呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

監視日記2013.2

ウオーキング習慣は今月から3年目に入った。

月末日恒例レポート。体重から。

CIMG8110.jpg

先月より数百グラムの増加。大台に乗ってしまった。
私の場合、肉体疲労時とか疲労回復期に増える傾向がある。
数日前までの、連日の除雪作業が効いているのかもしれない。
ま、来月以降も増え続けなければいいだろう。

次、運動(ウオーキング)。

CIMG8111.jpg

今月は1077分。いつもより2時間ほど少ない。
自分との約束の、「一回40分以上を月20回以上」はと言うと、たったの15回。


言い訳だが、今月は後半を中心に朝晩の除雪で疲れ果て、休んだ日が何日かあった。
悪天休みと楽団休みを加えると、十日休んだ。
ま、約束をたまに破ろうが、だからと言ってやめる事は出来ない。
継続の意欲・気力はまだまだ大丈夫。




  1. 2013/02/28(木) 22:52:08|
  2. 運動・体重監視日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陥穽

img005 - コピー

ご存知、我が山形県の白地図である。
以前から、妻と長女の地理常識があまりに欠如しているのを苦にしていた私は、
今日遂に、白地図を彼女らに渡し、市町村名を記入させる訓練を施した。

結果は・・・

予想以上のひどさだった。
「書けたのは、当ったのはいくつだった」とか、とても恥ずかしくて書けない。

で、私はほとんど真っ白で間違い記入だらけの白地図を前に、彼女らを指導した。
私が口頭で「ここは○○町」、「○○市」と伝えながら記入させたのである。
書きながらだと頭に焼き付くだろう。

ところが・・・

この私が!
戸沢村をど忘れし、何分経っても出てこなかったのである。

更に・・・

同じ指導を日本国の白地図で行った際、
香川県を埋めるのに数分かかり、更に鳥取と島根の東西配置がうろ覚えだったのである。

うーむ・・・

自分の郷土、自分の国でさえ完璧でなかったのだ。
これで世界白地図に挑戦したら惨憺たる結果になろう。

家族の前に、まず自分をチェックしてからだったかも。





  1. 2013/02/27(水) 17:33:02|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Up!②

当店ホームページ に、「印伝(アクセサリー」のページを追加しました。
ご覧下さいませ。

尚この追加で、印傳屋が現在製造しているもののすべてではありませんが、
主要製品の二本柱であります「一般品」、「ブランドシリーズ」はほぼ網羅しました。

今後は、一旦アップしたものの、写真が小さくて見づらいものなど、
少しずつ改良を重ねて生きたいと考えております。

また、現在簡素なままの「呉服」や「和装」のページをボリュームアップしていく予定です。
たまにのぞいて頂ければ光栄です。どうぞよろしくお願い致します。






  1. 2013/02/27(水) 06:39:29|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じいちゃん②

隣町の和食屋さんで、ご主人から「じいちゃん」と言われたのは去年のいつ頃だっけ。




私は通常は午前9時出勤の、もっとずっと早くお勤めの方々には誠に申し訳ない呉服屋稼業。
出勤に間に合わせるだけなら7時半起床だって間に合う。

だから実に長い間、7時~7時半起床が標準の生活だった。
しかし早起きは美徳。
5時6時起床、7時8時出勤の方々の前には恥ずかしくて出られない。




ところが・・・

昨年のGWから、そんな生活パターンに異変が生じた。
そう、仮住まいへの引越しと、それに伴う解体直前の我が家にあった、膨大な要る物要らない物の始末。

日数も限られた、数人の友人たちにまで助けを頼んだあのすさまじい作業。
肉体的にも精神的にも結構な緊張になったらしく、ねぼすけがいきなり早起きに変身したのだ。
5時半とか6時とか。

