呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

2015暮れのご挨拶(公私ごっちゃ)

さて今年も残すところあと2時間となりました。
また一年、お世話になった皆様に御礼を申し上げます。

お引立てを頂いた多くのお客様。
お世話になった知人友人の皆さん。
仕入先、外注先の方々。
金融機関、会計事務所の方々。
地元地域の皆様。

私と我が家と当店は多くの方々のお世話になって今年もまた生き永らえることが出来ました。
ありがとうございました。

山森呉服店は104年目を無事に過ごさせて頂き、
今年、私ども家族はそれぞれ心身の健康を保ち、末の子供も無事に社会に出ました。
私の親も齢なりに元気で生きています。

このように、この上ない幸せに包まれて年を越せること、身に余る喜びです。
有難く、皆様と神仏に感謝するほかありません。

皆様にとり、来る年の幸多きことを心からお祈り申し上げて暮の挨拶とさせて頂きます。
本当にありがとうございました。
ご家族様お揃いで、どうぞ良い年をお迎え下さい。









  1. 2015/12/31(木) 22:18:29|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記 2015.12.29

目が回る。形容でなく本当に。
今年は明日が最後の営業日。さすがにこのところは忙しい。
いつもは暇な呉服屋。ちょっと忙しいとてきめんに効く。


灯油を買いに行ったところ単価46円。安い!ありがたい!
数年前のあの原油先物(WTI)が140ドル/barrelに達した頃はこの倍以上になったのでは?
ポリタンク数個で一万円札が吹っ飛んだあの頃が悪夢のよう。


多分今夜が今年最後の忘年会。これで何回目か。
今月は毎週二回ずつは出動したような。体も財布もさすがにくたびれてきた。
でも、友人たちから声が掛かる幸せを噛み締め、気合を入れなおして出動だ。


「おれ様地方気象台」はきのう、うっすらではあるがこの冬初めての「地面への積雪」を観測した。
太陽光発電システムが沈黙する季節がやってきた。だからこの12月は儲けものだった。


CIMG0298.jpg

国家の長年の懸案がきのう、一つの決着をみた。
小生もこの件については以前から所感を持っていた。
もちろんそれをここに書くことはしないが。






  1. 2015/12/29(火) 17:13:44|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末年始 休・営業のおしらせ

大晦日と正月三が日の四日間、休ませて頂きます。

尚、正月は4日(月)から営業致しますが、
「吉例初売り」は5日(火)から開催です。《9日(土)まで》
毎年大好評の
1.必ずドカドカ当る福引
2.○○入り中身丸見え福袋

またやります。必ずお喜び頂きます。ご期待下さい。



ろご







  1. 2015/12/27(日) 21:51:42|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

解けぬ謎

CIMG0296.jpg


弊店前から北方向。今日は12月26日。寒河江では珍しい眺めだ。
「おれ様地方気象台」によると、この冬寒河江の町の地面は一度も白くなっていない。

いまだに辛い人力除雪をしないで済む他に、雪が遅いこの冬にはもう一ついいことがある。
例のゴミ拾い徒歩通勤がまだ出来ることだ。昨年は積雪降雪のため、11月末には休止したと思う。
今年はクリスマスを過ぎた今でも写真のような状態なので、ビニール袋片手に屈み屈み歩くことが出来る。

「おれ様通勤路」は、住宅地3割、河川沿い遊歩道4割、大通り(駅前通り)3割という内訳で、
さすがに大通りは夜の飲食店もあり結構ポイ捨てゴミが多いが、前二者はさほどでもない。

私の他にもゴミ拾いをしている人がいるかもしれないしね。
だから徒歩通勤で速度がうんと落ちるのは、いつも行程の3割のみというわけだ。

ところがである。

昨日のこと。出勤途中に寄りたい所があり、いつもと違い9割は大通りというルートを歩いた。
ひどすぎる!
多分1.3~1.4kmくらいのルートだが、万遍なくゴミが捨てられており、店に到着するのに30分近くかかった。

冗談抜きで200回も屈んだと思う。
偶然、いつもより大きめの袋を持っていたので、目についたゴミは何とか全部拾うことができたが。

種別でいうと圧倒的に多いのはやはりタバコの吸い殻。
あとは飲物のペットボトルや缶、スナック菓子の袋、チリ紙など。




なぜ捨てるのか?謎は解けない。






  1. 2015/12/26(土) 10:15:04|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス・イヴ2015

