呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

約束途中経過(8月末分)

8月9日、ここに書いた「自分との約束」をもう一度確認してみよう。



一日で最も重い(と思っている)夜の体重が、今夜80キロを割った。
最も軽い(と思っている)起床後、排尿後にして朝食前の体重は・・・

6月3日の健診では82キロ弱だったが、今79kg。
はっきりと節制を始めたのは一カ月前の7月上旬から。

そこで自分との約束。

一里塚の目安として
8月末日までに朝78kg、夜79kg。
9月末日までに朝77kg、夜78kg。
10月末日までに朝76kg、夜77kg。
11月末日までに朝75kg、夜76kg。
そして最終目標。大晦日までに朝74kg、夜75kg。




今日は8月末日、最初の報告の日だ。
まずは今朝 ↓

CIMG5875.jpg

次に夕食後 ↓

CIMG5876.jpg


なんとか最初の一里塚は約束達成。
朝ベースで比べると、6月3日の健診時よりも4kg強減った事になる。
まあまあだ。

だがまだ道半ば。8kg減という目標のちょうど半分だ。
これからの残り半分がいつも大変なんだよなあ。

皆様、また高見の見物をお願いしますね。
実現できるできないにかかわらず挑戦を続けます。




  1. 2011/08/31(水) 23:27:32|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅葉川渓谷

今日は28日(日)の代休。
毎晩の妻とのウオーキング、今日は休日スペシャルコース。

数年前にもここで紹介した、JR面白山駅から歩けるトレッキングコース「紅葉川渓谷遊歩道」です。

CIMG5851.jpg

駅付近のこの入口から渓流を下る。

CIMG5853.jpg

CIMG5854.jpg

CIMG5857.jpg

スリル満点の遊歩道である。行かれる方は Watch your steps!
気を抜くと危険な所もあります。 

CIMG5865.jpg

40分のラストスパートはJR仙山線下のトンネルくぐり。

CIMG5872.jpg

40分ほど渓流下りを楽しむと、さっき車でとおった舗装道路に出る。
それを20分ほど歩くと再び面白山駅付近に戻れます。
素敵なスペシャルコースを堪能した。

このカテとは関係ないが、ダイハツミラ、登り山道なんら問題無い。
あー!最高の休みだった。




  1. 2011/08/30(火) 22:39:28|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さな世界

CIMG5873.jpg

自宅ワークステーション。
ネットブックとミニスピーカーのみ。
プリンタもありません。
シンプルで気にいってます。

この木製の台はというと、9年前にプロの建具屋さんに作って頂いたもの。
当初はA3対応プリンタ用の台だったのでした。

キャスター付きで移動も楽々。
いいでしょ。
皆さんのワークステーションはどんなかな?




  1. 2011/08/30(火) 20:00:51|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決算市終了御礼

きのうで四日間の日程を終了しました。
連日の賑々しいご来店と、お買上、ご成約、ご注文に心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。

9月1日からの新年度も、益々お客様のお役に立つ店を目指したいと考えております。
そのため、皆様からのご指導とご鞭撻を是非共ご賜りたく、伏して御願い申し上げます。





  1. 2011/08/30(火) 19:53:02|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お見限りなく

さっき、折角小一時間もかけて、町会長職と寒河江八幡宮例大祭役員会の関わりの事を書いたのに、
モデムだかルーターだかの不具合のため、アップできず無駄になった。

また同じ文章を思い出しながら書く気力はない。
あきらめる。

きのうも何かで夜遅くなり、アップしなかった。
皆様、拙ブログをお見限りなく。

饒舌な私には毎日書きたい事がたくさんあるのだが、
時間がなかったり、今日のようなパソコン側のトラブルがあったり。
不本意ながらアップできない日もある。



最近は「本染手拭プロジェクト」も書きたくてたまらない事なのだが、
それについてはあまりに勢いがあり過ぎ、何から書き出していいのか、
頭の整理が付かないでいる状態。

どうか皆様お見限りなく。





  1. 2011/08/29(月) 22:17:08|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バンドの魂

今夜の練習はほとんどの時間が会議に費やされた。

トラ(エキストラ:賛助出演者)に対する、団の考え方、基本姿勢を定めようというわけだ。

そして決まった。

今夜は自分が少し間違っていたかもしれない事(トラの事ではなく)、櫻花にとって最も大切な事、
これらが少しわかったような気がした。

アマチュアバンドにとって、また、コンクールに出ない、
他バンドと戦わない(今の所)櫻花にとって最も大事なこと。

自分と団に誇りと自信を持ち、なんら委縮する必要は無い事。
吹奏楽が好きで好きでたまらない事と、このバンドを愛している事。

結論に至るために必要な事はそれで十分だった。
全員一致。

どうです?素敵なバンドでしょ。





  1. 2011/08/27(土) 23:57:45|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決算市おすすめ品①

