呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

GW休・営業日おしらせ

10連休の方も、「GWなんて関係無いよ」という方もいらっしゃるでしょうが、とりあえず明日から日本はGWですね。
どうぞ皆様、楽しく安全にお過ごし下さい。

さて、弊店のGW中の休・営業日(予定)をおしらせします。

4月29日(金)  土・祝営業(10:00~16:00)
  30日(土)    〃
5月1日(日)   定休日
  2日(月)   土・祝営業(10:00~16:00)
  3~5日(火~木) 臨時休業
  6日(金)   通常営業(9:30~17:30)
  7日(土)   土・祝営業(10:00~16:00)
  8日(日)   定休日

以上です。どうぞよろしくお願い申し上げます。


店ロゴ(小)





  1. 2016/04/28(木) 16:57:40|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パワーアップ!山森カード

img096.jpg


2010年(平成22年)に誕生し、ご好評を頂いております弊店のポイントカード。
今月からサービス率を上げました。
(これまでは「3万円のお買上で600円の商品券」でした)

精々ご利用下さいませ。尚、従来のカードはこれまでと全く同じに扱わせて頂きます。



上記以外の新旧の違い
①従来は税別1,000円お買上げ毎にひとマス押印だったのが、新カードでは税別500円毎ひとマス押印です。

③表(おもて)面は従来カードと同じ写真を拡大して使いました。
 パッと見、何の写真なのか気付かないお客様が大勢いらっしゃるのもまた楽しいんです。




  1. 2016/04/27(水) 14:05:31|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンバレ熊本

毎日ショウウインドウでお客様をお迎えしている当店のマスコットたちが


CIMG0530.jpg


今朝から幟を持った。
ガンバレ熊本。





  1. 2016/04/26(火) 09:44:38|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花の季節

桜は散ってしまったが、庭の端っこのチューリップが咲き誇り始めた。

CIMG0524.jpg

手前(左)のひと塊は以前親が植えていたもので、その奥(中央)のひと塊と、
塀際のポツリポツリが昨秋に我々夫婦が植えたもの。
自分が植えたものは殊更かわいい。

40代までは親がこれでもかと植えまくる草木を、親と喧嘩しながら伐りまくり抜きまくっていた私。
50代に入ると気が付けば親の後を追っている。年齢とはすごいものだ。

そういえば昨日の定休日に妻と山形市の園芸専門店に行ったら、寒河江の友人夫妻とばったり会った。
みんな同じなんだ。(そのご夫妻は我々よりずっと若いのだが)

CIMG0527.jpg

店の真ん前の歩道のハナミズキもきれいに咲いた。向かい側は白。
いい季節だ。






  1. 2016/04/25(月) 17:13:25|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文明開化2016.4

CIMG0519.jpg

CIMG0523.jpg


愛馬CBのコックピット。ずっと考えていた改良を今日やっと施した。

CIMG0520.jpg

まずは丸印のあたりにぶらぶら置いていた電源ソケットを、ブレーキフルードの上に固定した。
これでソケットで隠れがちだったメーター下の(写真では見えづらいが)右ターンランプがよく見えるようになった。
右ウインカーの消し忘れが防げる。

次、

CIMG0521.jpg   CIMG0522.jpg

カーナビケース横に穴を開け、ナビのイヤホンジャックにミニプラグを挿し、
役立たずインカムの名残り、ヘルメット内のスピーカーから垂れているプラグにメスを接続。

走行中に音声案内をはっきり聞けるようになった。

オスメスのミニジャックコード、実はオーディオファンだった昔使っていたものの一つ。
買わずに済んだ。

バイク乗りならご存知の通り、バイク搭載ナビは日光のせいで実に見づらいもの。
はっきり見えるのは夜かトンネルの中くらい。

これで見づらいナビゲーションを音声案内で補うことができる。
ブルートゥ―スでもないローテク有線ではあるが、自分にとっては文明開化である。

シーズン到来。今年は更に快適に走れるかな。




  1. 2016/04/22(金) 22:20:47|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

与える

「観客に感動を与えるプレーをしたい」

といった類の言葉をよく聞きますよね。主にスポーツ界などでプロ・アマを問わず。
皆さんは気になりませんか?