ブログを始めてから10回目の聖夜。
だから何度か同じようなことを書いたかもしれない。ご容赦を乞う。

私と我が家は聖夜は全く関係ない。キリスト教徒ではないからだ。
盂蘭盆会や元旦の方がよほど意識する。
今宵楽しむのはあちこちから聞こえてくるクリスマスソングのみ。

とはいえ

今日の夕餉にはフライドチキンが添えられていたな。
また、娘らが小さかった頃はツリーや電飾を引っ張り出して飾り付け、
「メリークリスマス!」と叫んでひもを引っ張ってクラッカーを鳴らし、
無アルコールシャンパンの栓をスポンと飛ばし、ケーキを食った。

更に、私は半世紀以上前、耶蘇教の幼稚園に入れられた。
それも、路線バスに数十分乗らないと着かない山形市の幼稚園だ。

成人後もごくたまにその近くを通ると、わざわざ園まで行ってみたりする。
建物はとうに建て替わっているが、行けば朧な記憶と共に懐かしさがこみ上げてくる。

私の親は一体何を考えたのか。
寒河江の町には当時から幼稚園は複数あり、しかも檀那寺が境内にその一つを営んでいたのだ。

だから小学校入学直後は、しばらくの間友達がいなくてさびしい思いをしたかもしれない。
今も昔も、寒河江から山形の幼稚園に公共交通機関を使って子供を通わせるなんてのはマイノリティもいいところだ。

キリスト教のことはさっぱりわからないが、イエスの教えには惹かれるものがある。
「天の倉に積め」然り
「右の頬を打たれたら左の頬も差し出せ」然り

なかなか易々とそうすることはできないがしかし頷ける。


CIMG0295.jpg


支離滅裂な夢想を巡らせながら、異教徒のおじさんは今宵もストーブの炎を眺めながら焼酎を嘗めている。

メリイクリスマス!






  1. 2015/12/24(木) 22:02:27|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上塗り

昨今の一般的スマホ料金について苦言を呈した舌の根が乾かない内に、この度身内から造反者が現れた。


CIMG0292.jpg


左がこの春から私が使っている通信専用7インチ。
そして右が造反者が今日から使い始める、やはり通信専用の8インチ。

うーむ・・・

二人合計で月3千円のガラケー料金が自慢だったのだが、

うーむ・・・

私が音声入力しているのを、数カ月間羨ましく見ていたと思われる。







  1. 2015/12/23(水) 18:00:23|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬至2015

きのうは冬至。
皆様ご存知の通り、冬至とは太陽の位置が1年で最も低く、昼の時間が1年で最も短い日ですね。

ものの本を読むと、この日を境に太陽が再び高く上がっていくため、
一陽来復(いちようらいふく:陰が極まり再び陽に戻っていく)といって縁起をかつのだそうで。

また冬至になぜ「かぼちゃ」を食べるかというと、「ん」の付く物を食べると「運」を呼び込み
かぼちゃは「南瓜(なんきん)」と「ん」が付いており、冬場の栄養の高い食物だからとか。

毎朝一番に起き出し、薪ストーブに火を入れる頃は真っ暗の日々。
あまり気持ちのいいものではない。

私は昔から冬至が来ると、「明日から少しずつ陽が伸びていくんだ」と、少し嬉しくなります。
避けられない冬が一段階進んだようで。



しかし「冬至冬中冬初め」(とうじふゆなかふゆはじめ)。
寒さはこれからが本番。
12月下旬というに寒河江の町は異例にまだ一度も白くなっていないけれど、いずれ間もなく・・・

何かと気忙しい年末。
皆様も風邪などお召しになられぬよう、毎日お元気でお過ごし下さい。


CIMG0286.jpg



  1. 2015/12/23(水) 10:38:43|
  2. 山森小辞海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三年日記

11日後の大晦日で、このブログは満10年を迎える。こんなに続けられたのは
コメントを下さったあなた
拍手ボタンを押して下さったあなた
「読んでるよ」と声を掛けた下さったあなた

