呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

第三次北海道遠征近し

来月また北海道に行く。三年連続だ。
昨年一昨年と3人だったが、今年は4人。心強いばかり。

一昨年は道南、昨年は道央、今年は道東を目指す。
40年近いバイク人生で、これほど豪勢な時期は無かった。

北海道は特別な土地と感じる。
船に乗っていくという非日常的条件もそう感じる原因の一つかもしれない。
また、彼の地の「空気」も特別な土地と感じさせる。

なぜ惹きつけられるのか。
交通量の少ない快適で楽しい道路なら、美しい森なら、山河なら、人情なら、東北にもたくさんある。
だが北海道は一味違う。広大さか?

あとは全員の無事故無違反無マシントラブルを祈るのみ。




しかしその前に難題を一つやっつけなければならないんだなー。





  1. 2014/07/31(木) 22:27:22|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GAP

出勤して店まわりの清掃を済ませ、開店時間の9時半、
店入り口のロ-ルカーテンを上げると、自動ドアの真ん前に一人のおばあちゃんが立っている。

「おはようございます。いらっしゃいませ」
だがおばあちゃんは入ってはこない。

「ここやってるんですか?」
推測翻訳:「この店は廃業した《しもたや》ではなくて、今も営業している店なのか?」

「はい、定休の日曜以外は毎日朝9時半から夕方6時までやっておりますよ」
解説:このばあちゃんは多分寒河江の方ではなく、お医者さん通いか何かで
     時々決まった時刻、例えば決まって午前9時とかに当店の前を通り、
    いつも店が閉まっている様子しかご覧になっていないのではないか。


「何かご用だったのではありませんか?どうぞお入り下さい」
しかしやはり入ってはこない。

「洗濯はしてくれるの?」推測解説:呉服の「シミ抜き」や「洗い」の事をおっしゃっていると思われる。
「はい、呉服屋ですからいつも当り前に承っております」

おばあちゃんは入口から店内を覗き、「ふーん、帯なんかもあるんだ」
私はそのコメントに対する驚きに耐えながら、
「ええ、呉服屋ですから、いつでも帯もきものも、呉服・和装関係のものは大抵扱っておりますよ」

「洗濯してくれるのね。日曜定休ね。はいはい」
去っていかれた。




恐ろしい。偶然いつも閉まっている所ばかり見ている方は、
その店を「しもたや」(仕舞うた屋・廃業した建物)と理解することがあるのだ。

また、以前も書いたことがあるが、
某有名デパートを定年退職なさった方からこんな風なコメントを頂いたこともあった。
「ええええ!!??お宅は自己資本100%で経営してるの!?」
推測解説:「自分が勤めあげた、立派な大百貨店でさえそうではなかった。
     なのになぜこんな吹けば飛ぶような田舎の呉服屋が・・・」


その方のそのご考察は一見ごもっともだが、もう一歩考えてもらえればそれは理の当然であることがわかる。
言うまでもなく、芥子粒のような呉服屋に出資してくれる世間様など絶無だからだ。



「へえー。いつでも呉服の在庫があるんだね」
「えええ?お宅ではシミ抜きもしてくれるの?」
「染替えをしてくれるんだって?知らなかった」
「持込み反物を仕立ててもくれるんだって?」
「風呂敷って、晒(さらし)って、ここで売ってるのか!助かった」
「よそで買った呉服でも色々してくれるの?」

枚挙に暇がない。

ものすごい齟齬である。
自分だけ「当たり前」、「世間様も当然知っているはず」と思い込んでいるのは間違いのようだ。
昔、地域の消費者の方々は呉服屋の使い方をとことんご存知だったものだが。

営業を続ける限り、宣教師のように、寝ても覚めてもうわ言のように、噛んで含めるように、
自分の能力を日々説き続けなければならない時代のようである。







  1. 2014/07/30(水) 11:19:11|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田岩手②