決算市前から大人気を頂いているアイテムを紹介します。

CIMG5821.jpg

天然石ネックレスとブレスレットです。
ネックレスは3,990円・4,990円、ブレスレットは1,995円均一。
いずれもカタログ価格の半額前後という超特価。

ちょっと拡大してみますか。↓

CIMG5822.jpg


もうひとつ。↓

CIMG5823.jpg

こちらは天然石に加え、ヘマタイト(磁石)も使った「3点セット」(ネックレス・ブレスレット・ストラップ)です。
セットで10,500円(特別ご奉仕価格)。




すべて大分県の会社の企画・デザインで、海外で組立たもの。
天然石が最大の魅力なのですが、お勧めポイントがもうひとつ。

それは止め具です。
マグネットになっているため、これ以上簡単な付け外しはありません。
ただくっつけたり、引っ張ったりするだけ。

使用されている天然石は・・・

フロ-ライト・アメジスト・水晶・オニキス・珊瑚・メノウ・インカローズ淡水パール・縞メノウ・ラピスラズリ・ガーネット・シトリン・マラカイト・ハウライトトルコ・ローズクオーツなどです。

手軽なお値段で天然石を楽しめます。ぜひご覧下さい。お勧めします。




  1. 2011/08/26(金) 14:38:11|
  2. 超お買得・おすすめ品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本染プロジェクト始動

一体何の画像かわかりますか?

CIMG5819.jpg

洗面所で、新品の「本染(ほんぞめ)手拭い・ハンカチ」数本を、ぬるま湯と洗剤を使い洗っている所です。
「本染」とは、我が国伝統の染色技術で、熟練の職人さんが型紙を使って生地に柄を置いていくやり方です。

模様となる型紙を彫るのも、それを使って生地を染めるのも手作業。
プリント染と違い、大量生産はできません。
しかしながら、ハンドメイドでしか味わえない風合いと使い心地をはっきり楽しめます。

本染の特徴で、新品当初は写真のようにドバドバと「上色(うわいろ)」が落ちます。
水が真っ青でしょ。

この作業を「上色落とし」と呼んでいます。
他の衣類などに色が移ったりしないよう、使用の前にこうやって一、二度洗っておけば安心です。
私などはこの作業を楽しみにしているくらいです。



30年近く、尊敬する竺仙(ちくせん)というメーカーの本染手拭いに触れ続け、
(竺仙はゆかたの方が有名かな?いずれにしても「本染」ですが)
「本染手拭の良さをもっと周知・普及できないか?」
と、漠然と考え続けてきました。

期が熟し、この度考えがまとまり、準備完了し、本染手拭の新しい姿を明日から店頭でお見せする運びとなりました。

当店にとっての呉服や印伝のように、3年5年10年と、しぶとくお客様に提案していくつもりです。
今後、数回にわたって本染手拭の新しい提案をここで発表していきます。
お楽しみに。





  1. 2011/08/25(木) 20:30:15|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決算市開催のおしらせ

山森ロゴ


創業100周年の今年度も残すところあと数日。
お陰様でなんとか無事に終わろうとしています。
皆様のお引立てとご厚意、そして関係取引先のご協力に心から御礼申し上げます。

そこで年度末恒例の決算市を、明日26日(金)~29日(月)の4日間、
感謝をこめて催します。28日(日)休まず営業いたします。

正絹高級呉服・ゆかた関係・和装関連品・雑貨、店内在庫すべてが決算超特価です。
また、印傳屋の印伝は一般品○○○、ブランドシリーズは○○○と致します。
(20点ほどですが、○○○にする印伝もあります)
このチャンスを是非お見逃しなくご利用下さいませ。

では皆様の賑々しいご来駕を心からお待ち申し上げております。






  1. 2011/08/25(木) 20:02:31|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラ・トラ・トラ

今夜の練習後の井戸端会議は長引いた。

トラ(エキストラ:賛助出演者)についてどうどう考えるか。
わが団は歴史が浅いだけに、トラに対する対応・待遇がまだ確固とは定まっていない。

どちらの楽団でも大なり小なり似たような悩みをお持ちではないか。
あるいは悩みをクリアした経緯があるのではないか。
悩ましい問題である。

トラをシャットアウトし、不完全な編成でもオリジナルメンバーで行くか。(正義がある)
何らかのハードルをクリアしてくれたトラだけ受け入れて音楽性を高め、一つ一つの演奏会をこなしていくか。(これにも正義がある)

いずれにしても演奏会の時だけハードル無しでトラを参加させる、という事はありえない。
一般論として、トラ希望の方々には良識を発揮してもらう事を切にお願いしたい。
これは詳しく書くと長くなるし、ここ書けない事もあるので割愛。

もちろん、団側にも見識ときまりが必要な事は言うまでもない。
わが団もいずれ遠からずきまりが定まる事になろう。

おれの考えは・・・

低過ぎないハードルを設け、門戸を狭めないでトラを受け入れる方かな。
そう考えながらも純血主義にも魅力を感じるし・・・

しかし、まずは何をおいても正規団員が最も大事な存在である事に間違いは無い。





  1. 2011/08/24(水) 23:16:13|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dream comes soon

