呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

真贋とカロリー

いやー今日は暑かったですね。このあたりは32℃まで上がったとか。
こういう日は仕事上がりの冷えたビールが最高のご馳走ですね。

ところで我が家はここ数年、ビールの事を「本物」、ビールそっくりの発泡酒や雑酒を「偽物」と呼んでいます。
「本物」には「頂きもの」でしかなかなかありつけない。

更に私はメタボが気になる年頃。
暑い季節を迎えてからはこんなのを飲んでいます。

CIMG5646.jpg

「本物」より圧倒的に安いし、なんといってもカロリーが ↓

CIMG5647.jpg




それに比べ「本物」はというと ↓

CIMG5648.jpg

CIMG5649.jpg



ひええ倍以上ーーーーーー!!!

仮に1リットル飲めば、その差なんと230kcal(ご飯どんぶり一杯分に相当)!

それもだけど、デブ用偽ビールに馴染んでしまうと、本物を「濃すぎる」と感じるようになってしまったんです。

皆さんのご愛飲銘柄は何ですか?






  1. 2011/06/29(水) 22:01:44|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

礼儀

以前から気になっていた事をひとつ。




Aという人が大きな困難に見舞われた。
で、Bという知人に助けを求めてきた。

BはAの困難を理解し、彼の困難を解決するには自分ではどうしようもないと判断。
Bは知人Cに「Aを助けてくれないか」と相談を持ちかけた。
CはAを助けるのに適した特殊技能を持っているからだ。

Bの話を受けたCは了承し、直接の知人ではないAの救助を全力で始めた。
更にCは、Aの救助の質を高めるため、自分の知人のDやEにも救助の手助けを求めた。

EもDも「Cの頼みとあらば」と快く協力を申し出、見知らぬAのために動いた。
救援の際、C、D、Eは直接Aと顔を合わせたりもした。

困った時はお互い様だ。当然のことだ。





しばらくの時間が流れ、周囲の救助の甲斐もあり、Aは幸い最悪の困難期を脱し、B、C、D、Eの元を去った。
きっとAは、Bに、あるいはCにまでは礼を申し述べて去ったに違いない。

しかし、AはDとEには何も言わずに去った。




皆さんがもしもAだったらどうなさいますか?

おれなら・・・


おれがAなら、D、Eにも電話一本でもはがき一枚でもいいから礼を言うな。
D、Eの名前も住所も知らなくても、AはBやCに尋ねればたやすくそれはわかるはず。
礼を言わなくては気持ち悪くてしょうがない。





だがこの話、Aが助かりさえすればそれでいいのだ。
それがすべてだ。






  1. 2011/06/29(水) 21:31:06|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節電(前哨戦)

今年は国を挙げて節電の夏。
我が家・わが社は元々節約は意識していたが、大震災以降は更に頭を切り替えた。
真剣に取り組むと結構改善点は見つかるものだ。

10日以上も前に来た「電気使用量」ですが以下に。

CIMG5645.jpg


まずは店舗の「従量電灯C」から

今月分(5/17~6/14) 291kwh
昨年同期         361kwh

でした。(ちなみに前月分(4/14~5/16)は 336kwh)
19.4%減。




次に自宅「従量電灯B」は ↓

今月分(5/17~6/14) 230kwh
昨年同期         324kwh

でした。(ちなみに前月は438kwh)
29%減。



自宅は「特に大成功」と言いたいところだが、昨年の同時期は次女が家にいた。
家族が一人減っての29%減であるから、それも考慮に入れないとね。

ま、いずれにしてもやれば結構できる。それも生活や営業にさほどの支障を来さずに。
今後、電力事情が好転してもずっとこの精神で行こうじゃないか。
それが当たり前だったんだ。

皆さんのご家庭や会社ではいかがですか?
成果や知恵をどうか教えて下さい。




  1. 2011/06/28(火) 13:35:45|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

同窓会

CIMG5644.jpg


うーむ・・・

お仲間、どなたか行かれますか?





  1. 2011/06/27(月) 19:11:06|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらんぼ最盛期

きのうの定休日、もぎ方としては第3回目のお手伝い。
その前にハウスビニール掛けと摘果のお手伝いもやったので、9年のお手伝い史上、今年は最も本格的な年かも。

季節は進み、巨大農園のさくらんぼは赤く、大きく、甘く、それはそれは見事なものになってきた。
もぐのにも張り合い・喜びが全然違う。
先週は若干つらかったが、きのうは体調バッチリ。


石、まだ出てないのかなあ。



  1. 2011/06/27(月) 10:29:09|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

将門(まさかど)!