あなた方のお蔭です。

それらが無ければここは続けられなかった。改めてお礼を申し上げます。ありがとうございます。
こんな拙いブログでも、10年続けるには少々根性が必要でした。

さて、しばらく前からWEBにさらさない『真実の手書き日記』を20数年ぶりに書きたくなっていた。
このままだとブログに書けないことは全く書かないで終わってしまう。
ブログは書けないことが多すぎる。(当たり前だ)

ブログ・日記、両方書くのは気力も時間も更に大変だろうが・・・
曽祖父の日記が複数残っている。何代前の先祖かわからないが、江戸時代に書かれたエッセイも残っている。

私も若い時のものだけでなく、この齢以降の日記も残したくなった。
末裔がそれを読むかどうかも分からないが、代々の中でまた別色の日記を書くつもり。


CIMG0284.jpg

CIMG0285.jpg


ということで今日買ってきたのがこれ。三年日記だ。一ページに同月同日の日記が3年分並ぶ仕組みだ。
5年、10年のものもあったが、一日当たりの欄が小さ過ぎた。これくらいがちょうどいい。

続けられるかどうか。新年が楽しみである。







  1. 2015/12/20(日) 19:11:52|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麻雀

image.jpg


きのうの忘年会、二次会はなぜか発作的に麻雀となった。

忘年会メンバーは3人。雀荘に入ってから電話し、共通の友人一人を引っ張り出す。
「おれが来なかったらあなたたち一体どうするつもりだったの?」
と、ぼやきながらも友人はすぐに来てくれた。たしかに彼の言うとおりだ。

4人全員何十年ぶりの麻雀。私は20年ぶりくらいか。
「あの役の名前は何て言うんだっけ?」などと言いながら東回しを3回。

終われば0時を少し回っていた。
私は配牌も良かったのだろう、第2位の結果だった。

当然卓は全自動で楽ちんだったし、酔っぱらっての久しぶりの麻雀、楽しかったなー!
今度ご一緒にいかがですか?






  1. 2015/12/20(日) 17:32:24|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘年会シーズン2015

今夜はこれから今季四つ目の忘年会。今後決まっているのはあと三つ。
急に発生するものがあるとしても、プラス一、二回か。

世間の狭い私でこれくらいということは、顔が広く大活躍中の方は十数回とかあるかもしれませんね。
一晩に二ヵ所三ヵ所掛け持ちの日もあったりして。

私は今くらいでちょうどいいかな。
少なくてもさびしいし、といってこれ以上だと体がきつい齢になった。

四十代の時と比べ飲み会が激減している分、この固め打ちシーズンの飲み代(しろ)くらいは大丈夫だ。
が、きついのは体の方だ。

二次会を失敬することもある。が、明日の仕事や生活を考えればやむを得ない。
無理はしないことだ。

老婆心(老爺心?)から申し上げます。
若い皆さんも若いといってくれぐれも羽目を外し過ぎませんように。
それが重なると将来体に現れてくるんですね。




それにしてもおとといの忘年会、左沢(あてらざわ)のお店のお世話になったが、料理が素晴らしかった。
また利用したい。

CIMG0278.jpg 鴨鍋


わずか十数分乗車した左沢線も嬉しく、鉄男とか小さな男の子みたいに先頭の窓の前に立ちっぱなしだった。




  1. 2015/12/19(土) 17:11:25|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初雪2015

「おれ様地方気象台」は今朝、初雪を観測した。


CIMG0283.jpg


とは言っても、地面には全く積もっておらず、屋根屋根にうっすらと見えるだけ。
この冬は本当に助かる。




  1. 2015/12/18(金) 09:35:09|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマホ料金2015.12

「またその話か」という方もいらっしゃるかな。

これまで色々書いたっけ。ええと・・・
「大の大人がしょっちゅういじってる姿、おかしくないか」とか、「一億総スマホ中毒」とか、
「いい若い者二人が焼肉屋で語り合いもせずにそれぞれ下を向いてスマホをいじり続けている」とか、

色々書いたが、しかしそのスマホというもののメリットを顧みずに批判ばかりするわけではない。
スマホを持たない私が知らない、素晴らしい使い方がきっとあるのだろう。
現に、滅多に使わないが、月数百円でタブレットを使っているから、スマホの便利さをうっすら窺い知ることはできる。

酒は美味いし社交のいい道具にもなる。が、飲み過ぎれば体に良くないし、飲んで運転すれば犯罪だ。
ご飯を食べないと死ぬが、食い過ぎたり偏ったりしてもこれまた体に良くない。
スマホの功罪もそんなところか。