CIMG5818.jpg


今日の朝刊に載った全面広告。
先日ここでちょっと触れたが、遂に、間もなく姿を現す。

少し繰り返しも出てくるだろうが書く。

HVの世界一はトヨタプリウスであろう。
EVも日産からリーフが発売された。

私はどちらにも拍手喝采する。日本の誇りだ。
しかし、優れたプリウスにも問題が無いわけでない。

200万円台という価格だ。誰もが買えるわけではない。もちろん私も。

こういう事だ。
例えばの話、今後12億の中国の皆さんや10億インド国民の皆さんが、
経済発展によりめでたく全員自家用車を持ったら。

その22億人の人たちが、燃費10km/lの車に乗るのと20km/lの車に乗るのとでは、
地球に与えるダメージはどえらく違ってくる。

私がこの度のダイハツの新車が快挙だと思う根拠はここにある。
79.5万円からなら多くの人が購入可能だ。

JC08で30km/lという前代未聞の数字に甘えることなく
同時にエコカーでは前代未聞の低価格をも追求したダイハツに拍手を送りたい。




日産リーフはプリウスよりも高価だし、航続距離が200kmかそこらでは著しく購買意欲が殺がれる。
また、充電スタンドという新インフラは普及の緒に就いたばかり。
この状態ではちょっと手を出す気になれない。

HVやEVがまだこのような時代に、従来の内燃機関を改良するという、
ダイハツの「この手」に大喝采をおくる。

9月の発表・発売がとても楽しみだ。





  1. 2011/08/23(火) 11:34:20|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

喜び第1回

きのう、車検上りのCBをお世話になったモータースさんに受け取りに行った時のこと。
帰り際、そこのご主人から
「山森さん、ちょっと痩せましたね?」

抜き差しならない事情で7月上旬にスローダイエットを開始してからひと月半、
人様から「痩せたんねが?」と言われたのは初めてである。
嬉しかった。

一日で一番軽い時間と勝手に考えている、起床直後にして排尿後、朝食前の、
開始時の体重は82kgほどだった。

誰に言われなくても身長171cm強の自分にとって、
標準より10数キロオーバーしている事はわかっていた。

そこへ6月初めの一般健診で超高血圧発覚。
続いて尿管結石発症の激痛にのたうちまわる。(これはダイエットとは関係ないか)
更に一般健診の結果が出ると、ダメ押しに血中脂質(中性脂肪や各種コレステロール)異常も明らかに。

もう少し健康で生きたい。
で、医師のアドヴァイスもあり、ダイエットを決意するに至った訳だ。

だだし・・・
これまでに成功させてきた、主に極端な減食による、かつ短期決戦型減量はしない事にした。
毎晩のウオーキングと、夕食のみ炭水化物摂取を控える事。
今回の方法はそれだけだ。緩やかなものである。

さて、前置きが長くなったが、ではひと月半の成果はというと、
同じ時刻の計測で78kg強だ。

予定のペースより早い減りだが、決して喜んではいない。
度重なる経験で知っている。ダイエット初期は減りが早い事に決まっているのだ。

時間が経過するにつれ、減るペースは遅くなっていくのだ。
以前も書いたが、今年の大晦日までに74kg(例の朝イチ計測で)を達成できればいいと思っている。

それが最終目標だ。
もちろん「毎月末日ここで報告」という約束も忘れない。

とはいえ、初期の早いペースで数字を稼ぐに越したことはない。
今月(8月)末のレポートで77kg台前半になんかなっていれば嬉しい。


ま、目標達成できるかどうか、諸兄諸姉、高見の見物をお願いしますね。





  1. 2011/08/21(日) 20:31:23|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CB、6度目の車検

あっという間に2年の月日が経ち、今日、6度目の車検から帰ってきた愛馬CB1300。

CIMG5815.jpg

1999年に新車で購入。満12年乗った事になる。
18歳から数えて20台近く所有したが、こんなに乗ったバイクは初めてだ。

これ以外では400ccまでしか経験しておらず、自分のバイク史上唯一のビッグ・ワン。
それが長く乗っている最大の原因か。

また、12年経っても全く古臭くならない、うっとりするほど美しく、
また迫力のある(と、自分は思っている)デザインももう一つの理由か。

備忘のため、車検に係った費用を、請求が来たらここに書こう。
車検用積立預金の満期金額は4万8千円。どれくらい足りないかな。

ところで・・・

CIMG5817.jpg

先月私のガレージにやってきたST250とCB。初のツーショット。
セカンド(下駄)とはいえ、せめて250ccのパワーが必要な事を痛感した。
いま、STをとても気に入っている。
やっとならしも終わったし。これからが楽しみだ。

しかしこの2台のサイズの違い、写真を見てつくづく感じる。
STを奥に、CBを手前に置いているのではない事は、ナンバープレートの大きさを見て頂ければお分かりになろう。

大人と小学校高学年くらいの違いかな。
多分、乗り続ける事が可能であれば、健康を保って生きていられれば、CBは自分にとって最初で最後のビッグ・ワンになりそうだ。
じいさんになっても乗り続けたい。

そしてこの所なかなか定まらなかったセカンド。
そろそろSTで腰を落ち着けたい。

スカイ・ウエーブやエイプと違い、STは買って一カ月で「しまった!」と思わない下駄である。






  1. 2011/08/20(土) 21:30:29|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珠玉の生

42歳までひっそりと静かに暮らしていたわけだが、
43歳の2月7日からは、子供のお陰でそれまでの人生が信じられないほど付合いが増えた。

肝機能・血中脂質・血圧に異常を来たすほど飲んだかもしれない。
だがこの春から手許に子供は一人もいなくなった。

回数は激減したがしかし、いまだに飲み会は続いている。
今夜もそうだった。

親しい仲間たちとの飲み会、そしてバイク、吹奏。
おれのプライベートからこの三つを除いたら何が残るだろう。
(三つもあれば十分か)

