呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

監視日記2013.5(大不合格)

また月末日。朝一で体重計測。

CIMG8318.jpg



Oh!my God!

ひと月で1キロ増えてる!
もっと決定的なのはこの2カ月で2キロ増えたことだ。

これはもう完全に自然変動のレヴェルを越えている。
大苦労の末に12kgもの大減量を果たし、その後折角一年超維持してきたのに。

問答無用。さっそく今日から減量を始める。
目標は当然70kg未満への復帰だ。69.9kgだっていい。
そして定例の来月末日6月30日、ここに結果を載せる。

自分との約束ではあるが、ご訪問の皆様にも必ず成功を報告します。
もしも果たせなかったら・・・

石を投げて下さい。



戻るのは、決断は今だ。
食欲旺盛で意志の弱い自分のこと、このまま73キロ75キロと増えていったら、
きっと容易なことでは戻れなくなってしまう。
ちくしょー!見ていろ!



ウオーキングの方は、自分でも感心するほど続いている。

CIMG8319.jpg


今月合計は1359分。雨などで休んだのは二日のみ。
一日40分に満たなかったのは四日のみ。これは合格。

喰うのは大好きだが決して大食いはしていないつもりなんだがなー。
しかし、運動は続けているのに体重は増えてしまった。

なぜか。

①目標を達成し、だいぶ前から「夕食時の炭水化物大幅カット」をやめたのが原因か。
②あっ、少量ではあるが、お茶菓子を食うようになったな。
③あとはアルコールか。毎晩飲んでるからなあ。

「食っていないつもり」はいいわけで、摂取と消費のバランスが崩れているからに他ならない。
運動を続けていても太るほど実は喰っているのだろう。

では今日から①を復活させ、②をやめ、③を制限しよう。

やるぞ!できる!お前ならきっとできる!




それにしても、50過ぎても衰えない食欲がうらめしい。
こんなこと、何歳まで続けなきゃならないんだろう。





  1. 2013/05/31(金) 17:49:52|
  2. 運動・体重監視日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新世界②

その二人の音楽は私にとって「新世界」だ。
だが・・・

サラはまだいいのだが、リサを聴いていると・・・

実にまったりしてきて、なんだかこの世の細かい事なんかどうでも良くなってくるのである。
リサとボッサの魔術である。
現役としては仕事中に聴くのはちょっとまずい。



さ、そして大昔から私の神様であるポール・マッカートニー様(+Wings)。
最ものぼせていた大学時代が極貧状態だったので、のぼせた割に彼のレコードやCDをまじめに集めていない。
彼のアルバムの半分はオリジナルソースから録音したカセットテープか、まだ入手していないかどちらか。

You tube 効果でムラムラとそのCDを何枚か欲しくなったのだが、
調べてみるとなんだか入手が難しそうなのである。

「London town」、「マッカートニーⅡ」、「Speed of sound」、あともう一つなんだっけ。
手に入れたいものが数枚ある。

サラ、リサという、本当の新世界にも出会ったが、
昔から耳に馴染んだポール様の動画も、負けず私には新世界なのだった。

今まで長い間耳だけで聴いてきた彼の世界って、改めて映像で見るとそういう事だったんだって。
もう40年も彼と彼の感性が大好きです。




  1. 2013/05/29(水) 22:42:08|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新世界

とは言っても、大阪の話でもドヴォルジャークの事でもありません。

You tube を視聴するようになってから、
とりわけ、昨秋に新自宅視聴覚室の大画面テレビに無線でネットをつないでから、
「天使の歌声」サラ・ブライトマンと、ジャパニーズ・ボッサの「大御所」小野リサに惹き込まれている。
二人ともそれまでほとんど知らなかった存在だ。

そして You tube だけでは飽き足らず、この度二人のCDをごってり手配した。
小野リサに至っては一挙に7枚。(もちろんレンタル)

サラ、サラ、サラ、リサ、リサ、リサ「漬け」の毎日となった。
この二人の歌は、努力、勉強、経験だけでは成立しない。
才能だ。

この、類稀な彼女らの能力を楽しまない手は無い。
ご存知の方の方がもちろん多いでしょうが、もしもまだの方がいらっしゃったら、是非お試し下さい。

そうですね。親しみやすい所で、
サラなら「Time to say good by」とか「Ave Maria」
リサなら「イパネマの娘」や「カトピリ」
あたりで検索どうでしょう。

天才だ!



