呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

とうとう辿り着いた

明日は我が町会の総会。
当然私が招集者だ。
あっちへ走りこっちへ出向き、パソコンに向かい、事務的準備はすべて終えた。

残るは町会長挨拶の練習くらい。

遂に明日で終わりだ。





  1. 2012/03/31(土) 21:08:11|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不満足

月末日となった。定例の監視日記。
まずは運動から。

CIMG6620.jpg


今月のウオーキングは1131分。
ひと月で25回。一回平均45分。
またまた出来過ぎである。

そして体重は

CIMG6619 - コピー

節制を始めて9カ月。月末日ベースでは初の60キロ台突入である。
だがあまり嬉しくない。

前回の2月末日と比べ、400グラムしか減っていないのである。
ひと月かけてたった400g!
従来と同じ努力を続けているのになぜなのか

そしてふた月連続言い訳がましいが、この所69,0kg~69,4kgの日々が続いていたのに、今日に限って少し増えている。
日々、体重は数百グラムの変動が付きものとはいえ、悔しい。

写真は一日で最も軽い「朝体重」だ。
これでは夜体重は70kgを超えているはずだ。

「維持の努力」ではなく、「減らす努力」がもう一カ月ほど続きそうである。
ってえことは、ダイエットなんと10カ月目に突入か。やれやれ。




  1. 2012/03/31(土) 21:05:54|
  2. 運動・体重監視日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また一歩

CIMG6618.jpg


仙台の自動車学校を卒業し帰省中の長女が、三日ほど前に地元の免許センターで学科試験に合格し、晴れて普通運転免許を取得した。

学科試験は一発だったが、自動車学校卒業には8カ月ほどもかかったようだ。
異様な長さである。
おれの常識で言えば普通は1~2カ月くらいと思うのだが。

なんだかんだで忙しく、週に一度、2週に一度しか行けなかったというのだから止むを得まい。
それも、今どきの女子には珍しいというマニュアル免許だったからな。

で、もう一年学生生活が残っている彼女は、帰省中くらいしか運転の機会が無い。
ペーパードライバーにならないよう、なるべく運転させなければならない。

決死の覚悟で助手席に乗る。あいにく手元にヘルメットが無い。




しかし、彼女の運転はまずまずであった。
そりゃそうだ。そうでなければ学校は卒業させない。




長女の人生、親の人生、また一歩進んだ。







  1. 2012/03/30(金) 22:54:55|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Every night

この所、夜の出動が間断なく続いている。

1.今夜は楽団役員会。
2.昨夜は中学時代の同級生との飲み会。
3.おとといは町会長引継ぎ会。
4.その前は銘水館で大御所たちと飲み会。
5.その前は公民館管理委員会。
6.その前は楽団練習。
7.そして明日夜はあるプロジェクトの打合せ。
8.あさって夜は班会議(隣組の「総会」だ)。

何も無い時はずーーーーーっと静かな夜が続くのだが、
そしてそんな時はさびしくて退屈でしょうがないのだが、

これだけ続くといい塩梅である。

こういった夜が続いているという事は、
平穏で、家族の理解に恵まれ、健康で、申し分なく幸せな状態だという事だ。

神仏と、家族を含む私の周りの方々に感謝します。
ありがとう。







  1. 2012/03/28(水) 23:01:04|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHK初出演

予期せぬ事があった。
先日の櫻花と日大山形高の合同演奏会が、今夕のNHKのニュース番組で紹介されたのだ。
櫻花にとっては初めての事だ。

CIMG6613.jpg

CIMG6614.jpg

全く予期していなかった。
観客の中に役者がいたらしい。

CIMG6615.jpg

へぼユーフォ奏者の「どアップ」。
合同バンドの年長者のシンボルとしてか。(最年長ではないいんだけれど)

寒河江の中華料理店「王上海」さんが「ピヨたま」で数年前に紹介された時に、客としてコメントした時以来、これで2度目のテレビ出演だ。
放送後、友人たちからメールが来る。見てるもんだねー。