いまだにお誘い頂ける事、果報と言わずしてなんとしょう。
これはやはり、節制していましばし健康を保たねばもったいない。






  1. 2011/08/19(金) 23:43:42|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呉服呉服呉服

きのうから盆休み後の営業が始まったわけだが、
二日連続で呉服に御用のお客様がご来店、ご成約を賜った。
格別呉服の催しをしているわけではない、平常営業日にだ。

呉服屋は呉服が売れて何の不思議もないのだが、
皆様薄々お察しの通り、俗に言う「きもの離れ」はとどまることなく進行し続けており、

和装用小物(例えば足袋・肌着・帯〆・帯揚げ・草履・バッグとか)はともかく、
高級なきものや帯はそうポンポン売れる時代ではなくなっている。残念ながら。

呉服屋が呉服が売れて喜んでいるようでは情けないのだが、
しかし今は現にそういう時代なのだ。真実だから認めるしかない。

しかし私と当店はそのために毎日生きている。
呉服をお勧めするために、喰い、寝、24時間365日を過ごしている。

ドカドカ売れた時代も、ポツリポツリの今も、それは変わらない。

儲かるなら手に持つ商品は何でもいい、
では絶対ないのだ。

呉服でないとダメなのだ。
理由は簡単、呉服屋だからだ。
当店と私はそのために存在している。

呉服によって、限られたご予算の中で、
お客様が最大限幸せになれるお手伝い


それが4代目の私が定めた社是だ。

きのう今日、とても嬉しい。
お客様が山森の能力を信じてお越し下さる。

呉服屋としてこれ以上の喜びはない。

ありがとうございました。






  1. 2011/08/18(木) 21:06:04|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初見演奏の嵐

イン・ザ・ムード、シング・シング・シング、ムーンライト・セレナーデ。
AKBのなんとかカチューシャ、流星、アフリカン・シンフォニー。
見上げてごらん夜の星を、喜びの歌etc.etc.・・・

都合で50日ほど練習を休み、復帰したばかりという「衰え」もあるだろうが、初見演奏はボロボロ。
ほぼ克服したつもりの「ヘ音」も、♭が五つも付くとどうしても考えている間において行かれてしまう。

なんといっても自分の弱点は初見時のリズム取りの下手さだ。
劣等感と自己嫌悪に陥ってしまう。

ついていけなくなると、最悪の場合楽譜を見失い、完全にお手上げ。
楽器を置いて「ここだ!」というところを発見するまで演奏を休まなければならない。

だがあきらめない。
二度三度と練習を重ねればこんなおれでも必ずみんなについて行けるようになる。
と信じている。

みんなより数回練習が遅れているからと、楽に構えればいい。




J-SNIPERさんに親子でお世話になっていた頃、年に一度のマーチングフェスティバルの際、
俄かに編成される「おやじバンド」で「シング・シング・シング」と「見上げてごらん」をやった事がある。

が、この度の櫻花のそれは編曲が違い、更には曲の中でのユーフォの役割まで「おやじバンド」の時と違うのだ。
なかなか音楽は難しい。

いや、それは言い訳だな。腕前、まだまだなのである。

いやいや、例えば中学校の頃は「初見合奏」なんて、てんで出来なかったんだから、
それと較べりゃ、半分吹けりゃ、大したもんじゃないか。

年寄り、楽に行こう。




  1. 2011/08/17(水) 23:16:31|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「拍手」に御礼

毎日毎日、
来る日も来る日も、

拍手を下さるあなたに心から、厚く、御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

毎日お礼ができなくてごめんなさい。


  1. 2011/08/16(火) 22:48:19|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ログハウスでジンギスカン

村山市富並?の広い丘の上に立つログハウス。
ジンギスカンの「ひつじや」さんである。

以前もここで紹介したので、ご存知の方も行かれた方もいらっしゃるかもしれない。
きのうの事、長女の成人式祝いに、久しぶりにひつじやさんに行ってきた。

丘の上の広い敷地にポツンと商売っ気なく立つ本格的ログハウス。
裸の丘でなく、いい感じで林に囲まれているのも素敵です。

K氏にその存在を教えてもらい、初めて訪問したのはちょうど10年ほど前だろうか。
福島県二本松市、岳(だけ)温泉のわが別荘(と言ってもこの所ご無沙汰しているが)、
「空の庭」を彷彿とさせるナチュラルさが素晴らしい。


CIMG5801.jpg

CIMG5802.jpg

CIMG5803.jpg

CIMG5804.jpg



うまいジンギスカンがそのシチュエーションで更にうまくなる。
街の中でばかり飲食している身には別天地です。
まだの方はぜひどうぞ。



ところで別天地と言えば、山辺町の山中にある「玉虫湖畔荘」。
ここも昔からジンギスカンをやっているのだが、しかも近いのに、なぜかなかなか機会が無い。

確か県民の森のエリア内ではなかったか。
大自然の景観、キャンプ場や道路の整備、いずれをとっても申し分ないんだが。
また、高速をぶっ飛ばしても1時間40~50分かかる空の庭と較べたら、全く隣みたいな近さなんだが。

ここ数年は「そば祭り」(千円で新そば食べ放題だったかな)なども催していた。
本当に長年行きたかったのだが・・・

ご縁が無いのか、間もなく閉館するとの新聞報道を見た。
なかなか集客が大変なんだろうなー。
山中の事とて半年近くは雪で営業できないだろうし。

「行った事ないけど行ってみたい」所、県内ではここが個人的ナンバーワンです。
どなたか、「玉虫湖畔荘」のジンギスカンやそばを食べられた方はいらっしゃいませんか?




