呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

超弩級冥土の土産③(本編)

CIMG9859 - コピー


我々がドームを訪れた翌日、ジャパンツアーの締めくくりにして49年ぶりの武道館は昨夜だった。
彼は既に日本にはいないかもしれない。

ユー・チューブなどでも各ジャパンツアーの模様などがとうにアップされているし、
ここでピンぼけ写真などを連ねてもあまり意味がないのでそれはしない。
ステージは現場で見てなんぼだ。

きのうは一日呆然として過ごした。
「おれはおととい本当にあそこにいて、本当に彼を見、本当に彼の歌と演奏を聞いたのだろうか」
昨夜はテレビでド-ムでの巨人戦生中継をやっていたが、なんだか嘘のよう。

小学生の頃、ビートルズの曲はあちこちから勝手に耳に飛び込んできた。
が、中学生の頃からは自ら進んでポールとウイングスを聞き始めた。

それから40年以上、今に至るまで数え切れないほど彼の歌を聞き続けていた。
そしていつの頃からか、彼は私の中で神様になっていた。

まさか、その神様をこの目で見る日が来るとは!
昨年暮れから二カ月おきにサラ・ブライトマン、KISS、そしてとどめに最高神ポール。

これ以上の土産はあるだろうか。
今日もまだ少しぼ-っとしている。

え?
「何か少しでもコンサートそのものの感想を言ってみろ」ですか?

いや、年甲斐もなく、おととい夜の2時間40分はただただ恍惚状態でした。
深夜の東北道をひたすら北上する車の中でもぼー。
あとは・・・
56歳になった自分から見て、彼の超人的な体力に驚いたこと頻り。

あー、あと、わがままな不満を一つだけ。
オーケストラとまでは言わないが、管楽器のバックが数人欲しかった。
金管二人、サックス類三人、合計五人。
それがだめならせめてサックス類2~3人だけでも。

ポールの他はギター二人、ドラムス一人、キーボード一人だけなんだもの。
彼の多くの曲では管・弦楽器が大活躍し、見事な聞きどころが数え切れないほどあるのに。

それがプレーヤー無しで音源だけでは・・・
ちょっとさびしかった。

そんなところかな。
とにかく、消化するのにもうしばらくかかりそうです。

こんなに幸せでいいのだろうか。ぼー。
 ↑ これが彼の無類の力なんだろうな。

ぼー。

(完)






  1. 2015/04/29(水) 16:55:41|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

超弩級冥土の土産②(行程)

(2月半ばの①からつづき)


きのうのこと。
サー・ジェイムズ・ポール・マッカート二ーの OUT THERE JAPAN TOUR 2015 に行ってきた。
東京ドームである。

妻と二人、友人の車に乗せてもらい午前9時出発。
一般道を走ったり、福島県二本松で昼食(毎度の寿司屋で毎度の大サービスランチ)を摂るなど、
そこまではちんたら進んだため、後楽園到着は午後4時。

また別の人と待ち合わせをするという友人と一旦水道橋駅で別れ、
我々は渋い喫茶店に入ったり、母校の写真を撮ったりして過ごす。

このあたりは自分の青春がしみついた街だ。何度訪れても感慨の尽きることは無い。
4時半開場、6時半開演だが、二時間もドームで座っていてもしょうがないので懐かしい街を歩いたわけだ。

さて時間だ。神田三崎町からドームに向かう。
遥か昔、建設中のドームが三塁外野席に被さっている状態の後楽園球場に、
巨人戦を観に一度行ったことがあるが、ドームに入るのは初めてだ。

となりに背の高い東京ド-ムホテルがあるが、ここは2002年1月に一度泊まった事がある。
子供たちがマーチングバンド全国大会に出ることになったお陰だ。
あれから13年。夢のように月日が流れた。

6時頃着席。私の席は同行の友人とその知人と並びだ。
妻は我々とだいぶ離れた席。6時半頃、勤め帰りの娘と無事合流出来たとメールあり。

開演予定より30分遅れて、7時頃にポールのステージは始まった。
彼は延々9時40分頃まで歌いまくってくれた。
間もなく73歳になろうというこの世界的スーパースターは、体力も普通ではない。

5万2千人入る球場のグラウンド(アリーナ席)にも観客がぎっしりだったから、
ひょっとすると6万数千人もいたのだろうか。

夢のような時間はあっという間に過ぎ、終わってから出るまでももちろん一苦労だった。
これを大阪で一回、ドームで3回、とどめに日本武道館で一回やるのだから、尋常でない動員数だ。
延べ20数万人といったところか。こういう人はいま世界に何人いるだろう。

