呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

焼肉屋

友人たちと最もよく行く焼肉屋はチェーン店だ。

町の中だから便利はいいし、90分飲み放題+50代の胃袋が十分埋まる食べ物の量で毎回2千円台後半というフレンドリー料金。
これでは行かない手はない。
ただし、だから、うんとハイグレードなものを望んでは酷だ。




我が家族はなぜかその店には行きたがらず、いつも別の焼肉屋に連れて行く。
そこもチェーン店だ。郊外にある。
焼肉も冷麺もまずまずなので私も否やはない。「結構行く」と言っていいだろう。




おとといの日曜夜、友人たちと飲むことになった。
最初に書いた格安店にこの二、三年よく行く仲間である。

「たまには違う店に行かないか」ということで、熟考の末に決まったのがやはり焼肉屋。
焼肉好きなんだね。おれも友たちも。
今度はチェーン店ではない。町はずれにある、個人的に一、二度行ったことのある専門店だ。

この日はたった一人で店を切り盛りしていたオーナーだろうか、着席するなり
「このコースいかがですか?」と勧めてくれたのが「飲み放題120分+肉はお任せ」で三千円台後半というやつ。
我々が入店した時刻は静かだったが、一時間も経つと混み始め、彼一人では気の毒なほどの忙しさに見えた。



結論。正解だった。
ビールは「本物」だし、専門店らしい良さそうな肉は食いきれないほどの量だった。
これなら十分納得のお代である。

ただし、少し遠い他に寒いわ雨は降ってるわで、帰りはタクシーを使わざるを得なかったな。






  1. 2016/11/29(火) 19:29:12|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成29年 干支手拭

img051 - コピー    img051 - コピー (3)


img051.jpg


img051 - コピー (4)


染処日本一。竺仙(ちくせん)製本染手拭、今年も入荷しました。
年末年始のちょっとしたご挨拶や、お正月のお飾りなどにお使い下さい。
よろしくお願い申し上げます。




  1. 2016/11/28(月) 16:24:42|
  2. 竺仙本染手拭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Imagine PPAP

ppap.jpg



I think ・・・ 

PPAP = Peace,Peace and Peace.



imagine.jpg



Please imagine PPAP.






  1. 2016/11/23(水) 20:48:14|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

保護色

P1010487.jpg



↓   ↓   ↓



P1010488.jpg




  1. 2016/11/21(月) 16:48:23|
  2. 印伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聯合艦隊2016.11

我が聯合艦隊は先月(第三艦隊)・今月(第二艦隊)と一定の戦果を得、「おれ様鎮守府」に久しぶりに帰港した。
今回は辛抱の要る長い戦いだったなー。(第一艦隊は戦果不十分でまだ作戦行動中)

随分長いこと負けたことがないが、これは「サルでも負けない戦い方」を採用しているからなので、全く自慢ではない。

1.勝算が無ければ出撃しない
2.勝つまであきらめない
3.大勝利を欲張らない
4.常に情報収集を怠らない

これらを実践すれば誰でもそう負けることはない。


d2437865.jpg


地道にコツコツ。





  1. 2016/11/18(金) 21:00:20|
  2. 投資・経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬眠2016

P1010475.jpg


先輩のGSX1000(手前)が今年もガレージにやってきた。
百数十日の冬眠がまた始まる。

私のCB(奥)の任意保険も、例年通り今月1日から対物と搭乗者を外し、対人だけにした。
そして来年4月1日に復旧する。
乗らない(乗れない)シーズンは、絞れる維持費は絞らないとね。





  1. 2016/11/15(火) 10:02:03|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

訪問演奏(2016ラスト?)

