呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

2013.8監視日記

まずは運動(ウオーキング)。

CIMG8613.jpg

1300分台。自分との約束、「一回40分以上を月20回以上」も軽くクリア。
全くの休みはゼロ。御の字だ。

ウオーキングを始めてから30カ月経つ。
何も自慢できることのない自分だが、これだけは今のところは自慢できる。

自動車、家電製品、自動給湯、etc.
100年前、50年前と比べ、恐ろしいほど体を動かさなくても済むようになった日本人。

更には自分は肉体労働とは程遠い呉服屋稼業。
動物として、健康を保つにはこれくらいは最低限の運動なのかも。

次、体重。

CIMG8611.jpg

維持努力目標の70kg未満を維持。これも御の字。
この調子でいこう。がんばれ自分。





  1. 2013/08/31(土) 20:35:50|
  2. 運動・体重監視日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

殊勲の夏

あの熱狂と興奮から早や半月。
なのにいまだに・・・

今日の新聞 ↓

CIMG8609.jpg

CIMG8610.jpg


県勢初のベスト4。
それも日大三、作新学院、明徳義塾といった甲子園の常連強豪古豪を次々と打ち破り、最後にこの夏の優勝校前橋育英に玉砕。
そしてノーエラー。

彼らがこの夏成し遂げたことは、予想以上に県民に衝撃と感動を与えたようだ。
県からも栄誉賞を受賞。

もう一度。


  1. 2013/08/30(金) 19:08:02|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夢②

さてその、あまりの感情の昂ぶりで午前2時40分にパッチリお目々が覚めてしまった夢の内容を。



市主体の寒河江駅前区画整理事業のため、平成13年9月に解体した旧店舗。
確か昭和44年に当店が初めて駅前に出店、高度成長期を過ごし、
バブルがはじけただいぶ後まで31年間営業した建物だ。

ある日のその旧店舗での閉店後、店舗一階売場奥の8畳だったか6畳だったか、
座売りで我々家族は平和に夕食を摂っていた。
自宅は昔から店舗とは別にあるのだが、店で夕食を済ませて帰宅というパターンはよくあった。

さて、夢は理不尽なこと、滅茶苦茶なことがよくある。
夕食を摂っていたわが家族は7人だった。

私、妻、母、祖母、小さい娘二人。
更には私が22歳の時(昭和56年)に亡くなった祖父も食卓を囲んでいたのだ。

夢の中では長女は満2歳くらい、次女は赤ん坊だった。
その夢を子供たちの年齢に合わせて四角四面に言えば、平成4年頃のこととなる。

さすがは夢、滅茶苦茶である。
祖母は平成12年まで生きていたから、それは辻褄が合っている。

店の外はもう真っ暗。座売りは当然明かりを点けているが、売り場は既に消灯している。
そして売場はなぜか、商品はおろか陳列器具さえない、解体直前の時のようながらんどうである。

そこに60代くらいの、風呂敷包みを一つ抱えた見ず知らずのおばちゃんが俄かに入ってきた。
繰り返すが閉店後の夜間である。傍若無人、暴力的とさえ言えるほどの図々しさだった。

ずかずかと断り無しに座売りに上り込み、ぶわーっと風呂敷を広げ、
「ちょっとちょっと、私にこのきものを着せてちょうだい。」
「着付け用品はこれとこれと、これも持ってきたけど間に合う?何か足りない?足りなければ貸してちょうだい」

「すいません。当店は呉服屋でして、着付けの仕事はしておりません。着付けは着付けのプロの所に行かれた方がいいですよ」

妻か母か祖母か、驚きながらもおばちゃんの説得にかかる。
しかしおばちゃんはなかなかの剛の者。すぐには納得しそうにない。
私は小さな娘二人を連れて2階に退避、埒があくのを待つことにした。

(つづく)







  1. 2013/08/29(木) 20:17:35|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新入団員2013.8

わが団に今夜、若いお嬢さんが一気に二人新入団。
実は彼女たち、次女の高校吹部の一年先輩たちだ。
とても嬉しい。

そう言えば昨年も、長女より一つ二つ多いくらいのお嬢さんたちが二人入ってくれた。
若干、おじさんおばさんバンドっぽい匂いが漂っていないでもなかったわが団。
平均年齢がぐいぐいと下がっていく。めでたい。

あとは欲を言えば、20代男性5人、男女を問わず30代と40代5人ずつ、合計15人も入ってくれないものか。
現在のわが団は、「お父さんお母さんとその娘たち」みたいな構成なのである。

いつの日か、バランスのとれた編成の、30人を超えるようなバンドになる事を夢見て。
そして更にその先のいつの日か、安心して引退できるように。




  1. 2013/08/28(水) 22:43:15|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢①

昨夜はある友人と久しぶりに酌み交わした。
7時から始まり、なぜかアルコールたった二杯で9時過ぎには体がギブアップ。
(体調が万全ではなかったのだろうか)
お開きにさせてもらった。

