呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

真田への旅 碓氷・軽井沢

9月19日つづき

美味い峠の釜めしで腹を満たし、横川宿のブラタモリも終え、出発すれば間もなく天下の険碓氷峠が始まる。
念のために書くと、私から言わせれば新しい「碓氷バイパス」ではなく、旧碓氷峠だ。

碓氷湖や

CIMG9979 - コピー


CIMG9986 - コピー

メガネ橋を眺めながら峠を楽しみ、登り切るといきなり軽井沢だ。
天下の観光地軽井沢で立ち寄ったのはただ一カ所

CIMG9987 - コピー

一流老舗「万平ホテル」のみ。連れの一人が望んだ場所である。
僅か10分かそこら滞在して出発。

シルバーウイーク初日の軽井沢は、人と車で溢れかえっていた。
特に若い女性が多いのは昔と同じ。

私は今回が三度目だろうか。直近でも家族と車で訪れた24年前だ。
あの時は何も見えない霧の中だった。

長女は赤ん坊に毛が生えたくらいで、次女は生れていたかどうか。
懐かしい。

しかし、小諸方向に向かう国道18は長々と渋滞。疲れる。
軽井沢、さよなら。





  1. 2015/09/28(月) 17:22:05|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長瀞2015.9

東根市長瀞(ながとろ)城址に行ってきた。これで二度目の訪問となる。
カメラを持って行かなかったので写真は全く無い。

皆様ご存知の通り、長瀞城は平城だ。
現在は完全に長瀞集落と重なっている。

そして地図を見ると一目瞭然のことがある。

長瀞

「二の堀」が今もほぼ完全に残っているのだ。
青く見えているのが「二の堀」。巾10mもありそうな立派なもの。もちろん今も水を湛えている。

で、堀の内側にきれいな「田の字」の道路があるでしょ。
これに添って巾1m前後の「一の堀」も結構残っており、たっぷり確認してきた。

更には「三の堀」もあると言うので見当を付けて行ってみると、わずか1尺程度の、
いわば側溝程度のものではあるがまたごく一部ではあるが確認できた。

驚くべき遺構が寒河江から10数キロの地にあるのだ。
田舎の小集落にこんなはっきりした遺構があるなんて!

まずはじめの城主として西根氏が15世紀に入り、次に最上氏が、最後に米津氏が居住したとのこと。
西根氏も米津(「よねきつ」)氏も初めて聞く名だ。

で、明治に入り戊辰の役で薩長軍がやってきた時に、長瀞城の居館はすべて焼き払われたと。
なんということを。

その後は新政府の下、城内は民間に払い下げられ、現在の長瀞集落ができた。
ご覧の通り、堀の内は民家でびっしりである。

実はここを訪れる直前、東根市北隣の村山市立図書館に行き、長瀞史を少し調べてきた。
色々知り得た。

例えば、「この集落は昔はもっと西(最上川に近く)にあったが、水害の度に東(奥羽山脈に近付く)に移動してここに落ち着いた」とか。

なぜこんなに長瀞に拘るかというと、私の先祖の一人が「長瀞から来た」と、今は亡き祖母から聞いたような記憶があるからだ。
私の聞き違いや勘違いかもしれないし、祖母の間違いかもしれないが。

半面、40年以上前に発行された「寒河江小学校百年の歩み」という本には、
「彼は文政三年(1820年)、寒河江内楯(うちだて:今の市内丸内)に生まれた」と
当時の市史の第一人者A先生が書いておられるのだ。

悩ましい。知りたい。
ひょっとしてご存知ないか、思い切って博識のU先生にお尋ねしてみたいくらいだ。




  1. 2015/09/27(日) 20:19:27|
  2. 「家内示談」と豊八考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真田への旅 同志

初日、国見だったか那須高原だったか、とあるSAで休憩した時のこと。

大抵SAには屋根の付いた申し訳(5台分程度)のバイク用駐車場がある。
連れたちはまだ建物の方で用足し中で、私だけそこへ戻ると一人旅らしいライダーが到着していた。
年の頃は40代半ばくらいか。