あれ以来、今に至るまでなぜかそれがずっと続いている。
毎朝5時台にパッチリ目覚め、しかし寝ている家族に悪いのでしばらく床の中で我慢。

しかし6時には我慢の限界。そっと起き出す。
今は毎朝自宅の除雪に精を出している。




何を言いたいか。

早く起きれば当然の結果、夜9時頃には猛烈に眠くなるのである。子供の頃に戻ってしまったみたいだ。

こんなに早く寝ては明朝また早く目覚めてしまう。ちょっと我慢して起きていなくては。
と思っても生理現象。毎晩10時には気絶している。
こんなに早く寝る習慣はは何十年ぶりであるか。

夜にメールを下さる方、返信が無かったらお許し下さい。






つまり、はっきり早起きになってしまった私は、「じいちゃん」になりつつあるのではないか。





  1. 2013/02/26(火) 09:39:44|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印伝束入購入

昨年11月の「大印伝展」開催中に注文していた自分用の束(たば)入れが、三ヵ月経った先頃できてきました。
希望の柄がその時点で印傳屋さんの在庫に無かったのです。

CIMG8093.jpg

№2110 束入れ。13,650円。黒地の鹿革に白漆で「ディアー(鹿)」の柄。

CIMG8094.jpg

札入れ部にマチが全く無い、とてもスリムな束入れです。
「そんなにたくさんの紙幣が入らなくてもいい」という使い方にぴったり。
カードポケットが10有り、少なくとも私には十分。

CIMG8095.jpg

このように小銭入れ部は片マチ。全体のスリムさを実現しているポイントの一つです。
これも№2110を選ぶ理由のひとつになりました。

CIMG8096.jpg

黒白ディアー(昨年9月発表)をよーく見るとこんな柄です。
約20年間に使った印伝札入れ、これで何個目になるかな。

数ある印伝札入れ・束入れから、あなたにぴったりのものをおさがし下さい。
当店では常に多数の現物を陳列し、お越しをお待ち致しております。




  1. 2013/02/25(月) 19:43:47|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まつ坊さんの昨年のブログで見た、とんこつラーメンの店に初めて行ってきました。
知ってから行くまで5ヵ月近くかかった。

ラーメン600円、チャーシューメン800円だったかな?、ワンタンメン700円。
非常にシンプルなメニューはすべて豚骨スープ。

他にチャーハンもあり、多くのお客が食べていました。
うまそうだったな。

さて、私はワンタンメンにまつ坊さんのまねをしてもやしをトッピング。合計800円。

CIMG8092.jpg

半端でない盛りのもやし。感動ものです。
左側にのぞいているのがワンタン。

麺にありつくためには、相当な量のもやしをやっつけなければならないのでした。
大満足には間違いないが、54歳にはちょっと多過ぎ。
麺もスープも美味かった。
ワンタンとチャーシューはごく普通。

一緒に行った家族が注文した、5個で400円の餃子は巨大で美味かった。





このお店、行ったのは今日日曜の昼飯時。
すごい数のお客でした。

駐車場は満車。入店してからラーメンにありつくまで30分弱。
道路向かいのラーメン屋には1台も車が止まっておらず、とても対象的。
こういう光景見たことあるぞ。

まるで喜多方のBと、その隣のMみたいじゃないか。
とにかく、すごい繁盛店ですね。

手と体を休み無く動かし続けながらも、帰るお客一人一人に感謝の声をかける店主の姿勢が印象的でした。

再び行くとすれば、もやしトッピングとワンタンは省こう。
ただのラーメン(600円)でいい。

餃子も一人で5個は食べ切れないし。
そして日曜でなく、平日だな。

とても美味そうに見えたチャーハンも試してみたい。






  1. 2013/02/24(日) 21:29:20|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日、ちょうど正午頃、神か仏か、なんだかわからないがだしぬけに現れた。

これまで支えて下さった多くの方々に感謝します。

今日の事、今日の気持ちは一生忘れない。






  1. 2013/02/23(土) 20:13:58|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

覚悟

悲観しない事。
悲観は無駄だ。百害あって一利なし。
向かっていく事。
必要なのはただそれだけだ。

天は自ら助くる者を助く。
汝、明日のパンを思い煩う事勿れ。

それが真理だ。

できる。やれる。

ただそれだけだ。





  1. 2013/02/22(金) 21:45:08|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

人口

地図の他、人口統計を見るのが子供の頃からなぜか大好きだった。
最近、テレビのニュースでさびしい予想を聴いた。
現在110数万人の我が山形県の人口が、2030年(あと17年後!)には98~9万人になるというのだ。