ご夫妻とおち合いご挨拶を済ませると、ほど近い中華料理店「山水」に案内して頂く。
とても新しくきれいな店なのだが、更に奥様は立派な個室を予約して下さっていた。
この店でただ一つの予約室。感激してしまった。

案の定料理もみな美味く、ゆったりと落ち着いてお話しすることができた。
妻はご夫妻とお会いするのは初めて。私もご主人様とお会いするのは今回が初めて。
文字通り秋田美男美人のご夫婦である。

ここで我々夫婦はなんとご馳走になってしまった。
日頃のお礼のご挨拶のため遥々訪れたというに、全くアホたれ夫婦である。

会食後はまず昨年建替えられたばかりのご自宅にお邪魔する。
鹿角の「山水」から数キロ。小坂町だ。すぐ着いた。

新しい他、無垢の建材、大きな窓、オーガニックな家具など、随所にセンスの良さと高級感があり、
また、ご家族数が多いので我が家よりもずっと大きい。かわいいワンコが二匹もいた。

そして驚きのダメ押しは・・・
ご自宅の周囲に広大な田畑をお持ちなのであった。
ううむ、すごい! ご夫婦それぞれご立派なお仕事をお持ちのその他に!
食糧まで自給できている! なんということ!
しょぼい我が家とは何もかもが違う!

私もこちら様のような家に生まれていたらどんなにか・・・
(いや、ダメ息子でとうに勘当されていたか)



次にご夫妻は貴重な休日を更に潰し、我々を小坂の一大観光ポイントに案内して下さった。

(つづく)





  1. 2014/07/28(月) 07:33:35|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田岩手小旅行①

秋田県鹿角郡小坂町に最重要の用向きを帯び、
とは言いながら銀婚記念旅行他様々な理由を付け、去る20日(日)・21日(月)の両日、走りまわってきた。
かいつまんで書いてみよう。

午前6時45分頃に出発。西部街道(谷地・富並・大石田)で尾花沢に出、国道13号を北上。
ぶつ切り状態で現在無料の自動車専用道をすべて使って秋田県入り。

おがちICから湯沢横手道に入る。おがち・湯沢間は無料だ。
横手から秋田道に入り、大曲まで高速で北上する予定だったのが、
ぼんやりまっすぐ走っていたら横手で高速を降りる羽目になってしまった。
大曲・秋田・北上方面行きの秋田道に入るには、横手インター手前で左に逸れなければならなかったのだ。

腐らず13号を北上。怪我の功名で高速代は6百数十円。
大曲だいぶ手前で県道11(かな?)に入る。

昔、毎夏田沢湖で催されるマーチング講習会に三度引率として行った事があるが、
よくこのルートを採ったっけ。「田沢湖に行くならここ」という近道なのである。

この県道のある箇所にさしかかった時、記憶がよみがえった。
「ここだ!」
三度目の引率の際、マーチングの先生と子供たちを乗せた車を私が運転している時、
まぎれもないこの場所でスピード違反で検挙されたのである。

免停だ。あの時は高くついたっけ。ま、今では思い出の一つである。

田沢湖とは目と鼻の先の処を通るのだが、寄らずに国道(津軽街道)をどんどん北上する。
三度の引率の他、ここは妻とも結婚前にドライヴで来た事もある懐かしい所なのだが、
今日は先が長い。帰りにでも寄ることにしよう。

この山また山の鹿角まで続く長い国道の途中には、岩盤浴で有名な玉川温泉もある。
また、鹿角が近づいてくると、八幡平に抜けるアスピーテラインの入口もある。

連休とは思えないほど道路は空いており、愛車スイフトは順調に進んで正午ちょい前、
小坂町のご夫婦と待ち合わせている、鹿角の町のある駐車場に到着。

初めて走った寒河江・鹿角ドライブは270km。5時間だった。
ちなみに寒河江から高速に入り、鹿角まで100%高速を使うとなんと350kmあるのだ。

全部高速ならちょっぴり早いだろうが、生まれつきの最短ルート大好き男だ。
また、ガソリン消費はもちろん、高速代も劇的に安く済むこのルートを私が採らない訳がない。

数分でご夫婦も到着。

(つづく)