30数年前のNHK大河ドラマ「風と雲と虹と」。
NHKDVDで全13巻。

dvd.jpg

一巻に4話(一話45分)入ってるので全52話。
先月からレンタル屋さんで借り始め、とうとう48話(第12巻)まで見終わった。
残すはいよいよあと1枚(4話:3時間)のみである。

目安として毎週2巻(8話:6時間)ずつ借りた。
という事はこれまで、2カ月足らずで36時間見た事になる。
我ながら好きねー。

いよいよ朝廷への反逆開始。
西の藤原純友はこれからどう出るのか。
ここまでくれば平将門の命ももうそれほど長くない。

テレビも、文庫で買った原作も、とうに記憶が無いので、30数年経ってまた新鮮に楽しめる。
DVD一枚100円。安い!

加藤剛、真野響子、米倉斉加年、太地喜和子、山口崇、緒方拳、吉永小百合、森昌子、佐野浅夫、草刈正雄、小林桂樹、宍戸錠、藤巻潤、西村晃、蟹江敬三、露口茂、小池朝雄、山田康雄、柳生博、吉行和子、木の実ナナ、五十嵐淳子、細川俊之、

みんな大好き!




  1. 2011/06/25(土) 20:51:06|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頼むぜおい!

お前がここ見てくれてるなんて、今日初めて知ったよ。
ありがとよ。

いやいや、ひょんなことから久しぶりにメールして良かった。
でなきゃ、全然知らないままだったぜ。

まったく、誰が見てるかわからん。
高校生、大学生から恩師まで。

でもよ、観てるんならたまにはコメントくれよな。
さびしいんだから。

頼むぜおい。




  1. 2011/06/24(金) 22:09:31|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御快気

お!

CIMG5641 - コピー  CIMG5642.jpg


またまたすごいものを頂いてしまった。

いつも仲良くご夫婦でお越し下さるお得意様。
ご主人様が先ごろ手術を受けられ、この度めでたくご快復。
久しぶりにお越し下さった。

十四代もすごいには違いないけれど、当店にとってはご主人様のお元気なお顔が何よりの宝。
本当におめでとうございました。





  1. 2011/06/23(木) 21:49:00|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特注Tシャツ

小学校や一般のマーチングバンド様、中学校・高校吹奏楽部様、中学・高校体育部様、大人・子供の神輿団体様。
多くの団体様から毎年のようにお揃い名入れ衣裳のご注文を頂いております。

喜ぶべきか恥ずべきか、実はそれらには営業活動の結果による受注は一つもないんであります。
いずれもすべて友人や顧問の先生方のご好意によるもの。

いくらかお役に立てたか自信はさっぱりありませんが、
この10年ほど、自分の子供らがお世話になった各団体様に幾許かのお手伝いを一生懸命させて頂いて本当によかった。
と思うわけであります。

本当にありがたい。この場を借りてご関係のすべての皆様に厚く御礼申し上げます。



さて、そんな中で最新作を一つ紹介させて頂きます。
寒河江市立陵東中学校吹奏楽部様の特注Tシャツです。
保護者会の現役参与様を撮影させて頂きました。
おお、右側には保護者会長さんの奥様も写っている。
現場では部員たちの他、ご熱心な保護者の方々も同じものを着て支援をしていらっしゃいました。

CIMG5634.jpg

レッドのTシャツに特別色のゴールドでプリント。
背中は毎年デザインが変わります。
今年は保護者OBの書家、T氏が書いた「魂」。さすがお上手ですねー。

胸には2009年から定番となった専用ロゴ。↓ これも特別色のゴールドプリント。

CIMG5632.jpg

入魂の一作です。ご注文頂き、誠にありがとうございました。

ん?
ところで参与、腰に黒黒トンボの印伝携帯ケースを付けておられますね。
うーむ、ただ者ではない。



CIMG5637.jpg

CIMG5636.jpg


私も数年前まで同じ立場で何年も通った、市営球場での中体連、野球部への応援演奏支援なのでした。
以前、熱中症で倒れた子もいたっけなあ。

陵東はこの試合も午後の準決勝にも勝ち、翌日には優勝を決めたそうです。
野球部さん、おめでとうございました。
吹奏楽部さん、応援演奏ご苦労様でした。

とんぼ(勝ち虫)が効いたかな?