友人の方はまだまだ大丈夫なのだったら、大変申し訳ない事をした。

そんなわけで帰宅後はシャワーを浴びる余裕も無く、9時半頃に床に就いてしまった。
昨年から急に早寝早起きになったが、それにしても9時半は早い。

悪寒とか、気持ち悪いとかではなく、体がいっぱいいっぱいだったとしか表現できない。
いつもの事、床に就くと1分以内には熟睡に入る。





夢を見、午前2時40分にパッチリと目が覚めてしまった。
再び眠り直すのが困難なくらいパッチリと。

思い切って起き、ウッドデッキで一服してからシャワーを浴びる。

しかしそのまま起きていては益々早寝早起きが加速しそうで、
一時間二時間眠れなくても床に就いていようと決意。3時20分頃再び寝室へ。

やはりしばらくは眠れなかったが辛抱を続け、幸い4時台には睡眠に入ったと思う。
やれやれ。昨夜と言い、2時台起床と言い、妙な夢と言い、一体何だったのか。

さ、次はその夢の内容を書きます。お付き合い下さい。

(つづく)





  1. 2013/08/28(水) 17:06:45|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決算市開催のおしらせ

弊社は今月末、創業102年目、会社設立第53期の決算を迎えます。
皆様のお陰様でまた一期、無事に営業を続けさせて頂きました。

誠にありがとうございます。
つきましては、日頃のご愛顧に感謝を込めて、全力でご恩返しを致したく、
以下の通り恒例の「決算市」を催させて頂きます。

◎期日:明日29日(木)から31日(土)の三日間
◎場所:弊店にて
◎営業時間:29日・30日⇒9:30~18:00
        31日⇒10:00~17:00
◎内容:呉服・和装細貨など、手持ち商品のすべてを割引または値引
     特に呉服につきましては、甚だしい割引が多数ございます。ご期待下さい。
     一例:仕立上りゆかた⇒千円から。小紋・紬・振袖・名古屋帯⇒1万円から。
     ※印伝につきましては店頭でご案内致します。


皆様の賑々しいご来駕をお待ち申し上げております。

店ロゴ - コピー



  1. 2013/08/28(水) 09:11:12|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初シートバッグ

今日は日曜。
友人たちとのバーベキューに連れて行ってくれと言う長女を秋保温泉へ乗せていく。
現場は森林スポーツ公園といい、温泉街に隣接する非常に整備された所だった。

寒河江⇒宮城川崎は高速で30分。後は一般道を20分だった。
ETC、日曜、軽自動車ということで料金は550円。
娘をおろすと昼飯時だ。秋保から仙台南インター方向へ県道をちょっと行くと
食べにおいでという名の中華料理屋を発見。入ってみる。

広い駐車場には30台ほども車が止まっている。繁盛店らしい。が、幸い待つことなく着席。
私は広東麺、妻は担担麺を注文。ほどなく運ばれてくる。

繁盛の訳がすぐ分かった。うまいのだ。
山海の具材がたっぷり。ちょっとこういう店はない。大当たり。

若干高めの価格だが、納得の味と造りなので全く惜しくない。また来よう。
皆さんはとうにご存知でしたか?




さ、それはともかく更に向かった先は仙台港、南海部品である。ご存知バイク用品屋。

目指すものを買って、秋保から仙台市天文台(錦が丘。知らなかった)に移動した娘を拾い、帰りは国道48で。
今日の買物はこれ。↓ 子供と同じで、帰宅するとすぐに装着してみた。

CIMG8600.jpg

CIMG8604.jpg

これじゃよくわかりませんね。では説明書から。

CIMG8605.jpg

はい。バイク人生初のシートバッグです。
今まではただのナイロンボストンにゴムネットを掛けて搭載してました。
こんな感じだった。 ↓ 

20121003230421d64 - コピー

これで移動中の荷物の出し入れや、宿での到着・出発時の脱着が劇的に楽になる。
「なんでその齢になるまで求めなかったか?」ですか?

これまでの長いバイク人生、お泊りツーリングはほとんどしてこなかったからです。
冗談抜きで10年に一度くらいでした。それも決まって一泊が精々。

そして更に、(今回の買物ではないのだが)

CIMG8601.jpg

ミニカウルのステーに電源ソケットを付け、バッテリーにつないだ。

CIMG8603.jpg

タンクバッグに7インチナビ(車で使ってるやつ)を入れてみたのである。
以前から考えていた事をやっと実践したのだ。

バイクそのものと言い、ウエアや用具関係といい、40歳から充実が始まった。
遅かったともいえるが、若い時にはできなかったともいえる。

夢の北海道ツーリングから間もなく一年。
今年もビッグジャーニーが近づいてきた。





  1. 2013/08/25(日) 20:56:01|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋の気配

さすがはお盆過ぎ。処暑。
朝晩はめっきり涼しくなってきましたね。
毎日歩いて通勤していますが、町内のあるお宅のお庭に今日、ススキの穂を見つけました。

この過ぎ行く夏には何があったかな。
6月の中旬くらいから7月上旬までは毎早朝、さくらんぼもぎのお手伝いをしたっけ。

7月前半ばまでは空(から)梅雨、下旬から8月初めにかけては毎日のように雨。
梅雨の終盤には未曽有の広域長期大断水になるほどの大雨。

そして成人式もあった次女も帰ってきての、家族全員揃って迎えたお盆。
日大山形が県勢初のベスト4に進出した燃える甲子園。(今でもちょっとボーっとしています)