そして皆さん。笑わないで下さい。
私もミュージシャンになりたかった。いや、できる事なら今でもなりたい。
夢ですけどね。(誰だ?笑ったの)

(つづく)





  1. 2013/05/29(水) 22:18:57|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シェアリング

夫婦でイース一台で過ごすようになってもうすぐ2カ月になる。
その間、ただの一度もそれで不足を来たした事がなかった。

レンタカーを借りる事も、タクシー・バス・汽車を使う事も無く、
商売に支障をきたす事も、バイクで補う事も、
延々高速道路を突っ走り、果ては「天下の嶮」箱根路の登りでも全く困る事はなかった。

我が家の生活条件がこの状態を可能にしている。

ご夫婦がそれぞれ別の会社にお勤めだとか、
お勤めのかたわら農業も手掛けているとか、
ご夫婦で一つの自営業をなさっていても、軽自動車一丁では積載等、絶対済まないお仕事であるとか、
地方では複数台所有しなければ日々を過ごせないお宅が大多数に違いない。



ではもしも、イースが車検の時や、事故や故障で数日クルマ屋さんに預けなければならなくなった時は・・・

長女を彼女のミラで朝夕勤め先(わずか7km余り)まで送迎してやり、日中はそのミラで用を足せば済む。
これは車がその逆の場合でもOKだ。
代車も要らない。なんて恵まれた条件。

つい3月まで夫婦で2台使っていたわけだが、そういえばどちらか一台は多くの時間自宅で寝たままだったな。
先日、嬉し泣きしながら7,200円の軽自動車税を納付した。

ミラの分はもちろん長女に納付させた。自立した社会人になったんだからね。
自動車税と言えば、あとはCB1300が4,000円、ST250が2,400円。
思い返せば、レガシイは45,000円、フィットは34,500円だったなあ。




待てよ。車一台で何の不足も無いのだから、この記事のタイトルは「シェアリング」と言うよりむしろ・・・
「改善(インプルーヴメント)」か。





  1. 2013/05/29(水) 16:48:55|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再び次年子(じねんご)

この記事のカテは「食う!」、「バイク」、どっちにすればいいのか。

きのうの定休日、二週間ぶりくらいでまたまた行ってきた。
家から33km。30数分。

寒河江から次年子までのルートはとても快適で、河北町谷地を抜けるまで辛抱すれば、あとの20数キロは準ハイウエイみたいなものだ。
折角のゴールド免許、スピードの出し過ぎに気を付けないと。

今回は今シーズン初めてスズキST250を引っ張り出して走らせる。

CIMG8310.jpg

空冷OHC単気筒。
巨艦CBと比べるものではないが、加速も最高速も「かわいい」としか言いようがない。

快適なクルージングは80km/hまでがいい所。
90km/h以上だとかわいそうになるバイクだ。
試した事は無いが、このマシンは120km/hなんて出ないんじゃないだろうか。

それでも50cc、125ccではできない走りで移動できる。
遅い先行車の追い越しも、次年子直前の峠の登りも全くストレス無くこなせる。
また、小排気量とは言えシングルの排気音と鼓動は堪えられない。





さてさて、本当にカテはどっちにすればいいんじゃい。

CIMG8311.jpg

あっという間に「源四郎」に着いてしまった。
そしてもちろん

CIMG8313.jpg

板そば(700円)と「きじ汁」(300円)。
なんて美味いんだろう。幸せ。まだの方、お勧めです。

CIMG8312.jpg

つきだしの新鮮な旬の山菜も嬉しい。

この店、所謂「田舎そば」屋らしく、他のメニューはほとんど無い。
板そばを大盛(千円)にするか、温かい「きじそば」か、
あとは「かいもづ」(「そばがき」のことですね)くらい。これ、次回試してみたい。

今回は店のお勧め通り、最初の一口だけイタリアの岩塩をふって食べてみた。
(別にどこの塩でもいいんだろうが)
ここのそばって、こういうものなんだ。美味かった。初体験である。





さ、また満足して店を出ると、数年ぶりに次年子小学校に行ってみる。
県道沿いの源四郎真向かいから枝道に入り、わずか300mかそこら登ると・・・

CIMG8314.jpg

いまだにひっそりと立ち続けていた。
数年前にもここで紹介したが、とうに廃校となっている建物。

敷地が限られた山間部ならではの設計だ。
3階が体育館なのだそうだ。

そばに車が何台か止まっており、地元の何らかの施設として利用されている様子。
この学校にはなんだか身勝手な愛着があり、できる限り長く残ってほしい。





さてさて、最後までカテを決めかねる。
「食う!」か、「バイク」か、はたまた「日曜小さな旅」(このカテはまだ作ってないけど)か。
未決着のままおやすみなさい。





  1. 2013/05/27(月) 19:55:24|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

血縁飲み会

代々子供が少ないなどの理由で、極端に親戚が少ないわが家。

法事の時など、精々10人台のため、会食の席などでは寂しさを感じるほどだ。
もしもこれ以上減ったら、友人たちでもよばなければ座にならないのではないか。

そんな中わが家は今夜、貴重な血縁、山形市の○家の皆さんと久しぶりに会食をした。
両家合わせて7人。

先方のお嬢さんが数年前に東京から家に戻り、昨年お婿さんを迎え、
わが家は上の娘が大学を卒業して家に戻り社会人となった昨今のタイミング。

そんな、若い者たちの顔合わせの意味もあった今夜の飲み会。
血縁係累が極端に少ない私としては実に嬉しいひと時となった。





場所は昨年の5カ月間の仮住まい中に、だいぶ利用させてもらった仮住まい最寄の居酒屋さん。
8ヵ月ぶりに訪れた。

そしてなんと!
その店のオーナーと娘がお世話になっている会社との接点が昨夜判明。
ご縁と言う他ない。

血縁と仏縁。
両方の大事さと有難味を感じた夜となった。




  1. 2013/05/25(土) 22:32:08|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蚊帳の外の聨合艦隊