これまでの趨勢を考えれば、残念だがそれは誰にでも容易に予想がつく。
だからただ手を拱いているのではなく、行政も様々な対策を講じなければ、というニュースだったと思う。

全くその通り。人がいなくなれば市町村も、県も、ひいては国も滅んでしまう。
とめどなく人口減少が続くと、未来は恐ろしい事になってしまうのだ。





さて、先ごろ数カ月かけて約1万枚の写真を整理した話は書いた。
その時についでに出てきたのがこれ。

CIMG8089.jpg

31年前の寒河江市報だ。真っ先に人口欄を見ると

CIMG8090.jpg

4万2千人弱。
私が小学生の頃、たしか3万9千くらいだった市の人口はこのように増え続けて平成10年あたりにピークを迎え、4万4千近くに達したと記憶している。
そして現在はというと・・・

CIMG8091.jpg

残念ながらピークよりも1千人減ってしまった。
さてさて、この二つの表で一晩飲めますな。

市全体では2.1%の人口微増に対し、世帯数はなんと34%の激増。

地区別増減はというと・・・(先に人口、あとに世帯数)

寒河江地区  +16%   +48%  (南部地区含む)
西根地区   +5.5%  +35%
柴橋地区   +2.6%  +35%

ここまでが中心部とその隣接地域。
では郊外はというと・・・

高松地区   -23%   -1.6%
醍醐地区   -23%   -2%
白岩地区   -31%   -2%
三泉地区   -11%   +32%


更に、中心部と周辺部の人口比率をざっというと、
31年前  7:3
現在    8:2
に変わった。

中心部ほど人口・世帯数ともに増え、郊外、特に奥に山村を持つ地区ほど著しい減少。
そして面白いのは、結果的に双方とも世帯人数が減少した。

詳しく言うと、中心部は人口増、世帯数激増で、郊外・遠隔地は人口激減・世帯数微減。
また、三泉の世帯数が激増したのがちょっと目を疑う。何かの間違いでは。





この寒河江サンプルは県や国の縮図と思う。
県で言えば、県庁所在地のあるわが村山地方が寒河江中心部に、
庄内・最上・置賜地方が寒河江周辺部に相当する。

国で言えば、首都圏や大都市部とその他の地方が同様に例えられる。
こんな事は小学生でもわかる理屈。




何を言いたいか。



2030年に県の人口が100万人未満になる時、
20××年に国の人口が1億人を割り込む時、

国でも県でも市でも、それぞれの中心部だけはある程度人口を保っているのではないかと思うのだ。
悲惨なのは、国で言えば地方。日本海側。市で言えば遠隔山村。

現在数千人ほどの町村は、例えば人口が半減してしまい、行政単位としてあらゆる条件を満たせなくなり・・・
その限界を超えた時に一気に崩壊してしまわないか。

無数の山村が廃村になり、中心地の周辺地域からは若者や子供の姿がすっかり消えてなくなり・・・ 






様々な希望と悲観が頭をよぎる。





  1. 2013/02/21(木) 19:32:12|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Up!

当店ホームページ に、
本日、「印伝小物(メガネ入・印鑑入)」のページを追加しました。
どうぞご覧下さいませ。

完成にはまだまだ程遠いHPですが、
とりあえず印伝の「一般品」についてはあともう一息でラインナップ終了です。

気長に、たーまに、のぞいて頂ければ光栄です。




  1. 2013/02/20(水) 22:12:58|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衰退