長くやってると妙な事があるもんだ。





  1. 2012/03/27(火) 22:50:32|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

会務引継ぎ会

折角ここを訪れて下さった皆様から
「またかよ」と言われそうですが、
また、退屈だし面白くもないでしょうが、

どうかお付合い下さい。
一年苦しんだ町会長の任期が終わろうとしているんです。

私が招集する町会総会は六日先なのだが、
新会長が新年度の会務を滑らかにスタートできるよう、
本日3月26日夜、我が家で会務引継ぎ会を催した。

私と妻、一年間私を支えて下さった同班の会計さん、そして新町会長ご夫妻の5人で。

総会やその他の残務が多少残ってはいるものの、今夜でまた大きく終わりに近づいた。

ひとことでこの一年を言えば、とても大変だったし、疲れたし、また勉強になった。
4月2日からは血圧が下がるのではないか。

同時に「町会長日記」も終わりに近づいたわけです。
みなさん、一年間お付合い頂きありがとうございました。
(もう1、2本は書くかもしれませんが)




  1. 2012/03/26(月) 22:55:14|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銘水館

寒河江市の西隣、西川町の水沢地区に、地ビール工場とレストラン、売店、温泉が一緒になった「銘水館」という施設がある。
道の駅でもあるここは、第三セクターかな。

我が家から20数分で行けるところだ。
今宵は県吹奏楽界の大御所お二人とそこで会合。

ただのアマチュアへぼユーフォ奏者としては実に光栄な機会である。
お一人は寒河江、お一人は西川町の方である。

これもやはり子供つながりのご縁。
話題は当然音楽になる。
とても楽しいひと時を過ごさせて頂いた。





ところでこの銘水館だが、素晴らしいパフォーマンスを秘めている。
それなのにここのレストランは、残念ながらいつも混んでいるとは言えない。

もったいない!

すぐ近くに地元西川町よりずっと人口の多い寒河江市があるのだから、もっと宣伝してはどうだろう。
仙台市にとっての秋保(あきう)温泉や作並温泉のような、奥座敷的なポジショニングが十分可能なロケーションと思うのだが。




  1. 2012/03/25(日) 21:52:30|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おれは何屋だⅡ