自民党大勝利、政権交代の昨秋の衆院選後から上げ調子一本やりだった日経平均。
アベノミクスのお蔭か。
きのう初めて暴落しましたね。

15,600円台から一気に7.3%(千百数十円)もの墜落。
103円台まで進んでいた円安が101円台まで急速に上がったこと、
中国の工業に関するあまり良くない予測指数が発表されたこと。

その二つが引き金になり、過熱警戒が後押ししての暴落と見るのが自然でしょうね。
更に、ITを駆使しての超高速超大量の取引もそれを助長したとか。

まあしかし、約8千円という情けない日経平均が、7ヵ月という猛スピードで約2倍に上昇したのだから、これまで調整(上昇に伴うある程度の下落)局面が無かった方が不思議である。

一日で7.3%下落には驚いたが、上昇局面には調整が時々あって当たり前。無い方が不思議。
♪あたりまえ~あたりまえ~
一貫して上がり続ける状況の方が個人的には恐い。

その証拠に我が聨合艦隊の大部分は昨年末に戦域を離脱した。(早過ぎ!)
司令長官が腰抜けだし、この経済実態で日経平均が上がり続ける事が信じられないからだ。

最近まで全艦隊が戦域にとどまっておれば、なかなかの戦果をあげられたろうに。
なんていうのはしかし結果論に過ぎない。この世界でも「たら」「れば」は通用しない。

聨合艦隊の出撃は博打ではないのである。
腰抜け司令長官としては、「損害を蒙らない事」が最重大事であり、そのための「勝ち損ない」は責めない。
負けなければ「次に勝つ」可能性もあるからだ。

今日は若干(百数十円)の自律反発をして今週の戦を終えたが・・・
さて諸賢、上昇開始後初めての大調整を済ませ、来週からはどう動くと予想しますか?

我が聨合艦隊は小編成の第3艦隊ただ一つを戦域にとどまらせて哨戒を続けます。







  1. 2013/05/24(金) 21:15:03|
  2. 投資・経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

N・エドワーズ公演迫る

今夕の地元テレビ局で、本番のために練習に励んでいる地元バックバンドの皆さんの様子が紹介されていましたね。
いよいよあと9日後。

ベンチャーズリードギタリスト、ノーキー・エドワーズ氏の東日本大震災チャリティー山形公演。
山形市民会館で6月2日(日)午後4時開演です。

チケットがまだ少しあります。
「行ってみようか」という方はどうぞお声をおかけ下さい。
私も行きます。





それにしても、なんで楽譜無しで演奏できるんだろう。
不思議だ。すごい。





  1. 2013/05/24(金) 20:44:09|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前記事に追記

その方は、私の知人友人の皆さんはほとんど知らない方です。
また、寒河江やその周辺でもありません。
要らぬご心配をお掛けしないよう書き添えます。





  1. 2013/05/24(金) 09:32:31|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お悔み

知人が自ら命を絶った。
そんな話であるから、どこの誰かも、性別も、年齢も、職業も、いつの事かも、
原因も、どんな知人であるのかも、何一つ書けない。

時間が経ってこの記事を読み返す時、一体誰の事を書いたのかわからなくなってもやむをえない。





なんということ。

社会的地位、のれん、プライド、雇用者に対する責任、会社の存続。
抜き差しならないしがらみもあるだろう。

だけど、それらのすべてを失っても、貧乏しても、生きてさえおれば
と、今生きている自分は、自分がそれを出来るかどうかもわからないのに無責任にそう思う。
しかし、その道を選ぶより他になかったその人の追い詰められた気持ちなど、私に理解できるはずもない。

痛ましいという他ない。

本当に無責任ではあるが、すべてを失っても生き続ける事はできなかったか。
失礼ながら人間の弱さもたっぷり持っている、とても親しみ深く、優しく、愛すべき方だった。

今はただ、ご冥福をお祈りするのみ。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏





  1. 2013/05/23(木) 20:45:06|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

即効薬

なぜか今日、特に午後、珍しくぐったり。
人間だもの(って相田みつをみたい)、たまにはくたびれる時もあるか。
また、こういう時は同時に心も沈みがちになる。

今夜は楽団練習日。出張だなんだで私の今月の参加はまだ二、三回目。
「そーれ行くぞ!」と、疲労感漂う自分に少し鞭打つ感じで赴く。

行ってみると、今夜の参加者は常任指揮者を入れても10人に満たない。振るわない。
しかし、練習が始まるとそんな事は全く関係なくなる。
新譜でもあり、必死となる。

そしてふと気が付くと、ついさっきまでの疲労感はあらあら不思議、どこかに吹き飛んでいる。
いつもと同じパターンだ。倦怠感にはラッパが一番。頭も体もシャキーン!
趣味とか好きな事というのは、人生のオアシスでありカンフルなんですね。

あなたの即効薬は何ですか?