  1. 2011/08/16(火) 21:20:40|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呉服屋の意地

本来、国が定めた成人の日はご存知の通り1月中旬。
寒河江市はなぜそれに従わずに8月14日に成人式を催すのか。

1月中旬というタイミングでは多くの対象者を会場に集めるのが困難だからか?
雪国なのでアクセスが難儀だから?

本当の理由はわからないが、呉服屋としては、真夏の成人式は昔から溜息の対象だった。
暑過ぎて和装が困難であり、また、盛夏用晴着は全国的に昔から需要が極端に少なく、
ということは流通量も極端に少なく、その気はあっても準備が困難なのである。

うちばかりでなく、寒河江中の呉服屋さんたちは実に長い間、
よその市町村を指を咥えて眺めていたのではないか。

そう、寒河江という町は振袖一式の需要が極端に少ない所なのである。
まあ、まずそれは置いといて・・・

きのう長女を真夏の成人式に送り出すに当たって、
呉服屋の意地。
盛夏用の和装を準備していた。

本当なら絽の振袖
と行きたいところなのだが、残念ながらそれはほとんど流通していない。
プロのルートを駆使しても入手はなかなか困難なのである。

ダメ押しだがこの春、二十歳の記念写真(見合写真?)用に袷(あわせ)の振袖一式を購入したばかり。
憚りながら創業100周年の呉服屋の沽券に掛け、家の経済を傾けて準備したのだ。

経済は疲弊している。
ではこの度どうするか?

こうした。

絽の付け下げ絽の長襦袢を新調し、
やや派手になってしまった妻の紗の袋帯を合わせたのだ。

これで相当出費は抑制された。

これまた皆様ご存知の通り、付け下げは豪華さにおいて振袖にはっきり劣る。
なので様々な対策を施した。

①豪華な刺繍入りの絽の半襟を使う。
②帯締め帯揚げを強いものに。
③豪華な刺繍花紋を背に一つ。
CIMG5800.jpg








人様に呉服をお勧めする身。最大限頑張った。満足した。







  1. 2011/08/15(月) 21:39:42|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長女成人式

生まれてから1年ほどは寝たきりだったため、さほど手はかからなかった。
初めの頃は紙おむつを使わなかったため、来る日も来る日も洗濯後の晒(さらし)のおしめを畳んだっけ。

その後立つようになると間もなくチョロチョロ歩き始め、しゃべるようにもなった。
こうなると厄介だ。
せがまれ、仕事を抜け出して何度公園や野山、川に連れて行ったことか。
また、夜泣きで深夜のドライブをした事もあったな。


やがて幼稚園。
園児服を着て、初めの数日はわんわん泣きながらの登園だった。
長い長い、毎朝「いってらっしゃい」の日々が始まった。
だけど、行ったと思ったら「え?もう帰ってきたの?」みたいな毎日だったな幼稚園は。

小学校入学。
6年間毎朝「いってらっしゃい」。ランドセル姿を見送る。
三年生の三学期、仲良しのお友達の影響か、マーチングバンドに入ると言い出した。
身に覚えがあったのでもちろん勧めた。

だが当初、金管楽器はいくら頑張っても音が出ず、べそをかき、4年生ではカラーガードをやった。
5年はピット。その後の彼女の吹奏人生が信じられないパートだった。
だが、6年生ではなぜかユーフォニアム(コンバーチブル)兼カラーガード。
5年・6年ではなんとめでたく全国大会に出場した。

中学入学。
昔とは学区が変わり、おれが行ったのではない学校へ。妙な感じだ。
部活は吹奏。とにかく一生懸命やっていた。
初めての制服姿にやはり毎朝「いってらっしゃい」。

その他に校外の一般マーチングバンドにも入る。
最初の1年は当時地元唯一の「マーチングカンパニー・レインボウプラネッツ」さんのお世話に。
翌年からは誕生したばかりの「J-SNIPER」さんに入る。
このあたりの詳しい経緯は長くなるし本記事とは関係ないので割愛。

高校入学。
我が家初の地元県立高校入学だ。
高校へは代々皆行ったのだが、なぜか山形市の高校ばかり。
その意味で長女は記念すべき人物かもね。

制服は移り変わるが、やはり毎朝制服の後ろ姿に「いってらしゃい」。
当然のように部活は吹奏。ここでも一生懸命やった。

一般マーチングも最初の1年だけはやっとやっと続けたが、限界だった。
部活も忙しく、進学対策もあり、退団した。
この一年はバカ親、手放しでほめてやりたい。
また、長女が一般バンドをやめる日の事、親として一生忘れる事はないだろう。

大学入学。
なんとか第一志望に合格。
仙台市なのだが、アパートさがしや一人暮しのための大量の買物、そして引越し。
大騒ぎだった。

生まれて初めて我が子を手許から離した時、
具体的に言えば、「じゃあな」といって長女を初めてアパートに置いて帰ってきた時。
胸がつぶれるようであった。
ご同輩にも同じような経験をなさった方は多いだろう。