今日土曜日はれっきとした営業日である。

妻に土下座をし、演奏会リハーサルに朝9時出発。
まず高校で1回目。
演奏会場の山形市西部公民館に移動して簡単な昼食を摂り会場準備。
その場で2回目のリハ。

夕方帰宅し、即ウオーキング。
終えると即地元公民館へ。

今年度最後の会議である。
年度最終なので、会議が終わるとその場で懇親会。

その終わり頃にはやばい打診が来たりする。
きっぱりお断りして帰宅すれば9時半。

そして頭の中は自分の町会総会や町会長引継ぎの事で頭がいっぱい。




おれは今日、自分の仕事を何もしていない。
大丈夫か。






  1. 2012/03/24(土) 22:14:59|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

櫻花日大山形合同演奏会

だった。

アンコールも終わってお客様が一人も帰らないのは櫻花史上初ではないか。
これでこの演奏会は成功と言える。

たった2回の合同練習で用意した曲はすべてやった。
部長に選択を預けたら、つい2曲前にやった「宝島」。

乗りのいい曲だ。
間もなく村山地区高校連合の合同演奏会でもやるらしい。

そういえば、2年前の日大山形定演に櫻花が交ぜてもらった時もこれをやったっけ。
因縁を感じる。

櫻花も高校もユーフォは一人ずつ。
前回の合同練習では現役ユーフォはお休みで、今日の直前練習で初めて会った。

1年生の素直で可愛らしいお嬢さんだった。
そうか、うちのチビとは1年も重ならなかったんだな。

聴いてみると吹奏楽部初心者とか。
わずか1年でよく吹く。大したもんだ。

男の子も女の子も、みな可愛い。
地元高校出の長女も、ここ出身の次女も、こういうふうにやってたんだ。

幸せな体験をしたな。
親として嬉しい。

昔と同じ指揮者の先生、いつも司会をしてくれる、タメのトランペット。
そして次女の後輩たち。
また今日も、おれはタイムマシンに乗ったんだ。






さてさて、11曲中、個人的に大問題の2曲。
「雷神」
「喜びの歌」

下手くそだが問題点を今日は克服した。
落ち着いてやれば、指揮をよく見て吹けばやれるのである。

私にコーチしてくれたトロンボーンさんとファゴットさんに感謝します。





  1. 2012/03/24(土) 21:53:17|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

困った

遂に演奏会を明日に控えた。
困った。

10曲ほど吹くのだが、
へぼユーフォ、何を吹いたって全部へぼなのだが、

しかしへぼなりに習熟したとしないの違いは大きい。
様々な人生のしがらみにより、この度の演奏会は全くの練習不足で迎える事になった。

10曲中2曲が非常に駄目だ。

私の席は右(トロンボーン)と左(ファゴット)に神様がいる。
今夜はお二人にみっちり教えて頂いたおかげで、ダメな2曲中1曲はなんとかなるかもしれない。

残り1曲はユーチューブを聴きながら、楽譜を見ながら歌って練習する事にする。
只今午後10時半。
それを10回も繰り返せば、明日のリハを集中してやれば、なんとかなるか。
いや、なんとかしなければお客さんと仲間たち、生徒たちに申し訳が立たない。

では始めます。おやすみなさい。





おれの欠陥に病名を付ければ
差し詰め「悪性休符パニック性カタストロフ症候群」か。





  1. 2012/03/23(金) 22:39:44|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消滅

今朝10時過ぎ。山森山脈この冬最後の姿。

CIMG6609.jpg

CIMG6611.jpg


間もなく消えた。昨年よりちょうど2週間遅い。

次は自宅庭だな。あと半月は雪見を楽しめそう。




  1. 2012/03/23(金) 17:33:59|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おめでとう

今年度はダチたちのご子息ご息女たちの高校・大学受験や就職活動の当たり年だ。

昨秋あたりから朗報が次々と齎される。
今日はその殿(しんがり)が来た。

待ちに待った朗報。
ブラヴォー! でかした!

これで心の痞えがすべてとれた。

安ウイスキーをメキシコグラスになみなみ注ぎ、一人で祝杯をあげよう。

CIMG6608.jpg


うまーい!(タケちゃんインドカリーのように発音してみて下さい。)




  1. 2012/03/22(木) 20:42:45|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消滅寸前

当店前の「山森山脈」が消滅寸前となった。
今日午後3時撮影の画像である。

CIMG6605.jpg

最盛期(2月上旬~中旬)には18豪雪に匹敵する大山脈だったが、お天道様には敵わない。


しかし・・・


昨年(今年には及ばないが結構な大雪だった)3月のブログを見ると、山脈消滅の日は9日だった。
今年の完全消滅日は明日23日であろう。

ということは、今年の気候はやや大雪だった昨年より更に2週間も遅れている事になる。
ニュースでは雪解けの遅れによる農作業開始への悪影響が取り沙汰され出した。
積雪量もだが、とび抜けて寒い冬だったのだ。
地球温暖化ってほんとか?

そう言えば自宅の庭など、雪下ろしした事もあり、通路以外はいまでも1メートルほどの雪に覆われたままだ。
夜のウオーキングをしていても、田んぼは全部真っ白。

返す返すも異常な冬であった。
2年連続の大雪。あと10年は勘弁してほしい。





  1. 2012/03/22(木) 20:33:04|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

9カ月の成果

昨年7月に始めた節制。
節食とウオーキングの二本柱であるが、先月あたりから体重の減りがめっきり鈍くなった。(現在69kg台)
同じ努力を続けているにもかかわらず、人体の不思議という他ない。

そして体重が減るにつれ、衣服を買い替えなければならなくなった事はここに何度か書いた。

体重には劇的な変化がないのだが、最近またズボン類が緩く感じ始めたため、とりあえずジーパンを一本買いに行ってきた。

ジャストフィットはこのサイズだった。

CIMG6604.jpg





昨年7月は97センチだったから18センチ減だ。
我ながらよくやった。(誰も褒めてくれないのでまた自画自賛)