私「おはようございます」
彼「おはようございます。どちらへ?」

私「山形から来たのですが、軽井沢を通り、今日は上田まで行きます。あなたは?」
彼「私は宮城の古川からです。秩父の方へ行くところです」

私「そうですか。先日の大雨や洪水は大丈夫でしたか?」
彼「ええ、私の所は大丈夫でした」

私「それはよかった。秩父ですか。いいですね」
彼「はい、何でもバイクのガソリンタンクの形をした《バイク弁当》というのがあるようなんですよ。ユーチューブで見たのが忘れられなくて」

私「へー、それは面白い。初めて聞きました。すると今夜はそのあたりで一泊ですか?」
彼「いや、明日の朝までには帰宅しようと思っています。」

私「えー!?夜通し走りますか?そりゃ大変だ」
彼「はい、かみさんにやっと許可をもらって来たものですから。明日は家族サービスが待ってるんです。しかし、バイク弁当一つ食うために時間と金を一体いくら使って行くんじゃいって話ですよね」

我々も似たようなものだろう。
この辺で連れたちが用を済ませて戻ってきた。

私「それはご苦労様です。どうぞ道中お気をつけて」
彼「ありがとうございます。そちらも気を付けて」






バイク弁当、なかなか有名なようです。お好きな方はどうぞお調べ下さい。





  1. 2015/09/25(金) 20:34:28|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真田の旅 横川駅

寒河江から延々400km以上高速道を走り続け、松井田妙義ICを下りればすぐJR横川駅だ。
信越本線の終着駅である。

今回は両日とも暑かった。
悩んだ末に選んだオールシーズンジャケットとパンツは完全に失敗。
荷物になってもいいからフルメッシュの上下も積んでくればよかった。

CIMG9949 - コピー

昔々、学生の頃にバイクでか車でか忘れたが、ここを通った記憶がある。車だったかな。
天下の険、碓氷(うすい)峠の登り口という地でもある。

昔からの名物を見つけ、思い出し、ここで昼食を摂ることにした。

CIMG9952 - コピー

CIMG9954 - コピー

税込1,000円。具が折り重なってぎっしり。更に漬物が別パックで。
この昼食には大変満足した。

横川は中山道の宿場。ちょっと歩く。

CIMG9960 - コピー

おれ

数十年ほど前から時間が止まっているような風情の町だった。





  1. 2015/09/24(木) 22:02:17|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

報恩先

親様から産み、育てて頂いた大恩は、人は皆未熟なためになかなか親様に報いることは出来ず、代わりに自分の子供に返すのかな。
そして代々その繰り返しかな。





  1. 2015/09/24(木) 21:36:09|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寝返り打てない

おととい、一時間ほど斧をふるった。

CIMG0065.jpg


先日、チェーンソーですべて30数cmの長さに切った13.5cm角材。
写真手前が斧で真っ二つに割った60本ほど。
うしろはまだのもの。

なかなかつわものの角材で、一度の打撃で割れるものは少ない。
一本あたり3、4回。だから60本割るのに200回は斧を振り降ろしたと思う。

これが効いたのだろう。割っている時から腰に違和感がやってきた。
以後段々腰が痛くなり、その日の夜にはひどいことになった。

動くと痛くて身動きできない。立ち上がるのにさえ1、2分かかる。
車の乗り降りも一苦労。シャワーも立ったまま。第一夜は寝返りさえつらかった。

ところがきのう日中は、痛さは残っているものの、まあまあそーっと動き回ることができた。
これで段々治っていくのかと考えていたが甘かった。
夜は再び立ち上がるのも困難になり、寝返りは前夜に負けず痛かった。

今朝も同じ。

いつ治るのだろう。
死ぬまで腰痛など体験しなくて済む「鉄の腰」と思っていたが甘かった。
この初夏に初めて。今回は人生二度目の、それもひどい痛み。

やれやれ。折角の連休が。
薪割機は数万円もするし。今後は斧は少しずつにしよう。

ご体験済みの皆さん。腰痛って大抵何日くらいで治るものですかね?