それから2年4カ月。生まれてから21年と一カ月。
今日は寒河江市が催してくれる、長女の成人式だった。

なんと一緒に会場に向かったお友達は、幼稚園で知り合い、
小学校マーチングバンドに「入ろう」と誘ってくれたお友達だった。

これまでの十数年と同じく、夏の晴着を着た後姿に「行ってらっしゃい」。
まだまだ未熟だが、大きなひと区切りの「いってらっしゃい」だった。

娘、おめでとう。
また、今日一緒に成人式を迎えたすべての青年たち、おめでとう。
よく成長してくれた。
君らの人生に幸あれ。
そして一生ずっと、周囲にも幸をばらまいてくれ。







  1. 2011/08/14(日) 21:42:51|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

盂蘭盆特別大サービス2011

このところ彼女に首ったけ。



ことみちゃん



京野ことみちゃん。大好き

もちろん岡村孝子様が筆頭なのは不動なんだが・・・
なんだけれどもことみちゃんにも惹かれてしまう。



うーん我ながら・・・
ま、いいか。この元気でじじいになるまで頑張ろう。





皆様、良いお盆休みをお過ごし下さい。






  1. 2011/08/13(土) 21:34:53|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

護衛艦初乗艦 後篇2-2

(つづき)

しかし、しかしだ。
感覚的には正直言って寂しさもある。

護衛艦と言えば我が海上国防の主力である。
これ以上強力な艦は我が海上自衛隊には無い。

あとの艦種はというとミサイル艇、掃海艇、給油艦といった補助艦艇ばかりだ。
サイズも兵装も小粒になるばかり。

往時の帝国海軍はというと、大きい順に

戦艦(Battle ship)12隻を筆頭に
航空母艦(Air craft carrier)
重巡洋艦(Heavy cruiser)
軽巡洋艦(Light cruiser )
駆逐艦(Destroyer)
各種潜水艦(Submarine)

我が国は当時、世界3大海軍国に数えられただけに、観艦式などでは水平線まで続くのではないかという数えきれない艦艇を保有していたのである。
掃海艇・給油艦・潜水母艦など、バックアップ艦艇まで入れたら本当に数えきれない、海を圧する大兵力だったのだ。

で、現在の護衛艦に比較すべき往時の駆逐艦は、戦闘艦の中では最も小さいもの。
戦艦、巡洋艦、航空母艦の舳先には菊の御紋章があしらわれたが、駆逐艦にはそれはなかったのである。
補助艦艇の扱いだったのだろうか。

その駆逐艦に比すべき護衛艦が今の海洋自衛隊の主力艦なのだ。
「時代が違う」とも言えよう。
現代では戦艦はもちろん、巡洋艦でさえ時代遅れ、無用の長物なのかもしれない。

昔の感覚で言えば小さな小さな護衛艦が現代では主力でいいのだろう。
でも!
航空母艦は今でも海上戦略の要である。
中国も練習用ではあろうが、一隻ではあるがこの度公試運転を始めた。

我が国は一隻も空母を持たない。海に囲まれれているのに、我が国は米空母に頼りっきりなのである。
大丈夫か国防?





しかし、
数年前、東根市神町の駐屯地で陸上自衛隊第6師団の威容を初めて見た時、
体が震え、「税金を払っていて良かった!」と強く思ったものだったが、
今回も全く同じだった。

「自衛隊の皆さん、日々の尽きる事のない国防任務、そして災害派遣。
本当にご苦労様です。本当にありがとうございます。
あなた方のおかげで私たちは毎日平穏に過ごせているんです。」

陸海空の世界第一級の優れた兵器、規律ある隊員の方々。
なんと頼もしい!なんとありがたい!

これからも、一国民として、日本の安寧・発展、そして最も大事な世界平和のため、できる協力はして生きて行きたい。

あまぎり、はやぶさ、ありがとう。

(完)




  1. 2011/08/12(金) 22:15:34|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

護衛艦初乗艦後篇

ご覧下さい。護衛艦「あまぎり」の威容。

CIMG5758 - コピー - コピー

tuba201.jpg



8月7日の事、護衛艦はおろか、わが海上自衛隊の艦艇に初めて乗艦してきた。
写真はもちろんたくさん撮ってきたが、きりがないのでほんの一部だけアップします。

CIMG5760.jpg

CIMG5764.jpg

CIMG5762.jpg

昔で言えば主砲なんだが・・・
今のこの護衛艦を、無理矢理昔の艦種にに当て嵌めれば「駆逐艦(デストロイヤー)」かもしれないが・・・
昔の駆逐艦の主砲は口径12.7センチ、しかも単装砲塔が三つくらいあったのではないか。