  1. 2011/06/22(水) 16:24:31|
  2. 商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

扇子

季節商品の扇子を10本ほど仕入れました。

CIMG5638.jpg

お値段は1890円~3150円。
「ブログ見た」とおっしゃって頂ければ消費税分を値引きさせて頂きます。

ほとんどの商品は扇面部分が絹張りで、高級感が漂います。

CIMG5639.jpg




印伝狂いの私の扇子はというと、こんな風にしてます。↓

CIMG5640.jpg



今年は国を挙げて節電の夏。
扇子でその一助になれば幸いです。




  1. 2011/06/22(水) 13:25:17|
  2. 商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

石その後②

きのう、精密検査のため、泌尿器科のある医院に2度目の通院。

予約してあるのでスムーズに進む。
まずは造影剤の点滴が安全かどうか、同剤を1cc注射して15分様子を見る事から。

異常が無いので、回転式レントゲンベッドに横たわり点滴開始。
「造影剤は粘度があるので針が少し太いですからねー」と看護婦さん。
死ぬ。

「ここに呼び出しボタンがありますから、点滴中に万が一気分が悪くなったりしたら呼んで下さいね」
点滴をしているというだけで気が遠くなりそうだ。
こういう時って血圧はどうなってるんだろう。

レントゲン室のベッドで一人、地獄の20分ほどをやっとやり過ごして点滴終了。
次はいよいよ何枚か撮影。

で、終わりだ。あっけない。
少し待って、写真を前に先生から詳しい説明をお聞きする。

「佐藤さん、当たりでした。造影剤によって、先日ただレントゲン写真を撮った時と違い、結石らしい影ばかりでなく尿管も写ってるでしょ。二者の位置がピタリ一致。尿管結石と確定できました」

「で、今後はいかがなるんでしょう?」

「毎日少しずつ落ちて行って膀胱に至り、尿道を通って排泄されます。」

「では、尿管通過中の痛み苦しみは経験もしたし座薬も頂いているのでなんとかなるかと思いますが・・・
その・・・
膀胱から尿道を通って出る時って痛みは無いんでしょうか?」

「ああ、石より尿道の方が太いから大丈夫ですよ」




まずはきのう、こうして病気が確定されて一安心。(というのも変かな。)
さて皆さん、私の石がこの世に生まれてくるのは一体いつになるんでしょう。






もう駄目だ今日は。
特注Tシャツと商品紹介は更に明日に延期します。
ご容赦。

おやすみなさい。




  1. 2011/06/21(火) 22:25:00|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒河江市人口

寒河江市民の皆さんには市報20日号、もう届きましたか。

tuba145.jpg


月に一度市報に載る市の人口を見るのが子供の頃からの楽しみ。
今月は ↓

tuba144.jpg

白岩地区がとうとう、この度初めて3千人を割り込んだ
私が10代の頃は確か5千人の大台を保っていた白岩地区。

昭和20年代までは単独自治体(白岩町)だったし、私が高校生の頃までは山形交通三山線も走り、鉱山の基地としても栄え、今でも町に入ると映画館だったような建物があったり。

その後ずーーーーーーっと一貫して人口は減り続け、この所3千人割れが目前となっていたので注目していたのである。

南北に細長い寒河江市の北半分は山岳地帯。
そのエリアがズバリ白岩地区。山岳地帯の麓に白岩の町があるのは皆様ご存知の通り。

それとは対照的に、完全に町同士がくっついている寒河江・南部・西根・柴橋各地区は、平野である寒河江市南端にかたまっている。
僅かな面積に市の人口の8割、3万4千人が集中しているのだが、ここは人口減少はだ始まっていない。

ではその中間の他地区はというと、高松・醍醐・三泉各地区すべてがいずれもはっきりと減少。
該当地区ではこのままでは各小学校の存続も危ぶまれる。

市全体では数年前に4万4千人近くに達したのをピークに減少に転じてるし、
昨年の国勢調査の速報が先頃あったが、県全体もひどい減少傾向。

特に「町村部」の減少は目を覆わんばかり。5年間で1割超の減!

例えば人口5千人の村は、この趨勢が続けば

2015年  4500人
2020年  4050人
2025年  3645人
2030年  3280人
2035年  2950人
2040年  2660人

30年でほぼ半減だ。それよりもペースは速いかもしれない。これは大変だ。
我々の子や孫の時代にはまったく違う郷土になってしまう。

寒河江市は様々な条件に恵まれ、県内での人口減少率はトップレベルの少なさだが、それでも油断はできない。
周辺の自治体が衰退すれば、わが市にも様々な悪影響を齎すはず。

現にわが郡の河北町はこの度遂に2万人を割り込み、大江町、朝日町、西川町はすべて数千人という人口。
これで自治体として存続できるのか、と思ってしまうほどの減少である。

なんとかならないものか。






  1. 2011/06/21(火) 13:16:50|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の課題

①中学校吹奏楽部様の特注Tシャツ

②石その後(その2)

③商品紹介

明日のアップを自分に課す。今日は無理でした。おやすみなさい。






  1. 2011/06/20(月) 23:55:21|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父の日②

