)、小生の予想通りの結果となった。
(どなたでも見え見えだったかな?)

東国原氏、渡辺美樹氏、機を観る事(風を読む事)と自己分析、失礼ながら「敏」とは言えないのではないか。
物事をよーーーーーーーーく考え、もっとご自分を見つめられてはいかがだったか。
(ま、候補によっては「今後」につなげる事ももちろん考えに入ってるんだろうけど)




なんちゃって。素人が大変失礼しました。





追記

都知事選敗戦の弁。
東国原氏は誠にまともなコメントだったが、渡邊美樹氏には驚いた。

「都民が現状維持を選んだ」「大震災がマイナス要因だった」

失礼ながらご自分の敗戦はすべて「人のせい」とも聞こえる。
二つともご自分に返ってくる言葉なんだがなあ。






  1. 2011/04/10(日) 21:33:04|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

替え時

そろそろバイクシーズン到来。

1999年9月に新車で買った愛馬、ホンダCB1300SUPER FOUR。
2年前に、ツルツルになった後輪を初めて替えた事は書いた。
後輪1本で、工賃他一切込みで3万円近かったのだ。

だからタイヤは前後とも同じ古さにもかかわらず、後輪だけで我慢した。

現在の前輪 ↓

CIMG5451.jpg

センタースリットのブリッジが現れるにはもう少しあるが、サイドのスリップサインは丸見えである。
それよりも12年近い経年による劣化・硬化の方が問題かもね。

もはや替え時、年貢の納め時、見積りを依頼した。
ナマンダブナマンダブ。



  1. 2011/04/10(日) 20:35:04|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

納骨

アホ犬「いわき号」がくたばってから今日が106日目。

106日には何の意味も無く、雪が解けたから、地震から1カ月経って少し落ち着いたから、定休日だから、
という訳で今日納骨。

今まで茶の間のテレビの横に骨箱を置いていたのだ。

CIMG5449.jpg

やつの小屋が長年置かれていた所に埋めた。
我が家の南庭園だ。

南庭園に昔から転がっていた、福禄寿の頭のような長さ40センチ、直径15センチくらいな自然石があったので、3分の1くらい頭を出してそれを墓石とした。

安らかに眠れ。いわき。



  1. 2011/04/10(日) 20:26:54|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑草の季節

大雪の冬が終わり、やっと庭の雪が無くなったかと思えば即雑草の季節。
ホームセンターでお気に入りの除草剤をしこたま買い込み、
・・・・・・・・
家に戻るのではなく、そのまま山形市内の妻の実家へ。

お節介なのである。
頼まれたわけでもないのに押しかける。

除草剤を希釈し如雨露で18杯。
屋敷すべての必要な場所に散布。

ふっふっふ、ざまあみろ。
半月後、3週間後が楽しみである。





  1. 2011/04/10(日) 20:18:25|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総会2連発

町会長、四月は総会初め会合の嵐。
今日の一発目。
文化センター中公ホールにて、午後1時半から
寒河江地区防犯協会総会
この会は昨年発足したばかりとか。

夜は
末広町公民館並びに末広町自治会総会
午後7時から末広町公民館にて。

2連発の一日だったが、今日は自分はお客さんサイド。
ご担当の方々、大変ご苦労様でございました。




  1. 2011/04/09(土) 20:45:13|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ここの歴史