ではなぜまた書くのか。
功罪は多くのものに付きまとう不可抗力としても、その一般的料金に相変わらず納得がいかないからだ。

総理大臣の発言が発端となり、携帯料金の見直しの動きが始まっている。
これは当然と思う。遅過ぎたくらいだ。

現在の我が国の世帯の内、可処分所得のボリュームゾーンはどの辺か。
例えば400万円あたりはどうか。強引にそう仮定してみよう。

固定電話やインターネット環境、モバイルルーターといった通信費はとりあえず除外し、
夫婦と未就労の子供が二人という家族の、スマホ4台使用という状況を想像してみよう。

料金は夫婦合計で月15,000円、子供二人で20,000円としてみようか。
この設定が不自然であればご指摘下さい。

ひと家族が月に35,000円、年に42万円だ。可処分所得の1割を超える。
昔、この支出は全く無かった。

20年前、携帯電話が爆発的に普及し始めた頃は、職業人が持つのみで、年寄りや主婦、子供たちが持つことはなかった。
パケ通信もあまりしなかった頃は月に5千円くらいだったのではないか。年間で6万円だ。

そして注目しなければならないのは、その頃のその6万円分の通信というのは、生産(仕事・稼ぎ)に直結する割合が大きかった。
だから現在とのその差額36万円は、「非生産分(単なる消費)」の割合が多い筈だ。
大方が昔無くて済んでいた「プレジャー」に費されている。

大事な大事な、夫婦が汗と涙で稼いだ可処分所得の1割が吸われていく。
その結果、人の一生に不可欠な、貯蓄、保険、食費、家族旅行や外食、教育費、光熱水道費など、あらゆる支出の一割を絞らざるを得なくなる。
これはすごいことだ。

スマホでのゲーム、動画、各種SNSなど、昔+アルファのプレジャーは、その対価に見合う価値があるのだろうか。
以前はあらゆる先に振り向けられ、自分と社会を潤していた36万円が、携帯キャリアのみに吸い込まれていく。

また、高額な料金が一部のユーザーにしか還元されない仕組みも問題視されている。
(キャリア乗り換えキャッシュバックや端末ゼロ円販売)
おかしい。私はやはり納得がいかない。

昔、子供の小遣いは総額で月数千円だった。
国民の多くがあまり疑いを持たずにこの「痛い」、巨額の支出を黙々と支払い続けている現況は、どうしても正常と思えないのである。

あなたはいかがですか?







  1. 2015/12/16(水) 17:27:12|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問演奏2015.12

わが団は昨夕、山形市北郊にある福祉施設「いきいきの郷」さんへ訪問演奏に伺った。
今回の出席は全団員中13名。

あと数人、なんとかならないものか。あなたもいかがですか?気軽に吹奏楽を楽しめるバンドです。
コンクールには出ないので、時間その他色んなことを犠牲にし、歯を食いしばって練習する必要もないし、
腕前に自信が無いと交ざれないのでは?という不安も要りません。

私など20数年のブランクを顧みず、リハビリ状態から入団したのですから。
事実、ユーフォのくせに初めのニ、三年は「ヘ音」が読めなかったくらいです。

ま、それはともかく、曲指定アンコールまで頂き、楽しく演奏させて頂いた。
入所者、ご家族、職員の方々に感謝します。

また、演奏会の必需品「譜面隠し」だが、従来のものが都合で使えず、
急遽、使い捨てに近い試作品ではあるが私が作らせて頂くことになった。


CIMG0275.jpg


みんな何とか使ってくれたが、頑張って作ったものの紙の強度不足で機能的に不出来であった。
時間の関係で選択肢がなく、台紙は白だしロゴマークももう少し大きい方が良かった。
しかし今回の経験で、印刷屋さんに本物を注文する時には的確に仕様の希望を伝えられそう。





  1. 2015/12/13(日) 19:45:43|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妄想2015