夢のようである。
このサイズはハイパーダイエット(20キロ減)に成功した16~18歳の頃のサイズに近い。

「チクショー!」
と思ったあなた、私と一緒に毎晩歩きませんか?
ただし、半年一年というスパンで。




  1. 2012/03/20(火) 22:21:05|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終役員会

来たる4月1日の町会通常総会まであと13日。
総会は町会長としてのほぼ最後の仕事である。
正式にも任期はそこまでだ。

昨夜はそのための準備役員会だった。
もちろん会計監査も終えた。

今年度の役員(5人の班長さん+会計さん)は、お一人を除きすべて大先輩である。

会議はとんとん拍子に進み、終わり、続いてその場で当町会恒例の役員慰労会。

8時半には終わり、その後はそのお一人に奥様と愚妻を加え4人で2次会。
気が付けば日付変更線を越えていた。

2カ月間も大の男4人(同ブロック町会長連)の頭を悩ませた問題も、
親分(ブロック長T氏)のご尽力で先ごろ遂に解決。

今夜はほとんどの任務を終えたような気がした。






  1. 2012/03/19(月) 22:07:01|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母校での練習

今週末に自主演奏会を控えたわが団。

元々団員が少ない(十数人)ところへ、都合で本番欠席のメンバーが数人出現。
これは致命的。
これでは物理的に人様に聞いて頂ける演奏にならない。

ということで苦肉の策、日大山形高校吹奏楽部の皆さんとのジョイントコンサートとする事になった。
櫻花団員の多くが同部員のなれの果て。

そういえば2年前の同部定演にも櫻花は交ぜてもらったっけ。
これで2回目か。

で、きのうの日曜は同校同部部室での合同練習と相成った訳だ。




初々しい部員の皆さんは一年前に同部を卒業した次女の後輩たちか。
次女はここでこうやって毎日練習してたのか。

そしておれの後ろには38年前にここで一緒に吹いていたタメのトランペットS氏が座っている。
とどめは、目の前で指揮して下さっているのがその時と同じH先生。

どうですみなさん。
これはタイムマシン。これは夢だ。

なんとも言えない感覚である。
人生とか、縁というものは「妙」というより他ない。








  1. 2012/03/19(月) 21:44:14|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佳き日とわが人生

今日は山形駅に隣接するメトロポリタンで、親しい親戚のお嬢さんの披露宴。
いいむかさり(披露宴)だった。

私と親しい新婦の父親が不覚にも涙涙だったのがおかしくも印象的だった。

そして私の今日のいでたちはというと・・・

CIMG6596.jpg


ここに辿り着くのに53年かかった。やっと和装の入口に立った気がする。



袴、もう少し短く穿いた方がいいかもね。

今日のためにきものと羽織そして長襦袢を新調した。
これまで持っていたきものがすべてガバガバになったからである。

個人的に、長い間男のきものの定番だったアンサンブル(きものと羽織が全く同じ生地)は飽きた。
で、きものと羽織を色だけ別々にしてみた。(ブランドや生地は全く同じもの)

袴はというと、2、3年前に誂え、昨秋親しい友人のお嬢さんの披露宴によばれた際に初めて穿いたもの。
だから上から下までピカピカである。

見えはしないが、角帯は本場筑前博多織の縁起を担いだ「ひょうたん」柄。
手に持つ合才袋は印傳屋製の「燻(ふすべ)」である。

鹿革に型紙を当てて燻(いぶ)し、とんぼの柄を付けたものだ。
通常の、色漆で柄を付けたものとはまた違う。





やっとここまで辿り着いた。自分なりの積み重ねを実感したひと時だった。

職業人ならどなたも同じであろう。「この道一筋」。
それを続けて極みにいくらか近づく事が出来る。




新郎新婦にはそれをこれから続けて欲しい。
人生は辛抱だ。
辛抱の先に甘い実が待っているのだ。


おめでとう。これからバッチリ構ってやるぞ。





  1. 2012/03/17(土) 21:49:52|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最後の苦しみ