娘はドームそばの地下鉄水道橋駅から帰れるから、顔を見たかと思ったらすぐまたさいならだ。
我々寒河江組3人は明日は勤務だ。飯など食うひまもなく、とって返さなければならない。

駐車場から出発できたのは午後10時半近く。いつもならおねんねの時間だ。
寒河江着は今朝の午前3時だった。往きも帰りもほとんど運転してくれた友人に感謝する。
0時過ぎには助手席で居眠りまで出来たのは彼のお陰である。


CIMG9871 - コピー


(つづく)






  1. 2015/04/28(火) 17:10:58|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

臨時休業のおしらせ

あさって27日(月)、休ませて頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。






  1. 2015/04/25(土) 16:52:57|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きる意味(本編)

只今構想中。


↑ 以上が本文です。


  1. 2015/04/24(金) 20:49:20|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火入れ式

薪ストーブ焚き納めの季節。ということは・・・
はいそのとおり。2015年バイクシーズン開幕だ。

各自自分のマシンのシーズン初点火を済ませていると思うが、
昨夜は今シーズン初めて多くのメンバーが集まり、各々の体にアルコール注入の火入れ式。

今年の安全で楽しい走りを祈って乾杯。
今シーズンは北海道遠征の総仕上げの年にしたいし、目先にはGWの打合せもある。
なかなか充実した火入れ式となった。


CIMG9814 - コピー  2014.8 釧路にて


今年も変わらぬ愛馬CB1300。1999年製(前世紀製!)だ。
同年9月の新車購入から15年7カ月経ったが、全く問題ない。

多分、あまり乗っていない(昨年やっと2万キロを越した)ことと、
常にガレージに格納しているのが長寿の原因と思う。

あと何年これに乗れるか。
10年は大丈夫じゃないかとも思うが、先のことは神様にしかわからない。

とにかく毛が無い、じゃなかった、怪我の無いように、
今期も悪く悪く予想しながらの、臆病の塊のような運転を続けよう。

そうやってこれまでの38年のバイク人生を一度も毛が無く、違うって、怪我無く過ごしてきたのだから。



え?本当にそんな運転してるのかって?
うーん・・・
してるつもりです。





 
 

  1. 2015/04/23(木) 17:49:14|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの体重計測

このカテの最終記事を確認したら、ほぼ一年前だった。
その時は72キロちょうど。
それ以来の計測かもしれない今朝は1.4キロ増の73.4キロ。

大減量に成功し、維持していたおととしと比べると3キロは増えている。
道理でズボンがきついわけだ。

増える一方である。
今月から始めた節酒を続け、少し落とさないと。

そういえば、73.4キロと言えば、結婚した頃とほとんど同じなんだな。
それなのにあの頃と全く違うこの腹のブヨブヨ感は一体何事か。

30歳と56歳の肉体の違い、恐るべし。





  1. 2015/04/21(火) 20:40:43|
  2. 運動・体重監視日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きる意味(序)

三年前を中心に、ここに我が家の五代前が書いた書物のことを紹介した。
(もしもご興味のある方は、このカテをのバックナンバーをご覧下さい)

今年に入って神仏のお引合せとしか思えないご縁に恵まれ、
お二人目の解読ご協力者(郷土史の大先生)を得、
その先生のお蔭で更に解読が進んだため、現在第二回目の清書と現代語訳を書いている。

江戸から明治にかけて生きた五代前の当主は現代に生きる不信心な私から見ると、
非常に敬虔な仏教(それももちろん我が家の宗派、浄土真宗)信者だったことがわかる。



そんなことをしながら最近よく考えることがある。

(つづく)





  1. 2015/04/20(月) 21:50:17|
  2. 「家内示談」と豊八考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校時代のマブⅡ

固定電話から固定電話へ電話した。

もちろん元気だった。
11年会わなかったとはいえ、マブはマブ、全くそれは関係ない。

きのうも会ったように話をする。共通の話題はいくらでもある。
若い時に授かったご縁をこれからも大事にしたい。

そして話していて、彼も私も最も気になったのは、共通のマブもう二人が音信不通になっていること。
どこかで二人とも幸せでいてくれますように。






  1. 2015/04/20(月) 21:34:32|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校時代のマブⅠ