毎日商売をさせて頂いて、毎晩歩いて、友人たちと酒を酌み交わし。
多くの方々のお世話になりながら、また一つ夏が過ぎようとしています。

あと何回、何十回蝉の声が聴けるのか、それは神様にしかわかりませんが、
夏が終われば実りの秋の始まり。
そろそろ・・・

凡人なりに、大したことないなりに、現役を続けながらも、
そろそろご恩返しの比率を高めた人生を始めなければならないような気がします。

どうすればいいのか。
幸い時間はある。考えます。





  1. 2013/08/23(金) 20:06:47|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市人口2013.7

img125.jpg


ひと月とばしてしまった。
今月は持ちこたえたようです。

ご興味のある方は(いないかな?)カテゴリから趨勢をご覧下さい。



  1. 2013/08/22(木) 17:40:57|
  2. 市の人口
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに吹奏楽

お盆休みを挟んだため、今夜の楽団練習は二週間ぶり。
明朝東京に戻る次女が「行く」というので連れて行く。(もちろん団長の許可を得て)

わが櫻花吹奏楽団は日大山形吹奏楽部出身者が核となって8年だか前に発足した。
しかしその後は一貫して門を広く開き、どなたでも大歓迎のポリシーをとっている。

だから、現団員は出身は様々。和気藹々で楽しくやっている。
ところが・・・

今夜に限っては10人ほど(結構さびしい)の練習参加者すべてがたまたま母校出身者だった。
次女が在学中に重なった先輩たちも二人。
そして恩師かつ常任指揮者もご出席。

では今夜は水入らずで甲子園の話に花が咲いたかというとさに非ず。
新譜が配られたために必死の練習となったのである。




練習に行ってよかった。
行かないで家でウイスキーでも嘗めて過ごしていたら・・・

一人お通夜のようになっていたかもしれないから。




  1. 2013/08/21(水) 22:18:06|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボーイズ・ビー・アンビシャス

準決勝第一試合。1-4で前橋育英に負けた。

これまでの3試合同様、実によく守った。
母校史上最強の守備ではなかったか。

だが、1回、2回、3回の1点ずつの失点がボディーブローのように効いた。
攻撃はというと、全く打てない訳ではないのだが、なかなかつながらなかった。
さすがは評判通りの、恐るべき好投手である。

先発のエース庄司はさすがに連投の疲れが球威に現れたのかもしれない。
今日は甲子園に来て初めての三人継投となった。

彼らの夏ばかりでなく、私の夏も終わったように感じるほど気が抜けた。
実は先月、事実上の決勝とも言える、県大会準決勝(酒田南戦)にも足を運んでいたのだ。

甲子園ベスト2になれるかなれないかとはこういう事なんだ。
しかし逆に見れば、「ベスト4やベスト8になれるかなれないか」という、
県人未踏の諸条件を今年の子供たちは立派にクリアしたとも言える。


初ベスト4おめでとう。えらい。本当によくやった。
ご苦労様でした。胸を張って帰ってきてね。

そしてありがとう。
甲子園で三回も「ボーイズ・ビー・アンビシャス」を聞かせてくれるなんて。
30数年前、君たちと同じ学校に通ったおじさんは嬉しく、誇らしく、また勇気をもらったよ。








試合後に来たのは、さすがに今日はメール一通だけだった。
皆さん、応援して下さり、本当にありがとうございました。




  1. 2013/08/21(水) 16:17:12|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

楽天日ハム戦

なんだか俄かに野球漬けの日々。

今夜はお隣中山町の日新荘銀スタジアムで、二十数年ぶりにプロ野球を観戦してきた。
前回は昭和60年代、後楽園(東京ドームではない)で巨人とどこかの試合だった。

建設中のドームが、球場の端に被さってきてたっけ。

CIMG8560.jpg

マー君は見れなかったけど大谷翔ちゃんは見れたし(長身。男前)

CIMG8576.jpg

楽天チアーズは見れたし。

CIMG8582.jpg

7回ラッキー風船は見れたし。(楽天数千個、ハム数十個みたいな)

CIMG8586.jpg

チケットでTシャツはもらえたし。ホームランは2本も見れたし。

一緒に行った友人が眠くなってしまい、7回裏で出てきてしまったが楽しかった。
外野に近い内野自由席とは言え、テレビ中継とは迫力が全然違う。

そして両私設応援団のトランペット隊にも耳が行く。
ハムの方が楽天よりも整った応援だった。

星野監督の大暴れも見たかった、と言ったら欲張りか。

帰宅して結果を見ると、残念ながら地元楽天は5-9で負け。
前売り2千円でこんなに楽しめるとは。
一軍プロ野球、もう少し山形に来てくれればいい。






  1. 2013/08/20(火) 22:30:07|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これは夢か 初ベスト4

まったくご来客の途絶えた店の事務室で一人、祈りの観戦。

先攻され、追い付き、離され、また追い付き、1点ずつの点の取り合いがつづく。

しかし日大三、作新、そして今日の明徳と、過去の県勢にありがちだった大量リードは絶対されない。
また、いずれの試合もいい所で打線がつながる。

そして守備が、特に捕手を含む内野の守備が本当に固い。
こんなにエラーの無い母校はほとんど見た事がない。

辛抱の試合が続いた結果、8回に入れた2点が効いて4-3で勝利。
40年近く母校の甲子園での試合を応援し続けてきたが、これは夢か。胸が震えた。

県勢初のベスト4。
7年前、彼らの先輩たちが県勢初のベスト8となり、わが県高校野球に新しい歴史を刻んだ。
再びわが母校の後輩たちが歴史を塗り替えてくれた。



驚いたのは、勝利の直後からしばらくの間、
店の電話、携帯電話、携帯メールが鳴りっぱなしだったことだ。
こんなことは初めてだ。
地元や遠方の知人友人親戚たちからのお祝い連絡が続いたのである。
みんなありがとう。

