呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

本ツー予告

今日は急遽、本格的ツーリングにでかけました。
遅いので明日詳しく書きます。
楽しかった。

おやすみなさい。




  1. 2012/04/30(月) 23:14:55|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定例 体重・運動監視日記

また月末日がやってきた。
まずは体重から。

CIMG6680.jpg

上は一日で最も軽い朝体重。
千月末日より0.4kg減。
わずかだが減ったことは減った。

何度も書くが、食餌・運動両面の努力を依然と変わらず続けているにもかかわらず、
ここ2カ月は本当に減りが鈍くなった。
その前の8カ月間は平均で1.5kgほども減っていたのだが。

しかしそろそろ「維持」にギアチェンジする事にする。

最盛期と較べ、12kg以上減ったのだ。
大成功と言わずしてなんとしょう。

血圧は薬の力を借りなければまだ正常値をはみ出すが、
コレステロールと中性脂肪は相当前から正常値となっている。
大戦果と言わずしてなんとしょう。




さ、お次は運動(ウオーキング)。

CIMG6697 - コピー

30日間で26回。合計1183分。
1回平均45.5分。

またまたでき過ぎだ。
月20回以上、一回40分以上が自分との約束だから。




どちらも良くやった。
あとはとにかく継続と維持。それだけだ。






  1. 2012/04/30(月) 22:35:03|
  2. 運動・体重監視日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW日記(朝ツー+車庫片付け)

もちろん「ずっと仕事だオラ!」
と言う方もいらっしゃるかと思いますが、きのうからGWが始まりましたね。

当店は、カレンダーの赤い日を休ませて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。

さて、当店(我が家)にとって、今日はとびとび連休の初日。
6時前に起きてセカンド愛馬SUZUKI ST250 に跨り一人朝ツー。


CIMG6675.jpg


写真手前の、昨年我が家にやってきたかわいい奴である。
いよいよおバカの季節到来だ。

6時ちょい過ぎに出発した。
が・・・

天気はいいものの寒い!
尾花沢往復で70kmほど走ったが体も手も悴(かじか)み、体が震える朝ツーとなった。
1時間半、一貫して10℃前後だった。
日中は汗ばむほど暑くなったのに。





さて朝食を済ませお茶を飲めば定休日恒例、自宅のお掃除。
それを済ますと自宅ガレージ(車2台入る総2階)2階の整理整頓。

12畳ほどの2階には長年溜め込んだモノでいっぱい。
夫婦で寒河江市指定ゴミ袋に要らないものをひたすら詰め込み続ける。

昼食をはさんで午前11時から午後5時半まで延々と整理整頓を続けた。

その結果、要らないものでパンパンになった指定ゴミ袋が30数袋できた。

CIMG6676.jpg

CIMG6677.jpg

CIMG6678.jpg


異常な量である。
某家の膨大な不要品排出をおととしから手伝っているが、人の事をとやかく言える身でない事を痛感。


今、寒河江の桜は見頃なのであるが、我が家は残念ながらそれどころではない。






  1. 2012/04/29(日) 22:30:13|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弱音

体重。

昨年7月から健康上の理由でダイエットを始めた。以来10カ月。

2月までは順調に減り続けた。

その手法は節食とウオーキングの二本立てである。





しかし、3月から完全な停滞期に入ってしまった。


2月末日70.2kg。
3月末日69.8kg。

そして現在、4月28日、70.0kg。(以上、すべて一日で最も軽い朝体重値)

全く停滞している。

なぜ?
ずっと同じ努力を続けているのになぜ?

昨年7月から今年2月までの8カ月間は同じ努力で12kg減ったのに。

なぜ?これ以上はもう駄目?





本当の最終目標として、なんとか夜体重(一日で最も重い)で70kgの大台を割りたいのだが。

こう膠着状態が続くと挫けそうである。







  1. 2012/04/28(土) 21:42:08|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の庭

基本的に日曜以外の日中は家には居ないので、庭を愛でるのは大抵は夜となる。

異例に寒く長かったこの冬。
今、寒河江あたりは例年より遅い桜が咲き誇り始めた。
同じ市内でも場所によって咲き加減が相当違うが、まあ5分や7分といった所。

明日あさっての土日は最高の花見日和となろう。天気もバッチリのようだ。

わが庭には残念ながら桜は無い。
だが、やはり異例に遅い梅の開花を見つけ、ウオーキング後に妻と共に庭に出た。

CIMG6669.jpg

将に「夜の梅」。

CIMG6668.jpg

将に「梅鉢」である。

そして古武士。↓

CIMG6671.jpg

なんとしたこと。今年はたった一輪である。

CIMG6672.jpg

↑ これはなんという植物なのだろう。
長年咲き続ける我が家定番の多年草である。

CIMG6673.jpg

↑ これは馬酔木(あしび)?

