呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

豪壮!小峰(白河)城

本日初訪問。すごかった!


小峰城








  1. 2016/08/16(火) 23:03:24|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城址訪問三連発③高擶城

天童市高擶(たかたま)。
祖父の実家があった村ということでは思い入れもある地区だ。

以前書いた東根市長瀞(ながとろ)ほどではないが、地図を見ると堀の痕跡が結構大規模に残っている。
実際現地に行っても

P1010171.jpg

P1010179.jpg

P1010176.jpg

この通りバンバン目視できる。
が、残念ながら城(館)の痕跡は確認できなかった。

P1010173.jpg

P1010180.jpg

↑ 私が小学校の頃まで幅15メートルもの堀が残っていたというのだ。
惜しいことだ。



ということで7月31日(日)は、わずか2時間ほどで3カ所もの近隣城址を初訪問することができた。
自分の住まいから例えば半径30Km以内に限っても城(館・楯)址は何十カ所~百カ所もある。
もちろん訪れていない所の方が多い。今後も相当楽しめそうである。

(完)







  1. 2016/08/04(木) 06:55:10|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城址訪問三連発②蔵増城

日田から最上川を渡ってすぐの天童市蔵増(くらぞう)。よく通るここにも城(館)があったのだ。
が、残念ながら遺構は少なかった。

P1010168.jpg

蔵増集落内のこちらのお寺様の境内に

P1010167.jpg

この立札。大江さんに対抗するための最上さんのサテライトだったようだ。

P1010169.jpg

↑↓ あとは寺北側の、東西に細長いこの緑地が堀を埋めた痕だとか。

P1010170.jpg


功成り、現最上町に栄転した倉津さんの後に入った蔵増さんが部落の名前になったわけだ。
大江さんだけでなく、目と鼻の先には織田天童さんもいたわけだから、当時のこの地にはなかなかの緊張感が漂っていたのではないか。






  1. 2016/08/02(火) 09:47:00|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城址訪問三連発 ①新田城

昨日の定休日、近隣の城址を三か所訪れた。近いのにいずれも初訪問である。

①寒河江市日田(にった) 新田城址

P1010161.jpg

果樹地帯の中、白山神社の北隣に石碑があった。

P1010162.jpg

まずは仁田氏がいて、そのあとに新田氏が入った様子。大江さんの家臣。
なんとなんと、重通さんはあの新田義貞の子孫とか。驚きだ。
新田城(館)のあった部落がなぜ「日田」になったのか。

P1010165.jpg

↑石碑南側(写真右側)が堀のあととか。わずかに残る痕跡である。

P1010166.jpg

↑ 東(最上川)方向に現地を遠ざかると、城は若干の微高地(段丘)にあったことがわかる。
築城の基本中の基本だ。暴れ川最上川のそばなんだもの。

(つづく)






  1. 2016/08/01(月) 21:53:06|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ここの歴史