  1. 2015/09/23(水) 08:38:17|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真田への旅 旅程②

9月20日(日)  二日目


6:15  ロビー集合  徒歩で上田城見学ツアー出発
7:25  ホテルに戻る
7:47  ホテル発

R144とR406を走行。菅平経由のルート。これでもかと続くワインディングが楽しかった。
須坂市からはR403。

9:52  上田から48.0km  「栗の町」小布施町着
小さな町が、栗を求める人(私もその一人)と車でごった返していた。
混雑のため、ここで思わぬ時間を食ってしまった。

11:06  97.4km  栄村道の駅で休憩。新潟との県境の村だ。キノコ汁200円。
12:09  123.1km  十日町市道の駅近くで昼食。呉服屋だが、この町を訪れるのは初めて。
関越道越後川口ICから高速。速い速い。

14:15  234.6km  豊栄SA(新潟市)着。休憩。このSAはGSも食堂も無い。ほんとにSAか。
荒川胎内ICで降りる。
15:37  303.7km  小国(おぐに)道の駅着。わが県に戻ってきた。

16:51  354.5km  白鷹町広野の直売店や近くの精肉店で、連れ等は買物私は休憩。
17:45  384.5km  寒河江市中郷R287沿いのスタンドで給油。ガス欠寸前だったのだ。
                連れたちとはここでさいなら。先に行ってもらう。
18:00  390.7km  帰宅


この日の給油:一回 19.8リッター。
二日合計の走行距離884.0km。 
平均燃費19.0km/ℓ。今回は6割が高速道走行。北海道よりもはっきりガソリン喰った。



 
  1. 2015/09/22(火) 08:03:33|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真田への旅 旅程①

第一日目:9月19日(土)

 6:15           寒河江インター発
 7:07  87.7km   国見インター着 休憩・朝食
 8:42  209.5km  那須高原SA着 休憩

10:03  316.0km  北関東道出流原(いずるはら)PA着 休憩
(高崎JCT⇒関越道⇒上信越道に入るなり15分くらい渋滞。松井田妙義ICで降りる)
11:42  412.4km  横川駅着(信越本線終点) 昼食(峠の釜めし)・中山道横川宿を徒歩で見学
(当然、バイパスは走らず旧道で碓氷峠攻め)

13:44  434.6km  軽井沢「万平ホテル」着 休憩・見学
このあとR18は御代田あたりまで延々渋滞
14:51  458.2km  小諸城址着 見学

16:15  477.6km  真田町「真田氏記念館」、館跡、並びに本城址見学
6kmほど下ると上田市街。「池波正太郎真田太平記館」見学
大きくない(寒河江よりはずっと大きいが)街の中でGSさがしとホテルとその駐車場さがしで手間取る

18:45  チェックイン
19:30  ロビーで再集合。ホテル近くで夕食
22:00  就寝


この日の走行距離477.6km。
給油二回。10リッター+18リッター。


CIMG0017 - コピー


  1. 2015/09/21(月) 08:06:05|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真田三代温故の旅(予告)

に一泊二日で行ってきました。近日中にアップします。

それにしても二日で900km弱。よく走った。


CIMG0002 - コピー






  1. 2015/09/20(日) 21:23:21|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒河江の絵図

(新カテ「歴史」、今頃登場。よろしくお願いします。)


CIMG9943.jpg


寒河江市郷土館(旧西村山郡役所)で今日から開催の特別展「寒河江の絵図」に行ってきた。
初日は無料。更に郷土史では右に出る者のいない宇井啓先生の講演付きだ。逃す手は無い。


CIMG9939.jpg


郷土館内のさほど広くない旧郡長室は50人ほどの聴衆で身動きが取れないほど。
数十枚の貴重な絵図について、先生は1時間の予定の所を1時間15分にわたってお話し下さった。

目から鱗の話が多く、私にはとても面白くエキサイティングだった。
講演終了後は今日お話し下さった絵図の現物を見学。

CIMG9942.jpg

CIMG9941.jpg


日本史や郷土史。
以前から嫌いではなかったが、ひいひいひいじいさんの「家内示談」を発見・解読したあたりから益々惹き込まれるようになった。
先日しらべるさんから頂いたコメントの通り、落ち着いて見回せば、身の回りは「温故知新」だらけなのである。

宇井先生、本日はありがとうございました。
とても勉強になりました。






  1. 2015/09/18(金) 21:05:05|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

臨時休業のおしらせ

来たる21日(月)~23日(水)、臨時休業させて頂きます。

ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。


店ロゴ(小)