年にほんの数回ではあるが、しかし必ず外国人のお客様がいらっしゃる。
平成一ケタまでは白人のお客様がほとんど。
平成10年代はアジア系のお客様の割合が増えた。

そして平成20年代は再び白人のお客様がほとんどとなった。
これが当店の傾向である。

今日、一人の白人男性のお客様がいらっしゃった。
私は今まで恵まれていた。

先日の、トロントのお得意様R.P.氏のように日本語がとても上手な方、
日本人の通訳の方が付いてこられる方。

相当助けられていたのだ。
今日の男性は100%英語しかお話しにならない。

ぼろぼろの英語でやっとわかったのは、彼は帰国前に奥様へのお土産を欲しておられる事。
だが、何度聞いても何を求めておられるのかがわからない。

私の耳には「You matter(ユーマター)」としか聞こえないのだ。
だが、彼は何かを着る身振りをしてくれる。

「Oh,I see. Did you say about YUKATA?」
「Yes! It‘s so YUKATA.」

やれやれ。めでたく商談が始まり、まとまった。
そして彼はゆかたを着るのに帯(Belt)が必要な事まで知っており、それもお買上げ頂く。




英会話力の衰えをいやというほど感じた。
昔、27歳から30歳にかけて3つの英語国を旅した時には、滅茶苦茶とは言えもっとしゃべれたのに。

「僕の妻にはこの中のどれがいいと思う?」
「そうですね。私はあなたの奥様にはこれが一番お似合いと思いますよ」

そういう簡単な話がぱっと出てこないのである。
「似合う」ってなんていうんだっけ?とか。

でも普段全く使っていないだから、当然の結果といえる。
皆様はいかがですか?




  1. 2013/02/19(火) 20:09:29|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

挑戦

立春から早や2週間経ち、二十四節季がまた一つ進み、今日は雨水(うすい)ですね。
しかしそれにしては寒かった。
週間天気予報を見ても寒河江はなんと真冬日がズラリと並んでいる。

でもまあ、それももう少しの辛抱。
なんといっても晴れ間の時の日差しの強さが増してきたし、日は延びたし。
なぜか今年は特に春が待ち遠しいです。

さて今日の話題は・・・

CIMG8075.jpg

以前ここに書いた「WEST6」。一箱360円。
50円安くて結構吸えるという理由で、長年吸っていた「KENT6」(同410円)からこれに替えたわけです。

CIMG8078.jpg

そしてこれは国産ロングセラー「わかば」。なんと一箱250円。
第一次産業や職人のじいちゃんたちが昔からうまそうに吸ってるやつ。
今となっては激安たばこなのだが・・・

あの大巾値上げで、果敢にもすっぱりこれに切り替えた、元「キャスター」吸いの友人がいる。
私もまねしたのだが、あまりに強く(きつく)てすぐに挫けた経緯がある。
ウエストやケントの3倍近いタールなんだもの。

CIMG8076.jpg

そこで・・・
ウエストの吸い殻を一本残さず大事に取っておき、

CIMG8077.jpg

フィルター部から葉っぱの残りをきれいに取り除き、

CIMG8079.jpg

そこに「わかば」を突っ込む。
するとダブルフィルターはニコチン・タールを十分に和らげ、なかなか結構に吸えるのだ。

学生の頃、金が無くなってくるとよく使った手だ。
ちょっと面倒だがこれ、いってみよう。
(この話、書きましたっけ?)

ウエスト360円+若葉250円÷2=305円。
これは大幅値上げ前のケントの値段とほぼ一緒だ。

ケントをざっと一日一箱なら、一月吸うと12300円。
ダブルフィルター作戦なら9150円。

うーむ・・・
この差額で先(せん)の焼肉屋に一回行けるじゃないか。









やめればいいのに。





  1. 2013/02/18(月) 17:56:55|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真整理完了

昨秋の新自宅入居が落ち着いてから始めたのだから、それは11月頃だったろうか。
明治時代から今に至るまでの我が家の膨大な量の写真整理、この度完了した。

CIMG8074.jpg

11月からだとすれば三ヵ月かかったわけだ。
40ポケットのA4クリアファイルが20数冊。

1ポケットに1枚、裏表合計で平均10枚ほどの写真を貼ったÅ4コピー紙を入れたのだから・・・
1冊あたり400枚×24冊≒約1万枚!