今日になって、仙台と東京で大学生をやっている二人の娘たちから一日遅れの「父の日メール」が来た。

次女から、続いて間もなく長女から。

「ふむ、多分次女が先におれのきのうのブログを見たのであろう。で、(甘えん坊のオヤジ!)という事で長女にも連絡したのだろう」

と推測し、一日そう思っていた。
「まあ、それでもいいじゃないか」と思っていた。




だが、夜になって真実がわかった。
毎晩恒例の散歩中、妻に娘たちからのメールの事を話すと、

「それは私が子供たちを叱ったからよ。感謝は黙っていては絶対伝わらない。例えお金をかけなくてもお父さんに感謝を伝える方法はあるでしょ。何でもいいから形にしなさい って」



それはいつもおれが家族に言っている事だった。
やれやれ、おれたちの子育ては及第点に達しなかったのかなあ。

お父さんたち、きのうの首尾はいかがでしたか?





  1. 2011/06/20(月) 23:49:04|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

血圧その後

健診の場でぶったまげ、即日医者にかかってから今日で18日目。

いやー!
先生の力、医学の力、薬の力とは大したもので、測定値(一日2回測っている)は毎日ぐいぐい下がり、
とうとう今朝の測定値では上も下も正常値の上端に達した。

18日間で上は50、下は20も下がったのである。
もしもあのまま過ごしていたら・・・

遠からずぶっ倒れていたかも。
症状の無い高血圧症とは怖いものだ。

仮に命は取りとめても後遺症が残り、仕事はもちろん大好きな楽器もバイクも飲み会もあきらめなければならなくなったかもしれない。

今後もしばらくは血圧測定や薬の服用、診察は続けなければならないだろうが、まずは喫緊の危機は去った。
神仏やご先祖様のご加護かもしれない。
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。

みなさん、どうか、くどいようですがお体お大事に。
年に一度の受診、そして欠陥が見つかったら迅速にプロの修理を受ける事。
この度はよーく思い知りました。





  1. 2011/06/20(月) 23:43:48|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父の日






      いいもん。







  1. 2011/06/19(日) 21:39:01|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月18日夜

ちょっとしたひと区切り。





  1. 2011/06/19(日) 21:38:27|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらんぼお手伝い

定休日の今日、「もぎ方」としては第二回目。

9:30~17:00。

結構効く。

今夜も熟睡だ。




しかし、日曜だけではあるが、彼の農園のお手伝いをするようになってから今年で早や9年目となる。
ご縁とは不思議なものだ。




  1. 2011/06/19(日) 20:03:14|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小学校出張演奏②

帰ってきた。

300人は大げさだったが、間違いなく200人ほどの児童・保護者の方々、そして山形市に避難しておられる大震災や原発事故からの避難者の皆さんが集まって下さった。

ご家族の急病で出席が危ぶまれた、貴重なアルトサックスさんも無事参加。
欠席者2名のみで済む。

CIMG5621.jpg


なるべく自分も楽しみながら、一生懸命の演奏に努める。
体育館という事で、いつもとは響きが違うのでリズムに苦労。

聴衆の皆さんにはどう聴こえたか、私にはよくわからない。
そして「風の谷のナウシカ」のユーフォソロ、3拍分くらいぶっ壊れてしまった。
ええい、豆腐の角に頭ぶつけて死んじまえ!

聴衆の皆さんにも仲間達にも申し訳ない事をしてしまった。
でも、ドンマイドンマイ。
おれたちアマチュア。完璧だったらプロになってるって。

聞いて下さった方々に少しでも楽しんで頂けたのなら幸い。
本当にどうだったんだろう。
ともかく終わった。




  1. 2011/06/17(金) 23:08:58|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝ミニ合才

これ、印傳屋製ミニ合才です。↓

CIMG5604.jpg

利休色の鹿革に白漆で「爪唐草」模様。
どれくらいミニかというと ↓

CIMG5605.jpg

↑ 左は私が常に使っているスタンダードサイズの合才。
  黒の鹿革に白漆で菖蒲(勝負)の柄。
  どうです?小さいでしょ。

以前から欲しかったので、先日の東京出張時に求めました。
実は、これを入れたかったんですねー ↓

CIMG5608.jpg

CIMG5606.jpg

どんぴしゃり!

頭は空っぽでも、こいつをいつもそばに置いておくと安心。
辞書の方も「印伝電子辞書」にしてみました。

印伝で面白い使い方、変わった使い方をしていらっしゃる方、是非私にもご教授下さい。




  1. 2011/06/17(金) 15:36:37|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小学校出張演奏①

とうとうこの日がやってきた。
昨年からお声が掛かっていた、山形市内のある小学校への出張演奏。

学校と名のつく所への出前は初めて。
今夜7時半開演である。

極小編成のバンドであるからして、大曲は無理。
第1部はわが団得意の(?)マーチ数曲、第2部はポピュラー数曲。

おひねりを頂けるとか。結成以来初めてなんじゃないか?