  1. 2015/09/18(金) 16:38:40|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誇りと反省

また出てきた。

まずはひいひいひいじいさんの蔵書。

CIMG9933.jpg

CIMG9934.jpg

CIMG9935.jpg

孝経。ほとんど読むこと能わず。
しかし天保(例の「家内示談」の文政直後の年号)に印刷物が国内流通していたことに驚く。
我が国は昔から文化国家なのだ。

次にひいじいさんの雑記帳。

CIMG9937.jpg

明治38年。彼の結婚前だ。号は「扶葉生」だろうか。
「NOW and THEN」。しびれる。

CIMG9938.jpg

地理、漢文、キリスト教、養生訓、化学、日本史、教育論・・・
随分ジャンルが広い。

勉強熱心で教育者だったこの二人の先祖は私と我が家の誇りである。
と同時に・・・
不勉強で無学な自分が恥ずかしくもある。






  1. 2015/09/17(木) 21:03:40|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吹コン東北2015②

つづき

CIMG9932.jpg


二時間足らずで7団体の演奏を聴き、練磨を経た生の吹奏楽の迫力と素晴らしさを改めて感じたこと。
さすがは各県選りすぐりの東北大会。どの団体も素晴らしい出来栄えだったこと。
過去、自分や子供がお世話になった何人かの先生方に会場でお会いできて嬉しかったこと。
これだけ書き記して筆を擱きます。







  1. 2015/09/14(月) 21:53:19|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吹コン東北大会2015①

の山形会場三日目の内、一般の部、全14団体の前半7団体を聴いてきた。
今季は7月に催された村山地区大会の一般の部を聴いたのみで、県大会はまったく聴いていない。

残念ながら敬愛するわが町のバンドは、今年は東北大会への出場は叶わなかった。
そういえば、昨年はこの大会(場所は秋田市だったが)に自分も出演したんだなあ。夢のようだ。

秋田 大曲吹奏楽団
岩手 パシフィック・ブラス・オルケスタ
青森吹奏楽団
宮城 仙台吹奏楽団
山形 米沢吹奏楽愛好会
福島 郡山吹奏楽団
秋田 NG吹奏楽団

の順に聴き、会場をあとにした。
昨年、秋田で初めてその演奏を聴いて驚いたある団体をまた聴きたくて来たのである。

その後の後半では、

宮城 泉シンフォニックウィンドオーケストラ
岩手 盛岡吹奏楽団
山形 酒田吹奏楽団
青森 八甲田吹奏楽団
福島? 吹奏楽団「凛」
秋田吹奏楽団
名取交響吹奏楽団

と続き、聴きたいバンドが多々あったが、連れもいるし、4時間聴き続けるのはちょっときつい。
残念だがあきらめたのだ。

(つづく)





  1. 2015/09/13(日) 19:52:14|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サバ缶そうめん

学生時代、静岡県三島の友人宅に何度か泊めて頂いた。
夕ご飯も朝ご飯も当然頂いたと思う。

そのある朝ご飯の時、友人は小鉢の納豆をかきまぜ始めた。普通だ。
彼の次の行為が私を驚かせた。

生卵を一つそれに落とし、更にかきまぜ始めたのだ。
納豆に生卵! Oh!my God! 私の辞書には無い。

目を丸くししている私を尻目に、彼は続いてそれをたっぷりご飯にかけた。
そして・・・

うおおお!神よ!
彼は次の瞬間、あろうことかあるまいことか、更に「卵納豆」とご飯を丹念にかきまぜ始めたのだ。

愕然としている私に彼はお構いなく、その「卵納豆ご飯」をかきこみはじめた。
生卵と納豆をかきまぜるだけで十分驚いていた私は、これでとどめを刺された。

更に三島では、スーパーでイルカの肉を売っていた。「イルカ汁」、いまだに食ったことない。
また、こちらで言う「とろろ芋」。
三島のそれは、箸を突っ込んで持ち上げると全部持ち上がる「山芋」というやつだった。
初めて見た。



続いて遠い三島ではなく、地元寒河江での話。
子供のマーチングバンドを肴に、大勢のおやじたちと盛んに酒飲みをしていた頃。

「アツアツのひっぱりうどん(調味済納豆を入れた猪口に釜揚げうどんを入れて食う、といえばよその方はわかるだろうか)には、やっぱりサバ缶入れるのが不可欠だよな!」
と、多くのおやじたち。