  1. 2013/05/22(水) 22:26:07|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悉達多(後編)

しかし、個人的な思い入れかもしれないが、タイトルからして「シッダールタ」より「悉達多」の方が好きです。

訳者によっていかに違うか、ちょっとだけご紹介。
左が手塚先生、右が高橋先生。

CIMG8303.jpg  CIMG8304.jpg

「畏友」。しびれますね。太宰先生みたい。
そして口語の「ささげる」よりも、文語の「ささぐ」。
いいですね。重みを感じます。

更に冒頭。高橋先生から。

「家の陰で、小ぶねのかたわら、川岸の日なたで、サラの木の森の陰で、イチジクの木の陰で、シッダールタはバラモンの美しい男の子、若いタカは、その友でバラモンの子なるゴーヴィンダとともに、生い立った。」


手塚先生は
「蔭なすわが家のほとりに、日あたる川岸の小舟のかたわらに、沙羅の森、無花果の木陰に、婆羅門の美しい子、若き鷹、シッダルタは、彼の友で同じ婆羅門の子であるゴヴィンダとともに育った。」


いかがでしょう。
優劣をつける事はできませんが、個人的には手塚先生の訳の方が好みです。

例えば「サラ」とか「タカ」とか、表意文字である漢字を使わないと、わけがわからなくなる時もあります。

うーむ・・・・
折角新しいのを買ったんだけど、劣悪な頭でこの作品をより理解するには、
こめかみを掴みながら再び手塚先生の方を読んだ方がいいかな。







  1. 2013/05/20(月) 21:48:23|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悉達多(シッダルタ)前編

ゴータマ・シッダルタ。ご存知ゴータマ・ブッダ、お釈迦様のことですね。
ヘルマン・ヘッセの名作です。

CIMG8296.jpg

左が高校生の頃、家の書棚にあったので読んだ旧漢字・旧仮名使いのもの。
右が先週購入したもの。

CIMG8299.jpg

1952年発行。訳者は手塚富雄先生。若い私は衝撃を受けたっけ。
なぜ西洋人のヘッセが東洋で発生した宗教や釈迦をこれほど深く理解できるのか。
天才なんだろうな。

「定価150円、地方価155円」ってのも面白いですね。

哲学科に進んだ次女に読ませたく、しばらく彼女に預けておいたのがこの度戻ってきた。
そこで、久しぶりに自分も読んでみようとしたのだが、

CIMG8297.jpg

CIMG8301.jpg

ボロボロ。読んでいる内にバラバラになりそうなので、最初の写真の新しいものを買ったわけだ。

CIMG8302.jpg

訳者は大碩学高橋先生。全く遜色ない。
そして60年前に発行された本にも、平成19年に印刷された(初版は昭和46年だが)本にも、
奇しくも双方にヘッセのサインが装丁に使われているのがすごい。

(つづく)




  1. 2013/05/20(月) 21:21:48|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年度も減少継続

CIMG8307.jpg

 ↑ 新年度も減少でスタート。なんてこった。
3月分を参考まで ↓

img021.jpg

世帯人数も減るばかり。




  1. 2013/05/20(月) 20:48:00|
  2. 市の人口
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根寄木細工

以前から存在は知っていたものの、30代でやっとその魅力に気付き、少しずつ愛用する品を増やしていった。
18歳からいやというほど箱根を走っていたのに、早く気付かず惜しい事をした。

寄木細工研究・購入の目的で箱根を訪れたのは先日で数度目。
前回はおととしの9月だった。

茶筒、茶匙、茶托、楊枝入れ、靴べら、携帯ストラップ、箸など、
様々な寄木製品を愛用しているが、欲しい物はまだまだある。


CIMG8294.jpg


予てから最も欲しい物のひとつだった丸盆をこの度遂に入手した。(茶筒は以前求めたもの)
ご覧の通り「貼り」ではなく「無垢」である。小物から大物まで、すべて無垢の方が好きだ。

なんという手触り、適度な重量、そして伝統工芸の存在感。大満足である。
箱根寄木は、甲州印伝と全く同じく、触れる度にしみじみとうっとりしてしまうのだ。
ちなみに我が家ではお茶を淹れるのは昔から私の役目。

今回の訪問ではこれ以外にもコースターなど、数点の小物も求めてきた。
銘々皿、菓子鉢、大きい茶筒、お盆もう一つなど、欲しい物はまだまだあるのだが、一気に買うと破産するので我慢。
また行けばいい。楽しみは取っておかないとね。





  1. 2013/05/19(日) 17:51:55|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慰安婦関連発言