CIMG6674.jpg

↑ この球根は何?


何もわからないが、とりあえずわが庭にも春が訪れている。

あと何回これを見れるかな?
できれば30回も見たいものだが、欲張りかな。

ま、すべては阿弥陀如来様にお任せである。

散る桜 残る桜も散る桜 だ。






  1. 2012/04/27(金) 21:27:23|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お別れ

とは言っても「今生の別れ」というほど峻烈なお別れではないのだが。



CIMG6666 - コピー


それでもこのようなご丁寧なご挨拶を頂戴し、
このような文面を拝見すればただたださびしい。


先日ここに書いた、わが隣組を、ひいてはわが町会を、
40年間の長きにわたりご夫婦お揃いでリードして下さったお二人である。

喪失感。がっかり。さびしい。なんと表現すればいいのかな。
紛失したり落としたり盗まれたのではない、おとといの「90万円アホ事件」など較べものにならないさびしさ。



W様ご夫妻へもう一度。
長い間大変お世話になり、本当にありがとうございました。
これからはお嬢様とそのご家族と共に、末長くお元気でお幸せにお過ごし下さい。




  1. 2012/04/27(金) 09:50:37|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑い話

定期預金証書を持ち、解約するためにある銀行に赴いた。
そのお金で別な運用を目論んだからだ。

こういう所で金額を書くのもどうかと思うが、おバカだし、金額を書いた方が記事のリアリティが増すので書く。
約90万円である。

窓口で来意を告げ、着席して呼ばれるのを待つ。
10分、20分、なかなか長い。

25分。なんか長過ぎる。
と思い始めた頃、「佐藤様こちらへ」と、窓口でないパーテーションで仕切られた所へ案内される。

ん、なんだ一体?

「佐藤様、この定期預金は2年前に佐藤様が紛失届を提出され、解約して全額お受取りになっています。」

は?

自分の字で書かれている紛失届を示された。

「それはそれは。大変失礼しました」全く記憶が無い。

「お手数ですが発見届をお書き下さい」

「ははあ。わかりました」

「ではその証書は頂戴致します」

「はー」





Oh! my God!

こんな事初めてだ。
笑って下さい皆さん。「別な運用」は雲散霧消した。

非常な脱力感を覚えながらその銀行から退散した。
だって、あると思っていた90万円が「消えた」のだから。

2年前、その90万円はどこにやったのだろう。





  1. 2012/04/25(水) 22:51:16|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備え

CIMG6663.jpg

先日、カセットガスボンベを燃料とするストーブを購入した。
その世界では一流のイワタニ製である。
大震災からほぼ一年間、店頭から消えていたものだ。

ホームセンターで10800円であった。
痛い!小さいくせに高い!

しかし使ってみると非常に良かったので、今日ネットで同品の最安値を調べ、9280円でもう一つ購入した。
それでも痛い!

これはレギュラーサイズのカセットボンベで3時間ほど燃焼する。
その熱量は1kw。
標準的な灯油ファンヒーターと較べ、数分の一である。

だが、冬季に何も無いよりは「屁」くらいは役に立つだろう。
木造戸建住宅なら3畳が使用基準だそうだ。




大震災以来、少し用心深くなった。
給湯用・暖房用灯油は買い置きの半分まで無くなれば購入。
車のガソリンも半分まで無くなれば給油。

この小さなガスストーブも、例えば最近の高気密・高断熱住宅ならば結構役に立つのかもしれない。
あとは発電機かな。
それはちょっと高いんだよなー。




皆さんはどんな備えをなさっていますか?