  1. 2014/07/25(金) 16:02:49|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冷や汗Ⅱ

とは言っても、生き死に、損得、家庭の平和、世間様との平和には全く関係ないことなのだが。
それでも今の気持ちを言葉に表せば「死にそう」、「えらいこっちゃ」、「気は確かか自分?」などになる。

毎日、何某かのブログアップを意識して生活している。
ここ数日も「あれを書こうか」とか考えたり、アップ用写真を日々の生活の中でまめに撮ってもいる。

だがとても書けない。書く精神的ゆとりが無くなっている。
なまんだぶなまんだぶ。

夏本番を迎え、厳しい天候が続きます。
皆様くれぐれも御自愛下さい。





  1. 2014/07/24(木) 21:22:04|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏が一つ終わった

夏の高校野球県大会。今日はその準決勝二試合が行われた。
日大山形対酒田南は3-5、山形中央対鶴岡東は5-1。

去年からめきめき頭角を現してきた山本学園の初戦敗退は番狂わせだったが、
準決勝4校はどこが優勝しても不思議ではない、いずれ劣らぬわが県の強豪たちだ。

昨夏の甲子園でわが県勢初のベスト4に輝いた母校は負けてしまった。
ちくしょー!

あとは酒南、中央どちらかの甲子園での大健闘を期待するしかない。
私のこの夏の一つが今日終わってしまった。




  1. 2014/07/23(水) 17:37:52|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

課題曲

子供たちが中学吹部にいた頃からその年その年の課題曲を聴いてきた。
(課題曲:毎年催される吹奏楽コンクール用に、全日本吹奏楽連盟が毎年定める数曲。大編成団体はコンクールで必ず演奏しなければならない)

その後は自分も楽団に入ったりしたため、課題曲は聴くだけでなく演奏するようにもなった。
遂には個人でフルスコアや参考音源を買ったりもした。

だが三、四年も前からそれは止まった。

子供たちがほぼ学校バンドから卒業し、自然とコンクール応援から離れたこと、
自分の所属するバンドが少人数のため、大編成用の課題曲を演奏しても音楽にならないので楽譜を買わなくなったこと、
それらの原因が重なり、コンクールそのものにも関心が薄くなったからだ。

そんなわけで課題曲から遠ざかり、ここ二、三年などは聴いたことすらなかった。
ところが昨夜、思いがけないきっかけがあり、今年の課題曲の一つを聴くことができた。

課題曲マーチの典型的なユーフォ譜。
8分三つ+2分ひとつのスラーとか、16分4つまたは6つ連続のスラー。
なじみ深いカウンターだ。そして入りはお休みのトリオ。

なんて懐かしい。






  1. 2014/07/22(火) 21:32:54|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀婚旅行

に行ってきた。きのう今日の一泊二日。本当にささやかな記念旅行。

いや、銀婚旅行だけではなく、さくらんぼ手伝い慰労旅行、社員旅行、
日頃のわがままの感謝とおわびツアー、大ツーリング罪滅ぼし・根回しツアー
東北歴史探訪、様々な目的が複合していた。

最も重要だったのは、秋田県北での是非ともの用事。
そして、わけあって安比高原に泊まりたかった。
また、田沢湖にあるレストランにも行きたかった。


目的盛りだくさんの旅行は、すべてを実現させてあっという間に終わった。
後日かいつまんで旅行記をアップしよう。

二日で680kmのドライヴ。(今回のスイフトの燃費は20.1km/l
更には帰宅後休む間もなく赴いた超緊張空間。
さすがに疲れた。今日の所はお休みなさい。




  1. 2014/07/21(月) 22:36:49|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冷や汗