まあ、どちら様でも同じような量かと。
いや、ひょっとすると少ないほうかな。

しかし我ながらよくも根気よく整理を続けたものだ。
その9000枚の中のほんの一枚。↓

CIMG8073.jpg

28歳でアメリカ合衆国に行った時の一枚なのだが、
これはなんと私がハーバード大学に「入った」時の写真である。

構内にね。


・・・・・・・・
オチにもならないか。おやすみなさい。




  1. 2013/02/17(日) 17:43:04|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶

久しぶりの寒波襲来の中、所用のある長女を乗せ、関山峠を越えて仙台市青葉区にある彼女の大学へ行ってきた。
卒業式まであとひと月あまり。

あの入学から4年近く経つんだ。
過ぎてみれば本当にあっという間だった。

今日は仙台も吹雪だった。
しかしもうすぐ、彼女の入学の頃美しく咲いていたあの桜の季節がまたやってくる。

大学のたたずまい、空気、友人や先生達、仙台の街角、自分が住んだアパートなどを長女は一生記憶し思い出す。
私もそうだった。次女もそうなろう。
どうしてそれらを忘れる事ができようか。

何もかもが愛おしい。





  1. 2013/02/16(土) 20:16:00|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

目指すべきもの

不平不満ではなく満足と感謝。
恐れと怠慢ではなく、挑戦と努力。
絶望ではなく希望。
停滞ではなく前進。



それらを頭で理解し思う事と、実践「できる」「する」事には天と地の違いが。
しかしそれは非常に難(かた)いから人はもがき苦しむわけですね。




  1. 2013/02/15(金) 21:22:05|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電気使用量2月分

待ちに待った一枚のBillが今日来ました。

img003.jpg


まずは前月対比。
「1万円以上減ったー!」と、手放しで喜ぶのはちょっと待て。
1月分は34日間で、今回は28日間なのだ。
平等になるよう、どちらも30日間に均してみると・・・

1月分は 1349kwh  30,490円。
2月分は 1173kwh  26,088円。

1万円減とはいかない。4千数百円の違いだ。
それでも消費量は13%、金額は14%の減。
やはり例年通り、消費量の冬の山は1月分のようです。



次に前年同期と対比。
①灯油 372リットル(推定) 33,500円(仮計算)。
②ガス 1.9㎥  3,142円 
③電気 862kwh  21,766円。
金額合計 約58,400円。相当なもんだったのだ。


今年は2万4千円台だから、金額ベースで58%減!その差3万4千円。
確か昨年対比3割減だった1月分より、更に劇的にその差が広がりました。
それも同居家族が当時より一人増えたのに。



  1. 2013/02/14(木) 16:16:55|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

境遇と能力

先ほど楽団練習から帰ってきた。

来月末に控えた自主演奏会の練習。
10曲ほど通す。なかなかきつい。

今夜改めて感じたこと。
「ここはおれが吹けないと曲にならん」という箇所が時々ある。
メロディーでもカウンターでも拍打ちでも、だ。

音符が難しい時、初見かそれに近い時、へぼの私はよく吹けない箇所が少なからずあり、
そういう時は例えばトロンボーンさんとか、近い動き・音符の人に頼り、隠れ、ごまかす。

だが今夜はなんと頼っている人たちがお休み。
さっき書いた「ここはおれが吹けないと・・・」という所、いつに無く真剣に吹いた。

(いつもなら、「真剣」なんて書かずに「必死に」とか「死ぬ気で」等の言葉を選んだと思う。だが、「永遠のゼロ」を読んでしまった今、とてもそんな言葉を使う気になれない)

すると不完全ではあるが、いつもダメなところが吹けたのである。
やはり人は、頼るものがあれば成長が鈍化し、頼るものが無ければそれまでより早く強くなれるのかもしれない。






  1. 2013/02/13(水) 22:41:57|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永遠の0(ゼロ)