おーまいごっどー!
我が家の辞書に、「ひっぱりうどんにサバ缶」は無い。一生食わなくても平気だ。




昨夜、例の「秘密の県民ショー」を見ていたら、わが県南部の県民たちは、
なんと冷たいそうめん(冷麦?)のつけ汁にサバ缶を入れて常食しているという。

県の南半分に接している県中央部に生まれ育った私は聞いたことがない。なぜだ?
ちなみにスタジオのレギュラーやゲストたちは、レポートを受けて試食し、絶賛していた。




今夜、妻はそれを試した。我が家にとって記念すべき夜となった。
私は生れて初めて汁にサバ缶を入れ、そうめんを食ってみた。

食えた。
まずくもないが、「これは美味い!相乗効果か?知らなかった!」なんて感想も無かった。
夏に「サッパリ感」を求めるなら、そうめんとサバ缶は別々に食った方が良くはないか。




すき焼きにモヤシを入れる家、カレーにコンニャクを入れる家、芋煮になんかびっくりする具を入れる家。
これは地方地方、家々の文化である。要するに何でもいいのだ。

だから、「鯨を喰うな」なんて外国から言われるとびっくりする。
「では、あなたたちは何を食べてきましたか?」と聞きたくなる。

クマさんに「貴様、鮭を食うな!けしからん」なんて言えないのとまったく同じだと思うがいかがか。






  1. 2015/09/11(金) 20:56:11|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

エネルギーの節約は

タダでは出来ない。
おとといの代休日。夫婦で朝から丸一日かけて取り組んだのは薪の始末。

先週末、 135mm×135mmの角材(梱包材)を
A.約2mのもの20数本、 B.1.5m前後のもの30数本、友人から頂きカーポートに積んでいた。

軽トラックで二回、寒河江市外から私も手伝って運んできたものだ。
上記Bは3mもあったため、現地にエンジンチェーンソーを持参し、その場で二分してトラックに積んだ。
積卸しだけでも結構な運動量だった。

しかしそのまま置いていてはカーポートが使えないし、角材もカットしなければスト-ブに入らない。
で、休日の勤労と相成ったわけだ。

近所迷惑にならないよう、一本一本を隣のガレージに運び入れ、
シャッター、窓、引戸をすべて閉め、エンジンよりは静かな電気チェーンソーで切りまくる。

さすがにこの膨大な量を私一人で切るのは厳しい。
試しに妻に切らせてみるとできるので、私が二本切ったら妻が一本、を一日繰り返した。
一人が切っている間、もう一人は角材が動かぬよう端を押さえる。

スケールと計算機を使って鉛筆で印を付け、すべて31~36cm程度になるようカット。
一本あたり、A.は5回、B.は3~4回ソーを入れた。

こ、腰が・・・
午後5時近く、ヒーヒーいいながらも遂にカット終了。山のようなおが屑を集める。
大きな紙袋に三つできた。ゴミではない。これが薪ストーブの純良な着火剤になる。

次は置場をさがして積み上げなければ片付かないのだが、体力に限界が来て半端にした。5時半頃終了。
で、きのう今日と出勤前の時間を使ってやっと完了。

CIMG9928.jpg

CIMG9927.jpg


400kgはあろうか。これでひと月は間に合うかもしれない。
長い冬の暖房エネルギー消費をゼロにするにはタダでは出来ない。
ひと冬薪ストーブを稼働させるには、このように夏場も様々な労力が必要になる。

これが判断の分かれ道になる。
手間が好きかどうかもあるし、齢をとってうんと体力が衰えれば大変になるだろうし。
しかしファイヤーライフを昨年始めたばかりの私は、今の所楽しいばかり。