が、地元新聞にでかでかと載っていた。
彼と彼のビジネスの紹介である。非常に珍しい仕事だ。
県内はもとより、全国規模でも珍しいビジネスと思う。

高校生の頃からの趣味を、一生の仕事にすることができたという点では、
実に稀有の、しかも幸せな人生を送っているわけだ。

10年以上前に私が自分の携帯を壊した時、同時に電話帳も失ったこともあり、
以来残念ながら音信が途絶えている。

大したものだ。
称賛したいがために、30キロ以上離れた彼の家の固定電話にでも連絡してみるか。





  1. 2015/04/20(月) 20:44:31|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焚き納め

IMG_20150418_192426.jpg

昨年10月の運用開始から半年。
朝晩とも、ちょっぴり焚くだけで済むようになった。
もう桜が咲いてるんだものな。
大活躍したストーブもそろそろ焚き納めだ。

IMG_20150418_200818.jpg

前の冬まで我が家唯一の暖房手段だったエアコンは全く使わなかった。
また、高断熱のお蔭で夏もあまり暑くならないこの家。

冬に薪ストーブを焚き、夏は窓を開けて風を通せば、エアコンはほぼ無用かもしれない。




  1. 2015/04/18(土) 20:30:48|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツイート

デニー・レインの眠たそうな目が好き。





  1. 2015/04/16(木) 20:33:20|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なります

「お待たせしました。こちら、○○になります
ここ数年、耳にタコができている。

「なります」?
思いがけなく、意図もしないのに自分の手の上に突然出現したものを、
選びようなく、やむを得ず客に恐る恐る差し出す。
この言葉にそんなニュアンスを感じるのは私だけか?

無責任さを感じる。
「これが私にとっては○○になりますが、あなたはどう思うか知ーらないっと」
そんな感じだ。

「お待たせ致しました。○○でございます」と、なぜ普通に言えないのか。
自信を持って言葉を駆使すべし!

「これが紛れもなく、貴様が注文した当店の誇る○○である。どうだ、食ってみろ!」
極端に言えばこんな自信と責任を背負って言ってほしい。

食い物やモノでも気になってしょうがないのに、もっとすごい「なります」が最近ある。
某会社社長出演のテレビ広告だ。

「実は私の母になりますが・・・」

なぜ「私の母のことなのですが」と言わないのか。
あなたの母は見知らぬ他人かエイリアンか。自分を生んだ母親になぜそんなに距離をおくのか。




曰く、「全然いい」
曰く、「めっちゃ美味い」

情けない。

国語は時代と共に変化してきた。これからも変わっていくだろう。
だが、変化とは違う次元の、納得のいかない言葉のなんと多いこと。

なりませぬ







  1. 2015/04/16(木) 20:18:31|
  2. 気になる日本語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節酒(後編)

(つづき)

なーんて言いながら、実はそれほど深刻に考えていないのが本当のところ。
先月の血液検査も、肝機能はじめ各数値はほぼ正常だったし。

それより・・・

しばらく前からズボンがきつくてしょうがない。
3~4年ほど前、高血圧と高脂血に懲りて82キロから70キロをちょっと切るまでの、
一大ダイエットに折角成功したのに・・・

数キロ戻ってしまったのかもしれない。そういえば随分長らく体重計に乗っていない。
74、5キロまで戻ってたりして。

けっしてバカ食いはしていない。加えて4年にわたり毎日小一時間歩いている。
ならば・・・

肥える原因はただ一つ。酒だな。
酒は続け、食を減らして体重を落とすのは健康的でないと思う。

ということで5日前からアルコール摂取量をはっきり減らしてみた。
一晩に焼酎のロック一杯のみとしたのだ。
以前の三分の一にはなっていると思う。これ、ご飯二杯分くらいに相当しないか。

断酒はストレスの元になろうが、少しでも飲めればさっぱり苦しくない。
焼酎を飲み終えても口がさびしい時は冷たいお茶を飲んでいる。

その結果、腹が凹むのは先のこととして、朝の目覚めがすっきりしたものになり、
血圧と心拍数が即減った。現金なものである。

タバコを減らすのは容易ではないが、酒を減らすのはどうということもない。
何カ月か後、これで少し腹が凹めば御の字だ。

もちろん飲み会では普通に飲む。
大事な友人たちとの付き合いまで犠牲にする気はさらさらない。

さて効果は表れるかどうか。

(完)







  1. 2015/04/14(火) 20:42:07|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンジンチェーンソー初出動