CIMG8067.jpg

愛用の印伝ブックカバーを掛け、その鹿革の手触りを楽しみつつ何を今読んでいるかというと、

CIMG8068.jpg

こういう本です。Mさんのご好意でお借りしました。彼は私の好みを熟知しているのです。

CIMG8070.jpg

なかなか分厚い本。もうすぐ読了です。読み終えるのが惜しい。




稀有の操縦・戦闘技術を持っていた、百戦錬磨の、しかし戦争の最終末期に特攻で散ったゼロファイターを祖父に持つ現代の姉弟が、残り少なくなった当時の彼を知る人たちを訪ね歩いて詳しく話を聞く。

ええい、なんてお粗末な説明しかできないんだ!
とにかくすごい本です。
これほどエキサイティングな本は滅多に無い。

Mさんによると、この本は今年映画化されるとか。
期待半分期待しない半分。

「アテルイ伝」や「日本以外全部沈没」で懲りました。
原作に敵う映画ってあるのかな。





  1. 2013/02/12(火) 20:31:30|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

戦略的飲食

その、前記事の新年会だが、市内の某焼肉店を選んだ。
飲み放題(飲み物代一人1,050円)プランを採ったのだが、
それは「一人当たり○円以上の料理を○品以上注文」という条件付き。

友人たちがきっちり計算しながら注文してくれ、楽しいひと時を過ごした。
で、今朝の食欲が湧かなくなるほど焼肉、ホルモン焼、野菜をたらふく腹に収め、
3人で16杯のアルコールを飲み干し、会計は一人3,017円。焼肉屋でですよ!

2次会はお粗末だが我が家で行ったので、一晩3千円で済んでしまった。
友人たちの戦略と計算に感謝。このお店、お勧めです。




  1. 2013/02/11(月) 09:58:30|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世は3連休中

今日2月11日(月)は建国記念日で世は休日。
土曜から今日まで3連休の方もいらっしゃるでしょうし、そうでない方もいらっしゃる事でしょう。
でもまあ、世の中は概ね連休。

わが社はというと、定休日は日曜日のみなので、土曜も今日も営業。
唯一の休日のきのう日曜は、

午前は自宅の掃除
昼食は村山市にそばを食べに
午後は若干の買物と妻の実家(山形市)訪問
夕方はウオーキング
夜は友人たちと新年会

ということで、平和・平凡な、しかし退屈しない、典型的な定休日でした。
皆さんはいかがお過ごし中ですか?
有意義でハッピーな三日間でありますように。




  1. 2013/02/11(月) 09:45:11|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牽制

せっかく設けた視聴覚室なのだが・・・
レコード、CD、YOUTUBEなどは時々楽しんでいるが、5.1chでDVDを楽しむ事がほとんどできないでいる。
なぜか。
私と妻の映画の好みがまるで違うのが原因だ。

私はアクション、SF、戦争物とかを好むのに対し、妻は全く別のジャンルなのである。
僅かな接点は、例えて言えば「フォレストガンプ」とか「卒業」とかそんなところ。

困った。
互いに牽制し合い、共に観れるDVDを借りてくる事がなかなかできないでいるわけだ。
せっかくの設備が泣いている。

そんな中、今夜久しぶりにレンタル屋さんに行き、二人で見れそうなものを私が提案して借りてきてみた。

原典小松左京、原作筒井康隆。(お二人とも私が子供の頃からの神様である)
「日本以外全部沈没」
筒井先生お得意のパロディーである。
もちろん大昔に原典も原作も読んでいる。 

一気に観た。
うーむ、これはひどい。筒井先生ご自身まで特別出演しているのだが。
あとはもう寝る他ない。

アテルイ伝とか、この所期待はずれが続いている。






  1. 2013/02/09(土) 22:42:35|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節電のひとつ

新自宅浴室。

CIMG8066.jpg

昨年9月21日の入居当日から2つある照明器具の内、一つから球を外して使っています。
私だけでなく、家族全員がこれで十分とのコメント。

限りある資源。このユニットバス、贅沢過ぎる設計かもしれません。





  1. 2013/02/08(金) 20:55:43|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休み