そして前情報によると・・・

①聴衆は300名様ほどいらっしゃるかもしれない。
 (シンフォニック・アンサンブル時代の第一回定演でさえ確か150人だった)

②「ものすごくうまいバンドがやって来る」という前触れが広がっている。
 Oh! my God!




精々やるしかない。
では、「石」と共に行ってきます。 




  1. 2011/06/17(金) 13:54:22|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結石その後

未明の地獄が嘘のように、きのう一日は格別の事なく過ごしてしまった。
一日を通し仕事が忙しく、医者に行く気にもなれなかったし。

しかし正直言って、実は少々左腹部とその裏側の背中に重苦しさは感じていたのだ。
今朝6時頃から不安は現実となり、苦しさが増した。

専門医院行きを決意。
尿、血液、レントゲンの各検査を受ける。

死んだ方がマシな採血と注射、一体今月に入ってから何回目か。
もう平気になった。

結果は・・・
救急の先生のビンゴ!

左の尿管に直径3~4mmの石が一個発見された。
医学とはすごいものだ。

衝撃波で細かく粉砕しなければならないほどの大きさではなく、といって溶かして小さくしたり消滅させるような薬もこの世にない、とのこと。
尿管を広げる薬を服用して徐々に排泄に導くんだと。

「まあ少しは痛いだろうし、気がかりだろうし、血尿も出たりするけど、どうこうなるような病気じゃないから。心配ないですよ」

「でも先生、ほんとに痛かったんですよきのうは」

「まあそうでしょう。何だかわからない、という不安で痛みは増幅されますからね。でも大丈夫ですよ。次回は念のため、今日のレントゲン映像が間違いなく結石である事を確認するため、造影剤を点滴しながら何枚か写真を取ります」

「あの、宇宙飛行士のようにグルグル回るやつですか?」

「そうです。ご飯食べてきても、血圧の薬飲んできても構いませんよ」

「わかりました。よろしくお願いします(南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏)」





やれやれ、人生の通過点、やむを得ない。
というより、多くの同級生や友人たちは今回の私などよりずっと深刻な病気になったり大手術を経験したりしている。
やっと少し友人たちに近づいたのだろう。



ではもう一度。

皆さんどうぞお体を大切に。

そしてまつ坊さんアドバイスありがとうございました。







  1. 2011/06/16(木) 21:33:12|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尿管結石?

今朝未明2時半頃、腹の左側とその裏側の背中が痛苦しくて目覚めた。
痛さ苦しさは増すばかり。
唸り、体は「くの字」に曲がり、動けない。

病院行きを決意。
深夜(早朝か)の救急車は近所迷惑だし恥ずかしいので妻に載せて行ってもらう。

お世話になったのは公立病院。
真っ暗な受付が明るくなって男性が現れ、救急室に苦労して移動。
既に看護婦さんが待っていてくれた。

ご自宅からであろう。程なく若い男性の先生がいらっしゃる。
さぞかしご迷惑であったろう。申し訳ない。

先生は3mほど離れたまま少々の問診。そしてその距離から私の様子をしばらく眺め、
「尿管結石かもね。流れれば痛みはおさまる」

看護婦さんから痛み止めの注射と座薬を施してもらう。
以上で終わり。
専門医でなければ、専用の医療機器がなければ、それ以上どうしようもないのであろう。

車いすを所望して玄関まで移動。帰宅。
車の中では相変わらず唸り、体を曲げていたが、
床に入ってしばらくすると痛み止めが効いたのであろう。熟睡に入る事が出来た。

その後、石は「流れた」のであろうか。
何事もなく現在(ただいま22:36)に至る。

我が人生2度目。20年ぶりくらいの救急室行きであった。
まいった。一時はどうなる事かと。

年とると色んな事があるんですね。
皆様もお体どうぞお大事に。




  1. 2011/06/15(水) 22:39:32|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

高速道路料金

が、またまた変わりますね。20日(月)午前0時から。



tuba142.jpg



tuba143.jpg



要は

◎罹災・被災者原則無料、東北道・常磐道など中・大型車無料
 これらは復興支援料金制度だ。

そしてこの辺(山形県)の我々一般ドライバーに関わりが大きい部分は

◎休日上限千円制廃止
◎無料化社会実験終了

である。
で、
「平日昼間割引」(3割引)
「深夜割引」(?割引)
「通勤割引」(5割引)
「休日割引」(5割引)
などが復活するわけだ。
「100kmまで」とか「何時から何時まで」とか、条件を覚えるのが難しいが。