  1. 2012/04/24(火) 22:23:21|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隣組花見

班長さん、段取りご苦労様でした。
ありがとうございました。
腹いっぱいであります。
(と言いながら、炭水化物や脂質はきっちり抜いてたりして)

毎年恒例の隣組花見。
お隣三軒両隣。
隣人たちの有難さをしみじみ感じる会なのだが、

今日は特別な花見でもあった。
長年(40年間!)に亘ってわが班のリーダー的存在だったご夫妻が、ご息女のお宅(山形市)に引越なさる送別会でもあったのだ。

W様、長い間お導き下さりありがとうございました。
お引越なさったあとは、とても空虚になる予感がします。

しかし、お引越なさったあとの班内の「和」を、残った者たちが維持発展させる努力を続けます。
本当にありがとうございました。






  1. 2012/04/23(月) 22:47:09|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呉服屋よりも

法要後の会食でお世話になった割烹の、若いご主人から実に面白いものを見せて頂いた。

CIMG6659.jpg

スマホのストラップになっているもの。
皆さんわかりますか?

そう、女物の羽織紐なんです。
二つで一組の羽織紐。
その片方がスマホのストラップになっている。

CIMG6660.jpg

羽織紐は何も手を加えずともストラップになるんですね。
呉服屋、考えもしませんでした。

さすがは老舗割烹のご主人。発想がブラヴォーです。




相当前から滅多に見かけなくなった女性の羽織姿。
それはさびしいのですが、その羽織のほんの一部分が発想によって甦るんですね。

恐れ入りました。




今日はとてもおいしい昼食をありがとうございました。
おいしい料理、細やかな心配り。

何もかも勉強になりました。





  1. 2012/04/22(日) 22:37:26|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

法事終了+α

ふうーーーーーーーーーー。

終わった。
出費もすごいが体も疲れた。

もちろん来てくれた身内たちも同じだろうが。
神奈川からは車で、名古屋・福岡からは空路でだからね。

何事でも「人寄せ事」は大変だ。




おととい深夜11時半頃、偶然ほぼ同時に寒河江入りした5人のお客たち。
(内二人は山寺駅まで迎えに行った)
夜中の2時近くまで飲んで、続く昨夜も焼鳥屋で飲み喰い。

今日の法事本番後は割烹で会食(昼食)。
その後、空路で帰る二人を仙台空港まで送る。

今日は定休日だから良かったが、きのうは客人たちに気を遣い、仕事もあっちこっちになってしまった。




あーーーーーー。
終えて本当に安心した。

今日の法事とは、祖母の十三回忌、祖父の三十三回忌、曾祖父の五十回忌を一緒に営んだものである。
どちらのお宅でも当主の務めである。

おれも疲れ、安心したが、妻も同じであろう。
ハニー、ご苦労さんでした。




ところで今頃恥ずかしいのだが、今日は家から仙台空港に直行するという、初めての体験をした。
仙台空港から飛行機に乗ってどこかに行った経験が無いのである。

千歳空港へ三度、羽田・伊丹へは何度も行ったが、それはすべて山形空港からだったのである。
多くの人は、仮に寒河江から仙台空港に行く際は山形道⇒東北道⇒仙台南部道路⇒仙台東部道路と走って空港インターまで行くだろう。きっと。

だが、若い頃から「最短距離」が大好きな私は、村田ジャンクションから北上せず、南下して村田インターで降り、宮城県道を使って空港に達した。

早く降りれば高速料金は安い(日曜割引に加え、軽自動車なので片道700円で済んだ)し、10キロほどは走行距離が短いのでガソリンも節約できる。
そしてそのルートは家から仙台空港まで75分で行けるのである。

高速約60km、一般道約25km、合計85kmだった。




それにしても、大震災から13カ月以上経つというのに仙台空港周辺の風景はまだまだ悲惨なものであった。
先進国日本の復興スピードとは思えない。

がれきの山、津波に襲われ大破したままの住宅、ビル、工場、道路・・・

これは一体どうした事か。
復興のこの遅さは一体何がネックになっているのか。
被災地の隣県に住む私には衝撃的な光景の連続であった。





あー、話が逸れ過ぎた。
すいません。まとめを放棄して逃げます。
おやすみなさい。




  1. 2012/04/22(日) 21:15:56|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コツ

町会組織や公民館組織でも
会社や家庭でも
吹奏楽団やマーチングバンドでも
商店会や檀徒会でも
また地方自治体や公共プロジェクトでも
学校の部活やその保護者会でも


その団体のポリシー、コンセプト、秩序がはっきりしないまま時間が経過すると、
求心力が失われ混乱を招来し、人心が離れ、その結果「和」の力が低下して成果や業績が悪化したり、
状況がマイナスに向かう可能性が高くなる。