不覚にもパワーダウン。
こんな時は無理せず休みます。
昨夜もある記事を下書きまで書いたのですが、低下している時はろくなものが書けません。
(では通常はいいものを書いているのかと言われれば逃げるしかないのですが)

週間天気予報によると、当地は来週火曜までずっと真冬日のよう。
皆様、風邪など召さぬよう、除雪作業で怪我などなさらぬよう、ご注意下さい。





  1. 2013/02/08(金) 07:55:01|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

習慣

ダイニング
CIMG8062.jpg


玄関
CIMG8063.jpg


ウッドデッキ
CIMG8064.jpg


この他2階寝室や視聴覚室などにも温度計を置き、毎朝毎晩温度を確認する習慣が身に付いてしまった。
自宅建替え直後から?

いやいや、それは昔からだ。
旧自宅にもあちこちに付けていた。店にも付けてるし。
性格から来る習慣か。




ところで冬の盛りのこの一ヵ月くらい、朝6時~7時の暖房開始前の温度を見ていると、

ウッドデッキは-1℃~-10℃と日々変化に富んでいるのに対し、
二階寝室 13~14℃、
ダイニング 12~13℃、
玄関 10~11℃

という事で、屋内は外気温に左右されずにほぼ一定なのがわかる。
また、当然ながら物理的に1階よりも2階の方が1~2℃高いのもわかる。
更に、暖房と遮断されている玄関が我が家で最も寒い所だが、それでも一階の他の場所と2℃ほどしか違わない。
これは不思議である。

そして1階2階にかかわらず、あまり暖房の恩恵を受けない廊下、トイレ、納戸などが、一日を通して暖房箇所とあまり温度差が無い。
これは54年生きて初めての経験だ。
昨年までは暖房部屋を一歩出ると、家中どこもが冷蔵庫だった。

現在、ヒートショックによる危険が喧伝されているが、高気密高断熱住宅はその意味で高齢者には安全を齎すだろう。







その内、デジタルディスプレイの見易く正確な温度計に手が伸びたりして。





  1. 2013/02/07(木) 07:48:10|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息の長さ

寒河江市報2月5日号。
裏表紙に恒例コンサートの案内が。

CIMG8060.jpg

そしてよく見ると・・・

CIMG8061.jpg

おお、わが子らのマーチングの恩師の写真も載っている。
そうか、マーチングバンドJ-SNIPERも出演するんだ。

「べにばな国体」以来、長年にわたってマーチング指導に多大な情熱を傾注し続ける先生。
ひとつの事をずっと続ける事。
簡単なようでなかなかできるものではない。
ただただ天晴れという他ありません。

子供らがご指導頂いていた頃は、先生には親の私まで大変お世話になりました。
いや、いまだにお世話になり続けています。

マーチングの指導者は限られ、貴重な存在と聞いています。
先生の末永いご健康とご活躍を願ってやみません。




  1. 2013/02/05(火) 20:30:40|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

恩賜の写

昨年、二度引越ししたために、眠っていた様々なものが現れてくる。

CIMG8055.jpg

昔々家業の修行をさせて頂いた、銚子の老舗呉服店現会長から当時賜った、所謂「軍人勅諭」の写しである。
会長は昔、帝国陸軍の仕官であった。

原本コピー作業も製本も会長の手によるもの。

CIMG8057.jpg

ムラムラと現代語訳したくなる。

CIMG8058.jpg

CIMG8059.jpg

丁稚年季明け三ヵ月前に賜ったようだ。





申し添えるまでもないが、私は軍国主義者でも覇権論者でもないし、大日本帝国懐古主義者でもない。
世界平和を熱望する一日本国民である。

また、軍人勅諭を昭和34年生まれの私が肌で感じる事ができるわけが無い。
職業人生のスタートに当たり、最もお世話になった、言えば神様と同じ方から賜ったもの。

その意味でこれは、私にとっては恩賜宝物なのである。
とは言いながら、読んでみるとこの勅諭には襟を正すべき事がたくさん書いてある。
やはり宝物だ。





会長様、改めてありがとうございます。
私がここまでなんとか歩んでこれたのは、会長様、社長様のおかげです。
どうか、まだまだお元気でお過ごし下さい。





  1. 2013/02/04(月) 21:51:14|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山形飲み会帰宅手段