以前も書いたが、古今東西「無料」には必ず「つけ」が伴う。
わかりきっているので開始前から私は反対だった。

「子供手当」にしろ、血税をザブザブ使った民主党政権の子供だましの「選挙対策」「人気取り政策」が見え見えである。
立派な先生方の見識を疑ってしまう。

この度の「復興支援高速料金」は別として、
そうねー・・・

私なら・・・

本来の料金(例えば普通乗用車なら寒河江⇒浦和が約8千円、寒河江⇒仙台が約1,600円)を
可能ならば24時間、365日、単純に半額に値下げ固定というのはいかがか。
「タダ」よりはつけはこわくないだろう。

覚えきれないほど複雑な割引制度と、猫の目の様にころころ変わる料金体系はもう勘弁してもらいたい。
そして「無料化社会実験」の結果をまとめて、早く発表してほしい。

皆さんはいかがお考えになりますか?





それにしても、「速く移動する」という大目的を長年果たしてきた高速道路。
この一年、無料化や千円上限のためにやや色褪せていたが、その最も魅力的な能力を再び取り戻すであろう。

お金を払ってもその事実は大歓迎だ。





  1. 2011/06/15(水) 10:31:15|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「おもいでの夏1942」

1942年、15歳の夏、ハーミーは大戦の戦火を逃れてニューイングランド沖合いの美しい島に疎開、友人のオシーとベンジーの3人で退屈な日々を送っていた。

性への好奇心旺盛な年頃の3人はある日、小高い丘にある家の前で、新婚の若夫婦が楽しげに語らっているのを眺めていた。
2人が家の中へ入っていくのを見、オシーとベンジーは少年らしい想像を巡らせて照れ隠しのふざけ合いに興じた。
しかし、ハーミーは美しい新妻の横顔が目に焼きつき、ただ呆然と小さな家を眺めていた。

翌日、桟橋にいたハーミーは、戦場に向かう夫を見送りに来ていた昨日の美しい女を見つけた。

数日後、沢山の買物を抱えて困っている夫人を見たハーミーは、勇気を奮って夫人に近づいた。
彼女の名はドロシーといい、ハーミーは彼女の美しさ・優しさに心ときめき、彼女の質問にトンマな返事をしては後悔した。

ある日ハーミーたちは、ベンジーが家から盗み出してきた医学書に熱中し、重要項目をコピーしてガール・ハントに出かけた。
映画館で女の子3人のグループをうまくハントしたのだが、ベンジーはおじ気づいて逃げ、女の子の1人も帰ってしまった。
結局2対2となり、オシーはミリアムと、ハーミーはアギーと、映画館の暗闇でゴソゴソやりだした。

翌日、ドロシーに家の整理を頼まれたハーミーは、精一杯大人ぶってみたが再びヘマばかり繰り返した。

またある日、ミリアムとアギーを夜の浜辺に誘い出す前に、ドラッグストアに入ったハーミーは、主人にいぶかしがられ、しどろもどろになりながらもようやくゴム製品を手に入れた。
夜、オシーはミリアムを相手に医学書通りに最後まで進んだが、ハーミーはドロシーの事が心から離れず、物想いに耽るばかりだった。

ある夜、ドロシーに招かれたハーミーは彼女の家を訪れた。
ノックに答えはなく、彼は中へ入った。
蓄音機は曲の終わったレコードをいたずらに回し、タバコの煙が立ちのぼり、テーブルの上には電報が置かれていた。
それは夫の戦死の知らせだった。

立ち尽くすハーミーの前に泣きはらしたドロシーが現われて蓄音機に針を落とし、ハーミーを踊りに誘った。
彼は誘われるままに踊った。

ドロシーはハーミーの胸に顔を埋め、とめどなく涙を流した。
踊りながらベッドに誘うドロシーの悲しみを、ハーミーは理解する事ができなかった。
彼女のベッドで朝を迎えた彼は黙って身仕度し、家を去った。

夕方、再びドロシーの家を訪れたハーミーは、彼宛ての手紙を発見した。
「昨夜の事はあなたが大人になった時、きっと理解してくれると思います。私は実家に帰ります」。

翌日、ハーミーは主(あるじ)のいなくなった丘の上の家を遠くからじっと見つめていた。







といったようなあらすじの映画「おもいでの夏1942」を二十歳かそこら(1980年)の頃観た。
1971年の映画だからきっと「ぴあ」を片手に安ーく観たのだろう。300円とか。

あの頃、貧乏学生だった私はなかなか封切映画は観る事ができなかったのだ。
ガールフレンドと並んで観たのか、野郎の友人と観たのか、あるいはまた一人淋しく見たのか、記憶は定かでない。

