呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

ホームページ見切り発車

西暦2012年の今頃何なんですが⇒ホームページ⇐を開設しました。

CIMG7822.jpg

お粗末なものですがどうぞご覧下さい。
(この夏から公開ビルディングしてたので、既にご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが)

IT音痴の私。開設に当たっては若い○○氏に手取り足取りお世話になりました。
お陰様です。本当にありがとうございました。





が、とりあえずの開設、まだまだ完成しておりません。
これからちょいちょい改良していくつもりです。
皆様のご指導とご鞭撻を衷心よりお願い申し上げます。




  1. 2012/11/30(金) 14:00:16|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノートとアクア

CIMG7819.jpg

ご存知、今の国産車を代表するエコカー二車である。

左は2012RJCカーオブザイヤーに輝いたニッサン「ノート」。
1200ccの3気筒エンジンに「エコスーパーチャージャー」なる過給器を付け、
最も燃費のいいグレードでは、今年から常識となったJC08で25.2km/l の好燃費を実現。

過給器付きのため、日産曰く 「1200ccで1500ccのパワー」とか。
その燃費を達成している中級グレードの価格は約145万円。
ハイブリッドでない、ただのガソリンエンジンでこの燃費は、マツダのデミオと共にこのクラスでは世界トップレベルだろう。
(ミツビシの新ミラージュの数値はそれを上回るが1000ccだ。ちょっとだけ下のクラスになる)





さ、そして写真右はトヨタ「アクア」。1500ccエンジンにハイブリッドシステムを搭載。
「ヴィッツ」のプラットフォームを使った、ハイブリッドのフロンティア「プリウス」の弟分的存在。
皆様ご存知の通り、量産ハイブリッドでは世界最高の燃費を誇る車だ。
同じくJC08で35,0km/l。すごいという他無い。

やはり多くの人々が選ぶであろう中級グレードの価格はたしか約179万円。
とすると、車両価格差は34万円だ。





さあ、そこでお得意の計算が始まる。
月1000km、年に12000km走り、レギュラーガソリンがリッター140円、
実走燃費をノートが17,6km/l、アクアが24,5km/l と仮定しよう。
仮定の根拠は、カタログ燃費の7掛ということだ。

その場合、年間の燃料費は
ノート⇒95,455円
アクア⇒68,571円

その年間差額は26,884円。
ということは・・・

車両価格差を償却するのに13年近くかかる。
車そのものという、工業製品の好き嫌いとかはひとまずおいて、
イニシャルコストとランニングコストという、二つのコストという視点だけから考える時、
アクアがノートを凌ぎ始めるのは13年目からということになる。

もちろん、この仮定をかけ離れた月3000km、 年36000kmとか、あるいはそれ以上走る人は事情が違ってくる。
この辺が選択の分かれ道なんだろうな。



個人的感想。
うーむ・・・
ハイブリッドシステムはまだまだ高価ですな。






 
  1. 2012/11/29(木) 21:52:48|
  2. 燃費オタク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽団会議

今夜は今月二度目の会議。
仕事や家庭、地域社会など以外の、所謂趣味の事に頭を悩ますのは久しぶりかも。

こういう状態はたまにはいい。
実生活のモチベーションにもプラスに働くことがある。





  1. 2012/11/28(水) 22:52:07|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012初雪