昨夜は楽団の新年会。
とにかく飲まない団なので、実に久しぶりの会である。
何ヵ月ぶりだろう。楽しく過ごしてきた。

優しい女性幹事は我々寒河江衆に気を遣ってくれ、会場はいつも山形駅から徒歩3分以内に設定してくれる。
これは本当に助かる。

帰りの手段の話だが、
実に本数の少ないであろうバスの便は、寒河江まで600円くらいだったか結構高い運賃だし、
21時頃とかそれくらいで終わり(あまり調べた事もない)なのに対し、
JR左沢(あてらざわ)線は21:28、22:38、そして23:35まであり、運賃も片道300円台と安い。

昨夜は珍しく二次会に参加せず、山形発22:38に乗って帰ってきた。
23:04とかそれくらいに寒河江駅に着いたのかな。

幸い家は駅から近い。千鳥足で歩いても7、8分で着く。ばっちり「午後様」だ。
その次の終電だと、帰宅はほんのちょっとだが「午前様」となる。

それでもそれに乗り遅れてタクシーで帰る羽目になれば、その月の財政は破綻する。
だから終電っまでのJRに乗れる山形飲み会ならば「御の字」なのである。

行く時に一緒に左沢線に乗っていった友人は二次会に参加した。
その彼は寒河江駅で私に、乗車券を往復で買う事を勧めてくれた。

なるほど。
帰りの切符を買っていけば、必ず良い子用の終電までのJRで帰らなければならなくなる。
魔の3次会の誘惑に勝てるというわけだ。
私は彼の言に従って往復分を買った。






今朝7時過ぎ、爽やかに目覚めた私は彼にメールを送った。
「終電に間に合った?」

だいぶ時間が経ってから
「ダメでした。白タクになりました。おれ、またやっちまった」との返信。
帰りの切符もったいない!
それにしても彼は驚異的に優しい奥様を持って最高の幸せ者である。

山形駅前と我々の住む寒河江の町内(まちうち)は17kmほどの距離がある。
まして今は真冬。
私がもしも深夜「迎え頼む」と妻に電話したら・・・





Oh! my God! 




  1. 2013/02/03(日) 19:54:46|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アテルイ伝終了

昨夜の第4回をもってNHK-BSでの「アテルイ伝」は終わりました。
皆さんはご覧になりましたか?





私にとっては全くがっかりなドラマでした。
莫大なエネルギーと時間とお金をかけて製作した意図がわからない。
高橋克彦先生の原作の上っ面すらかすってもいない。

役者さんたちは皆熱演し、脚本家さん他スタッフの皆さんは、45分×4回の放送に「よくぞこれだけやった」という努力をし・・・




稀有の出来映えの原作を何度も愛読していなかったら、「ふーん」とか言ってただ見流していたかもしれない。




残念でした。
またそのうち原作を読もう。



  1. 2013/02/02(土) 18:04:55|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おすすめ江戸褄

ご存知、日本女性の第一礼装江戸褄(えどづま:留袖・黒留袖とも言いますね)。
色々ある中で、現在最もおすすめの江戸褄がこれです。
新品商品のため仮絵羽状態ですので、柄はきっちり合わさってはいませんが。


CIMG8045.jpg


CIMG8043.jpg


CIMG8046.jpg

絵羽全景
CIMG8048.jpg

上前中心部
CIMG8049.jpg

「美しいきもの」などでもおなじみの、染の名門「ちそう」製。
CIMG8051.jpg

八掛込みの重量は1kg近い国産白生地。
CIMG8052.jpg

上前の裏側を見ると・・・
CIMG8054.jpg
大量生産品には見られない、手描きのにじみが確認できます。

お母様だけでなく、お嬢様も20年後30年後にお召しになれる流行りすたりの無い正統古典柄。
当店自慢のひと品です。




  1. 2013/02/01(金) 21:50:12|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ここの歴史