残りの課題解消のために大の男4人がまた歩く。
こんな状況普通じゃない。
なんとかしなきゃ。規約とか。

後ろにくっついて歩くだけの私はともかく、親分の心労は計り知れない。
絶対こんなのおかしいって。






そして今日の営業時間の多くを町会総会資料作りのために割く。
これもおかしい。
自分の会社にとっては代表取締役の軽い背任である。

町会長は現役をリタイアした人が務めるべきだ。
割が合わない。






  1. 2012/03/16(金) 21:42:14|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

震災がれき考

2000万トンという、気の遠くなるような震災のがれき処理が一年経っても捗々しく進んでいない。
被災地外の自治体がほとんど協力していないからだ。

現在、被災地外でがれき処理に協力しているのは、わが山形県の一部自治体と東京都のみ。
なぜそんなに受け入れ先が少ないかというと、皆様ご存知の通りがれきの放射線に対する警戒である。





そんな中今日、静岡県島田市が正式に受け入れを表明した。
私はその英断に惜しみなく賞賛を送る。

個人的見解だが、
がれきの放射線量が安全な数値である限り
その他の条件が整う限り、他自治体の協力は復興に不可欠だと思う。

受け入れ先住民の不安はもちろんわかる。
だが、その中に「問答無用」的なヒステリックで過剰な拒否反応はないだろうか。

川や海で人が溺れていたら、雪に車が嵌っていたら、
お年寄りや体の不自由な人が電車やバスの中で空席が無く立っていたら、

常識(コモンサンス)や良識(ボンサンス)を身に付けた日本人なら、
自身に若干の労力を齎すとしても
どう行動するかは自明であろう。

助けられる条件が整っている限り
同胞の困難を見て見ぬふりはしたくない。

あなたはどうお考えになりますか?




  1. 2012/03/15(木) 22:53:40|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

目鼻

町会長としての、任期末期の重苦しいお役目。
きのうやっと目鼻が付いた。

ある方の人脈と人柄のお陰100%の結果である。
私の力は全然入ってない。

久しぶりにぐっすり眠れる。
ただただ感謝申し上げる。

なまんだぶなまんだぶ。





  1. 2012/03/14(水) 23:37:34|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3年

そう言えば先日、仙台で大学生をしている長女が春休み帰省した。

帰省したといったって、例によってお嬢様を車でお迎えに行ったのだが。
相変わらず、軽自動車の荷室と後部座席を埋め尽くす荷物を伴ってのお帰りである。





受験、合格、アパートさがし、家財道具一式の買物、引越。
フレッツ光、仙台市ガス局、東北電力、水道局、NHK。

あの大騒ぎから3年経つんだな。
あっという間だ。

子供を手元から放す最初の経験だった。
きのうの事のように思い出す。

ちょっぴり切ない、いとおしい記憶。





今や就職活動真っ盛りの長女である。

だいぶ育てたわい。




  1. 2012/03/14(水) 22:47:35|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師の威力

益々演奏会が近付いてきた今夜の練習。
まだまだお忙しい常任指揮の先生が久しぶりにいらっしゃった。

吹ける! いつもより吹ける。

不思議なものだ。
いや、当り前か。いつもは指揮無しで吹いているのだから。
当然、おれでもリズムがいつもよりわかりやすい。

指揮者とは、いや、15歳で出会った恩師は今もお変わりなく素晴らしい。
そして吹奏楽はたまらなく楽しい。




  1. 2012/03/14(水) 22:38:00|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アップ休みといっても

昨夜は飲み会でも何でもないのでした。

ただなんとなく「筆を持つ気になれない」といったところ。

何やら少しまいってきたか。

いや、何事も気力で乗り切ります。





そういう日、これまでもたまにはあったじゃないか。





  1. 2012/03/14(水) 17:51:41|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またレポート

mira.jpg

ミラ。最新給油の燃費、16,3km/l
短距離使用100%での実績。
路面にあまり雪の無い季節になった事を実感させる悪くない数値でである。

カタログ燃費24km/l(10・15モード)のこの車、モデルチェンジから5~6年経つ筈だが・・・
「第3のエコカー」と鳴り物入りで登場したイースと較べても、そんなには見劣りしない好燃費である。