日大山形卒の多い我が家では今夜も乾杯だ。
後輩たち、おめでとう。よくやった。
保護者の方々、本当におめでとうございます。

今年の子供たち、普通じゃない。



CIMG8556.jpg

CIMG8557.jpg

CIMG8558.jpg


  1. 2013/08/19(月) 14:00:45|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歓喜のベスト8

きのう、甲子園において母校が3回戦の作新学院戦に勝利した。
5-2だった。

県勢ベストの「ベスト8」という戦績は、やはり母校が7年前に達成したものだ。
しかし翌年も連続出場したものの初戦敗退。

以後母校は5年間県代表になれず、代わりに出場した他校たちもずっと初戦敗退し続けた。
だから母校にとっても県勢にとっても、昨日の勝利は7年ぶりの勝利であり7年ぶりのベスト8だったわけだ。

我が家では大興奮のテレビ応援となった。
嬉しくて誇らしくて、何度も涙がにじんだ。齢とったのかな。


CIMG8530.jpg


選手たちのこの夏の目標は県勢初のベスト4らしい。
よろしい。

彼らは何のために野球をしているのか推測すれば、まずは自分とチームのため。
次にこの世で比類ない応援をしてくれる家族のため。そして母校の名誉とか。

今年は日大三高や作新学院という見上げる強豪と戦ってきた。
お次の準々決勝は明日、明徳義塾とだ。
くじ運など関係なく、ここまでくればもうどこと当っても強豪だ。

「ここまで来たら優勝だ」などの応援とか、もう余計なことは考えず、
ゆったりと、楽しく、冷静に、そして貪欲に、思う存分戦ってほしい。

妙に力んだり焦ったりしない方が、きっといい結果に結びつくと思うのだ。
そして誰もが「お帰り。お疲れ様。よくやった」で君たちを迎えるだろう。






  1. 2013/08/18(日) 08:58:32|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人式おめでとう(未完)

13~15日の、三日間の盆休みを終え、当店は今日から営業開始。
「だがご来客はごく少なく・・・」と書くべきか、
「お盆というのに少数だがご来店下さるお客様もあり・・・」と書くべきか。

世はまだお盆なのであった。
来年からは一日ずらして14~16日の休みとした方がいいかもしれない。



書こうとしていた「成人式後編」は、あまりに私的かつ情緒的になりそうで、恥ずかしいので止めときます。
万感はブログではなく、自分の胸にしまっておくことにします。

①をお読み下さった皆様、ごめんなさい。







  1. 2013/08/16(金) 19:01:16|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芝刈りの帝王

今月4日(日)、電動ハンディートリマーを買ってきて、ぼうぼうに伸びた自宅の芝生を初めて刈ったことは書いた。

ハンディートリマー、手刈りと比べれば楽と言えば楽、しかし大変といえば大変。
しゃがんでの作業なので休み休み数時間かかるし、刈った芝をいちいち拾い、まとめ、ポリバケツに捨てねばならないからだ。

そしてわずか一週間後の11日あたりには、芝生は再びはっきりと数センチ伸びているのを確認した。
なんという生命力だ。

この分では5月~10月といった生育期には、冗談抜きで10回以上も刈らねばならないのではないか。
たまったものではない。

そこで手押し式本格芝刈り機購入を決意。ハンディーの方は際(きわ)刈りに役立つだろう。

CIMG8520.jpg

こんな感じで使う。刈り幅は、ハンディーが16㎝に対し、これは20センチ。

CIMG8519.jpg

刈られた芝は自動的に本体後方のビニールバケットに送り込まれる。
これもハンディーとの大きな違い。

CIMG8521.jpg

しまう時はこのようにばらして非常にコンパクトに箱に収まる。
9,800円。



すごい威力だった。早い早い、20分ほどで刈り上げた。
刈った芝の始末は実に簡単、というより不要と言っていい。

また、ハンディーと比べて刈り上がりの芝の高さがより均一できれいだ。
これでもう、いくら伸びてもこわくない。大した機械だ。
誰かに、「ちっとやってみ」と言いたくなるほどのどえらい能力と楽ちんさである。





  1. 2013/08/15(木) 21:25:00|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電気使用量2013.8

自宅電気使用量。

CIMG8528.jpg
CIMG8529 - コピー

↑ これが我が家のエネルギー消費のすべてである。
恒例の30日間に均してみると343kwh。金額は⇒8,464円となる。

先月分の「30日均し」は311kwh。
それほど暑くない梅雨が今月初めに明け、その後は毎日暑くてエアコンを多用し始めたことを考えると悪くない。
以上、前月比。



さて一昨年同月(昨年同期はアパート住まいのため比較不適当)の旧家屋はどうだったか。
現在の4人暮らしに対し、当時は年寄り3人暮らし。

1.電気  330kwh  8692円 (電気だけで現在を上回っちゃってる!)
2.ガス(煮炊き)  2.0㎥  3213円
3.灯油(給湯)  30ℓ  2300円 (推定概算)

