呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

歴史備忘録(出羽国成立)

出羽国。皆様ご存知の通り、ほぼ現在の山形県と秋田県を合わせた地と覚えて間違いない。

大和朝廷は越(こし:現在の新潟県)から先の日本海側に支配地を拡大するため、現山形県庄内地方に出羽郡を置いた。
それが和銅8年(西暦708年)だ。

ついで和銅5年、陸奥国(現福島県・宮城県・岩手県・青森県)から、
今の山形県の最上(裳上)地方と置賜(うきたむ)地方を出羽国に割いて持ってきて出羽国が成立した。
今から1300年以上前のこととなる。

当時の出羽の原住民(異民族ではない。出羽に住んでいた民。朝廷は蝦夷《えみし》と蔑称した)は様々だったろう。

1.朝廷に恭順し、平穏に暮らし続けた者。
2.恭順どころではなく、朝廷に取入って階位を得た者。(これは蝦夷の中でも身分の高い者だけだろうが)
3.朝廷に強い不満を持っているものの、やむを得ずそれを押し殺して従った者。
4.阿弖流為(アテルイ)のようにはっきりと朝廷に抗った者。

だが、朝廷の東北への版図拡大は大局的に見て「辛うじて」、「なんとか」うまく行ったから今日に繋がっているのだろう。
阿弖流為の乱、安倍氏の乱(前九年後三年の役)、平泉藤原の悲劇、直近では会津・庄内藩の西南戦争。



出羽国成立のタイミングだけ書こうと思っていたのだが、少々筆が滑ってしまった。
山形県寒河江市生まれの私と、数百年はここに根付いていると思われるわが一門。

でもその前は・・・
どこから来たのかわからない。

朝廷は自分から見た「辺境」に、人民をどんどん入植させたからだ。
東北に生まれたから必ず当時の蝦夷の末裔とは限らない。

でも・・・
我々はこの出羽国に暮らしている。
何度も何度も朝廷に、幕府に、明治政府に負け、大震災にやられ。
それでも絶えることなくこの大地に暮らしている。

もっと遡れば、出羽国成立当時の蝦夷だって、更に昔はどこから来たのかはわからない。
だから・・・
「東北に住んでいる者」がいつの時代も本物の「蝦夷(えみし)」の定義なのではないかと思う。
だから・・・
我々は決して何事にも屈しない、誇り高い土地に暮らす「蝦夷」なのではないか。



あー、益々筆が滑ってしまった。







  1. 2016/03/24(木) 22:08:23|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城輪柵(きのわのさく)跡

きのうの定休日。史跡巡り三週連続。
酒田市西北郊にある、城輪柵を初めて訪れた。寒河江から100Kmほどあった。


CIMG0402.jpg


ここも以前から行きたかったところだ。
車やバイクで何度もそばを通りながら、今頃の初訪問となった。

CIMG0413.jpg


平安時代の出羽国府跡とみられている。国府。すべては朝廷から見た言葉である。
ここは当時の朝廷にとって、太平洋側の多賀城と並び、東北日本海側の重要なベースだったことだろう。

一説には、出羽(今の秋田・山形県)の蝦夷(えみし:当時の東北地方住民の、中央から見た蔑称。アイヌといった異民族のことではない)は、陸奥北部(今の岩手・青森県)の蝦夷よりも早く平定されたとか。

今の山形県飽海郡の「蝦夷」たちは、立派な国府を「ふーん」などといいながら、あまり苦にもせず見ていたのではないか。
開府は阿倍比羅夫(あべのひらふ)探検のどれくらい後のことなのか。興味は尽きない。



これで東北の国府は、秋田県の払田柵(ほったのさく)、多賀城に次いで、三ヵ所目の見学となった。
あとは岩手・宮城の伊治(これはり)城、桃生(ものう)城、胆沢城、紫波城、そして新潟県の淳足柵(ぬたりのき)。
この辺をじっくり訪れたい。


CIMG0420.jpg

城輪柵はこんな所にある。
日々鳥海山を眺め、朝廷から遣わされた役人たちはどんな気持ちだったか。




付き合ってくれた妻は帰宅後言った。
「はっきり言って、今日にしろ先週にしろ、あとから造られた(復元された)ものを見てもあまり感動は無い」

Oh! my God! Oh! my God!

それは当然だろう。
復元されているものを見るのではなく、別のものを感じ、想像を巡らすのが史跡見学というものだ。







  1. 2016/03/07(月) 20:53:45|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここの歴史