快晴のきのう日曜午前、二人の仲間と共に果樹のカット作業を行った。


CIMG9829.jpg

昨年の春から秋にかけて集めた、ひと冬放っておいたダンプ10数杯分の果樹。
すべて農家の方々のご厚意で頂いたもの。
写真ではその量の迫力はあまり伝わって来ないが、現場に行くと相当なものだ。

長い木々を各人の薪ストーブに入るよう、35~40cmの長さに切るのである。
肉体労働なので、無理せず午前中だけとした。

CIMG9828.jpg

↑ 一時間も経った頃か、私が切った分の山。この時点ではたったこれだけだ。
この大山を三人でやっつけるには一体何回作業しなければならないか。
だが千里の道も一歩から。やるしかない。

写っているのがこの度購入したエンジンチェーンソーだ。
昨年も畑や我が家の敷地内でチェーンソーは使ったが、それは電動のもの。

住宅街にある自宅で10分やそこら使うには、電動は静かだし能力も十分だが、
広大な畑で大量の果樹に立ち向かうには非力だし、電源コードが著しく邪魔になる。
初めてのエンジンソーは強力で、コードが無いため機動力に優れ、実にはかどった。

汗だく、へとへとになって正午に解散。
「あー、半日でよかった」と言いながら家族と昼食を摂っていると、また別な知人から電話。
「畑に倒した果樹をとっておいてやったから取りに来い。畑で切って持っていけ」

ひー

昼食後すぐ再出動。
天気のいい定休日の午後、知人のご厚意に感謝しながら切りまくる。
この日のために用意したガソリンひと缶(600~700ccくらいか)を全部消費して切り方終了。

家に戻って空いている収穫用コンテナを10個車に載せ、畑に戻って収納。持ち帰った。
もう夕方だ。丸一日チェーンソーをふるったことになる。

一晩寝た今日は筋肉痛が全身を襲う。
ちょっと動くたびに「てててて」、「いててててて」。

エンジンチェーンソー。
電動より作業ははかどるが、丸一日やると体が大変なことになる。

でも楽しいんだよなー。何歳になっても男の子供なんだろうな。
またやっつけてやる。





  1. 2015/04/13(月) 20:18:57|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節酒(前篇)

まー毎晩飲んでる。
仕事や勉強もこれくらい熱心に続けておれば、
さぞかし今頃大したものになっているだろうと思えるほど毎晩間違いなく飲んでいる。

まずは100ccのグラスで日本酒を一杯。
次は25度の甲類焼酎をもっと大きなグラスで二杯。
これは4リッターペットボトルに入った安価なものだ。

どれくらいのペースで飲んでいるのかわかるよう封切りの日にちをラベルに書いているので、
4リッターボトルも二十日はもたないことがわかる。

一日に200cc超の焼酎。アルコール度数で日本酒に換算すれば二合近いのではないか。
それに最初の日本酒100ccを足せば、毎晩二合以上は確実に飲んでいることになる。
しかしまあ、これくらいなら並の酒飲みではないかな。




いや待てよ・・・

数年前までと比べ、飲み会は激減した。とは言え月に数回はまだやっている。
そして飲み会といえば家での晩酌よりは酒ははかどりがちだ。
ということは・・・

下手すると一日平均では2.5合くらいにはなっているかもしれない。
いつからだろう。ここ数カ月か、あるいは何十年間もか。

この量の飲酒を長年続けていると、後々後悔することになりはすまいか。

(つづく)





  1. 2015/04/11(土) 19:54:10|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我慢

今日流れたわが業界内の比較的大きなニュースについて、
コメントはいくらでもあり、実は記事を一本書き上げたのだが・・・

アップを我慢した。
ここはなかなか不自由な場所でもある。




  1. 2015/04/10(金) 21:36:53|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通勤路の絶景

CIMG9821.jpg



  1. 2015/04/08(水) 21:36:43|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勘違い用心

四半世紀近くかかった子育てを終えてホヤホヤ。
先日も書いたが、最後の数年間が爆発的な出費期間だった。

それが遂に終わった。
ということは・・・

金ピカの中年後期を謳歌できるのではないか。
あれから解放されたのだから・・・

6年続いた倹(つま)しい生活費をひと月数万円増し、
エコーまで吸って(さすがに元に戻ってしまったが)切り詰めた月々の小遣いも数万円増し、

大好きなホームセンターや電器屋に行って無駄遣いをし、
一切の妥協を排して「心の底から乗りたい車」購入を検討し・・・






いや、残念ながらそれは勘違いなのだ。
「狂気の出費」期間が終わっただけで、今後は「元の普通の出費」に戻るだけなのだ。

余分なお金が庭から生えてくるわけではない。
勘違いすると悲惨な老後が待っている。






  1. 2015/04/06(月) 20:12:44|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誕生日おめでとう