この度、えらいことになってしまった。

今直ちに詳しく書けないのが残念だ。
勿体ぶっているわけでなく、俄かに出現したこの状況を全く咀嚼・消化できていないからだ。

なんとか咀嚼し、半月内には拙ブログを訪れて下さる大事な方々のために何か書きたいと思っている。

誤解を避けるために書き添えるが、
法に触れるようなことではもちろんなく、
お天道様やご先祖様に顔向けできないことでもなく、
ビジネス、損得、健康、生き死に、家庭の平和に関わる事でもない。



聞く人によっては「なあんだ、そんなことか」という人もいるだろうし、
「そりゃあ大変だ」「お前気は確かか」という人もいるだろう。

私にとって間違いなく「えらいこと」だ。
なまんだぶなまんだぶ。




  1. 2014/07/21(月) 22:22:40|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おまけの省電力

冷蔵庫の事を書いた矢先。今朝突然炊飯器がぶっ壊れた。
10年もたなかった。熱器具は弱いのかな。こればかりは日をあけずに買うしかない。

CIMG9609.jpg

CIMG9614.jpg

左がぶっ壊れた高級「圧力IH」炊飯器。高かった(痛かった)記憶がある。5合炊きだ。
右が今日買ったローテク「マイコン」炊飯器。今回は3合炊きを選んだ。安かった。

店員さんによると
「マイコンちゅうのは昭和時代からある、底からだけの熱で炊く方式で、
 IHちゅうのは底だけでなく周りからも熱が出て炊くんです」

家に持ち帰り、初めて気づいたことがある。

CIMG9611.jpg  CIMG9613.jpg

左が旧。ものすごい消費電力の差である。
時代が進んで電気を食わなくなった、ではなく、少し小さいから食わない、でもなく、
これは「高級IH式」と「ローテクマイコン式」の違いではなかろうか。

IHで炊いたご飯を初めて食った時、「劇的にうまくなった」という記憶もないし、ま、明日の朝飯が楽しみである。
期せずして省電力要因が増えた。




  1. 2014/07/18(金) 15:30:41|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新省電力メソッド

旧(1997年製) ↓                   新 ↓

CIMG9599.jpg CIMG9608.jpg


H25年度省エネ大賞受賞HITACHI製冷蔵庫。すごい省電力性能である。
旧と比べ10センチ背が高いが、幅と奥行きはほぼ同じで容量は100リットル増。

チェッカーを見ていると、新旧共に消費電力は休みなく変動しているのがわかる。
新の方は嘘でなく0~ひと桁(W)の時もある。嘘ではないが嘘のような数字だ。
旧は120wを切ることはまずないのだから。

が、まあ例えば毎時120wの差だとすると、

120w/h × 24h = 2880w (2.88kw)
2.88kw × 30days = 86.4kw
2.88kw × 365days = 1051.2kw

わが家の夏場消費の3カ月分にも相当する。
近年の超低燃費車といい、本当に我が国の製品は進歩している。
ブラヴォー! 日本!





  1. 2014/07/18(金) 10:09:56|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆかたの季節

たとえば竺仙(ちくせん)製高級本染ゆかた地(「地」→反物状態)なら
別誂え(仕立代)込みで4万円台あたりが主流ですが・・・

今日は買ってパッと着て頂ける手軽な「仕立上がり」ゆかたセットを紹介します。

CIMG9606.jpg

例えばこの3点セットは、税込6,990円です。
他にも①仕立上がりゆかた+②本麻巾着+③げた、3点で税込3,990円などという超特価セットもあります。

ゆかたの別誂えも、今月26日あたりまでのご注文ならお盆(お墓参りや花火大会)に間に合います。
反物・仕立上がり、いずれもどうぞよろしくお願い致します。





  1. 2014/07/15(火) 17:38:26|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休日

今日は仕事は休み。二日続けての休みは習慣上罪悪感を覚えるがしかし休む。
午前中はきのうに続いてたまりにたまった家の掃除や整理整頓。
約40日間手つかずだったのだ。