その鍵は何の集まりでも必ずボスが握っている。
ボス次第で何でも決まっていく。
ナンバーツーやスリーは絶対欠かせない存在であり、その団体の行く末の30~40%を左右するが、
やはりボスが60~70%を握っている。(だからボスと言うのだが)


そしてその力の発揮は強過ぎても弱過ぎてもだめ。
厳し過ぎても優し過ぎてもだめ。
冷た過ぎても温か過ぎてもだめ。


何の団体でもボスを務めるのはなかなかのは難しい。



だが一つだけ言える事は、
ボスは鈍感でなく、常に構成員の痛みや苦しみを素早く、敏感に察知する努力を絶やさない事。
そしてそれを解決する労力を惜しまない事。

構成員たちに進むべき道筋を明示し続ける事の他には、それらが最も大事ではなかろうか。
ボスは人々を引っ張るカリスマ性も必要だが、間違いなくサービス業も兼ねなければならないと思う。

ボスは王様のようでもあるが、実は皆の僕(しもべ)でもあるのだ。
(ボスがそこを勘違いすると、文字通り「裸の王様」そのまんまである)

そしてその結果、その団体は目指すものにより近付く事ができ、更には団体に永続性を齎す事が出来るのではないだろうか。





多くの「長」を見、仕え、また逆に自身も臆面なくなにがしかの「長」を何度か務め、
自省に苛まれながらそんな事を感じている今日この頃であります。






  1. 2012/04/19(木) 21:40:41|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪山消滅(定点撮影)

滅多にない大雪と低温が続いたこの冬。
雪下ろしによってできた自宅富士山消滅までの記録。

雪下ろし直後の2月5日から。↓

雪山2月5日

サッシが開けられない。この家に住んで38年。初めて見る光景である。

雪山2月17日 - コピー
↑ 2月17日

雪山2月26日
↑ 2月26日

雪山3月4日
↑ 3月4日

雪山3月11日
↑ 3月11日

雪山3月18日
↑ 3月18日

雪山3月25日
↑ 3月25日

雪山4月1日
↑ 4月1日

雪山4月8日
↑ 4月8日

雪山4月16日
↑ 4月16日

雪山4月16日2
↑ 同日その2

雪山4月18日朝
↑ 今朝

雪山4月18日夜
↑ 今夜

そして間もなく消えた。

間もなく営む法要に、神奈川や名古屋から5人の子孫たちが我が家に来てくれる。
彼ら彼女らに見せたくて、散らさず大事にとっていたのだが、無理だった。

残念。



  1. 2012/04/18(水) 22:47:29|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アロエ博士のイースレポート

今回のイースレポート

14日、14:30出発  自宅~浦和 387.5km走行。
80km/hくらいでのエコランの予定でしたが、村田過ぎたら、俺の性格上駄目でした!
燃費は25.6km/l。 高速代3200円  ガソリン代2282円

浦和~自宅 17日 AM 0:10寒河江ICゲート通過。帰り(の速度)は90〜110km/hくらいでしたね。
382.5km走行、25.01km/l。 高速代3100円、ガソリン代2231円
往復合計 10813円 。イースの交通費安いですね~。

黒イース

2012/04/17(火) 11:49  アロエ博士





以上は最近イースで東京往復したアロエ博士のレポートである。
前記事に頂いた彼のコメントを、お許しを得て掲載させて頂いた。
(博士、ご厚意ありがとう)

彼は先月、愛車をステップワゴンからイースに替えた。
現在、軽自動車には7万円のエコカー補助金が出ているし、
重量税や取得税も免税だか減税になっている。

更に、ダイハツはイースに対して「オプション5万円分プレゼント」の特典を付けている。
実にいい買い物だったと思う。




普段はまずまずの燃費でも、小さなエンジンの悲しさで、高速に入ればたちどころに燃費がガタ落ちだった昔の軽。

彼のレポートが物語る通り、イースは全く違う。
私も3月に経験したが、イースは高速でも驚く低燃費だ。
下手なハイブリッド車はもちろん、バイクですら敵わない。

また、燃費以外のイースのポジ、高速料金の安さも彼の言う通り。
年に一度の自動車税は7千円台だし、車検時の諸費用や各種保険も普通車より圧倒的に安い。

そして大事な事は、
現在の軽自動車は、以前のような「我慢の塊」ではなくなっているのである。

高速走行・長距離走行へっちゃら。
居住性(スペースユーティリティ)は下手な普通車を凌ぐ。
(事実、イースやミラはフィットやヴィッツよりずっと広い)