きのうはとても天気のいい、季節はずれの暖かさの日曜日。
朝から山形市成安の某施設を訪れ、小吹奏楽団の一員として小一時間演奏させて頂いた。
音が響く体育館に、聴いて下さる方が100人ほど。




正直言って頓(とみ)にここ数年、月数回の練習に通うのが億劫に感じるようになってきた。
夜の、片道17Kmの道のりが遠く感じる。悪天だったり疲れていたりすると特に億劫。
目を輝かせ、ほぼ皆勤で通っていた最初の数年が嘘のようである。

齢のせいもあろうし、心にも原因がありそうだ。
多くの人に心当たりがあるであろう、人並・世間並の悩み・心配に向き合う日々。
「執着」という煩悩から逃れ切れない、凡夫ならではの苦しみである。

また、自分で言うのもなんだが「赤ちゃん状態」だった入団時よりも、
さすがに少しは吹ける・読めるようになったことも小さくない原因と思う。
例えば新譜。
下手なりに一通り吹けるようになるまでの時間と、本番までの仕上げ所要時間が劇的に短くなったから。



とは言いながら、本番が近づいた合奏練習、また真剣そのものの本番(年数回程度)や、
仲間の音に自分の音が溶け込んでいく吹奏楽の時間はとても楽しく、幸せな時間であることは相変わらずだ。
だから「億劫だ」「大変だ」「もうだめだ」と、だらしなく、ぐずぐず言いながらも辛うじて続けていられるのだろう。

そして怠ってはならないとても大事なことがある。
それは、耳を傾けて下さる方々に失礼のない演奏になるよう、アマチュアなりにできるだけの努力をすること。
換言すれば、「聴衆や吹奏楽をなめるな」ということだ。










  1. 2016/11/14(月) 07:15:13|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショック

先日、母がお世話になっている施設を夫婦で訪れた時のこと。(均して週一回は行く)

入所者の方々のその時々の楽しそうな写真がいつもたくさん掲示されているが、
その時はとりわけ大きな写真がホールの壁に貼られてあった。

見てみると、先月ホームの駐車場を会場に催された、秋恒例芋煮会時の集合写真だった。
入所者・家族・職員さん、数十人が一枚に写っている。

見てみる。・・・ 我々夫婦を見つけた。

え?
おーまいごっどー!


顔の肉がすべて重力で垂れ下がり、とても疲れた表情の、夢も希望も無いような、
情けないじいさんとばあさんがそこには写っていた。

おおおお!おーまいごっど!おーまいごっど!
自分の「意識」などは30代くらいで止まっているつもりなのだが、写真には冷酷な真実しか写らない。
おおおお!おれたちはこうなっているのだ。

仮に頭髪の無いおじさんでも、つやつやとして生気に満ちた男性はいくらでもいるだろう。
おれは毛の他に精気まで抜けているのか。





手ひどいショックを受け、二人でふらふらしながら帰ってきたっけ。





  1. 2016/11/12(土) 07:11:57|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017カレンダー配布中

P1010473.jpg 

P1010474.jpg


ただいまお得意様を中心に、来年のカレンダーをお届け・お渡し中です。(例年と同じものです)

ここをご覧の方にも10本ほど用意しました。
原則店頭渡しとなりますが、どなた様もご遠慮なくお申し付け下さい。





  1. 2016/11/10(木) 14:39:06|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辞煙三カ月

たばこを辞めてから今日でちょうど三カ月経った。
しかし喫煙は40年近くも続けた習慣だから、このままずっと吸わないかどうかはもちろんわからない。

が、少なくとも8月9日からは一本も吸っていない。
今回は過去に経験した禁煙と違い、歯科医に指摘されての自発的「辞煙」だったため、禁断症状の苦しみはなかった。
これはとても助かった。

正直、「ここで一服すればさぞ旨かろうなあ」というタイミングはたまにあったが、それも今はほとんどない。




辞煙三カ月。夏から秋へ。この間に自分や我が家は色んな大事大変に見舞われたなー。






  1. 2016/11/09(水) 22:33:06|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日8日午前休業します

毎度のお引立て、誠にありがとうございます。

さて明日8日(火)、所用のため午前は休業させて頂きます。

午後は営業致します。
急なおしらせになってしまい申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。


ろご




  1. 2016/11/07(月) 18:18:11|
  2. 店からのおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1~2年後用薪