結構盛大な吹雪でしたね。
寒河江の市街地ではほとんど積もりはしませんでしたが。

山形地方気象台は九日だか前に「気象台地内で初雪を観測した」と発表したようですが、
私にとってのはっきりした初雪は今日。

これが来ると晩秋から初冬に切り替わったような気がします。
これから長い冬が始まります。
皆様、風邪などお召しにならぬようどうぞご自愛下さい。




  1. 2012/11/27(火) 21:38:39|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

たち吉商品

数年お休みしていた、創作陶器のビッグネーム「たち吉」さんの商品が入荷しました。
迎える年末年始にふさわしい品々です。

CIMG7813.jpg

CIMG7814.jpg

というものです。
たち吉東京から送られてきたカタログを見、いっぺんで気に入って仕入れました。

ところで皆さんこの品、何かお気付きになりませんか?
そうです。毎年該当の干支を中央の台に載せれば、万年飾れますよね。
これも気に入った理由の一つ。

CIMG7817.jpg

そしてひとつひとつのかわいい事。たち吉さんが老舗である理由が窺えます。
更には

CIMG7815.jpg

こんなのや、

CIMG7816.jpg

こんなのも。



お宅様の年末年始(いや、年中でも・・・)を彩る、また、ご贈答にも適した「たち吉」製品はいかがでしょうか。
多少にかかわらずご注文をお待ち致しております。





  1. 2012/11/27(火) 17:48:38|
  2. 商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産毛(うぶげ)があった頃

ネタが無い時の常套手段、昔の写真シリーズ。

今日はこれを

CIMG7810.jpg

丁稚の真最中、昭和57年。23歳の夏。(30年前!)犬吠埼を望む「君ヶ浜」だ。
バイクはホンダホークⅡ。400cc。空冷4ストツイン。

なんとかいう、当時の女性アイドルが所有していたのが、なぜか神奈川の従弟から流れてきたやつだ。
ワイヤーケーブルが悪いのか、油を注してもスロットルが馬鹿に重く、乗るたびに苦痛だった。

そして撮影者は「空の庭」リゾートグループの社長、W氏である。お互い若かった。


当然毛のある頃。
そしてウオーキングと減食によって、80kgから70kgへの減量に成功した年だ。
なんか、今と似ているじゃないか。

健気に毎日がんばっていたなあ。あの頃。





  1. 2012/11/25(日) 22:11:57|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日記

昨日の午前は友人の引越し手伝い。
完成した新宅への引越しだ。めでたい。
しかし9時ちょっと前、さあ出発という時にまた別の友人たちから、共通の内容のメールや電話があった。

ショックを受け、ふらふらしながら出発。
引越し手伝い中は十分気が紛れたが、出社した昼からは再び憂鬱になり、ため息の連続。


夜はまた別の友人と飲みに行く事になり、再び救われる。




これ以上何も書けない。
「何の事やらさっぱりわからん」という方々にはお詫び申し上げます。
ごめんなさい。




  1. 2012/11/24(土) 09:20:06|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今頃仙台の地理

加齢と共に、あらゆる事がなかなか脳に定着しない。



大学生の長女は、この夏まで3年4ヵ月にわたり仙台市青葉区桜ヶ丘に暮らした。
初めて子供を手放した事もあり、仙台はそう遠くない(68kmだった)事もあり、最初の一ヵ月くらいは毎週のように物資運搬などで通ったものだった。

だがその後は年に数回程度送り迎えに通ったくらいで、東北最大の都市、仙台の地理に精通することは無かった。
娘のアパートにまっすぐ行って、乗せて、まっすぐ帰ってくる。
その繰り返しだったのである。

せっかく仙台まで来たのだから中心部に行ってぶらついてみようとか、
どこかうまいものが食える店をさがしてみようとか、
なぜかそんな気は起こらなかったのである。

今、娘は4年の後期。
月に一、二回の通学で済むようになったので、夏休みからアパートを引き払い、家に戻った。
親としては経済的負担が軽くなり、めでたしめでたしなのだが、僅かな代償として彼女の通学支援が生じている。

自宅から近い寒河江バスターミナルから仙台行きのバス便があるが、それはあまり使わない。
バスはノンストップで仙台駅まで行ってしまうし。

バスよりずっと安いJRを研究してみると・・・
こちらから見てちょっとだけJR仙台駅よりも近い、JR北仙台駅の方が大学に近いのである。
北仙台駅からは大学方面へのバス便があり、10分かそこら乗れば大学正門前に着く便利さだ。