エネルギー代合計 1万4千円強。
家族が一人多い現在より7割増し。一人当たりなら2倍超。



以上、旧自宅との対比。





とうとう新自宅の真夏の性能がわかってきた。
高気密高断熱は冬にも夏にもはっきり強い。
そういえば帰宅する度、玄関に一歩入るとスッと涼しい。

長い長い間、夏に旧自宅に入るとむっとする暑さに辟易したものだ。
なぜ冷暖房エネルギーをあまり使わずに冬暖かく、夏涼しいのか。

興味のある方はここのリンクから「ボスコ.ホーム」さんのHPやブログへどうぞ。

新旧自宅の消費エネルギー対比記事もいよいよあと一、二回となりました。
最後には年間対比で締めくくりたいと思います。




  1. 2013/08/15(木) 16:26:46|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人式おめでとう①

やはり長女と同じ、建替え直前のボロい山形市立病院で平成4年の春に次女は生まれた。
幼い頃、爪が減るほど親指しゃぶりの癖が長らく続き、ちょっと心配したっけ。

姉を追いかけるように小学校3年の3学期に学校のマーチングバンドに入る。
全国大会に2度出場できた。

中学では当然吹奏楽部。
3年生の時に寒河江・西村山地区の大編成として、初の東北大会出場を果たす。

夢のようだった。多分、親子して一生忘れられないのではないか。
発表の後には保護者会役員会女房役のお父さんと抱き合って泣いたっけ。

中2の3学期までは一般マーチングも続けた。
親の送迎も大変だったが、本人もてんてこ舞いだったろう。

高校はわが母校へ。部活はもちろん吹奏。
在学中の3年間、とうとう相当期待していた甲子園応援はできなかったが、吹コン東北大会は一度行けた。

そして大学進学。学部は違うが、高校⇒大学と、私と全く同じ道を歩む。
大学でもまた吹奏楽のサークルへ。
それは相当ハードなスケジュールだったよう。

さびしいが、そのサークルは2年次で退会。
次女にとっては11年間のラッパ吹きに一区切りついたわけだ。
新宿文化センター大ホールでの定演へ、2年連続で通ったっけ。

今は大学3年。そして成人式か。


(つづく)





  1. 2013/08/14(水) 22:40:41|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次女成人式

今日は寒河江市主催のオール寒河江成人式、そして終了直後には、娘は卒業した中学校の「成人を祝う会」があった。
国の定めた専用の祝日があるにもかかわらず、なぜわが市の成人式がこの時期なのか、
昔からとても不思議に思っているのだが、まあそれはともかく

本日この日を迎えた青年たち、おめでとう。
輝く未来と幸せを、精進を重ねてその手に掴み取ってちょうだい。

幾度も君たちに襲いかかってくるであろう苦難に負けてはいけない。
必ず打ち勝てるから大丈夫。

君たちが次の日本とこの地域を作るのだ。
周囲を大切にし、感謝を忘れず、貪欲に知識を吸収し、健康を保ち・・・



おっと、年寄りの繰り言はこの辺で止めといて・・・
次女の出陣の姿です。

CIMG8500 - コピー

我が家の冠婚葬祭の日恒例、玄関前でのショット。

説明します。
きものは「(ろ)の附下(つけさげ)」。この日のために新調しました。

袋帯は夏用の。妻のものなのだが、派手になってしまい、いまや娘たちにちょうどいい。
二年前の長女の同じ日にもこの帯を用いた。

見えはしないが長襦袢も当然「絽」。
やはり見えなくて残念だが、かわいい絽の刺繍半衿を掛けた。

また、帯〆・帯揚といった小物も当然夏物。草履も「パナマ」である。

そして、

CIMG8513.jpg

↑ 撫子の柄のきものに合わせ、

CIMG8509.jpg

↑ 背にでかいおしゃれ刺繍紋を一つ入れた。
長女の時もそうだったが、紋屋さんの腕前には脱帽である。

CIMG8516 - コピー

小学校の時から仲良くしてもらっているお友達のお迎え、嬉しかったなあ。
きれいになっちゃって。もう大人なんだな。





地域のお客様方に102年間きものをおすすめして弊店は過ごしてきた。
仮に万が一、数百人の出席者の内、一人もきものを着ていなくても
我が家の家族ならばきものを着て行かねばならない責任がある。

幸い、我が家の二人の娘たちは、「えーーーー?! きものなんて、そんな目立つのやだー」
などとは一言も言わずにきものを着て出席してくれた。




持てる知識と経験、そしてパイプを縦横に駆使して二人を式に送り出せた。
このこと、親としてばかりでなく、プロとしても満足している。




呉服・和装に関するご質問、お悩み、迷いごと、困りごと、TPO、何でもご遠慮なく、ご安心の上、お寄せ下さい。
弊店は代々、押しつけがましい販売・不審な営業・しつこい勧誘などは一切致しておりません。
種も仕掛けもない、「そのまんま」の「ごく普通」の呉服屋です。