某政党共同代表H氏のこのたびの発言。
大変失礼ながら彼は、少なくとも本件については為政者・代表者として欠格ではないか。

古今東西、従軍慰安婦やそれに類するものが存在したのならば、
それは間違いなく「悪」であり、百歩譲っても「必要悪」である。

そしてご自分が「必要悪」を内心肯じたとしても、良識・常識のある大人ならば言ってはならない事だ。
大都市市政のトップであり、野党とは言え政党の共同代表者のコメントとはとても信じられない。

彼のリーダーとしての資質を危ぶまざるをえない。
例えば自分のブログに、思っている事を100%書く人がいるだろうか?
また、小学生でさえ高学年にもなれば、言っていい事と悪い事の区別はつく。

これはもう、ただの常識とか礼儀の問題だ。
彼が言った事にも、その後の対応にも落胆した。

だから私も、この件についてもっと書きたいところ我慢します。





  1. 2013/05/17(金) 21:44:11|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本一

おととい、経済産業大臣指定伝統的工芸品「箱根寄木細工」の勉強に箱根まで訪れた時の写真。
これは大涌谷からのショットです。

CIMG8283 - コピー

「天下の嶮」箱根の西麓、三島の友人が以前、
「山形にもきれいな山はあるだろうが、何と言っても日本一は富士山だよ」
と言いやがったが、しかし肯ける。

悔しくない。富士山は静岡・山梨だけの山ではなく、「日本の山」と思えば。

単独峰であること。
山容が秀麗であること。
国内最高峰であること。

歴史とか信仰までも持ち出さなくとも、この三つで「日本一」と言えると思う。
箱根からでも東京からでも、富士山が見えると子供の頃から一々感激する。

昔々一年間三島に住み、毎日富士山を見たが、地元の連中はどうか知らないが私は毎日感激していた。
日本晴れの、日本一の山。ご覧下さい。







  1. 2013/05/17(金) 20:21:20|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月分電気使用量(2013)

が、きのう来た。


img035.jpg



うーん。今回から1万円を割るかと期待していたのだが残念。
つい先週くらいまで、連日エアコンをつけなければならなかった寒い春が原因か。

しかし先月は28日間で659kwh。今回は34日間で599kwhだから、
一日当たり比較ならそれぞれ23.5kwhと17.6kwhとなり、25%減っている。
太陽は偉大である。

さて「昨年同期比較」はもうできない。
昨年はGWから2DKのアパートへ引越し、同時に旧自宅での電気使用は終わったからである。
なのでおととしの同期と較べてみる。

①電気⇒438kwh。(11,009円)
②ガス⇒2.0㎥。(3,213円)
③灯油(暖房・給湯)⇒推定概算90ℓ。(7,650円)

以上、三人暮らしだったおととし同期のエネルギー代合計は2万2千円弱
この春は異例に寒く、一人増えて四人暮らしだったがそれでも金額ベースで40%減

今の所(秋・冬・春)は高気密高断熱性能が遺憾なく発揮されている。
入居後体験していないのは、残す所いよいよ初夏~初秋のみ。楽しみ。
そして来月こそは大台割れなるか。





  1. 2013/05/17(金) 12:13:48|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さな悩み

各高校吹部の定演シーズンが近づいてきた。

長女が寒河江高校吹奏楽部に入部した7年前から、パンフレット広告掲載を続けてきた。
5年前からは次女が入部した日大山形高校の分も増えた。


楽とは言えない経営状況が打ち続く中、「子供も卒業しちゃったし、掲載は終わらせてもらおう」
なんて考えている内に生徒さん達が依頼に来てしまう。

かわいい純真な生徒さんに来られればこれはもう断れない。
自分の子供たちが卒業しても続けてしまう。

そして今年。
お世話になった顧問の先生方が両校ともご異動や定年ご退職によりいらっしゃらなくなってしまった。

「今年がタイミングだ。心を鬼にしよう」
春あたりからずっとそう考えていた。

だが、両校からいざ生徒さん達が来るととても鬼になれないのだった。
「ご苦労様。コンクールも頑張ってね」などと言いながらお金を渡してしまうのだ。

二人の娘がお世話になった部活。
そして片や地元の学校、片や我が母校だもんな。

続けられる内は頑張るしかないか。





  1. 2013/05/16(木) 17:45:05|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イース燃費2013.5

久々のこのカテ。

寒河江・箱根往復の1050km。

主な付与条件。
乗員:寒河江⇔東京は二人。東京⇔箱根は三人。大荷物は無し。
天候:帰りの百数十キロのみ雨。暑く、往復共に相当時間エアコンオン。

結果。
22.4km/l 。

イースとしてはやや悪い。
天下の嶮の登り、エアコン、乗員数、ほとんど高速。
ネガティヴポイントが目白押しだ。

まあそれでもこの数値で「悪い」って言えるのは幸せかも。
1050kmを47ℓのガソリンで走ってくれるんだもの。

それと、イースにとって初の箱根だったが、3人乗車でもさっぱり困る事はなかった。

ついでに高速料金を。残念ながら平日なので半額割引はなし。
山形蔵王⇒浦和 5,600円
浦和⇒寒河江 4,550円




神様仏様、安着に感謝します。





  1. 2013/05/16(木) 17:28:49|
  2. 燃費オタク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京出張とくれば