ということで、彼女のたまの通学の際は20数分かけてJR山寺駅まで送り迎えしている。

CIMG7808.jpg

この通り、JR運賃については片道740円で済む。そこから大学までのバス賃は大した事はなかろう。

ところで長女が乗り降りする北仙台駅とは、JR仙山線の駅の並びで言うと一体どの辺なのかという、実に基礎的な地理が私の頭に入っていない。
そこで山寺駅に行った際に上の写真を撮ってきたのだ。やっとわかった。

更に地図で確認してみると、北仙台のひとつ手前の北山駅の方が大学に近いことを知る。
だが、そこはバス停やタクシープールのなさそうな駅である。

大学まで歩くしかないとすれば30分近くかかるようだ。
今の私ならバス賃節約にもなるし、きっと北山駅で降りて歩くだろうが、通学するのは私ではない。

長女は当然、大学前まで行けるバスに乗れ、万一の時にはタクシーも利用できる、北仙台駅を使い続けるだろう。






さて私は今夜、一体何を皆様に語りかけようとしたのだろう。
この記事の着地点が全く見つからない。
地理の記憶どころか、文章も全うできないじゃないか。

うーむ・・・
加齢か。

というか、本当につぶやきたい事って、こういう所には書けない場合が多い。



  1. 2012/11/22(木) 22:18:02|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よろしければお使い下さい

来年のカレンダーが刷り上ってきました。

CIMG7806.jpg CIMG7807.jpg

例年と同じもの。書き込みできるタイプです。(写真右は今年のもの)

ここをご覧の皆様にも相当本数を確保しましたので、ご希望の方はご遠慮なくお声をお掛け下さい。
とは言っても店頭でお渡しできる方となりますが。

また、万一配布終了の際には悪しからずご了承下さいますよう。





  1. 2012/11/21(水) 14:21:50|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上下水道使用量

のおしらせが来た。
例によって2カ月分。家を建替えてから初めての2カ月フル使用量だ。

39㎥ だった。
現在と逆で長女はいないが次女のいた、人口の同じ一昨年同期は47㎥だった。
一人当たりの使用量に換算してみると・・・

一昨年同期⇒11.75㎥
今回⇒9.75㎥


17%ほど減っている。

①いまどきの便器は、昔のものと較べうんと節水なんだそうだ。
②また、建替えのついでに買い替えた洗濯機も節水に優れているものを選んだ。
この辺が減った原因ではなかろうか。
風呂場での使用量はそんなに変りないような気がする。

「高気密+高断熱=省エネ」を狙った、「建物」というハードとはまた関係の無い部分なのだが、
水だって使用量を削減できるのならこれに越したことはない。

40年弱、以前の家に住んでいたわけだが、その間にやはり世の中は進んでいた。



  1. 2012/11/21(水) 14:09:41|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタッドレスの季節到来

CIMG7805.jpg


今日、我が家の愛車2台ともスタッドレスに履き替えた。
週間天気予報に、遂に雪だるまが登場したのだ。
というか、おとといの定休日に朝日町から山辺町へ山越えした際、雪がぱらついたのを今期初めて既に見ている。

2台ともタイヤの小さい軽。
油圧ジャッキとインパクトレンチでチョチョイのチョイ。
空気圧もチェックOK。





今年の夏タイヤ中の両車の平均的な燃費は、
イースが22~23km/l くらい。
ミラは17~18km/l くらい。

いずれも短距離走と中距離の結果。
残念ながら、最も燃費が伸びる一般道長距離走の機会はほとんど無かった。

これからの数ヵ月は、スタッドレスプラス積雪で燃費の落ちる季節となる。
燃費オタクとしてはつらい時期だ。

それよりも!
皆さん、後悔先に立たず。タイヤ交換はお早めに。
事故予防は多少の燃費悪化よりも大事です。





  1. 2012/11/20(火) 21:41:35|
  2. 燃費オタク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九十九鶏弁当

私が入った幼稚園は、山形市の緑町だろうか、「千歳幼稚園」という。
バリバリのキリスト教である。

2年間、近所の同い年の男の子と片道40~50分、山形交通路線バスに揺られて通ったのである。
当時、寒河江の子供たちは普通、寒河江の幼稚園に入った。

山形の幼稚園に入るなんてのはまず珍しい話だった。
いや、現在でも珍しいのではないか。
いやいや、珍しいどころか、「あ、おれも山形の○○幼稚園に行ったよ」なんて話はとんと聞いたことが無い。、