CIMG0274.jpg


数年ぶりに宝くじを買った。売場では「御護符」までくれた。
年末ジャンボとジャンボミニを10本ずつ。どちらもバラくじだ。

購入総額は6千円。妻と娘と2千円ずつ出し合い、当ったら等分配という計画。
うっ! 倹しい。侘しい。

が、しかし・・・

大当りはともかく、小当りくらいはそろそろ出る筈だ。なぜって、これまでさっぱり当てっていないからだ。
殊に一等7千万円の「ミニ」は当たるような気がする。

いやいや、二等三等が100万円だか10万円だか知らないが、それくらいは当たるような気がする。
いやいやいやいや、7千万円だってひょっとすると・・・

バラくじだから「ジャンボ」の方は10億円の可能性は無く、最大で7億円だ。
使い方もわからない7億など握りっぱなしだと、早晩自分も家族も狂うだろうから、ここは5~6億は寄付だろう。

それでも7千万とか1億とか持てば、きっと自分は寡黙になってブログなど書かなくなり、いや、あるいは逆にはしゃぐかな。
しかし仕事は続けると思う。

あるいは会社の支払い決済にその金をつぎ込み、売れる以上に夢のような仕入れを始めるかな。
お客様を驚かせ喜ばせたくて。

生来貧乏性なのでギャンブルは相変わらずしないと思う。
が、いつもよりちょっといいくらいの車を欲しくなったりするかもしれない。

少しだけ休みを増やして旅行回数を増やす。これはありそう。
家の食費・生活費をひと月当り2万円も増やせば、妻はもっといい肉や高い魚を買ってきてくれるかもしれない。

うっ! 倹しい。妄想も倹しさから逃れられない。

皆さんは買いましたか?ご一緒に妄想を楽しみましょう。





  1. 2015/12/12(土) 22:44:59|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発電2015.12

長い鼻風邪がようやく治りかけ、ニ、三日前からウオーキングを再開。半月は休んだか。
2011年初め頃から始めた習慣だが、こんなに休んだのは初めてだ。

さて、12月も今日から中旬というのに寒河江にはまだ初雪が降っていない。
山形地方気象台は先月下旬に「初雪を観測した」と発表しているが、「おれ様気象台」はまだだ。

妙に遅いが、きつい除雪をまだしないで済むのはとても助かる。
そしてもう一ついいことが。太陽光発電だ。これが今月のグラフ。↓


CIMG0270.jpg


春夏と比べれば微々たるものだが、それでも健気に発電している。


CIMG0271.jpg


因みに上が昨年同月。惨憺たる有様だ。ゼロに近い。
昨年は雪が早く、11月下旬から雪が発電モジュールを覆ってしまったのだった。

ま、早い遅いの違いはあるが、いずれモジュールの沈黙する季節がやってくる。
あとは春までひたすら薪ストーブで節電に励む。








  1. 2015/12/11(金) 10:13:27|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お出掛け2015

今日は師走の8日。開戦記念日ですね。
年賀状書きもカレンダーのお渡しも未完ですが、今年一年を振り返る時期となりました。

今年の主なお出掛けの記憶を。単なる小ドライヴや東京仕事出張等は除く。

一月、秋保温泉一泊。
二月、KISSに逢いにグランディ21。
四月、ポールに逢いにTOKYOドーム。車中泊。
五月、秋田矢島ツー、神奈川。
七月、鶴岡湯田川温泉一泊、新潟一泊単独ツー。
八月、北海道第四次遠征。(道北)
九月、演劇を見にイズミティ、長野一泊ツー。
十月、奈良・和歌山(高野山など)、盛岡。
十一月、高尾山、神奈川。

あと何か抜けてないかな?
並べてみると、今年は例年よりもお出掛けが多かったような。
健康と無事故を神仏に感謝します。
皆さんはこの一年、どれくらいお出掛けしましたか?





  1. 2015/12/08(火) 21:21:49|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漢字の勉強

ひざまずく。
↑漢字で書けますか?

跪く なんですね。
「立ったままでは危ない危ない。膝を付こう」なんて覚えればいいのかな。

私はダメでした。「足扁」に「質」だったかな?なんて考えてました。
(後記:そりゃ「つまずく」だ)

さて問題です。
「うずくまる」
書けますか?

