昼食後は買物等に出かける。まずは冷蔵庫の研究に行ってみた。
色々あったが、日立の省エネ大賞受賞のやつが最も目についた。

今の冷蔵庫はどれを選んでも200kw台前半というすごい省エネなのだが、こいつは特にすごい。
内容量500リッター超で年間消費電力がなんとたったの180kw!
今使っている415リッターのものが私の計算で年1230kwだから、なんと7分の1!

snap_kimonoinden_201473214433.jpg

年間1050kwの差って、電気代にすると一体いくらになるんだろう。
我が家なら丸々3カ月分(夏場)の総消費電力に相当する。



次に人生初の丸鋸(のこ)とチェーンソーを購入。どちらもリョービ。
いずれも帰宅後すぐに試してみたが、すごい威力だった。

「切る」と言うより「粉砕」とか「破砕」などの言葉を彷彿とさせる。
何かに例えてみれば「波動砲」といったところ。

さて私にとって可能な限りの自宅消費電力大幅削減計画は間もなく完結する予定。
その暁にはここにまとめます。って言ったって、ほとんどはもう書いてるんだけどね。

なぜこんなに追求するのか自分でもやや不思議な気もするが、
生まれつきの性格、大震災のショック、地球が悲鳴を上げ始めている現実、
そんなところが原動力になっているのかな。







  1. 2014/07/14(月) 22:13:38|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ土用

年に一度ありつけるかどうかの貴重なご馳走。

DSC_0394.jpg

ちょっと早いが頂きました。ご馳走様。







  1. 2014/07/13(日) 21:36:34|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の臨時休業日

あさって14日(月)と、その一週間後の21日(月)を休業させて頂きます。
ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。




  1. 2014/07/12(土) 19:53:04|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

降参

現在わが団で練習中の一曲。
コブクロの「今、咲き誇る花たちよ」。8分の6だ。

いちにっさんしいごおろく。つったったっつったったっ。
いまさーきほーこーるはーなーたちーよー。

ところで私のパート譜に4連続符点8分が一カ所ある。
やはり今夜も吹けなかった。どうカウントすりゃいいのだろう?

ついでながら前にもここで口説いた、聴いたこともないAKBだかKGB(カーゲーベー)47だか48だかの、
やはり聴いたこともない「恋するフォーチュンクッキー」とかいうやつ。
リズム読めない。

降参。





  1. 2014/07/10(木) 20:34:35|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さくらんぼ終了

友人のさくらんぼの手伝いを始めてから、早いもので今年で12年目となる。

さくらんぼ仕事にも色々ある。
その代表的なものは皆様ご存知の通り、畑での「もぎ方」と、作業所での「詰め方」。

私は主に「もぎ方」手伝いだ。
最初の頃、試しに「詰め方」をしてみたのだが、気が狂いそうになって即座に辞退した経緯がある。

しかし、12年もやっていると与えられる仕事が少しずつ増えてくる。
三年前からは(ということは今年で4回目になるか)シーズンの始まりを告げる、ハウスのビニール掛けも手伝うようになった。

長い間、店の定休日の日曜だけだった「もぎ方」手伝いも、その年から毎朝5時~8時の「朝もぎ」に変った。
作物相手だから手伝い期間は年によって異なるわけだが、今年は5月末日のビニール掛けから今日までのちょうど40日間だった。

その間、当然本業を疎かにすることはできない。
なんとか体力が続いてよかった。

目覚しを午前四時半にセットする日々は終わった。
気が向けば何時まででもちびちびやることができる。
また、今夜はほぼ一カ月ぶりに楽団練習に復帰した。

12シーズンの手伝いで得たもの、学んだことは多い。
友人とご家族、お手伝い仲間の皆さんに感謝する。




  1. 2014/07/09(水) 22:22:02|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

明朝のNHK[あさイチ」

連続ドラマのあと、8時半からの番組「あさイチ」。
明日の放送で、経済産業大臣指定伝統的工芸品「甲州印伝」(長い!)のトップメーカー印傳屋が紹介されるそうです。
私も詳しいことはよくわかりません。