なぜそうなったのか、そしてどんな思い出話があるのか、それらは長くなるので割愛。
今日は数十年ぶりに食う「九十九鶏(つくもどり)弁当」の話だ。
それっ。

CIMG7804.jpg

最も廉価な735円のもの。他に840円と1,050円の弁当が選べる。
高くなるほどご飯と鶏そぼろ、そしておかずが増える。

うまかったよ。もちろん。


路線バス通園は、山形地方裁判所前で降車した。
当時、その直前の山形4小近くの交差点に「九十九鶏本舗」はあった。

その店が何屋なのかも、「九十九」ってどう読むのかも知らず、毎日毎日バスの窓から眺めたものだ。
で、この素敵に美味い弁当を食べられるのは、というか食べたのは、「特急やまばと」で寒河江と東京を往復していた時代だったのではないかなあ。
就学前から日本橋や横浜にはよく行っていたので。

つまり、駅弁としての地位が定着していたのではないか、この弁当は。
で、平成になって山形新幹線ができてからは車内やホームで見かけなかったような気がする。

決定的なのは、東京往復には既に20年も前から自家用車を使うようになったこと。
数年前ここに書いた超大作、黒磯駅の「九尾寿司」と並んで思い出深い弁当なのに、長いこと忘れていたのだ。




九十九鶏本舗は道路拡幅か何かの理由で、ご当地の皆様はすっかりご存知の通り、随分前から山形7小前に移転している。
長い時間があったのに、なぜそんなに好きなこの弁当をそこに立ち寄って手に入れなかったのか。

我ながら不思議だが、今その理由を強いて考えてみると・・・

「九十九鶏弁当はホームか車内で買わなければならないもの」
みたいな意識があったのではないか。
だから何十年間も店の前を通りながら食えなかったわけだ。




しかし美味かった。年に数回はローテーションに取り入れよう。
小さな幸せがまたひとつ増えた。





  1. 2012/11/18(日) 19:45:16|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

後片付け備忘録

おととい15日(木)午後2時、返送荷造り完了。
程なく運送屋さんが来てくれたので、大量の荷物の置き場に悩まされることは無かった。

「大印伝展」の会期は12日(月)までだったから、後片付けには三日近くかかったわけだ。
そして荷を送り出した直後から売場復旧作業に着手。
きのう16日(金)の正午までに9割方進む。

しかし、完了目前にして夫婦とも疲労がピークに達し、昨日の午後は臨時休業とさせて頂いた。
そんなわけで復旧完全終了には今日17日(土)の午前いっぱいかかった。

思い返せば大量の印伝が入荷したのは10月31日(水)。
即、検品や売場作り、陳列を開始した。

ということは「2012大印伝展」は、お客様に関係の無い会期前後の裏方作業も含めると18日間だったわけだ。
10日間の会期に対し、開催にはプラス8日間が必要不可欠ということだ。





  1. 2012/11/17(土) 19:14:21|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アトムの子

なんとかいうバッファローの機械(弁当箱の半分くらいな 9千いくら)を買ってきて

CIMG7803.jpg

遂に今日、ネットをテレビで見られるようにした。
ケーブルから解放されたのだ。
機械音痴だが、実に簡単だったので今日のこの作業は自分でできた。

達郎も、ポールも、米米も、ポルナレフも、ノーランズも、スリーディグリーズも、アルバートハモンドも、シカゴも、ドリカムも、グランドファンクも、ミックジャガーも、T.REXも、終いにはこのブログまで、
何もかもWLANで今夜から大画面で楽しめる。

ブ、ブ、ブラヴォー!
今夜は提灯行列だな。






  1. 2012/11/17(土) 00:03:18|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月電気使用量