今の護衛艦は76mmたった一丁である。
だが、発射速度を見ればそれはうなずける。
1分に80発撃てれば十分であろう。主砲というより機関銃のようだ。

また、仰俯角―15°~85°。すごい!昔の高角砲だって85°は上がらなかったんじゃないか。
仰俯速度は35°/秒、旋回速度は60°/秒。すごい!昔と違うのだ。

CIMG5765.jpg

↑ 速射砲(主砲)のすぐ後ろにはブースターロケット付き対潜魚雷「アスロック」。

CIMG5769.jpg

↑ 対艦ミサイル「ハープーン」

CIMG5771.jpg

↑ 三連装魚雷発射管。

CIMG5778.jpg

↑ 対空ミサイル「短SAMランチャー」。日章旗に敬礼。

CIMG5780.jpg

↑ あまぎり搭載哨戒ヘリ。



いやはや、とにかく昔(大東亜戦)とは違うんであります。各種レーダーといい。

そして隣のこれにも乗船した。↓

CIMG5763 - コピー

ミサイル艇「はやぶさ」だ。昔で言えば駆潜艇に近いようなものか。かわいい。

埠頭にはテントがずらりと並び、その中からこれを見つけて思わず購入。↓

Tシャツ

相変わらずの瞬間湯沸し器である。1500円。

(つづく)



  1. 2011/08/12(金) 22:13:04|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏季節電 中盤戦

最も暑い30日間の「電気使用量のおしらせ」を今日受け取った。
まずは弊社店舗から

CIMG5788.jpg

右が低圧電力。135kwh。
昨年同期は284kwhだったので、52.5%減

左は従量電灯C。301kwh。売場エアコン専用電力だ。
昨年同期は536kwhだったので、44%減

さ、お次は自宅。
330kwhだった。昨年同期は657kwhだったので50%減



以上中盤戦、7月後半に涼しい日が多かったのが幸いしたのもあるし、
また、去年は二人在宅だった子供が両方ほとんどいない事もあろうが、まずは大成功だろう。
「序盤戦」でも書いたが、やればできる

また同時に、低圧1件と従量2件併せると、昨年と較べ1万4千円強もの電気代を削減できた事になる。
この副次効果も無視できない。
大規模な事業所ならすごい金額になろう。

これまでがきっと使い過ぎだったのだ。
ずっとこの気持ちを忘れないようにしたい。
大震災の事をずっと忘れないためにも。




  1. 2011/08/12(金) 14:22:10|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

与えられた仕事

CIMG5784.jpg

収集を拒否されたペットボトルゴミ袋。
収集日はきのう。時刻は午前。

我が家は今月、隣組ゴミステーションの掃除当番だ。
で、夜、ゴミステーションの掃除に行って発見し、回収したのがこのゴミ袋だ。
収集拒否のレッドカードを貼られたという事は、これはちゃんと収集車が来る前の時刻に出されたわけだ。

また、町会内の約束事で、各家庭が出すゴミ袋には各家庭固有の番号をマジックペンで記入する事になっているが、これには何も記入されていない。
なぜレッドカードを貼られたかよーく見てみると

CIMG5785.jpg

ほほう。

CIMG5786.jpg

↑ これだ。
我が寒河江市ではこういう食用油の不透明なボトルは「ペットボトル分類」には入らないのだ。
収集拒否の理由はわかった。

だが、誰がこういう分別不十分なゴミを出したのか。
わが隣組には無記名でゴミ袋を出す人はいない。長年の経験でそれはわかる。
そして万が一自分の出したゴミ袋が回収されなかった時は、出した方はあまり時間を置かずに家に持ち帰る。

記名もない。回収されなくても引き取りにも来ない。うーむ・・・

ゴミステーションの前でわずかな時間 思案を巡らせていると、通りがかりのご近所衆が集まってくる。
そして「これはきっと班外の人が持ち込んだんだべ」(ルール違反)という結論に。

ゴミステーション掃除当番としては責任を持ってこの困りものを処理しなければならない。

持ちかえって思案の末、ゴミ袋をひっくり返し、数十本ものボトルの中を水洗いし、足で再プレスし、スーパーの回収ボックスに持って行く事にした。

ペットボトルの回収は月に一回しかない。一か月もの間、庭先に置いておくのは癪だもの。
何人と雖もルールは守って頂きたい。

そしてまた、自分が原因ではないこの一連の作業は、神仏がおれに「しろ」と仰せなのだろう。
「お前は今日この仕事をしなさい。しなければならない理由があるのだよ」
「わかりました」

そう思う(しかない)。




  1. 2011/08/11(木) 23:08:21|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平日というに

二日連続飲み会。
友人達ありがとう。
幸せ。






護衛艦ちょっと待ってね。
呼吸を整えています。






  1. 2011/08/11(木) 22:40:46|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分との約束

一日の中で最も重い(と思っている)夜の体重が、今夜やっと80キロを割り込んだ。

最も軽い(と思っている)起床後、排尿後にして朝食前の体重は・・・
6月3日の健診ではたしか82キロ弱だったが、今は79kg。

6月初めの一般健診で高血圧が発覚してから、少しは節制を意識したかもしれないが、
はっきりと節制を始めたのは一カ月前の7月上旬から。


そこで自分との約束。

一里塚の目安として
8月末日までに夜79kg、朝78kg。
9月末日までに夜78kg、朝77kg。
10月末日までに夜77kg、朝76kg。
11月末日までに夜76kg、朝75kg。
そして最終目標。大晦日までに夜75kg、朝74kg


幼少の頃から肥満体だったので、高校1年の冬を皮切りに幾度となくダイエットに挑戦し、
その度に成功(20kg超減らした事もある)し、それと同じ数だけリバウンドし・・・


もういい。もう50代だ。今回はただただ健康目的だ。

薬に頼らなくても正常血圧に近づきたい。
血中脂質、つまり中性脂肪やコレステロールを正常値に近づけたい。

ただそれだけ。

毎日運動し、バランスのとれた食事を崩さず熱量と夜の炭水化物に注意し・・・
ゆっくり進んで上記の二つがいくらでも改善されればそれでいい。

今回は減量自体が目的でない初めての節制だ。
70キロ台の前半と言えば、本当は身長に対してそれでも少し多いくらいなんだが。

しかし無理しなくていい。チョイデブで構わない。

そしてもしも成功したらなんとかしてリバウンドしない努力を。
健康のためならやれるんじゃないか?