私は聞く度に苦になります。
「与える」?
犬猫に「餌を与える」みたいな「上から目線」を感じてしまいます。
(おっと!「目線」は自分は禁句だったっけ)

ここは「見て下さる方々に感動して頂けるプレーをしたい」ではないかなあ。





  1. 2016/04/22(金) 20:14:56|
  2. 気になる日本語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人口減少2016.4

img093.jpg 20130621114636d15 - コピー


今回の減り方が甚だしいので驚き、とりあえずこのカテで最も古い統計と比べてみた。
増減率(概数)↓ 左:人口  右:世帯数

寒河江地区    ±0%     +5.6%
南部地区    -4.9%    +1.2%
西根地区    +1.3%    +9.1%
柴橋地区    -4.8%    +0.6%
高松地区    -10%     -1.5%
醍醐地区    -5.4%    +0.6%
白岩地区    -8.2%    +2.9%    
三泉地区    -6.1%    -0.2%

市全体     -2.8%    +3.8%



四月に社会増があるかもしれないから、期末と5月の統計ではなく、
同じ月同士を比べるのが本当だろうが、それにしても案の定減った。
5年足らずで100人から97人になった勘定だ。-1210人!厳しい。

やはり郡部の減りが大きい。そしてご覧の通り世帯数は増。
10年、20年後、現在日本中にある無数の限界集落は廃村となり、
わが市は、いやわが国の地方という地方は空き家だらけになるのだろうか。

その光景をこの目で見る日が来るかもしれない。


           
  1. 2016/04/21(木) 17:28:41|
  2. 市の人口
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特撰呉服処分品(販売済)

CIMG0511.jpg


訪問着、絵羽小紋、染つむぎ、何とでも言えそうな仮絵羽(販売状態)の高級呉服です。
衽(おくみ)・上前身頃(うわまえみごろ)に近づいてみましょうか。↓

CIMG0514.jpg


絵羽模様であり、染物ではありますが、素材が紬なので正式なお茶席には軽い(格が)いもしれません。
そうですね・・・
「やや軽目の訪問着」とか、「立派なおしゃれ着・外出着」と考えて頂くといいかと思います。

これを ↓

CIMG0516.jpg

只今このようにいじめております。もちろん巨額赤字販売です。
が、そろそろ見ているのが辛くなってきたんです。

最下段の金額は、
①折消し・ガード加工(仕立前加工)
②国産14付胴裏地(国産:絹100%)
③仕立代(地元和裁師手縫い)
④消費税(8%)
など、一切が含まれた価格です。

安心して下さい。↓

CIMG0515.jpg

立派な専用八掛(はっかけ:絹の裏地)も付いています。
どなたか、拾って下さい。

CIMG0517.jpg




4月27日、本品は販売済となりました。お買上げ頂き、誠にありがとうございました。




  1. 2016/04/20(水) 14:55:16|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶喪失

CIMG0509.jpg


先日、娘の偉業達成のご褒美に行ったレストランで、帰り際に頂いてきたサービス券。
「マリアージュ」ってなんだっけ?
調べると

マリアージュ
① 結婚。結婚式。結婚生活。
② 組み合わせ。特にフランス料理などで,料理とワインの組み合わせや,その相性がよい場合に用いられる。
大辞林 第三版


そうか。この場合は②だろう。英語とほぼ同じなのにわからないとは。
とはいえ、「結婚」まではわかったとしても「組合せ」までは絶対頭に浮かばない。

そしてもう一つ。サービス券に添えられていたお品書き。

CIMG0510 - コピー


たまたま読むことだけはできた。今は無き銀座プランタンのお蔭だ。
で、「プランタン」ってなんだっけ?
また調べる。

プランタン

デジタル大辞泉


ははー!春かい!



誠にお恥かしい話だが正直に書く。学生時代、第二外国語に仏語を選んでいたのだ。
あれから30数年。無残という他ない。




  1. 2016/04/19(火) 19:09:09|
  2. 山森小辞海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊本地震 御見舞

CIMG0499 - コピー


熊本県で震度6弱 津波なし
熊本で震度6強 阪神大震災級
熊本地震で8人死亡 計17人に
阿蘇山 小規模な噴火が発生
阿蘇大橋が崩落 全長約200m
学生寮が倒壊 11人生き埋めか
南阿蘇村 温泉施設で50人孤立
熊本空港閉鎖 16日は全便欠航