ノイズの少なさも昔とは比べものにならない。
ハンドリングや足回りもその通り。
耐久性や剛性も然り。快適な各種装備も充実している。


では軽のネガほと言うと、普通車と較べて
荷室の小ささ。
4人乗り。
パワーや安全性、ノイズは当然普通車には一歩譲る。
こんなところか。

だが走り方や使い方、またライフスタイルによって、それらはネガにもならないのではないか。
現在の軽の規格や待遇(税とか法規とか)について、二、三疑問はあるものの、
燃料を喰わない(イコールco2排出が少ない)、生産時の資源やエネルギーが少なくて済む。
そしてリサイクルし易い。

これらを考える時、私は軽自動車を礼賛する。




それにしてもあのアロエ博士が・・・

まさか「燃費オタク」仲間になるとは!

やはり世界は、社会は変わってきているのではないでしょうか皆さん。






  1. 2012/04/17(火) 20:30:51|
  2. 燃費オタク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2012夏タイヤ初燃費(イース)

es in sendai

最近の車って、素のままでもエアロパーツ装着車みたいですね。




さて、昨年10月下旬購入のイースなので、夏タイヤではまだそんなに走っていない。
高速道路走行80数キロを含む260kmほど(それ以外は短距離使用のみ)のタイミングで給油。

今回の260kmはエコランを意識せず、普通に加速を楽しんだ。
結果は21.8km/l 。

まあ、全く普通の予期できる記録である。
が、イースの前に乗っていたFFフィットなら15~16km/l といった所だったろう。
はっきり言って比べ物にならない。
ミラなら、うーん、17km/ 台かな。




たまたま今日、イース仲間のアロエ博士から東京行きの燃費レポートがあった。
25km/l とか。
先月、スタッドレスで出した自分の23.4km/l をやはり上回っている。

夏タイヤの季節。ブラヴォー!




  
  1. 2012/04/16(月) 21:34:25|
  2. 燃費オタク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プリンタと仙台

春休みが終わり、仙台に戻った長女から「プリンタが動かない」と連絡があった。
大学の勉強ばかりでなく、とうに就職活動も始まっている彼女にとって、
プリンタが使えないと困る事もあるのだろう。

ということで、定休日を利用してバカ親出動。
「東北道いつでも無料」と「山形道土日祝無料」は先月で終わったが、
今日に限っては時間に追われているので高速を使う。

軽の特典、料金が安い。日曜半額割引で寒河江⇒仙台宮城850円。

さて、話が逸れた。
プリンタはどうやってもダメだったので、やむを得ず最寄りの電器量販店に新しいのを買いに行く。

CIMG6647.jpg


久しぶりに買って驚いた。複合機がなんと6千数百円で手に入ったのだ。
もちろんエントリーモデルだが、学生にはこれで十分であろう。

それにしても本体が数千円なのに対し、インク4色セット(2本)が3千円を超す。
どのプリンタにも言えることだが、この状態はなんとかならないものか。
インクで儲け過ぎてやしないか。

とにかく使える状態にセットして一件落着。帰る。






ところで今日の仙台行で撮った一枚。

CIMG6643.jpg

入学して早や4年目に突入。
引越しをはじめ、この3年ちょっとで我々夫婦は何十回仙台往復をした事か。

彼女の住まいは青葉区桜ケ丘。
そこに行くには高速を使っても一般道利用でも、
折立交差点から北環状を数キロ走るワンパターンコースである。


この3年間に数十回行った仙台というのは「大仙台」のほんの一部である。
(その前の長い人生に行っていた「仙台」だって中心市街地と卸町くらいだが)

ということは、娘が帰ってくれば再びそこら辺(桜ケ丘までの北環状)は「滅多に行かない仙台」となる。

4年生、殊にその後期は受講講義数が週一とかに激減する。
だからその前の夏休み開始の時点でアパートを引き払い、家に戻ってくる予定。

(家から大学まで公共交通を乗り継いで2時間弱かかるだろうけど、
「週一」のためにアパートや仕送りってえのは考えられないからね)
数カ月後から家賃はじめ仕送りが一人分要らなくなる。なんという幸せ!