その島の風景他、画面がとても美しく、ゆったりと時間が流れるような、若かった私にとっては官能的かつ夢のような映画だった事を覚えている。
忘れられない映画の一つだ。

あれから30年以上の時間が流れた。
皆さんも長い事心に残る映画がおありなのではないでしょうか。






  1. 2011/06/13(月) 21:19:21|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎年恒例

定休日の今日、さくらんぼもぎお手伝い第一回。

夜は共に軽くいっぱい。







  1. 2011/06/12(日) 22:25:28|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ死ねない

先週、年に一度の健診を受けた事、おいおい見たくないような結果が来るであろう事も書いた。
しかし、その場ですぐわかったまずい事もあった。
血圧が高かったのである。

やばい!これまでに見た事の無いような数値。
恐怖に駆られ、その日に自ら医者に行った。初診である。

その日2度目の採血。やむを得ない。
また、その日から服薬を処方され、更に一日に2度血圧を測定するように言われ、即、血圧計を買った。

それからちょうど一週間経ったきのう、二度目の通院。
薬とはすごいもので、数値は上が30、下が10ほど下がった。

また、採血の結果が医師から伝えられた。
腎機能のみの検査であったが、尿酸値他すべて異常無し。

更にきのうは両手両足に同時に血圧計を巻かれ、動脈の固さと詰まり具合の検査
これは即結果が出、いずれも異常無し。
「固さ」に至ってはほんの2歳くらいだが、年齢よりも「若い」という結果だった。

服薬はまだ続けなければならないだろうが、とりあえずほっとした。
次回は内臓(肝臓と膵臓だっけかな)の超音波検査だって。
これは酒呑み、やばいかもね。

健診で81.4kg(朝、飯も食わず水も飲まずの状態で)だった体重は、食後にもかかわらずなぜか80.0kgに減っていた。

医者から言われた高血圧のネガというかネックが3つあり、それは肥満・喫煙・飲酒だったのだ。
よく聞くストレスとか、塩分とかはおっしゃらなかったな。
そうは言われてもそんなに大食漢ではないし、たばこは半年も前から劇的に減らしているし、
んー・・・

健診・診察以来、酒を毎晩一合(たった一合!涙)に減らしたからかなー。
そんなんで僅か一週間で1.4kgも減るもんかなー。
それともショックで知らず知らずに食が減ったのかな。

ま、肥満は高血圧3大ネックの一つという事だから今後も注意してみよう。
「ダイエットだー!」「目標10kg減だー!」なんて大上段に構えると辛いだけだからね。
自分にも知らんふりするくらいな感じで そーっとやってみよう。
2、3kg減ったって大したもんだろう。



ということで養生・節制を始める。
まだ死ねない。

子供のためにせめてあと10年。
自分のためにせめてあと20年。

せめてあと20年はラッパ吹いてバイクでぶっ飛ばして(72歳まで?)ダチたちと飲みたいもの。
まだ死ねない。






やばい。「妻のために」を書くの忘れた。




  1. 2011/06/11(土) 14:57:12|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミラ礼賛(「軽で行こう!」編)

(つづき)

CIMG5599.jpg
ミラ操作類。あとから自分で付けたドリンクホルダー、ETC、灰皿、ナビ、温度計。
こうやって見てみると、当り前だけど自分の手や目の動線上に並んでいるのがおもしろい。



もはや我が家に普通自動車は要らなくなったような気がする。
今家にいるのは老母と妻と私だけ。

いずれ二人の娘たちが帰ってきたら(帰ってくれば、だが)それぞれ車を持つであろう。
我が家が普通車を持ち続ける大きな理由の一つ、「5人乗れる車が一台なければ」が消滅した。

皆様ご存知の通り、各種税・保険、他あらゆる維持費が安い。
ガソリンは食わない、オイル類も少しで済む。
タイヤが減ったら購入も楽勝の安さだし、小さく軽いので夏冬転装も実に体が楽。


有料道路の料金まで安い。
普通車用に建てた車庫も何と広々とする事か。

そして正直、昔の軽は「我慢の塊」の乗り物であったが、今は違う。
乗員スペース、ノイズ、直進安定、快適装備、パワー、すべて文句無しとなり、
昔の軽が果たせなかった高速・長距離がいまや楽勝である。

我が家に限っては「普通車が一台無ければ」のあらゆる理由が無くなってしまった。
そいえば昨夜も、小さなミラに男二人と巨大なバリトンサックスとユーフォを一台ずつ載せて走った。