ネットニュース一覧は全てが熊本地震となった。
新聞の大見出しの通り、今も強い地震が続いている。

他、九州新幹線、高速道路、JR豊肥本線、被害を受けみな不通だ。
我が国にとり、東日本大震災以来の大災害だ。

これほど短いインターバルで無数の大地震がしつこく続くのは経験も見聞したことも無い。
熊本・大分の人々の恐怖と心労、避難生活の苦労は如何ばかりか。

必要な生活物資は手に入るのか。5年前の我々の記憶がまざまざと甦る。

被災された方々、怪我を負われた方々に心からお見舞い申し上げ、
亡くなられた方々のご冥福を祈り、ご遺族の方々には謹んでお悔やみ申し上げます。





ところで、熊本市中央区には学生時代からの友人の家がある。
東京に単身赴任中の彼は、14日(木)夜の震度7の前震を受け、翌15日午前の飛行機で急遽帰省した。

早く帰ってよかった。
翌日には熊本空港は本震等でターミナルビルが被害を受け、完全閉鎖・全便欠航となったから。

幸いその時点ではご家族と家は無事だった様子。
だが16日未明の本震をはじめ、その後も打ち続いている余震の影響はどうか。

熊本は宅配便も集配受付休止。
何一つできない私はその後彼への連絡を躊躇っている。

ご家族・ご自宅と共に、彼の無事を祈るのみ。




  1. 2016/04/17(日) 10:29:10|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bottakurarer

まずは事実の羅列から。

①去る3月1日、携帯電話ショップに行って、パソコン通信専用のWi-Fiルータを解約した。

②その日は二年縛り違約金の要らなくなる日にして端末割賦金残高もゼロになる日。
③そのルータは毎月3500いくらの料金だった。

④WEBで3月請求(2月利用分)額を確認すると、いつもより千円くらい高い4千いくらという金額になっていた。
  それは「端末割賦」は終ったが「24カ月端末代金サポート割引」も終了したため、プラスマイナスでそうなったと納得した。

⑤最近4月請求(3月利用分)額をWEB上で確認してみると、なんと6100いくらという金額になっていた。

ぶったまげてショップに電話してみると、

ショップ「はい、3月ご利用分は全ての割引が消滅してそういうご請求額になるんですよ」
おれ「ははあ、わかりました。ということは3月1日解約でも、つまりたった一日の利用でも丸々ひと月分の請求になるんですか?」

ショップ「はい。申し訳ございませんが、日割り計算ではないんです」
おれ「ははあ。そうですか。で、請求が完全にゼロになるのは5月請求(4月利用分)からなんですね?」

ショップ「その通りです」
おれ「よくわかりました。ありがとうございました」




  1. 2016/04/15(金) 21:23:54|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

驚天動地

或る人がこの度、突如或る音楽教室に入講した。





  1. 2016/04/14(木) 19:24:51|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呉服の方の話

というタイトルを画面で見た時、
あなたはタイトルや「本文を読む」、「続きを読む」をタップしたりクリックしたりするだろうか。




わが業界は30数年も前から右肩下がりだ。
が、細々と生き残り数少なくなった呉服屋なればこそ、日々ご用命・ご相談を携えたお客様がお越し下さる。
だからこそこうやって生きていられるわけだ。

「なぜ呉服屋のおやじが呉服・和装のことを頻繁に書かないのか?」
このブログを相当期間ご覧下さり、そう思われる方々がきっと少なからずいらっしゃると思う。

そう、このところそっち方面のことを多くは書かなくなった。
「啓蒙すれば(おこがましい言い方だが)、宣伝すれば、安ければ売れる」商売・時代ではないのである。
ではなぜ呉服屋をやっているのかというと簡単だ。好きだから。

実は呉服・和装に関しては、日々お客様たちとの話題やお取引やドラマが発生している。
そっちのブログネタには実は事欠かいていないのだ。
が、よくよくのことが無い限り、書いてもしょうがないと思うようになった。

「今日は○○をお買上頂きました」
「△△様、ありがとうございました」

そんなことはお客様のプライバシーにかかわることもあって書けないし、書きたくない。
憚りながら私は経歴36年目の呉服・和装のプロだし、店は小さいが創業105年目を迎えさせて頂いている。
呉服・和装について言いたいこと書きたいことが無かろうはずがない。