  1. 2013/08/14(水) 20:38:25|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

燃える甲子園2013夏

あのおやじ、今日のネタはあれだろ。
はいはーい。またまたご明察です。
今日はハイですいません。


わが母校、6年ぶりの夏の甲子園出場。(春を入れたって久しぶりだ)
大会6日目の今日、第2試合に登場。

相手はよりによって日大附属校同士、しかも今回の優勝候補と目される日大三高(西東京代表)。
7-1で勝ってしまった。

正直に書きます。
対戦相手が決まった時から、「むむむ、分が悪い。まずは善戦してくれるように」
と思っていたのだ。

このバカおやじ、7年前、県勢初のベスト8に輝いた時の母校野球部から教えてもらった精神を忘れてしまっている。

どんな強敵でも呑まれない。
どんなに不利な状況でも、決して最後まであきらめない。

それを忘れるなんて、なんて愚かなおやじ。
後輩たちは見事にまたやってくれた。



二人、または三人の継投で勝ち上がってきた県大会だったが、今日はエースが完投。
正直、制球が荒れ気味だったことがいい方に働いたのも勝利の一因か。

また、とび抜けた強打者の四番も、2ランホームランで初回から自分の仕事をしてしまった。
内野の守備も好プレー続出。

中継解説者は「前半は三高押し気味」と言ったが、私には一貫して母校に流れが傾いていると思えた試合だった。



7年前に県勢初ベスト8に輝いたのが最後、母校は翌年も出場したが初戦敗退。
その後母校はずっと出られず、代わりに代表となった酒田南、山形中央といったチームも初戦の壁を破ることができなかった。

今日は、県勢7年ぶりの初戦突破なのだ。
甲子園では県勢史上わが母校がとび抜けた勝率と聞いている。
私の頭の中では賑やかな提灯行列が今も続いている。



感動した。よくやった。
ボーイズビーアンビシャス!

甲子園での校歌は何十回聞いても誇らしく、涙腺が決壊する。
次も思う存分大暴れしてちょうだい。

CIMG8527.jpg



追記
もう一つの甲子園。
応援スタンドのブラスバンドは終始押され気味だった。
三高の音は素晴らしかった。




  1. 2013/08/13(火) 21:34:07|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京復路+燃費

11日(日)の東京からの復路。
渋滞予測サイトではこの日がお盆帰省のピークとか。

帰りの渋滞は覚悟しての東京往復だったのだが、
少しでもマシに走れればと、午前6時世田谷出発。

案の定、断続的な渋滞に巻き込まれたが、
うんとひどい目には遭わずに12時20分頃寒河江に着いた。

渋滞遭遇で6時間20分。さすがは高速である。




さてこのたびの東京往復のイースの燃費。
25.2km/l だった。
820余キロ走って、消費ガソリンは33リットル弱。
東京へ十数リットルの燃料で行っちゃうんだから、バイクも敵わないほどの好燃費だ。

今回の付与条件。
往路⇒二人乗り・晴れ・荷物ある程度・猛暑のため、行程の三分の二はエアコンオン・ほとんど一般道路走行。

復路⇒三人乗り・晴れ・荷物満載・エアコンつけっぱなし・高速道路フル使用




往・復、対照的な条件だ。フューエルゲージを見て感じたのだが、
往路は28km/l 、復路は22km/l といった相当違う燃費であり、
その結果、25km/l という平均になったのだと思う。


660ccのイースにとって、今回の復路はなかなか過酷な条件となった。
スムーズな加速ができなかったのだ。
もう一台、うずうずと小型車または普通車が欲しくなった復路だった。





 
  1. 2013/08/13(火) 09:36:22|
  2. 燃費オタク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一般道で東京行き

おととい10日(土)、所要のため上京。
交通手段はこの2年近く常套のイースで。
ただし今回は東京世田谷まですべて一般道で行ってみようというやや無謀な行程。

朝一の用を足し、寒河江から10kmほど南の山辺(やまのべ)町を発ったのが午前9時近く。
上山(かみのやま)で国道13号に出、福島からは延々同4号をひた走る。

二本松で正午に近くなったので、お決まりの寿司屋さんで昼食を摂ることに。

CIMG8491.jpg CIMG8493.jpg

ランチサービスのちらし寿司withしじみ汁。これで735円
ちょっと贅沢してこれにカンパチのカマ焼き(900円)をプラス。

寒河江から二本松までは130kmある。
わざわざこれを食いに来る事は出来ないが、訪れた時にはまずこれだ。
これほど安くて美味い寿司を私は知らない。お勧め。

CIMG8497.jpg

さて、満足したら先を急ぐ。12時半前には出発。

20代の頃、友人と二人で夜通し走って御殿場辺まで行った事があったっけ。
一般道だけで上京なんてそれ以来である。

それだけの長い時間が経てば道路状況も大きく変わっていて当然。
宇都宮あたりから延々数十キロ続く新4号には驚いた。

CIMG8498.jpg

往復4車線、所々は6車線という、豪勢な区間。
交通量は少なく、立体交差が多いので信号も少なく、
実に快適に走り続ける事の出来る、謂わば「準高速」だった。

さて、覚悟して出発したせいか、全く疲れずに首都圏に到達したのだが・・・
気が付けばもう午後5時。
このまま一般道で混み合う都内を走っていけば、世田谷到着は下手をすると7時にはなりそう。

6時着を予定としていたので、「完全一般道走行」をここで断念。
最寄りの東北道浦和インターから高速入り。

浦和・川口間が200円(ETC休日割の軽料金)、続く首都高永福までが800円。
高速料金完全ゼロ企画はあえなく挫折。残念でした。

午後6時20分頃、目的地世田谷区松原に到着。
寒河江から404キロ。高速利用時よりも10数キロ短かった。

山辺からの所要時間は9時間20分
高速使用で順調な時は5時間ほどのルートなのだが、
さすがに一般道、高速で大渋滞に巻き込まれた時よりも当然遅い。
もしも浦和から高速に入っていなければプラスもう1時間だったかも。

だが新鮮ないいドライブだった。満足。イース、ご苦労さん。




私は変人でしょうか?