写真のような北環状沿いの風景を恒常的に見るのもあと僅かだ。




  1. 2012/04/15(日) 22:52:45|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しそ梅酒

先日、恩師から頂戴した「しそ梅酒」。

CIMG6646.jpg

今夜飲みほした。

「これは本当にうまいんですよ」と、梅酒好きの師がおっしゃる通り、
酒呑み(辛党)の私もこれにはびっくり。

本当にうまい。

なんとよく見ると地元寒河江の銘醸、古澤酒造さんの製品ではないか。
これは入手しやすいかも。

皆様もどうぞお試し下さい。おすすめします。





  1. 2012/04/15(日) 22:21:28|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

始動(ST250)

バイク通勤開始。
もちろんセカンドのSTで。
CBで1kmの通勤はちょっとね。

CIMG6641.jpg


CIMG6642 - コピー

今季はここから始まる。




  1. 2012/04/12(木) 17:44:57|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一生こびり付くヒエラルキー

先日、こんなお土産を頂いた。

CIMG6629.jpg

CIMG6631.jpg

クッキー!
大学でこんなものまで売ってるんだ。
昔なら考えられない。

そういえばエヌ・ドットでもいろんなものを入手できる。
こっちも一人、大金(おおがね)かけて現地に一人派遣している。

CIMG6639.jpg

↑ この夏はこれでいこう。

CIMG6630.jpg

駒澤喰っちゃったぞ。なんだか申し訳ないような。







そしていろんな事を思い出す。
その中の一つ。
現役時代のヒエラルキー(ポジショニングと換言してもいい)って、この齢になってもなかなか消えない。
マイルドな言葉をさがせば「ライバル心」かな。
卒業後の人生に、良くも悪くもこびりつく。






  1. 2012/04/11(水) 21:35:30|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブルヘッダー

午後、二人の友人のお身内のご葬儀二つに参列した。

一つは寒河江市内で1時半から。
もう一つは山形市内で3時から。

会葬は1時半からの事が多いのだが、そんな訳でぎりぎりのタイミングだったがどちらにも参列する事ができた。
それは良かった。

しかし、人生とは実に「妙」である。
その二人の友人達とは、10年ほど前には全く無縁だったのである。

それが今では自分の人生に欠かす事の出来ない大事な友人達となっている。
これ全て子供のお陰である。

いや、子供を通して接点のあった多くの方々の全てとその後も交際がある訳ではない。
荒っぽく言えば、数百人の方々と出会って、お付合いが生まれ、続くのはその10分の1とかそんなものである。
もちろんどなたでも同じようなものと思う。

だから、出会いは「子供のお陰」もあるけれども、「続く」のはやはり「ご縁」であろう。
「妙」としかいいようがない。

いつか、数十年後、
「我や先、人や先」と今生の別れを告げる回数が多くなるのはきっと辛いだろうけれど、
(自分が真っ先ならばその意味でラッキーだけど)
しかし、多くのご縁に恵まれた事、ただただ嬉しく幸せである。






  1. 2012/04/10(火) 20:56:00|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お笑い

二人の友人の肉親が立て続けに亡くなった。
ご葬儀は一件は今日、もう一件は明日。

そう思って喪主の共通の友人と二人、連絡を取り合あい乗り合わせで山形市にあるセレモ二―ホールに出発する。
「いやあ、昨年秋のある葬儀に式場を間違って行っちゃってよー。まいったよ」
「あっはっは。馬鹿だねお前は」

などと車中で話しながら葬儀開始30分も前に式場に到着。
車を降りて建物に入ると「○○家葬儀式場」と入口に書いてある。

葬家の姓と違う。他に看板は無い。
今日の葬儀日程を教えてくれた、やはりもう一人の共通の友人に電話する。
彼はまだ到着していないようだ。

「おいお前、場所間違えて教えてないか?」
「は?」
「ここじゃないべよ」
「は?今日んねず。明日だず。メールさ10日って書いたべ!」
(標準語訳:「今日じゃないよ。明日だよ。メールに10日って書いたでしょ)

・・・・・・・・・・・・

二人して日を間違ったのであった。

Oh! my God !