だが、だからこそ貧しい文章表現では深く広い呉服・和装のことを書き尽くすのは容易ではない。
また、どんなに懇切丁寧にご説明申し上げても、
こちらが望むご理解を、すべてのお客様にして頂く事は相当難しい事に気付いている。




いかに言いたいこと書きたいことがたくさんあっても、様々な理由でそれは自粛すべき。
故に今後も当分、ここはエンタテインメント中心で行きます。
皆様、ここ(ブログ)はこれで、なかなか辛い世界なのですよ。










  1. 2016/04/12(火) 20:21:23|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホンダCity

City.jpg


懐かしい30数年前のクルマである。
1200cc、4気筒、SOHCの、当時衝撃的な背の高さの車だった。

背が低い=カッコいい という認識が普通だった当時、この車の背の高さは異例だった。
その後CityターボやCityターボⅡ(ブルドッグ)なども出、大ヒットとなった。

が、フルモデルチェンジした2代目はなんとしたこと、
初代の画期的なコンセプトをかなぐり捨てて、極端に背の低いクルマとなった。
この辺がホンダの謎の部分である。

ボンネットも当然ペタンコとなり、ホンダはそれを実現するためにフロントサスペンションストロークを切り詰めたと聞く。
その結果、二代目Cityは危険な車になってしまったそうだ。

そしてユーザーにそっぽを向かれ、Cityは見る影も無く売れなくなってしまった。

迷える(多分)ホンダは遂に意欲車Cityを引っ込め、「ロゴ」なる地味なクルマを後継として出した。
ロゴはあまり売れず、寿命も短かった。そういえば「デザイン不在」でもあったな。

で、ロゴの後継として皆様ご存知「フィット」が誕生した。
フィットは「コンパクト」、「低燃費」、「優れたスペースユーティリティ―」というはっきりしたコンセプトが功を奏し、売れた。
今は3代目である。



話が長くなったが、ホンダが「New City」を出したらヒットするのではないか、と妄想するのである。

無駄なほど室内空間が大きい軽自動車が数多く存在する中、
常には二人乗りと割り切り、2200mm(City)の超ショートホイールベースでコンパクトを守り、
現代の3気筒1000ccターボエンジンを載せ(Cityはベースモデルは1200ccのNA)、

110馬力も出してJC08で26km/ℓ も走り、現代の安全性を持たせ、
得意のガソリンタンクをフロントシート下に置く手法で、
リヤシートバックを倒すと昔のCityとは比べ物にならない広大な荷室になり・・・

売れないかなあ。





  1. 2016/04/08(金) 21:32:25|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あのころ(前編)

CIMG0462.jpg


先日のこと。
以前、ある学校のマーチングバンドのご指導をなさっていた先生が、ひょっこりとご来店下さった。

思いがけないことだった。
わが子らがお世話になった学校のマーチングバンドの歴代の先生方なら、
「ありゃー!先生。お久しぶりです」なのだが、お越し下ったのは他校の先生だったのだ。

「お久しぶりです。山森さんから長らくお借りしっぱなしだったビデオテープをお返しに伺いました。
ずっと気にしていたのですが、今頃になり大変申し訳ありません。念のためにDVDも作ってきました」
ご丁寧に菓子折まで添えられて。

お顔を見てすぐにどなただか判った。びっくりと懐かしいのと嬉しいのと、あまりの律義さに感動したのと。

14年前製作のテープ。
色々記憶を辿れば、間違いなく10年以上前にお貸ししたと考えられるが、その記憶は全くない。
でもお貸ししたのだろう。私よりずっと若い先生に誤りのあろうはずがない。

きっと宴席か何かで、「先生見なはれ見なはれ。お貸しします」とでも言って、
迷惑を省みず強引にお貸ししたとしか考えられない。誠に申し訳ないことだった。

しばらくマーチング関係の四方山話などさせて頂き、厚く御礼を申し上げ、先生はお帰りになった。

(後編につづく)




  1. 2016/04/07(木) 19:30:38|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決算市御礼

先週末に催させて頂きました決算市には、
賑々しいご来店と多大なご用命を頂戴し、心から感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。

今後も更にお客様のお役に立つ、お喜び頂ける店を目指して精進致す所存です。
是非とものご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

店主


店ロゴ(小)





  1. 2016/04/06(水) 09:55:39|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Never forget