また、燃費重視のためにだろうか、52馬力と出力を押えたイースよりもはっきり元気よく(加速が馬鹿に良い。58馬力ある)走る。
安くて装備も充実しており、是非とも今車を買い替えなければならないとしたら、再び選択の筆頭候補にする。
発売後5~6年も経って「フルモデルチェンジを待とうかな」と思わせない車はである。







ミラ イース

イース、最新給油結果。20.7km/l
短距離使用180kmと、一般国道走行の仙台往復140km、合計320kmでの結果。

仙台往復が無ければ17~18km/l とか、ミラと大きくは違わない数値だったろう。
しかし、いずれにしても従来の車たちとははっきり違う「第3のエコカー」の片鱗を窺わせる数値ではある。

ダイハツ、大したメーカーである。
その思想と実績はトヨタのHVや日産のEVに負けていない。

「HVやEVを買える人だけがCO2排出少ない」より、「誰もが排出少ない」が今現在、間違いなく正義である。

そして何より、地球は待ってくれないのだ。





追記
もちろん、レクサス、インフィニティ、BMW、VW,メルツェデス、プジョー、シトローエン、フィアット、ヒュンダイ、フォード。ローバー、キーア、ヴォルボ、GM、クライスラー、タタといった、グローバルなメーカーの車を知らない、個人的な貧しい所見をいつも書いてます。




  1. 2012/03/12(月) 20:53:28|
  2. 燃費オタク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災地の隣で(大震災一周年)

今日であの日からちょうど一年が過ぎた。
震災後の一、二カ月間に「被災地の隣で」シリーズを十ほども書いたろうか。

その後は長らく書かなかった。
被災地の隣県に住み、毎日毎日様々な報道や、寒河江での生活で直接肌に感じる事、人それぞれの話などを聴き、今日まで一日も震災や原発事故の事を忘れる日は無かった。

長い間、敢えて書かなかったのだと思う。
誰でも知っている関連報道など書いてもしょうがないし、「おれはこう思う」なんて事も書く気にはなれなかった。

1万9千人の同胞の死と、被災地の壊滅的被害、先の見えにくい原発事故の終息。
これらは昭和34年に日本に生れ、育った自分には大きな衝撃と深い心の傷となった。

多くの人の死や、多くの町や産業の壊滅的被害の前には、けし粒のような私の論評や、被災者に対する励ましやお悔みの言葉など、ほぼ意味を為さない。

地震直後の二日にわたる停電や、その後1カ月弱の燃料入手難、数か月に及ぶ特定物資の品切れ状態。
それらでさえ十分に自分には未経験のエマージェンシイであった。

それくらいの事をエマージェンシイという自分は、被災者と被災地を正確に理解する事など絶対不可能だ。

もちろん、殊更被災地に見物に行って、この目で震災被害を理解しよう、などとも思わなかったし実際行かなかった。
また、青年たちのようにボランティア活動にこの肉体を捧げる事が出来る境遇でもなかった。

つまり、祈る事しかできなかった最初の1年を過ごしたのである。

確かにわが人生で最大の義援金を捧げたが、被災者・被災地への支援は、実はそんなものでは気が済まないのである。

といって、わずかな私財の多くを捧げる気概もない。
いや、そんな(太宰先生が言うところの)破滅的な行為は心ある被災者・被災地は望まないだろう。







被災地の復興は、まだまだだ。緒に就いたばかりのように見える。
また、犠牲者のご遺族の心情はいかばかりか。
私は「わかりますよ。頑張りましょう」などと、口が裂けても言えない。

原発事故の終息もまだまだに見える。廃炉までには数十年かかるというのだから。
「原発事故、やっとすべて終わったか。よかった」といって死ねるだろうか。そう言って死にたい。
故郷を理不尽に追われた人々の心情など、私には推し量る事も出来ない。