印伝にご興味をお持ちの方は是非ご覧になってみて下さい。
私は録画もしようっと。

しかし台風8号関連の臨時放送などになれば、延期もあるかもしれません。
予めご了承下さい。




後記

やはり台風のニュースになってしまいましたね。
あしたになるのでしょうか。

それと、同番組の開始時刻は8時半ではなく8:15の誤りでした。






  1. 2014/07/09(水) 21:59:23|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完売御礼(SOLD OUT)

昨日紹介させて頂いた印伝名刺入れ二点は完売致しましたのでお知らせ申し上げます。
ご注文賜り、誠にありがとうございました。
また良い品を紹介させて頂きますのでどうぞご期待下さい。





  1. 2014/07/08(火) 21:08:13|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特別価格 印伝名刺入

CIMG9601.jpg

↑ 品番2502。 印傳屋製名刺入れ二つ。
左が黒地の鹿革に白漆で「爪唐草」、右が赤白「菱菊」。

CIMG9603.jpg

↑ それぞれ外側に見合った色の裏地が付いています。

CIMG9604.jpg

↑ 外ポケットも一つあり。

いつもまったく値引できない印傳屋の印伝。
この二個だけですが、訳あって約4割引の税込1,500円で販売させて頂きます。

もちろん追加仕入はありません。売り切れご容赦。
それと、名刺ばかりでなく、もちろんカード入れとしても使えます。
どうぞよろしくお願い致します。





  1. 2014/07/07(月) 17:50:21|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訳の限界(Let it go)

ディズニー映画「アナと雪の女王」中の曲、 Let it go をわが団でも演奏するようだ。
映像も素晴らしいがこの歌も素晴らしい。

日本では松たか子さんが類稀な歌唱力を遺憾なく発揮している。
また、25カ国語ヴァージョンにもグッとくる。

私としては映画も観ていないし、この曲を耳にするようになったのも最近だ。
だが名曲と思う。

サビの ♪ レリゴー は8分+8分+符点2分 かな?
ここで翻訳の限界を感じたりする。

原曲での Let it go はワンセンテンスで4拍(一小節)ときっちりまとまっているのに対し、
松さんの日本語ヴァージョンでは、「ありのー」と「ままのー」と二分されてしまう。

英語詞と乖離が生じてしまっている。
だがなんとも止むを得ないのだ。「レリゴー」を4拍で日本語にできるだろうか?

あ、山形弁ならできるかも。
8分3連符+符点2分で「♪ずねん(自然)と~」だ。

演奏が楽しみになってきた。





  1. 2014/07/04(金) 21:28:20|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々 呉服の話

呉服の新調をお考えで、尚且つ当店をお選び下さる方は、当然ご来店下さる。
ご来店下さり、そのご要望をお聞きすれば、当店はその道のプロフェッショナルだ。

最大限の知識と経験とルートを駆使して、その方のご希望を実現して差し上げる能力を持っている。
はっきり言って相当高度なこともだ。

その場合はいい。ところが、例えばの話だが、
お母様やおばあ様がお亡くなりになり、ご愛用の呉服がどっさり遺された。

山のようなきもの・帯・長襦袢・和装関連品、どれ一つとっても何が何やらさっぱりわからない。
どれが高価でどれが安価なのなのか。それぞれどんな状況で使うのか。

再利用できるものはあるのかないのか。出来るとすればどう再利用すればいいのか。
形見分けなどにふさわしいのはどれか。産地や名称は?etc.etc.・・・

簡単には捨てられないし、といって何もわからないまままっすぐ○○○○○ショップに持ち込めばきっと二束三文だろう。
それは悔しい。しかしまわりには呉服の相談をできる人が見当たらない。




途方に暮れる人がきっといると思う。
全く恥かしいことではない。呉服の知識が無くて当たり前の世になって久しいのだ。
私も、もしも呉服屋でなければ、きっと何一つわからないだろう。




そんな時、どうぞ当店を利用して下さい。
相談料なんて一円も要りません。少しでもあなたのご判断のお役に立てればそれでいい。
はばかりながらプロの端くれ。ものを見ればたいてい見当・判断がつきます。