きのう、大震災後一度も行っていなかった仙台空港以南の沿岸を松川浦(相馬)まで走った。
ほぼ復旧したところ、復旧復興の真っ最中のところはもちろんあった。

あれから5年。
しかし被災地は滅茶苦茶に破壊されたままの所がまだまだ少なくなかった。

海沿いの県道はあちこち寸断されたまま。
土壌改良中なのだろうか、作付にはほど遠い状態の圃場だったと思われるところ。
再建途中のJR常磐線。
破壊されたまま放置されている建物。
大量に積み上げられている瓦礫。

震災直後はどんな惨状だったろう。


たしか山元町内だったろうか。車を止め、降りずにおれないところがあった。


CIMG0459.jpg


海(左)側が激しく破壊された校舎と、校庭に立つ黄色い布のマスト。


CIMG0460.jpg


そしてそのそばの慰霊塔。当時ここで何があったのか。
もちろん脱帽し、合掌せずにはおれなかった。

被災者でない我々「被災地の隣の者」がせめてできること。
忘れないこと。





  1. 2016/04/05(火) 21:28:41|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロック・チェック

年度替りの気分一新にもなるし、開催中の売出しにも些か貢献できるし、思い切って甲州印伝を二つ買った。


CIMG0451.jpg CIMG0452.jpg


ラウンドファスナー式束入れは№2317。20,520円。
ショルダーは№6036。30,240円。

どちらも昨年9月発売の印傳屋新製品である。
柄も同時発表の新柄、ブロックチェックだ。


CIMG0450.jpg


実はこの二点、どちらも女性向けの品番なのだ。同品番の別柄を見てみると、

CIMG0457.jpg CIMG0458.jpg


この通りである。
「しかしこの女物、ブロックチェックを選べばおれも使えそうだ。」
と、昨年5月の秋葉原での発表会から考えていた。

現在使用中の印伝ショルダーは昨年買ったばかりでとても気に入っているのだが、
入れるものが少ないお出掛けにはちょっと大き過ぎるのが玉に瑕。

使用中の印伝束入れの方はというと、3年半(2年半?)くらい使い込みいい感じになってきたところ。
ただ、札入れ部にマチが無く、少しのお札しか入らない。(大抵はそれで間に合うのだが)



ではなぜこの度思い切ったか。

1.次々新しいものが欲しい「物欲」
2.もう一つ小さなショルダーが欲しかった

3.あまりお札の入らない束入れを使っているからいつもピーピーなのではないか、
  また、「お金回りのいい人はいつも新しくきれいな札入れを使っている」という俗説

4.強烈な新柄「ブロックチェック」を楽しんでみたい
5.お客様に印伝をお勧めする身。自分が色々使ってみなくてなんとしょう


と、このように様々な理由を付けた。さっそく喜んで使っている。
№6036はショルダーというよりポシェットなのだが、私の体に対し小さ過ぎようが、それは構わない。
目的が達成されればそれでいいのだ。

№2317は、いつもたくさんのお札を入れられるよう、頑張って働くしかない。
そしてこれも俗説なのだが、新しい財布を買ったら、まず初めに出来るだけ多くのお金を入れるといいのだそうだ。

新しい財布は「あ、これが普通の状態なのね」、とそのぎっしり感を覚え、その結果財布はその状況を続けるのだそうである。
私は一晩、2317に掻き集められるだけのお金を入れて寝た。
さ、どうなりますか。








  1. 2016/04/03(日) 13:50:31|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バカ親2016.4

同居している長女が、きのう3月末日をもって就職以来丸三年間の無遅刻無欠席を達成した。
社長様はじめ、上司の方々、先輩・同僚の皆様方に支えて頂いたから達成できたことに違いない。
まずは心からの感謝を忘れてはならない。

格別のとりえもないない娘ではあるが、これだけは手放しで褒めてやろう。
最初の3年だけではあるが、職業人の基本中の基本を達成したといえるからだ。

えらそうなことを言っている私だが、二年数カ月の丁稚時代に一度、熱を出して休んだことがある。
このことについてはおやじは長女に負けた。

ご褒美として、約束の馳走をしなければならない。




そういえば、ということは・・・
東京で就職した次女も丸一年経ったわけだ。
どうだったんだろう。休まず勤めることができたのだろうか。

目の前にいないので全くわからない。
同居・別居とはこういうことなんだなあ。




  1. 2016/04/01(金) 20:56:08|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ここの歴史