なんてこった。こんなの初めてだ。
笑うしかない。(葬家には不謹慎で申し訳ないが)

アホである。
二人ともまた明日、会社から暇をもらって参列する事になる。
笑うしかない。

そして、明日の二つの葬儀時刻がずれる事を祈るしかない。






年とったなあ。





  1. 2012/04/09(月) 22:22:01|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総会+新入団員

楽団総会無事終了。
また新しい一年が始まった。

そして今夜新入団員が一人。
うちの長女よりほんのちょっと上の、初々しいお嬢さんだ。

おじさんとおねえさん(?)の多い櫻花。
平均年齢がどんどん下がればいい。(その内居づらくなったりして)







  1. 2012/04/08(日) 21:57:44|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別注幕

呉服屋なもので、繊維関係のご注文を幅広く頂戴します。
この度のご注文は地蔵堂の横幕。

寒河江市内にある地蔵堂。なかなか立派な建物でした。

CIMG6632 - コピー

この度完成した別注横幕を納品・設置させて頂きました。

CIMG6633.jpg

ピカピカ・立派になりました。
今日まで長い年月同所に掛けてあった幕は、日焼けと生地の劣化で限界が来ていたのです。

CIMG6634.jpg

この通り、幕本体、房、ロープで一式です。
特に幕本体の調製は、いつもお世話になっている加工先様から、生地の手配、現場確認など、とても手間暇を掛けてもらいました。

お陰で房との色もバッチリ合って、サイズもピッタリでした。
お客様と加工先に感謝申し上げます。


偶然ですが、市内のある施設に使うまた別な別注幕のご注文も頂いており、現在制作中です。
どうぞ、呉服屋を便利にお使い下さい。
どんなご注文にも真剣に対応させて頂きます。




  1. 2012/04/07(土) 18:45:55|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連夜の出動②

先週に続いて再び連夜の出動が続いている。

①昨夜は「○○の会」新年会兼「第2回私的町会長離任慰労会」
②おとといは楽団練習
③その前は「第一回私的町会長離任慰労会」
④今夜は公民館総会+⑤別お座敷ひとつ
⑥明日夜は楽団総会

先週の8夜連続には及ばないが、さすがに期首。結構忙しい。

皆様も似たようなものではないでしょうか。
大雪だった冬に続き、以上に寒い春が続いています。
飲み過ぎ食べ過ぎにも注意して元気で乗り切りましょうね。

それにしても「慰労会」は嬉しいです。ありがとう。
そして妻の理解にも感謝。





  1. 2012/04/07(土) 09:52:34|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イース偉大なり(記録更新)

きのう、商用で舟形町往復という絶好のエコランの機会に恵まれた。
日本海で急成長した台風並みの低気圧により、全国的に春の嵐に襲われた日だった。
死者数人、けが人数百人、建物などの被害は枚挙に暇が無いという、すさまじいものだ。

風はひどかったが、路面は全行程ドライ。タイヤはスタッドレス。
乗員はおれ一人。格別の荷物は無し。

コースは谷地、大久保、大石田、そして国道13号に入り、自動車専用道の尾花沢新庄道路で舟形。
帰りも同じ。

一般道は50~70km/h台、専用道は70km/h台で走ってみる。
99.1km走って消費ガソリンは2.98リットル。

33.3km/l!

嘘のような燃費である。四輪でこんなの経験した事が無い。
カタログ燃費(JC08で30.0km/l、10・15モードで32km/ )よりもいいじゃないか。

平均燃費計は29.6km/l と、控えめな数字をを示していた。
この辺が「甘い」ホンダフィットのそれよりも好感が持てる。

昨年10月下旬納車のイース。
これまでにもスタッドレスになってから29.0km/l を2度達成していたが、大きく記録を塗り替えた。

すごいという他ない。益々夏タイヤが楽しみである。

ひょっとすると、納車半年待ちという、低燃費世界一のHV、トヨタ「アクア」(JC08で33~35.4km/l)に匹敵するんじゃないか。

イース、偉大なり。



  1. 2012/04/05(木) 10:16:43|
  2. 燃費オタク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

恩師ご来訪

私と次女の吹奏楽の恩師にして、県吹奏楽界の重鎮。
更にはわが楽団の名誉常任指揮者の尊敬する先生(山形市ご在住)がひょこっとお越しになった。
初めての事である。

驚いたが嬉しかった。

しばらくお話の後、
「ところで先生、寒河江でお昼でもいかがですか?」

先日、N高吹部との合同練習の後、参加したわが楽団員全員がお昼をご馳走になった。
せめてその内の一人、お返しをしようと思ったのだが、

「いや、折角ですが部活に戻らなければなりません」

お帰りになった。相変わらずお忙しい。

先生の現役最終年度のご活躍とご健勝をお祈り申し上げます。






  1. 2012/04/03(火) 21:46:16|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝名刺受(受注生産品)