ただ言える事は、
被災地も、隣の我らも、国全体も、深い傷を乗り越え、前を向いて歩むしかあるまい。

古今東西、人は、親きょうだいや、配偶者や、ひどい時には子供の死さえ乗り越えて生き抜いてきたのだから。

きのうは東京大空襲の日だった。
悲惨だった大東亜戦、阪神淡路大震災、関東大震災。
結局、人々は深い傷を乗り越えてきたのだ。

自分や家族の人生を捨ててまでの支援は誰にもできない。
大事な事は、
①苦しみの中にいる人たちの事を想うこと。
②今できるとても簡単な事をすること。(例えばだが、本当に例えばだが、コンビニの募金箱に小銭でもいいから入れる)

そんな事ではないのだろうか?





改めて、犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、被災された方々に一日も早く安寧の日々が訪れる事をお祈り申し上げます。

あなたたちも、私たちも、国も、絶対に負けはしない






  1. 2012/03/11(日) 21:20:59|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アップ休みと言えば

そう、昨夜は飲み会。





めっきり飲み会の減った昨今、一人でウイスキーを嘗め、無聊を慰める夜が続いていた。

ところへマブから「今夜なんた?」(通訳:どうだ?)と短いメール。
ありがたい!

昨年知り合ったばかりの、バカに気の合う仲間と3人で、あっという間の数時間を過ごす。
「心の肩コリ」みたいなものがどんどん溶けて流れて行くようだ。




一晩を一カ所で過ごした訳だが、一人3千円で済んでしまった。
みな50代。酒量も喰う量も昔より減ったかな?




さ、リフレッシュした所で、浮世のしがらみと再びドーンと向き合おうじゃないか。



  1. 2012/03/11(日) 07:57:22|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休みます

意欲を持って書きたい事が今日はたまたまありません。
休みます。おやすみなさい。

そう言えば、珍しくウオーキングも雨のため休み。





  1. 2012/03/09(金) 21:06:31|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わが事のように

かつて小学マーチング、中学吹奏、一般マーチング、高校吹奏などの保護者会でご一緒した方が、お嬢さんを伴っていらっしゃった。

「12キロ痩せたという山森さんを是非とも見なきゃ」
と、訪問目的を開口一番におっしゃったが、
同時にそのお嬢さんの大学入試合格も知る事が出来た。


昨夜はまたあるダチから「息子が大学入試に合格しました」とメールが来た。


わが事のように嬉しい。おめでとう。良く頑張った。




ダチたちのすべてのご子息ご息女が、夢を叶える事が出来ますように。エイメン。






  1. 2012/03/08(木) 21:30:36|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人助け

出勤途中、ご近所さんが見事に嵌っていた。
ここに書いたのも書かなかったのも含めてこの冬4回目のレスキュー。
これまでの3回とまったく同じ状況。
お宅から出る際に前輪が二つともずっぽり轍に嵌っている。

いかに大雪だったか、人助けの回数でもわかる。




  1. 2012/03/07(水) 22:59:13|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽団の演奏会が迫っている

が、今はそれどころではない。


演奏会を間近に控えてそんな気持ちでいるのは、5年前の入団以来初めての事である。

5年間と言えば決して短い時間ではない。
その長い時間の間には演奏会や出演が数十回あったはずだ、

そしていつも気持ちは一つ一つのステージに「向かって」いた。

なぜ初めて今は「それどころではない」のか。
演奏会よりも優先順位が上の事で忙殺されているからだ。

そう言えばこのひと月くらい自分としては実に珍しく、練習さえ4回に1回くらいは欠席しているような気がする。
だから演奏の熟達度も推して知るべし。

いかにこれまでの5年間は精神が安定した期間だったか、という事だ。
趣味の活動に没頭できるという、幸せ過ぎる時間がちょっと長く続き過ぎたかのかもね。






  1. 2012/03/07(水) 22:39:02|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ここの歴史