直近の80kgオーヴァーと較べれば1割減が達成できれば大したもんじゃないか。
自分のため、家族のための自分との約束、絶対果たそう。

これ、大晦日までの毎晦日、ここに実績を写真付きで記す事にする。
皆様、つきあってね。

(以上、医師のアドヴァイスに拠り)





  1. 2011/08/09(火) 21:50:14|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パシる

先週の事、町会内の方から朝6時半に電話を頂く。
夫婦揃って就寝中だったが、妻が出てくれた。

町会内の方からだった。

「町会内にある街路樹が茂り、視界を遮るので交通の安全に支障を来たしている。
 ついては自分が剪定を試みるのでボランティアゴミ袋 (寒河江市外の方はよくわからないでしょうね。ごめんなさい) をもらえないか」

町会長、有事に備えてたまたまボランティアゴミ袋を保有していた。
妻は即着替えし、そのお宅に走る。

そして間もなく帰ってきた。
「現場を見てみると○○さんのおっしゃるとおりでした。
 ○○さんお一人の手に余る作業と判断し、市に依頼してみましょうという事にしてきました」

私は出勤途中に現場に寄って納得し、写真を撮り、○○さんともお会いし、
写真入りの要望書を作成して即日市役所へ。

本件の担当部署は建築課の緑化推進係というところだった。
市民課や税務課なら何度もお世話になっているが、こちらには初めて。

対応して下さった感じのいい男性は最初、
「予算の付く時期や街路樹の剪定に適した時期は9~10月なんですよ」
とのご説明を下さったが、

「大規模な剪定はその時期でしょうけれども、今回は交通安全という喫緊の問題です。
 街路樹もいたわらなければならないでしょうが、町会長としては町内住民の方々や当町内を通行される方々の安全はもっと大事です。
 せめて問題になっている数本分だけでも大至急剪定して頂けないでしょうか」
と食い下がった。

男性はすぐ「わかりました」と応じて下さった。
そしてその2、3日後には剪定が実施された。
無論の事、市役所には即お礼の電話を差し上げた。




町会内住民の方から町会内生活環境についての要望を頂いたのはこれで3度目である。

①最初は壊れた街路灯の修繕要望。
 ついでに東北電気保安協会から修繕勧告(前年度からの申し送り)のあったものと共に一気に6基修繕。

②次は町会内に立地しながら所有者が町内に住んでいない貸駐車場の除草。
 確かにぼうぼうであった。
 この作業にはリンク仲間の志田宏さんやクマさんには絶大なご協力を頂いた。
 この場を借りて御礼申し上げます。

就任後4カ月で3回。結構なんだかんだあるもんですね。



町会長とは読んで字の如く町会のトップではあるけれども、
私の場合、町会内に自分の手足のように使える部下は一人もいない。

見上げるような大先輩の役員さん(班長さん)方に上記のような事柄をお願いする事は私はできない。
若年町会長とはこういうものだ

パシリ、パシる。




  1. 2011/08/09(火) 20:32:04|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG5782 - コピー


ひええええええ!

八幡様からだ。
お祭りを来月に控え、町会長としてのおれへだ。
八幡様から文書を頂くなんて初めて。

一体、何をしなければならないんだろう。
不安でいっぱい。

八幡様からのお使い。
努々(ゆめゆめ)怠る事は出来ない。

ひえええええええ!




  1. 2011/08/09(火) 19:57:24|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

護衛艦初乗艦(前編)

きのうの定休日、妻と老母を乗せて酒田北港へひとっ走り。
海上自衛隊の艦艇が3隻来ており、一般公開しているというのだ。

2年だか前の同じ頃(追記:2009年7月25日)、誤って期日を外してしまい、
海上保安庁艦艇の一般公開へ行ってしまった。
海保の方々には大変申し訳ないのだが、欲求不満で帰途に就いた記憶がある。

今度は間違えなかった。
護衛艦「あまぎり」を目の当たりにし、往年の帝国海軍マニア少年は狂喜乱舞した。

残念ながらSDカードを店に置いてきてしまい、今日は予告とします。
明日をご期待下さい。

しかし休日割引と軽自動車料金で、山形自動車道の
寒河江⇒酒田みなとが1,050円
なんか嬉しかったなあ。(追記:2年前にフィットで行った時は1700円だった)

また、例の「被災者証で無料」現象だろう。
西川本線料金所の一般ゲートには、宮城ナンバーの行列ができていた。
ETCゲートはすいすい。

ではあした。




  1. 2011/08/08(月) 21:12:14|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ここの歴史