ご注文頂いてから半年超。
受注生産品の「名刺受」が今日仕上がってきた。

CIMG6626.jpg

黒の鹿革にピンクの漆で「さくらんぼ」。

「ピンクの漆」も「さくらんぼ」柄も、400余年の甲州印伝の歴史の中で、
非常に新しい、去年おととし誕生したばかりのものである。

商品名は「名刺受」なのだが、当店はだいぶ前から別の用途でこれを使っている。

CIMG6628.jpg

そう、毎日のお取引でお代を頂いたりお釣りを載せたりして使っているのだ。
当店のは黒の鹿革に白漆で「爪唐草」。
しぶとく生き残れるように、との願いを込めての色柄の選定であった。

定価14,700円。
この度は観光さくらんぼ園オーナー様のご注文でした。
この皿でお客様とのお代のやり取りをなさるのかな?

ご繁盛を心からお祈り申し上げます。




  1. 2012/04/03(火) 21:30:51|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろ夏タイヤ

今日、まずはミラを夏タイヤにした。
ガレージに行ったついでに2台のバイクの火入れ式も。

まだ寒いが春である。
町会長も終わったのである。

直近のミラとイースの燃費を。

ミラ、16,8km/l 。
イース、20,0km/l 。


いずれもスタッドレスによる短距離走の塊の結果である。
いよいよ夏タイヤの季節。
燃費が楽しみです。





後記
アロエ博士からのコメントを紹介します。↓



我が家のECOカー燃費
イース23km/l
アルト18.6km/l
でした。
今日タイヤ交換したので、次回が楽しみです。

2012/04/02(月) 20:57:50 アロエ博士





  1. 2012/04/02(月) 16:55:56|
  2. 燃費オタク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

町会長日記最終回

遂に今日は町会総会の日。
朝9時半、会場となる地元公民館へ夫婦で出動。

役員集合時間は10時に決めてあるのだが、そこは町会長。
心配だし、役員さんたちより遅くなる訳にはいかない。

まずは会場となる大広間の掃除機かけから。
おいおい班長さんたちも来て下さる。

総勢7名の力は大したもので、あっという間にテーブル・座布団並べや、コップ、飲み物、折詰の配膳などが終わる。
今日の出席予定者は37名。わが町会の7割を超す高出席率である。

町会長挨拶も比較的落ち着いて、考えていた事はすべて述べることができた。
来賓のご挨拶も済み、さっそく協議に入る。

ご出席の方々のご協力により、事業報告、決算報告、監査報告、事業案、予算案すべてスムーズに審議・承認された。

町会規約により、新役員(町会長・班長)は既に別の所で選出済みなので、総会では紹介するだけ。
代表として新町会長からご挨拶を頂く。

協議が終わるとその場で懇親会に移行。
協議終了後に折詰を持ってすぐに立たれる方はおらず、賑やかな懇談が始まる。

しばらくたって気付くと、残っているのは役員さんばかり。
「役員水入らず」で少々飲み続けるとあとは後片付け。

すべて終わって解散。午後1時過ぎであった。

終わった。

CIMG6623.jpg

一年間、我が家の玄関先に掛けてあったこの表札。
新町会長さんにお渡ししてきた。

残った仕事は仕出し屋さんと酒屋さんへの支払い。
そして今月5日号の市報他の文書配布のみ。

書きたいことは山ほどあるが、ほとんどは自分の頭の中にしまっておこう。
少しだけ書く。

一年間、あっちへ走りこっちへ走り、常に注意を怠れず、頭も体も大変だった。
しかし、多くの方々のお世話になって過ごした一年でもあった。

町会内ばかりでなく、公民館組織、町会長さん方をはじめとする他町会の方々。
多くの方々とお知り合いになる事が出来た。

という事は町会や公民館に対する理解も飛躍的に進んだわけだ。
そして最後は結局「感謝」の念で締めくくる事が出来た。

今日任を終えたばかり。当分「大変だった」の記憶は強いだろう。

しかし、ひょっとすると・・・

一年経ち、二年経ちすると、「して良かったじゃないか」
と思う日が来るような予感もある。

結局、自分や家族はこの町内で人生を過ごしているのだ。
なにがしかのお役目は避けて通る事が出来ない時もあるのだ。

何歳になっても止まず修行を下さる神仏に感謝します。










誰か、おれの慰労会をしてくれませんか?





  1. 2012/04/01(日) 20:38:35|
  2. 町会長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ここの歴史