蹲る
なんですね。全く知らなかった。
この字はどうやって覚えればいいんだろう。

この国に生まれ、56年生きてこの有様。
いや、のびしろがたっぷりあるということで。





  1. 2015/12/07(月) 20:33:21|
  2. 山森小辞海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お悔み2015.12

「火に逢うて、水に逢うて、刃(やいば)に逢うて、病に逢うて」
「今日とも知れず、明日とも知れず、我や先、人や先」

幼い頃から聞き馴染んだ檀那寺前住職の説教を思い出す。

今月一日、妻の友人が旅立たれた。享年57歳。

妻は新幹線で埼玉の通夜会場へ向かった。
十日あまり前、東京・神奈川の帰り道に病院に寄り、妻が遠く離れた彼女を見舞うことができたのは、まさに神仏のお取計らいという他ない。

ご冥福をお祈り申し上げる。
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。






  1. 2015/12/04(金) 21:37:06|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミラ9万km

新車購入から今月でちょうど満8年となった愛車、ダイハツミラのオドが9万kmを越した。

CIMG0264.jpg

車にはいつも長く乗るという方には笑われるかもしれないが、ミラは我が家の車ごとの走行距離記録を更新し続けている。
これに続くナンバー2の記録は、8年ほど前に手放したレガシィランカスターの約7万kmだったか。
ただしレガシイには9年ちょっと乗ったと思う。

CIMG0266.jpg

この車では様々な思い出が出来た。
妻が追突されたこともあったし、軽で東京往復が楽に出来ることを実証してくれた初めての車でもある。
小さくても、家建替え時や、長女のアパート引越しなどではなかなかの積載能力を発揮してくれた。

CIMG0268.jpg

これだけ乗れば外は細かい傷だらけだし、ドアやエンジンにも少々ガタが来ている。
プレーヤーもCDの出し入れができなくなってしまった。が、乗るには全く問題ない。

これまでに10数台の車に乗ってきたが、多分最も気に入っているので走行距離最長となったのだろう。
まだまだ乗るつもり。目先の目標は我が家未踏の10万km。その次は10年乗りだろう。

とにかく「いい車」だったレガシイは燃費と維持費の点で、
画期的低燃費のミライースはドライヴィングプレジャーと装備の点で、ミラには遥かに及ばなかった。

また、もう一台の愛車、スズキスイフトRS(5MT・FF)は購入満二年、2万kmを越した。
MTやクルコンがとにかく気に入っているので、こちらも長くなりそうだ。






  1. 2015/12/04(金) 10:15:50|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世の為人の為

人はその生業を通して世の為人の為に生きている。
「いや、おれは食うため生きるためにやむを得ず働いているだけだ」という人もいるかもしれない。

が、そうは言っても結果的にそれは「世の為人の為」になっているのだ。
だから現役中の全ての方々は世の為人の為に生きていると私は思う。
いやいや現役人ばかりでなく、お年寄りは子や孫のために、専業主婦は家庭のために、相当な役に立っているのだ。

その考え方で行けば「士農工商」と最下位身分の呉服屋も、持てる力を総動員してお客様の様々なご要望にお応えしているわけだから、些かでもお役に立てているのかもしれない。
そう思えば自分も生きている甲斐があるというものだ。



ところで・・・
当店のお客様の中には現役を終えられ、職業という束縛から自由になりながら、70歳、80歳になっても、
日々体と頭と時間と、時にはお金も使って、精力的に世の為人の為に動いておられるがたくさんいらっしゃる。
ただただ尊敬申し上げている。

そういう素晴らしいお客様のお一人にある日、
「私は仕事と家庭以外の時間は、ラッパを吹いたりバイクに乗ったり、本を読んだり史跡巡りをしたり、好きな事ばかりして暮らしています。余暇に人様のためになる事はほとんど何もしていません。反省し、あなた様の爪の垢を頂いた方がいいようです」

そう申し上げるとその方は
「あなた、楽団であちこちに行って演奏してるでしょ。聴いている人の為になっているのよ」
「バイクでどこかに行ったことや、本や史跡で学んだことを人に話すでしょ。聴いた人はそれを楽しんでいるかもよ」
「人の為というなら、そういうので十分なのよ」

ものすごくポジティヴなお考えである。でもそうか。そう考えればいいんだ。
人並み以上の世の為人の為の行為なんて、人並み優れていない自分にはそもそも出来っこない。
凡人は凡人なりの貢献でいいんだ。そう考えるとすごく楽になってくる。




それでいいのかな・・・
いや、そう考えよう。






  1. 2015/12/02(水) 22:35:07|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここの歴史