が来た。きのう。

昨年は10月17日~11月14日の、29日間327kwh(8,724円)だった。
大震災からまだ半年。一生懸命節電の工夫と努力をしていた頃だ。(今もしているが)
当時は我々夫婦と老母の3人暮らし。
以前の老朽家屋だったので、当然電気の他に煮炊きにはプロパンガス、給湯と暖房には灯油を使っていた。


さ、今年の同期は・・・
10月16日~11月13日の29日間で507Kwh。10,765円。
昼間286kwh。
夜間221kwh。

今年は昨年同期と違い、長女が再びこの家で暮らしている。たっぷり電気を使って。
この新しい家のエネルギーはすべて電気。
昨年までと違い、給湯も煮炊きも電気。
灯油代ゼロ、ガス代ゼロ。

昨年同期のエネルギー代金の合計は約2万3千円。
今年はなんと半額!
人口が増えたことを考えればそれ以下だ。 金額ベースで6割減とか。

ブラヴォー!
高気密高断熱、恐るべし。





  1. 2012/11/16(金) 20:47:27|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

久々の

昨夜、友人と飲みに出た。
二週間ほど前、隣組の芋煮会に出席したが、友人との飲み会は実に久しぶり。

たぶん一ヵ月も毎晩おとなしくしていたと思う。
そういえば前回飲んだのも彼だったような・・・

CIMG7801.jpg

お気に入りの店でお気に入りのスパークリング。スパニッシュだ。
木曜日ということで、終始静かな状態で素敵な店を楽しめた。

だが・・・
いつもより酒がうまくて酔っ払ったか、一晩寝て目覚めてみると・・・

お店の人たちに対し、ちょっと饒舌過ぎたかなー。
ちょっと赤面。後悔。反省。

ま、いいか。おしゃべり酔っ払いの相手もスタッフの仕事の一部かもしれないし。




  1. 2012/11/16(金) 07:34:09|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご安心下さい

当店では「経済産業大臣指定伝統的工芸品甲州印伝」(長い!)のトップメーカー、印傳屋の製品を
常に400点ほど陳列しております。
年に一度の「大印伝展」が終わりましても、いつでもほぼムラなく同社製の印伝たちをご覧頂けます。
万一、お好みの品番や色柄が無い場合は迅速にお取り寄せ致します。
ご安心の上、いつでもお越し下さいませ。






さて、日記。
今日は片付け初日。
結論を言うと「一般品小物」数百点の返送検品・箱入れを終えただけ。
「一般品バッグ類」と、「ブランドシリーズ」全てのその作業は明日以降となる。

ところで、広告宣伝した「大印伝展」の会期なんて、こちらが勝手に決めたもの。
すべてのお客様の頭の中に正確に入ってるなんて事があるはずが無い。

案の定、返送作業でてんてこ舞いをしている今日も、数人のお客様が印伝を目指してお越し下さった。
本当にありがとうございます。




  1. 2012/11/13(火) 20:06:07|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012大印伝展終了

今日は「2012大印伝展」最終日。
午前は静かでしたが、午(ひる)から閉店間際まではずっと賑やかにさせて頂きました。
この10日間にお越し下さいましたお客様に心から厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。




さて、明日からは二、三日間かけて、印傳屋さんへの商品返送作業をしなければなりません。
そしてそれが終わると売場の復旧作業。毎年恒例。




最後に休んだのは10月28日(日)だから、今日で15日連続営業か。
次の日曜の11月18日まで休まないと20日間連続になる。

老骨にはちときつい。
14日(水)あたり、一日臨時休業させて頂こうかな。

とにかく終わった。ウオーキングも済ませたし、さ、あとは晩酌晩酌。




  1. 2012/11/12(月) 20:10:46|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「家内示談」現代語訳完了