それにしても、薪スト-ブ師匠からいつも大量に頂いている、
ほとんどそのまま焚ける建築端材がいかにありがたいか身に沁みる。




  1. 2015/09/09(水) 10:55:13|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

代休のおしらせ

「今日のあした」のおしらせになってしまい申し訳ありません。

おとといから今日日曜まで「決算市」を催したため、
明日7日(月)は代休させて頂きます。

また、決算市にお越し下さいましたお客様には厚く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。


20070929142005s - コピー




  1. 2015/09/06(日) 19:11:30|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

侘び

昨夜のこと
「今夜は娘も留守だし、久しぶりに焼鳥屋に行かない?」
という妻に従った。

ただし、彼女が地元公民館お役の会合を済ませてからとなる。
空腹をこらえて待っていると、7時半過ぎに戻ってきた。

で、8時近くに目当ての焼鳥屋を尋ねると満席。
それではと焼鳥屋から遠くない行きつけの居酒屋に行くと満席。

困って「ではあそこに行ってみるか」と、しばらく行っていない店に10分以上かけて歩いていくと真っ暗。
土曜の夜やっていないということはやめてしまったのだろうか?
ヤケクソついでに「じゃああそこは」と、そこから数分の店に行くとぎっしり満席。

寒河江の町には数え切れないほどの飲食店があるわけだが、知らないところ行くのは億劫だし、
どこでもいいというわけにもいかないし、数軒まわってどこにも入れないと嫌気がさしてしまう。

あきらめてコンビニに寄り、おでんを1200円分買って8時半頃帰宅。
40分は夜の町を夫婦でさまよっていたことになる。

CIMG9926.jpg

無聊のサタデーナイトを過ごした。



寒河江はいつからこうなったのだろう。
ちょこっと飲み食いに行くのに予約が必要という常識は、なかなか私の頭には沁みない。





  1. 2015/09/06(日) 07:38:24|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの新聞掲載

てったって、自分や自分の店のことじゃないです。


CIMG9925 - コピー


こないだのわが団の出張演奏が今日の地元紙に載っててびっくり。
しかし20人の団員がいて出席は12人。社会人バンドは厳しい。


ちなみに自分はヘルメットのトップ部しか写ってませんでした。
わかるかなー?





  1. 2015/09/04(金) 20:18:37|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逆戻り

きのう二日早朝、年に一度の社保一般健診に行ってきた。
血液他、数週間後に結果がわかるものもあれば、当然その場でわかったこともある。

実に好ましくない結果が目白押しだった。
以下、二年前(昨年は休んでしまった)と今回を比較してみる。二年前、今回、の順。
ブログとは書いておくものだな。(?は記憶が無くなった数字)


①血圧 83-11? ⇒ 8?-130 (4年前から治療中。これはまあいい)

②体重 69.7kg ⇒ 74.7kg (4年前に成功した大減量を、2年前は完全に維持していた)

③メタボ健診(腹囲計測) 84.5cm ⇒ 93cm (衝撃的急成長!)
 
④身長 170.9cm ⇒170.5cm (最盛期と較べ1cm以上縮んだ)

⑤視力 1.2と0.9 ⇒ 0.6と0.5だったかな? (老眼鏡をかけて受検すべきだったか?)


ひどい! 身長や視力は残念ながらどうしようもないが、
4年前に12kgもの減量に成功したのに、この2年で5kgも戻してしまった。

そして腹囲が93cm! +8.5cm! Oh!my God! 
道理でズボンがきついわけだ。

戻るなら今だ。今ならまだ戻れる。せめて72kgに戻すのに、今なら2.7kg減らすだけだ。
体重を減らせば腹囲も戻るだろう。4年前のあの方法を今夜から始めよう。



更には私ばかりでなく妻も・・・

おっと。止めておく。





  1. 2015/09/03(木) 06:25:43|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決算御礼2015

きのう8月31日、皆様のお陰様をもちまして恙なく決算を迎え、今日から無事新会計年度に入りました。
法人設立57年年目。創業から104年目。

厳しいどころではない我が業界にあり、弊社がいまだに存続させて頂いていること。

これは何をおいてもお客様のお引立てと取引先のご厚意の賜、次に先祖たちの努力の積み重ね。
これらに守られての結果と痛感しております。

決して自分の力だけでここに立っているのではない。
これを肝に銘じ、新年度も益々皆様のお役に立てるよう精進して参る所存です。
皆様の倍旧のお引立てと、百倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますよう、衷心からお願い申し上げます。

誠にありがとうございます。

                                         店主


20070929142005s - コピー



  1. 2015/09/01(火) 20:57:26|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ここの歴史