呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

うきたむ風土記の丘

温故知新病か。
今日の定休日、向かったのは高畠町「うきたむ風土記の丘考古資料館」。

CIMG0384.jpg

CIMG0385.jpg

初訪問だ。
縄文と弥生中心の資料が展示されていた。
先週の衝撃的な「地底の森」と比べ地味目の資料館だったが、それでも初めて知り得たことは少なくなく、
その結果、南陽市梨郷(りんごう)や川西町下小松の古墳群など、またまた行きたい所が増えてしまった。

館の前には阿久津古墳(復元)があり、

CIMG0396.jpg

数分歩けば阿久津八幡があり、

CIMG0387.jpg

更にその隣の郷土資料館は

CIMG0390 - コピー

残念ながら休館中だったが、またまた休日の数時間を楽しむことができた。
ここは寒河江から50kmちょっと。高速を使わずとも一時間強で行ける。


さて、「うきたむ」。今日訪れた資料館の聞き慣れない名前。
場所柄、山形県民なら想像がつくかもしれませんね。私もうっすら予想しながら訪れましたが当りでした。
以下、資料館のパンフレットから。

「うきたむ」とは・・・
現在我々が「おきたま」とか「おいたま」と呼んでいる置賜(米沢を中心都市とする山形県南部の地方)のルーツを探ると、
「日本書紀」(持統天皇3年:西暦689年編纂)に書かれている「陸奥国優嗜曇郡」にたどりつきます。
「優嗜曇」をなんと読むか。「うきたむ」とする説をアイヌ語に求めることができます。



ということなのだが、
残念ながらアイヌ語辞典を調べても「UKITAMU」はない。固有名詞(地名)か。
また、「優嗜曇」を私は「ゆうしどん」としか読めない。話にならない。
誰かに教えてもらわないと。




  1. 2016/02/28(日) 21:36:09|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地底の森ミュージアム

定休日のきのう、仙台市長町にある遺跡に行ってきた。
昨年その存在を知った時から機会を窺っていた所である。


CIMG0357.jpg

CIMG0359.jpg


いつもは精々千数百年こっちのことばかり見聞きしているが、今日はいきなり2万年前にぶっ飛んだ。
旧石器時代である。


CIMG0360.jpg

CIMG0361.jpg


これはすごい。半日あれば楽勝で往復できるところにこんな場所があるなんて。
本当に地底にあり、2万年前の仙台平野の地表を見ることができた。

興味深い展示物もあり、非日常的でエキサイティングな大空間。
まだの方には是非一度訪問をお勧めします。





  1. 2016/02/21(日) 21:13:20|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

ここの歴史