やはり泊りは「ロハ」の宿。
世田谷は下高井戸。6畳1Kの次女のアパートだ。

で、下高井戸の夜とくれば

CIMG8256.jpg

吾作にきまり。これで何度目か。
仕事が早く終わったため、午後5時という異例の早い時刻に入店。

CIMG8257.jpg

予約無しでは座れない人気の吾作も、この時間はさすがにこんなもの。

今日の注文メニューは

冷やしトマト
揚げ出し豆腐
焼き餃子
鳥の唐揚げ
サバの塩焼き
カツオたたき
生野菜
おにぎり

みな旨かった。
アルコールはというと、私が二杯、妻と次女は一杯ずつ。

そんなに飲まなかった事もあるが、これだけ食べて3人で5,580円。
以前も書いたと思うが、寒河江顔負けのコストパフォーマンス。
京王下高井戸真ん前という立地でこの努力。素晴らしい。


さて、明日はお気に入りの伝統工芸品の研究のため、更に100km西に進みます。
おやすみなさい。






今日の東京での主な仕事は、印傳屋さんの2013新作発表会。
これはまた別段に。





  1. 2013/05/14(火) 20:08:19|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

性格

CIMG8254.jpg

愛車イースのセンターコンソール上の画像。
トンネル上に二つ分のカップホルダーが設けてあるのだが、位置が低すぎて非常に使いにくい。
運転中の利用は危険ですらある。

で、近年の車にはなんと灰皿がない。
5年半ほど前に下取りに出したレガシイやスズキワゴンRにはあったが、代わりに購入したフィットやミラからなくなった。

比較的新しい車イースに無いのは当然か。
「ヒャッキン」で売っている、カップホルダーにすぽりと収まるプラスティック製の円筒形の灰皿(写真)。

それをエアコンやオーディオのコントロールパネル周りのあちこちに粘着マジックテープを使って貼り付ける試行錯誤を長らく繰り返した。
吸殻がたまるたびにベリベリと引き剥がして捨てるのだ。

それを繰り返していると、マジックテープは灰皿から必ず剥がれてくる。
愛煙家としては不便を我慢しながら過ごしていたが、この度この写真のようにして問題を解決した。

位置が低くて使いづらいお仕着せのカップホルダーの穴に、ダンボールを丸めた筒を突っ込んで20数cmリフトアップ。
私は要らないのだが、その筒に花粉症の妻の必須アイテムゴミ箱も幅広輪ゴムで装着。

なかなかの使い心地である。
マジックテープのはがれに悩まされることもなく、楽に灰を落とせる理想的な位置になった灰皿。
いまどきの喫煙はなかなか大変だ。

多分、こんなことをする人は世界的にも少ないと思う。





  1. 2013/05/13(月) 21:47:05|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

臨時休業のおしらせ

明日14日(火)とあさって15日(水)の両日、出張のため休業させて頂きます。

ご不便をおかけし、誠に申し訳ございません。
16日(木)からのお越しを心からお待ち申し上げます。





  1. 2013/05/13(月) 10:08:07|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Only One

花土の夜、またもや蟄居。最近一体どうしちゃったんだろう。
更には今夜は妻からもおいていかれた。

さて、そんな夜はやはりYou Tubeだ。

だいぶ前からサラ・ブライトマンに心酔している。
彼女の歌は天使か神のもののようだ。

声楽は(いや、「声楽」)さっぱりわからないが、彼女の歌を聴くと現実から離れてしまうほど素晴らしい。
まるで夢の中にいるようだ。



今夜、彼女が歌う「What a wonderful world!」を見つけ、聴いた。
だが・・・

サラのそれはルイ・アームストロングに はっきり敵わないと思った。
天使の歌声をもってしても、ルイのだみ声に敵わない。
「What a ・・・」については彼の無類かつ極上の優しさがにじみ出るのだ。
この歌は彼にしか歌えない。

サラでも敵わないものがこの世にはある。
だみ声でも天下無双の歌がある。




そう。この世は、そしてあなたも私も、ナンバーワンでなくオンリイワンでできているのだ。
サラとルイがそう教えてくれる。






  1. 2013/05/11(土) 22:43:49|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「顔」の威力

おととい夜、先日のツーリングの安着祝いをした。
場所はⅤ-MAX氏の提案で、市内の某焼肉店となった。
私はまだ行った事のない店なのだが、彼が数度利用した結果、お奨めなのだそうだ。

山形市在住のGPZさんは遠いので今回は誘いを遠慮し、代わりに都合で一緒に走れなかったCB戦隊のガスマン氏が参加。

結論。
店お任せで、飲み放題と食べきれないほどの肉が出、野菜、キムチも出、
しまいにはデザートまで出て一人○千円ポッキリ。

以前ここに「戦略的飲食」タイトルで書いた焼肉屋を上回るコストパフォーマンスである。
飲み放題リストにはもちろん生ビールもある。
平日戦略だとしても赤字ではないのか。