呉服や和装の事でわからない事・困ったこと・お悩みがあれば、どなた様に限らずご遠慮なくご相談下さい。
そのために毎日生きています。








  1. 2014/07/03(木) 21:16:22|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冷蔵庫

長年ご訪問下さっている皆様はご存知の通り、特にここ数年は電力消費圧縮の努力をしている。
大震災の影響も少なくないと思う。

高気密高断熱住宅。太陽光発電。まめなスイッチオフ。電球はずし。暑さ寒さの少々の我慢。
そして電力消費の大山である冬場をなんとかしようと、現在大汗かいて企んでいるプロジェクト。

そんなところでだいたい満願かと思っていたのだが、また一つ新たな標的を見つけてしまった。

CIMG9600.jpg

我が家の冷蔵庫である。容量415ℓ。平成一ケタの後半あたりの製造だ。
この冷蔵庫の消費電力が ↓

CIMG9599.jpg

O氏のご厚意でずっと借りっぱなしのワットチェッカーによると、
毎時120~160Wの間をひっきりなしに行ったり来たりしている。

平均で140w/hとすると、一日で3360W
ひと月なら100800W、つまり約100KWの消費である。

直近月の我が家の消費電力は約300KWだったから、
なんと! 夏場の消費電力の3分の1は冷蔵庫ただ一つで食っているということだ。



年間なら1226KWだ。
調べたところ、同容量の最近の冷蔵庫は年間230KWあたりが標準なのである。
なんと5分の1未満。その差1000KW!

415リッターの冷蔵庫。国産品ならば10万円台の前半から半ばくらいで売っているようだ。
ならば数年で償却できるではないか。太陽光発電システムのそれよりも早いぞ。

検討の価値ありだ。新旧冷蔵庫の消費電力差、恐るべし。
省エネ技術は日々進化しているのである。




ただね~
車でもなんでもそうなのだが、いくら節電になるってったって、
壊れていないもの、まだ使えるものを買い替えることに大きな抵抗を感じるわけだ。
皆さんならどうします?






  1. 2014/07/02(水) 21:56:08|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月の電力

今年も後半に入りましたね。いつもながらあっという間。
♪ も~半年寝ーるーと~  おーしょーおーがーつ~ ってか。

さて6月の各電力量がでた。

CIMG9596.jpg

さすがは梅雨。発電量20kwh以上の、「まあまあ晴れた日」は18日だった。
25kwh以上の「よく晴れた日」に至っては11日。

CIMG9597.jpg

まあそれでも暖房不要、冷房もそんなに要らない、一年で最も日の長い6月だ。
消費は290kwh弱に減り、電力自給率は220%近い。



システム設置後3カ月経った。ちょっと気が早いが「年間グラフ」を見てみよう。

CIMG9594.jpg

おやおや、春から初夏に向かって発電量が漸減している。今年の気候の特性か。
感覚的には増えていくのが普通と思えるのだが。当然消費も減っているが。

三月の数値が極端に小さいのは月末に運転を開始したから。これは無視していいだろう。

CIMG9595.jpg

それでも4~6月の積算は自給率で160%超だ。多分、年間でもベストの季節なんだと思う。

また、発電時間帯(お日様が上がっている時間)は余剰分買電(発電量-消費量、つまり差引)なので、
1271kwhの消費量だったにもかかわらず、買ったのは912kwh。

その差360kwh+売電量1715kwh=2075kwh がシステムによる三か月間の恩恵の合計となる。
我が家の年間消費電力量の3倍近い

だjから、このシステムは売電分だけが恩恵ではないのがお分かり頂けると思う。

家庭用燃料電池発電システムなど、我々が生きている内に実現可能な新テクもあろうが、
2014年の今、ある程度の償却年数は必要だが、太陽光発電は結構有効な手段たり得ると思う。










  1. 2014/07/01(火) 21:36:07|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここの歴史