しかしまあ折角買ったのだから、フィットにはもう3年半(合計7年)も乗ろうじゃないか。
維持費他、軽にはとても敵わないが、レガシイと較べたらそれでも相当な経済性ではあるのだし。
私はひそかに、50代後半を共に過ごすフィットの次の車を選定中なのだ。
例えば、現在売られている車の中からであればこんなのだ。↓

style_02.jpg

ダイハツミラ ヴァン 68万円 である。

エアコンはマニュアル式、リアワイパー無し、ABSはオプション、シート表皮はビニール。
オーディオはFM/AMラジオのみ。タコメーター無し、パワーウインドウ無し。
パワーミラー無し、フューエルリッドオープナー無し、確か助手席のサンバイザーまで無い。

4ナンバーの商用車だから、荷室は広いが後部座席は劇的に狭い。加えて2ドア。
大事な人に「どうぞ後ろにお乗り下さい」とはなかなか言えまい。
ちなみにこの車の自動車税は、年4千円である。愛馬CB1300と同じだ。


「あれも無い、これも付いてない。」 こういうのに乗りたいのだ。
昔、丁稚先で人生で初めて与えられた車はこれよりずっと貧しかったではないか。
エアコン無い、リモコンドアロック無い、パワー無い。
それでも嬉々として毎日外商に出かけたではないか。

その後の人生、なにか「似非(えせ)セレブ」、「プチブル」幻想にうなされて過ごさなかったか。
おれだけでなく、日本全体が「空虚な贅沢」、「反省の無い消費生活」に踊っていなかったか。


もうこれ以上、モノは何もいらない。
軽商用車のマニュアルのシフトレバーをコキコキと操って、これからの人生は軽やかに生きたい。





付記

①ダチの一人が近頃、上記のような車に乗り始めた。うらやましくてしょうが無い。

②車に求めるものは一人一人違う。今回の記事はあくまで私の話です。

③新車購入後3年6カ月のミラ、今回の東京往復でオドは5万kmに達した。




  1. 2011/06/11(土) 11:29:53|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミラ礼賛(燃費レポート篇)

この度の東京出張ももちろんダイハツミラで行ってきた。

CIMG5602.jpg

新車購入からはや3年半経った、660cc、CVT、FFのかわいい愛車である。
(スティービー・ワンダーの歌に「かわいいアイシャ」というのがあったね)

4月末にこれで初めて東京往復をし、なんら問題もなく、我慢も要らなかったのに加え、我が家の旗艦ホンダフィットよりもガソリンを食わないことがわかったからだ。

更に、高速料金もフィットより2~3割安い(平日昼間:寒河江⇔川口片道5400円)とくれば、これはもう使わない手は無い。

燃費レポート、結論から行こう。
寒河江・世田谷往復822kmをレギュラーガソリン38ℓで走った。
21.6km/lだった。
4月末の同ルートで、GW大渋滞に巻き込まれた時よりもやはりちょっといい。

ガソリン1リッターを140円とすると、燃料費は往復で5300円ほど。
以前乗っていたレガシイ(2500ccハイオク)と較べると半額にも満たない。
これは大きい!
自分の場合、年間のガソリン代が15万円は違ってくる。でかい!驚く!
一般路でマークした自己最高記録、23~24km/lには及ばないものの、ほぼ100%高速道路走行の結果としてはまずまずであろう。

4月の同じ走行は、還りは次女とその荷物を乗せたものの往きは乗員おれ一人、荷物は特になし。
それと比べ今回は
往復共おれの他に体重50んkgのおばさん一人と
ソフトケース入りユーフォニアム(譜面台・楽譜・小物も入っているので15kgはあるんじゃないか)
を載せていたので、4月ほど伸びないと予想していたのだ。

燃費のために気を使った事は二つ。

①エアコンをまったく使わない
 暑い季節になったが、まだまだ真夏ほどではない。終始窓を少し開けて走ったら十分凌げた。
 この戦法、森のクマさんもブログに書いてました。彼も頑張っている。

②100km/h以上は出さない
 追越しなどではどうしても110km/hくらいにはなっちゃうけどね。
 常に95~100km/hを心がけた。
 副次効果だが、パトカーや取締機が全く気にならない。平和そのもの。


(つづく)



  1. 2011/06/10(金) 14:29:42|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まつ坊さん毎度!

コメントありがとうございます。

やってみると、次から次へと色んな事に出くわします。
「長」とは言っても、会社のデスクにでーんと座って、部下を顎で手足のように使う上司のような訳にはいきません。

対面するのは見上げる大先輩、女性、高齢の方、一人暮らしの方などがほとんどですから。
「町会の筆頭パシリ」、といったところでしょうか。

しかしこれも得難い経験。
クマさんのアドバイスのように「楽しみながら」一年を過ごしたいと思います。

それにしても当時当町会に引っ越してきたばかり、かつ当時30代前半という非常な若さで町会長を見事務めた(務めざるを得なかった)クマさん。
見上げたものです。



  1. 2011/06/10(金) 09:23:21|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ここの歴史