いや、これはV-MAX氏の「顔」のお陰だったのだ。
飲食が始まる前に店長(オーナー?)が彼に打ち合わせに来たのである。
「いつもお世話になっておりますので、今夜は飲み放題プラス食べ物お任せで○○円にさせて頂こうと思いますがよろしいですか?」

しかし恐ろしい企業努力である。驚いた。
とにかくⅤ-MAXさんありがとう。





  1. 2013/05/11(土) 06:25:03|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初給料(スーパーウルトラ馬鹿親日記)

大就職難の時代。
神仏のご加護と多くの方々の絶大な応援により、なんとか浪人する事なく就職できた長女。
それだけでも感謝し尽くせないほどの幸せなのに・・・

きのう、人生初めて(アルバイトは除く)の給料を頂戴してきた。

CIMG8252.jpg

3月まで学生だった何もわからない娘っこ。
最初の一年、とりわけ最初の一ヵ月など、一体何をしていたのかわからないような勤務だったろうに・・・

求人要綱に書いてあった通りの給料。もったいなく申し訳ない。
社長さんはじめ、社員の皆様に感謝しなければならない。
一日も早く給料に見合う利益を会社に齎す社員になるように。

もちろんすぐに袋ごと仏壇に供えた。
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。

平成2年夏に生まれてこの方、家族、親戚、恩師、友人、地域の方々他、数え切れないほど多くの方々に
数え切れないほどの恩を受け、気が遠くなるほどの時間とお金を掛け、やっと巣立ったのだ。

ということは、人は決して恣(ほしいまま)の人生など、歩んではならないということだ。
この時点で既に、自分を育んでくれたすべてのものへの恩返しという大きな責任があり、
感謝に包まれた日々を過ごす義務があるのだと思う。

そしてこの事はなんと、一世代上の私も改めて肝に銘じなければならない事だ。
30年前、自分も全く同じだったのだから。






  1. 2013/05/09(木) 16:25:44|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あじさい

CIMG8245.jpg

我が家の南庭。
昨年の自宅建替えの際に外構工事の必要が生じ、その結果以前よりだいぶ小さくなった。

その削った所にあった草木は、移植して生かしたものもあるが、残念ながら処分したり枯れてしまったものもある。
そして、よく言えば「すっきり」し、悪く言えば「さびしく」なった。

ただただ緑色なだけの庭になってしまい、季節季節を彩る花を咲かす草木が少なくなったのだ。
そこで先日の連休中に夫婦で植えたのが

CIMG8241.jpg
CIMG8242.jpg

これ ↑ と

CIMG8239.jpg
CIMG8240.jpg

↑ これ。

二つともなんとかいうあじさい。かわいいでしょ。
それぞれ2千円前後だった。高いんですね花って。
庭の「空き」に対して当然ちっちゃいのだが、数年先には大きく育ってくれる事を願う。




庭の雑草が苦になり始め、草取りをするようになったのが30代。
だからと言って庭や草木を愛でる気持などさらさらなく、長年にわたって親が植えまくり、ジャングルのようになっている庭が大嫌いだった。

親が植えるのに負けず、親の目を盗み、草取りのついでに相当数の庭木を抜いたり切ったりした。
気になるのは雑草だけで、その草取りが困難なほどびっしり植えてある庭木がただただ邪魔で憎かったのだ。

そして親は齢をとり、あまり口を出さなくなったのを幸いに、私は抜きに抜き、切りに切り、長年かけて北・南とも我が家の庭は驚くほどすっきりした。




ところが・・・
54歳になったいま、今度は植え始めたではないか。

まさか自分が植木屋に行って草木を選び、購い、自らの手で庭に植える日が来るとは!
人間って、齢と共に変っていくんですね。

皆さんはいかがですか?




  1. 2013/05/08(水) 17:55:23|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母の日に印伝

次の日曜日12日は母の日ですね。
お母様に日頃の感謝を込めて、優しい温もりが伝わる甲州印伝のプレゼントはいかがでしょう。

CIMG8249.jpg
CIMG8250.jpg
CIMG8251.jpg

多数の印伝を取り揃えてお越しをお待ち致しております。




  1. 2013/05/07(火) 17:40:36|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行列リベンジ(源四郎そば)

おとといの坂内2時間半行列は、ツーリングリーダーとして仲間に申し訳なく、二晩寝てもまだ悔やまれる。

今日は世間様と同じく、我々も連休最終日。朝の内にする事を決めた。

バイクや車で何度も通りながらこの齢になるまで一度も味わっていない、大石田町の山中、有名な次年子(じねご)地区のそばを食いに行くことにした。

次年子地区に入ると最初に見えてきたそば屋には昼前というに20人ほどの行列が見える。
苦い経験の直後なので即決でパス。謂わば「行列恐怖症」である。

先にも数件そば屋があることを知っているので進む。
すぐに行列のない蕎麦屋を発見。即決でそこに決める。11時半頃のことだ。

すいすいと座敷に上がらせてもらい、板そば並盛(700円)の他、数少ないメニューにあった聞き慣れない「きじ汁」(300円)というのを見つけて注文。
そばメニュー以外にはニシンも天ぷらも無いのだ。

駐車場に車を入れてからわずか10分足らずで初の次年子そばにありつくことができた。
おとといと真逆。あっさりとリベンジ成功。

CIMG8233.jpg



そばはそばらしく香り、歯ごたえものど越しもよく、そして熱々のきじ汁がうまい!
そばを「つけ麺」のようにきじ汁につけて食べる。最高!