追記
東北は大雨の梅雨が明けたばかりのような気がするが、東日本・西日本は記録的な猛暑に見舞われているこの夏。
この度の東京行きでも、あちらはものすごい暑さだった。

埼玉あたりからはイースの外気温計は41℃を示し、夜になっても世田谷は蒸し風呂のよう。
夜通しエアコンをつけて寝た。
翌朝外に出ると、まだ5時台というのにむっとする外気。

のちに気象庁のHPで調べてみると、この日の東京都心の最低気温は30.9℃
異常である。






  1. 2013/08/12(月) 09:58:21|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆかた売れ筋傾向2013

2013年夏、当店では反物別誂えにしろ既製品にしろ、
大人の女性向きのゆかたが多く売れています。

若い女の子たちは量販店に行っちゃうのかなー。
一歩ご入店頂くと、よろけるほど敷居が低いんだけどなー。



8月9日現在のゆかた関係ラインナップ。

◎仕立上がり女物 ⇒ 特価2,300円~1万円程度
◎仕立て上がり男物 ⇒ 5千円~8千円程度
◎各年齢お子様用仕立上がり ⇒ 2千円~8千円程度
◎男児甚平 ⇒ 3,990円均一

◎竺仙他ゆかた地 ⇒ 男女とも1万円~3万円程度中心

◎男女ゆかた帯 ⇒ 千円台~2万円台(本場博多織は1万円台から)
◎女若向き結び帯 ⇒ 3,990円均一

◎男女桐下駄 ⇒ 1,050円中心  


など、こんなところです。どうぞご贔屓に願います。



  1. 2013/08/09(金) 16:31:37|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏季休業のお知らせ

8月10日(土)と、跳んで13日(火)~15日(木)の計四日間、夏季休業させて頂きます。
ご不便をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

残暑厳しき折、皆様におかれましては是非ご自愛下さいまして、
楽しいお盆休みとなりますようお祈り申し上げます。






  1. 2013/08/08(木) 23:07:27|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来た来たⅡ

CIMG8490.jpg


おととい5日、先月8日に受けた健診の結果が届いた。
何か悪い結果が無いか、楽しみにしている友人もいるので負けずにアップする。

当日に即わかる身体計測や血圧などは当日書いたし、異常がなかったので省く。
ただ、腹囲は84.5cmで、メタボ判定は「非該当」だった事は書かなくちゃね。
どうだ、くやしいだろ?

さて項目別に・・・

◎腎・泌尿器(尿酸とか蛋白とか)⇒異常無し。

◎肝機能⇒各種数値の内、GOTのみ少しはみ出した。
     これは40歳の健診開始以来ずっとだ。他はオールセーフ。
     毎年の健診結果を主治医に見せても何も言われないので容認できるレヴェルなのか。

◎脂質⇒各数値の内、中性脂肪のみわずかはみ出した。残念。
    各コレステロール値はオールセーフ。

◎糖代謝(血糖)⇒40歳から一貫してセーフ。遺伝に感謝。

◎血液(白血球とか赤血球とか)⇒全部セーフ。

あとは打聴診、エックス線、心電図等みな異常無し。

ということで、総合判定でAだのBだの(要観察とか要指導とか)と書かれたのは肝機能と血中脂質の二つだった。



検診時もここに書いたのだが、今回から事前注意書きに変化があった。
昨年までは毎年「前の日は酒を飲むな」だったのが、
今年から「控え目にしろ」になったのである。

私は喜び、前夜は「控え目」に晩酌を楽しんで健診に行ったものだ。
毎年はみ出すGOTは飲酒はあまり関係がなく、それはγ(ガンマ)ーGTPに影響するのだと聞く。
γはいつも正常だもんなー。

ではわずかはみ出してしまった中性脂肪は前夜の飲酒が原因ではなかったか。

でも、普段通りの生活をしていての検査が最も真実に近いのだから、それは言い訳にはならないか。
みなさんの最近の健診はいかがでしたか?

記録的な長雨・大雨はきのうで終わり。立秋なのに今日から猛暑が続きそう。
どうぞお元気でお過ごし下さい。


    


  1. 2013/08/07(水) 16:32:40|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初芝刈りビフォー・アフター

ビフォー。

CIMG8484.jpg


アフター。

CIMG8488.jpg


ビフォー。

CIMG8482.jpg


アフター。

CIMG8489.jpg


取り掛かった勢いで最後までやってしまったものの、電動とは言え、
刈り幅16㎝のハンディタイプでずっとしゃがんでの数時間はなかなかきつかった。
梅雨明けの夏空の下、汗まみれ。

この機械は際(きわ)などの局所用にとどめ、
広い部分にはやはり手押し式の本格的なものを準備した方がよさそうである。
ひとシーズンに複数回やらねばならぬとすれば尚更だ。



ところで、おお!
西のお隣さんでは建て方が始まった。おめでとうございます。





  1. 2013/08/06(火) 08:32:43|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

失言

政治家の方々の失言に纏わる件を過去何度か書いた。
では自分はどうなのか。失言をした事は無いのか?