江戸から明治にかけて生きたご先祖、佐藤豊八翁が著した「御家内御示談」。
このゴールデンウイークの発見から半年。
初秋の解読・清書完了から1ヵ月。

この度その現代語訳を書き終えた。
とうとう解読できなかった部分に多大なご指導を頂いた、碩学の書家T氏に改めて御礼申し上げる。

ところで解読も大変だったが、現代語訳にも苦労した。
先祖に対し失礼ではあるが、くどくどしい部分が少なくなく、話し言葉が流れ過ぎて、いわゆる「文章」になっていなかったり、文容を整える必要のある箇所が多かった。

解読作業は当然推測を避け、誤字当て字とわかっても直すことはしなかったが、現代語訳はそれとは少し目的が違う。
意味不明の部分は推測決着もしたし、許容範囲内で現代語訳に適した言葉に置き換えたり、やや強引に文章をつなげたりもした。
そうしなければ私の望む現代語訳は実現できなかったのだ。

そして詳しい序文を付け、あとがきを書き、子に遺す。
先祖の遺著に世話を焼いた私の戯作が、果たしていつまで残るか非常に心許ないが、
子供たちやその先の者たちが、ほんの少しでも我が家の歴史の一部を知る糸口にでもなれば本望。




  1. 2012/11/11(日) 21:37:31|
  2. 「家内示談」と豊八考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012大印伝展9日目

今日は日曜日。いつもは定休日なのですが、もちろん営業。
先週の土曜日に始まった10日間の催しも、残すところ明日一日のみとなりました。

これまでご来店下さった多くのお客さまお一人お一人に御礼申し上げますと共に、
明日のお越しをお待ち申し上げております。



さて、これまでの営業状況を思い出してみると、

初日、11月3日(土)文化の日⇒お客様怒涛のご来店
4日(日)⇒とても静か
5日(月)~9日(金)の平日5日間⇒通してにぎやか
10日(土)⇒3日を上回る怒涛のご来店
今日11日(日)⇒4日と同じくらい静か

土曜日が盛況で日曜日が振るわないんですね。
今回ははっきりした傾向が表れました。
何でだろう。

逆に言えば、日曜ご来店のお客様はひときわありがたかったわけです。
重ねて御礼申し上げます。





  1. 2012/11/11(日) 21:06:12|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012大印伝展7日目

二日目の日曜日のみ静かでしたが、それ以外の6日間はお蔭様で賑やか。
本当にありがとうございます。
ご来店下さった大勢のお客様に、店を代表して心から御礼申し上げます。

販売が進み次第、連日のように商品を追加仕入れしていますので、会期が進んだからといって陳列量に大きな減少はありません。

残すところあと3日。
膨大な量の甲州印伝たちと共に、ご来店をお待ち申し上げます。
あなた様の毎日が更に楽しくなるひと品が見つかりますように。




  1. 2012/11/09(金) 21:05:16|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝束(たば)入れ紹介2012.11

昨夜は楽団会議のため帰宅が遅くアップ不能。
では。

CIMG7772.jpg

№2110  分類「男束入れ」  黒黒(黒地の鹿革に黒漆)ディアー(鹿)  13,650円。

この2110は確か昨年とか発売の、新しい製品ではなかったかな。
漆の柄は今年発表の新柄「ディアー」。甲州印伝は鹿革製ですからね。
かっこよくて、6月の発表会場で一目で好きになってしまいました。