板のそばを、つけつゆ・きじ汁両方に分けて楽しまなければならないので、
「しまった!そばを大盛にすればよかった」と思ったほど。
しかし妻が「そばが食べきれない」というので二口三口もらって満腹。

これは驚いた。
寒河江から33km、40分あれば行ける次年子にこんな美味い店があったとは!
また行く。




昨年の4月30日にCB1300戦隊でここを通った時、次年子の田は分厚い残雪に覆われていた。
今年は

CIMG8237.jpg

ほとんどなかった。
そして

CIMG8235.jpg

個人的にここが次年子の代表的風景と思っているが、
数年前にここで取り上げた、廃校となっている次年子小学校がこの上にあるのである。





CIMG8238.jpg

源四郎さんご馳走様。とてもおいしかった。また行きます。





  1. 2013/05/06(月) 19:36:42|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シーズン開幕(爆走360km)

きのう4日は朝から晩まで走った。7時集合。メンバーは4人。

コースは
R287を南下。川西町小松から県道に入り、玉庭を経てR121に出、大峠と来れば喜多方だ。
そして・・・

私は行列に並ぶのは好きではない。
この先200km以上も走らなければならないのでみなの意見を聞く。
なぜ聞いたか。


CIMG8223.jpg

毎度おなじみの「坂内行列」が経験した事のない長さだったのである。
1時間半並んだ時よりもずっと長い。
これでは仲間と相談するしかない。

しかし「並びましょう。折角来たんだもの。時間にも余裕があるし」
というGPZさんの意見もあり並ぶ。これが9時半過ぎ。

そしてありついたのは2時間40分後
「朝ラー」の予定が、正午過ぎの「正式昼飯」になってしまった。

CIMG8225.jpg

相変わらず旨かったが、結果論ではあるがしかし、いくらなんでもばかげている。
おととしの今頃も全く同じコースを走ったが、その時は時間に余裕がなかったのか行列を見て即あきらめ、行列の無い別の店で喜多方ラーメンを食べた。

その店は平凡な味だったが、ツーリング中の昼飯の摂り方としては正解だったと思う。
きのうはバカな待ち時間が災いして、帰宅したのは夜7時近くになったのだから。

今後はひどい時間の浪費はやめよう。
十数回も並んだ経験により、「どの辺だと何分くらい」がわかったので、いくら好きでも1時間以上と見た時は考えた方がいい。




さ、気を取り直して西(新潟県新発田市方面)へ向かう。
メジャーだが退屈だし混んでいるであろう幹線のR49は使わず、喜多方からR459を全部走る。60kmくらいか。

当たり。道路は変化に富み、交通量はごく少なく、景色は美しく素晴らしいルートだった。
お勧めします。

この国道を最後まで走ると、津川でR49に出る。その地点でのショット。

CIMG8227.jpg

左から、今日初顔合わせのGPZ900さん、おなじみCB戦隊のS氏、おれ、そしてV-MAXさん。

CIMG8229.jpg

カスタマイズされたGPZ、かっこいいですね。

CIMG8228.jpg

そしてど迫力のV-MAX。




さて、新発田市街手前からR290に入り北上。
関川でR113に出、飯豊(いいで)町手ノ子(てのこ)から県道を北上、白鷹町鮎貝で再び来た道R287に出る。
最後の休憩地点は白鷹町の道の駅「鮎茶屋」。

曇りと強風の時間が多く、雨にもほんのちょっとだが降られ、一日を通して寒かった。
完全防寒装備をしていかなければ辛い一日になるところだった。
だが今日も全員無事で帰還。午後7時近くなったが。

360kmを存分に走った今シーズン初ツーリング。楽しかった。大排気量は一度乗ったらやめられない。
みんなご苦労様でした。またよろしく。







追記

私のCB1300のきのうの燃費は21.4km/l 。
とても良い。14年間でベストかもしれない。
高速不使用のコースだった事、馬鹿な速度を出さなかった事が原因と思う。

好燃費とタンクが大きい(20~21ℓ)事で、CBの航続距離は非常に長い。
きのうも無給油で360km走りきり、余裕の燃料残だった。
一日走ると実感するが、これはとても大きな長所である。







  1. 2013/05/05(日) 18:20:08|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ここの歴史