あるある。数え切れないほどあると思う。
言ってから「しまった」と思って、相手に詫びたり取り繕ったり。

また、失言と気付かずに相手に不愉快な思いをさせた事は無かったか、だ。
これはまずい。きっとたくさんあったのではないか。

もしも私とお付き合い下さり、そのような目に遭った、とおっしゃる方々にはこの場でお詫びします。
ごめんなさい。失礼しました。

夜、床に付いた直後とか、朝の寝覚め際とか、
過去無数に犯した自分のまずい言動をなぜか唐突に思い出し、
慙愧の念に苛まれて布団をひっかぶり、「うーむ。うーーーーむ!」と唸ったり。

そんなことありませんか皆さん。




そこで周囲からも責められた、過去のわが失言を一つ。



うちの子供らが小学校の頃だ。
マーチングバンド保護者会活動のため、学校には頻繁に出入りしていた。

その頃、学校に私の小・中学校時代同窓の先生(女性)が赴任してこられた。
で、学校内だか外での懇親会場でだったか、先生のご着任後初めてお会いする席があった。

何か挨拶しなければならない。
その頃の私はまだ少し髪の毛もあり、名乗らなくても先生は私が誰だかわかったはず。

「先生、お久しぶりです。佐藤です」これで止めておけばよかった。
「お綺麗になられましたね」

すると、周りのオヤジたちが
「おいおい」「おいおいおい」

「え?」
「いまのはまずいべよ」

「なんで?」
「あれじゃ、先生が昔は綺麗じゃなかったみたいだべ」

「はは-・・・」




私は先生にどう言えばよかったのか。
「先生、益々美人になったね」と言えば完璧だったのか。
以来私は、女性に挨拶する時は緊張するようになり、可能であれば避けるようになった。




というのはまあ誇張し過ぎだが、失言については政治家の先生方ばかり責める訳にはいかないようですね。






  1. 2013/08/05(月) 16:58:46|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来た来た

待ってました。

CIMG8486.jpg

CIMG8487.jpg

これでこそ夏!
久しぶりなので格別嬉しい。
寸志、喜んで出しましょう。

頑張れ後輩たち。



  1. 2013/08/03(土) 11:25:27|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

もう勘弁

よりによって副総理大臣という、政府の重要職にある人が・・・

憲法改正論議に関する発言で大騒ぎになってしまった。

「ワイマール憲法がヒトラー(ナチス)によっていつの間にか静かに変えられていった。その手口を学んではどうか」

正確にその真意を推し量るにはコメントの前後も吟味すべきだが、ここだけピックアップされれば騒ぎになろう。


「その真意を曲げてとるのはマスコミの謀略だ」とか、
「撤回して済む話ではない」とか、
「中韓はもちろん、ドイツも不快感」とか、
「はい、騒ぐのはもう終わりにしよう」とか、

当然様々な反応が発生している。


諸賢、いかがお感じになりますか?

私も日本国民のはしくれ。コメントの「真意」をいい方に理解したい。
しかし、某野党共同代表の従軍慰安婦に関する先日の失言を取り上げた時も書いた通り、

これは良識(ボンサンス)以前の問題であり、
お行儀・常識(コモンサンス)の問題だと思う。

危うい表現は避けること。
重要な立場であればあるほど、内外に迷惑をかける言動はとらないこと。

特定の人、国、団体が傷ついたり不愉快になる事は言わぬこと。
万が一まずい考えが頭に浮かんでも、決して口に出さぬこと。

こんなことはそこらの酔っ払いおやじでも、井戸端会議中の母ちゃんもで、小学校の低学年でも、
誰に教えられなくてもただの常識ではないか。

なぜ、人並み優れた学識・見識・人望を持っていて然るべき方々が何度も何人も同じ轍を踏むのか。
私は世にある様々な主義主張のどれかに特別与(くみ)したり、特別排するものはないが、要人の失言がなぜこんなに頻発してしまうのか、全く理解できない。
報道に触れる度に落胆し、頭を抱えるばかりである。

立場のレヴェルは天地ほど違うとはいえ、自分も気をつけよう。







  1. 2013/08/02(金) 17:51:39|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初トリマー

芝生刈り機というものを初めて買った。

CIMG8481.jpg

山善ブランドで価格は3,980円。
写真奥は付属の10メートル電源コード。(手前は大きさ比較用の髭剃り)。
大きさや付属品を考えると、なんだか安いような気になってくる。



CIMG8482.jpg

昨年の自宅建替えに伴い、猫の額ほどであるが誕生した、我が家初の芝生地面。
昨秋、母屋完成後しばらくしてからのこと、

①地下の地質を整え、
②地均しして
③ホームセンターから軽トラックで運んできた高麗芝を敷き詰め、
 ついでにずっと前から保管していた洗い出し平板を通路として敷き、
④砂を被せ、

ひと冬雪に埋もれ、春から生育が始まったものである。

ちなみに上記作業の内、③だけはK氏と私の二人で半日がかりで施工した。
それは100%人力作業で、特に平板敷きは重労働で、体がミシミシ痛んだのを覚えている。

CIMG8484.jpg

いまだに芽吹かず はげちょろの部分もあるが、相当部分ぼうぼうに伸びてきたのだ。

「手押し式」の大きく本格的な芝刈り機は、広い所には威力を発揮するだろうが、
塀際、敷石沿いや、事情によりとびとびの部分 ↓ には使いづらい筈。

CIMG8483.jpg

そこでまずはハンディサイズのものを買ってみたのである。
大面積部分には小さすぎるだろうが、万が一にも「何とかこれですべてに間に合うじゃないか」
となればラッキーだし。

今度の日曜でも試用をレポってみます。





  1. 2013/08/01(木) 21:42:02|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ここの歴史