で、たまたま現物がなかった2110の黒白ディアー(黒地の鹿革に白漆のディアー柄)を予約注文しました。
もちろん自分用です。では詳細を。

CIMG7774.jpg

CIMG7775.jpg

両札入れ部に「マチ」が全くないので実にタイトかつスリム。
悪く言えば、常に紙幣を数十枚も入れたい人には不向き。でも私には向き。

CIMG7776.jpg

小銭入れ部は浅く、左片マチ。しかも札入れ部の外側にあるので、小銭の出し入れ・確認がとても楽。

CIMG7777.jpg

そしてカードポケットが多数ある。↓

CIMG7778.jpg

これくらいあればまずは大抵足りるだろうと判断。





CIMG7779.jpg

現在は年に一度の「大印伝」の真っ最中なので、№2110は現物だけでも色柄がこれだけ揃ってます。
「男束入れ」分類なのに「女柄」もありますね。

覚えきれないほど多くある印傳屋の束入れ型番の中で、今の私はこの2110の造りが最も気に入り、その中の「黒白ディアー」を注文した次第。

もちろん、束入れはお一人お一人使い方も違えば好みもまちまち。
あなたにぴったりの束入れを様々なタイプの中からお選び下さい。

2012大印伝展は12日(月)までまだまだ開催中です。
皆様のご来店をお待ち申し上げております。





  1. 2012/11/08(木) 20:48:32|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

省エネ住宅 made by ボスコ

今日は11月6日。
9月21日に入居してからひと月半。
この間、どんどん気温は下がっていった。

この秋のこれまでの最低気温は6℃ほどだったか。
店では確か10月下旬からエアコンやファンヒーターで暖房を始めている。

ところが!

新自宅のこのところの室温は、物理的に二階より温度の低い一階で毎朝18℃ほど。
一階は老母の生活圏なので、起床後と夕食時の数時間のみダイニングのエアコン一台で20℃ほどになるよう、軽い暖房を始めているが・・・

自分たちの寝室や視聴覚室のある二階は朝夜共に20℃ほど。
高断熱のなんという威力!

2階はこの秋まったく暖房を使っていない。
以前の家ではとても考えられない。

2階に限っては暖房エネルギーを全く使わずに過ごす11月の夜。
信じられない!

さ、2階で暖房を始めるのはいつからだろう。
また、12月や厳寒の1・2月は1階2階の室温は一体どうなるのだろう。

住宅の性能発揮が楽しみです。またレポります。





  1. 2012/11/06(火) 22:11:27|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大印伝展四日目

商品紹介をしようと、ある品の写真を撮ったのだが、カメラを店に忘れてきてしまった。
明日にでも。

今日で早くも四日目。
初日土曜日は「怒涛」のご来店。
翌日曜は一転して静か。日曜定休の定着が原因かな。
きのう月曜と今日火曜は再び賑やかに。


いずれにしても連日のご来店下さったお客様に御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

「2012大印伝展」は12日(月)まで催します。
たくさんの魅力的な印伝たちと共に皆様のご来店をお待ち申し上げます。




  1. 2012/11/06(火) 21:51:44|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異変というか誤算というか

新しい家に入ってから、予想外の事態がひとつ起こっている。

CIMG7771 - コピー

これが我が家のリビングである。3畳の仏間とぴたりと続いている8畳だ。
(もちろん仏間は畳敷きで、リビングと襖で仕切ることができる。
が、襖は常に全開で、11畳間のように使っている。)

在宅中は当然ここが多くの時間を過ごす部屋になるはずだった。
これまでの人生も、以前の家でも、当然そうだった。

ところがである。
入居してから早やひと月半経つが、ほとんどこの部屋を使わないのである。
毎朝仏様にご挨拶に行くが、リビングはその時に通る通路の役目しか果たしていない。

だから、折角の50型テレビもつけたことがない。
予想外の事態となった。

ではリビングで過ごして然るべき時間は、私はじめ家族はみなどこに居るのかというと・・・

CIMG7767 - コピー

ここに居るのだ。
対面式キッチンとくっついている、広いとは言えない6畳のダイニングだ。
テレビは32型。

なぜなんだろう?
実は建て替え中に4ヵ月半暮らした2DKの仮住まいでは、一貫して「D」に居続けた。
そこしか居るところがなかったのだから。
その「癖」が続いているのだろうか。

もったいないことである。
ま、正月とか、使い始めるかもしれないけどね。




  1. 2012/11/05(月) 20:31:36|
  2. 自宅建替え日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マーチング東北大会2012

でしたね。昨日今日。グランディ21。なんて懐かしい。
きのうは小学校、今日は一般。中・高はどちらだったのかわからない。

その昔、自分や家族の人生に甚大な影響を与えたマーチング。
二人の子供たちは小学マーチングを卒業すると、お次は一般マーチングバンドへ入団。

上の子は高校一年の秋の大会まで、下の子は中学二年の1月のオンステ大会までだったかで退団。
部活もやりながらの在籍だったので、本人たちもサポートする親も尋常でなく忙しかった。