おとといの午前中、店に小さな宅配便が届いた。
「どこからだ?」 仕入れ商品の心当たりはない。

見れば東京の次女からだ。「お前宛てだ」妻に渡す。
「一体なんだろうね?」 「お父さん、忘れてたでしょ?」

「え?あー!お前の誕生日だな今日は。いや、ははは。けっして忘れているというわけでは・・・へどもど」
次女は忘れずプレゼントを送ってきたわけだ。
そういえば長女も夜に妻に何か渡していたな。

というわけで私も何もしないわけにはいかず、その日は昼食を奢ることにした。
妻の誕生日をついうっかり忘れていた亭主の、ささやかな罪滅ぼしである。
以前から何度かお世話になっている、市内にあるお気に入りの店。

昨年から今年にかけ、贔屓店が一つまた一つと閉店してしまったこともあり、
今年に入ってからは以前よりペースを上げて通い始めた気持ちのいい和食の店だ。

店の方とは面通しもできているので、
「今日は家内の39歳の誕生日なので、こちらでご馳走することにしたんですわ」
「それはそれは!奥様、39歳のお誕生日おめでとうございます」
軽口をたたきながら着席。

昼食にしては少々贅沢な和食を堪能し、食い終わった頃、突然店内にHappy birthday to youが流れた。
びっくりし、少し照れくさかった。間仕切りのあるボックス席でよかった。

そして運ばれてきたのがこれだ。

CIMG9814.jpg

いつものデザートに小さなキャンドル。
このお店の心遣いには恐れ入る。見習わないと。
日本に生まれて、寒河江に暮らして、このお店に来てよかった。

○○歳の誕生日おめでとう。また一年、元気で。




  1. 2015/04/04(土) 17:40:59|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

印伝女束入2015.4(SOLD OUT)

甲州印伝女束入(たばいれ)一点を特別価格で販売します。

新製品(昨年9月発売)の№2316。口金式開閉です。

CIMG9815.jpg

税込定価20,520円。色柄は「黒ピンク クレマチス」(鹿革が黒、漆がピンク)です。
クレマチスも昨年発表されたばかりの新柄。

皆様ご存知の通り、甲州印伝は「経済産業大臣指定伝統的工芸品」ですね。
鹿革に色漆で模様付けされている、400年以上の歴史を持つ逸品です。

CIMG9816.jpg

↑ カードポケットが両側に合計12カ所。

CIMG9817.jpg

↑ 中央のファスナー小銭入れの両側にポケット。

CIMG9818.jpg

↑ 更に、両側のカードポケットの外側にもポケット。
収納力はまず十分と思われます。

これを税込12,000円でご奉仕させて頂きます。
ご遠方の方には発送も致します。(振込手数料・送料は別途)
ご来店やご連絡をお持ちしております。





4月9日、お約定なりました。誠にありがとうございました。





  1. 2015/04/02(木) 17:42:20|
  2. 超お買得・おすすめ品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発電一年

我が家で発電を開始してからあっという間に最初の一年が過ぎた。
結果。
2014年4月から12月(月別グラフ)
CIMG9813.jpg

2015年1月から3月
CIMG9812.jpg


年間発電量4878.1Kwh。
ちなみに年間消費量は4874.7kwhだったから、奇しくも自給率はほぼ100%

また、グラフをご覧の通り12、1、2月の3カ月は発電がゼロに近い。
実質的には9カ月で上記量を発電していると言っていい。

モジュラーに雪が積もると全く発電しないのだ。
多数並んだパネルには横に3cmの隙間があるが、それがばっちりストッパーとなり落雪を阻んでいる。

次の冬はこれを解決してから迎えないとどうしようもない。
我が家のシステムの最大のネックだ。

オール電化の我が家、この冬は新兵器薪ストーブの導入で、
暖房による電気消費をほぼ完全に抑えることができた。

発電初年度の昨4月はそれが無かったので、多分エアコン暖房が効いたのだろう、
春だというのに500kwhを超える消費となっている。

これらを克服し、二年目は20~30%は自給率を上げたいものだ。
さて一年後のレポートはどうなりますか。







  1. 2015/04/01(水) 20:19:30|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ここの歴史