多くのものを得たし、失ったものもあったかもしれない、騒ぎに騒いだ約7年間。
結構長いマーチングおっかけ期間だった。

親としてはだいぶくたびれてきていたので、子供たちの退団はちょうど頃合だったかもしれない。
それからの数年は部活の追っかけも残っていたし、退屈することも寂しい事もなく、ちょうどいい感じだった。

それからあっという間に6年が過ぎた。
かつてのマーチング素人博士も、いまやもう何もわからない。
我が家のマーチング活動はほぼ過去のものとなった。

だがそれは、100%ではなく99%だ。
なぜかまだ1%の「LIVE」が残っているのである。





  1. 2012/11/04(日) 21:55:12|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご来店に御礼

2012大印伝展スタート。

朝から晩まで、実に多くのお客様にお越し頂きました。
お一人お一人に心から厚く御礼申し上げます。

呉服・和装のお客様は市内・近隣の方が多いのに対し、印伝のお客様は遠方からお越しの割合がとても多くなります。
今日はわかる範囲でも山形市、中山町、西川町、天童市からのお客様が数組。

そして感激したのがなんと庄内町から朝一でお越しのご家族。
当店にいらっしゃるには、高速道路を使っても優に1時間半はかかるのではないか。
本当にありがたいこと。
感謝の言葉がうまく見つかりません。

年に一度、怒涛の陳列に怒涛のご来店。
商人(あきんど)冥利に尽きます。

ただただ、ありがとうございます。
これはもう「はひほひ」言っている場合ではない。




  1. 2012/11/03(土) 21:32:06|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大印伝展準備完了

午後6時、準備完了。例年通り二日半かかった。

ブランドシリーズの「キャレー」、「ルミドーレ」。
CIMG7752.jpg

同じく「隼人」、「フロニティ」、「フォルキイ」、「リカレア」、「ジオベスク」、「ほのか」。
CIMG7753.jpg

「ベネッセージ」、「プライデン」、「リプレアル」、「アデヤ」。
CIMG7754.jpg

「フラトル」。
CIMG7755.jpg

「なごみ」、「庵(いほり)」、「音符」、「イルミナ」。
CIMG7760.jpg

一般品メンズバッグ。
CIMG7758.jpg

一般品メンズベルト。
CIMG7757.jpg

新登場ブランド「リュオラ」と一般品新製品。
CIMG7759.jpg

一般品手提げ類。
CIMG7756.jpg

一般品フォーマルバッグ、ポシェット、合切袋、信玄袋。
CIMG7761.jpg

一般品小銭入れ、札入れ、束入れ。
CIMG7762.jpg

一般品各種小物。
CIMG7763.jpg

CIMG7764.jpg




2012大印伝展、明日開催です。
皆様のお越しを心からお待ち申し上げます。



ふはー



  1. 2012/11/02(金) 21:31:06|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝展準備二日目

きのうは入荷した大量の印伝たちの開封と検品。
今日は一階売場の呉服・和装品・その他の片付けから。
それらの商品たちは印伝展会期中は2回売場にすべてリフトアップするのだ。

昼過ぎにそれを終えると、お次はすべての陳列什器を印伝展向きに調整する。
それでやっと印伝たちの陳列が始められるわけだ。

今日は多数のブランドシリーズと、一般品バッグの陳列までで終わってしまった。
準備は明日で完了させなければならない。
明日は一般品の小物たちの陳列と、ポップや看板類の取り付けだ。




ほひー



すでに準備段階で疲労。
呉服でも何の催事でも準備が最もきつく、始まってしまえば楽なんだが。

CIMG7750 - コピー


今朝の新聞に掲載された、恒例の行数最短記録広告。

これから隣組の芋煮会に出かける。
さ、今夜は芋食って明日はもうひとがんばりだ。





  1. 2012/11/01(木) 18:46:11|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ここの歴史