友人のご厚意でこの秋に頂いたさくらんぼの木全景。


P1010466.jpg


P1010468.jpg


幅7メートル、高さ1メートル。ただし奥行は30数センチの一列だ。
どうだろう。我が家の場合、これで2カ月は間に合うんじゃなかろうか。

ただし、現状は生木(なまき)なので、十分乾燥させてからでないと焚くことはできない。
焚けるのは次かその次の冬。薪には気長さも求められる。

また、薪というには細過ぎる枝もたくさんあるが、そこは文句を言ったら罰が当たる。
有り難く全部焚こう。




これだけ頂戴するのに、友人と二人で畑で二時間程度の肉体労働(カットと軽トラックへの積込み)、
我が家までの運搬、おろし方、の一連の作業を4回。

更にその後、頂く度に休日をたっぷり使っての始末作業を夫婦で4日。
畑でのかせぎも結構きついが、頂いてきてから写真の状態までするのも結構大変。

剪定鋏を使っての小枝や葉っぱの除去、たまに混じっている腐れたものの選別廃棄。

そしてチェーンソーや丸ノコを使ってのカット(ストーブに入るサイズに)と整形、
また、太過ぎるものは斧で割る。そのままでは乾きづらく燃えにくいし、重いと扱いが大変だからだ。

すっかりそれらを済ませたら、最後に写真のようにきれいに積み上げる。
自分で言うのもなんだが、相当根気が要る仕事だ。




しかし大変だが有り難い。
我が家にとってエネルギーとなる薪が、そのまま友人の伐採木処分費のカットに直結するなら最高である。






  1. 2016/11/07(月) 09:05:36|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初10万Km

2016110508530000.jpg

きのう、遂に到達。
2007年の暮れ納車(12月22日、ここに書いた)だから、8年と11カ月目で達したことになる。

ということは月平均940Km。
娘に譲って5千キロしか進まなかった一年があったから、それを除いた月平均は千キロ近いだろう。

これからは毎日が未体験ゾーンだ。
自動車税が懲罰的・暴力的に上がる直前まで、つまりあと四年(計13年間)は乗ってやろうかと考えている。

「そんなに気に入っている車なら、そう言わずに動かなくなるまでずっと乗ればいいじゃないか。20年でも。」
とおっしゃる向きもあろうが、そこは短い人生。
いい塩梅にして次の車を楽しまないとね。




ところで8年11カ月の間、我が車庫内でこの車の隣にいた
ホンダフィット、ダイハツミライース、スズキスイフトの3台はいなくなった。

結局乗り続けるのはミラのみ。偉大な傑作車だ。



  1. 2016/11/06(日) 07:48:00|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「本物の日記」の効能

P1010461.jpg

今年の元旦から20数年ぶりに書き始めたいわゆる「本物の日記」。
昔は日記と言えば説明は要らなかったが、SNS時代の今はちょっと違う。
皆さんがご覧下さっているここも「日記」と言えなくない時代だ。

P1010463.jpg

私が日記帳購入にあたって選んだのがこの「三年日記」。
生き続ければだが、三年に一度しか買う手間がいらないことと、一日分のスペースがちょうど良さそうに思えたことが選んだ理由だ。

1ページに、例えば11月4日の書き込みスペースが3年分ある造りだ。
予想通り、使ってみると実にちょうどいい。

P1010464.jpg

いつまで続くかはわからないが、既に300日以上一日も休まず書き続け、栞の所まで進んでいる。





これを始める昨年大晦日まで、10年続けているこのブログには非常に無理があった。
いわゆる「本物の日記」と、「全世界におっぴろげブログ」の双方の性格を併せ持たせていたからだ。

「大人だもの、私的日記の性格は排除してここを書けばよかったろう」とおっしゃる方もおられるかもしれない。
が、長いこと紙の日記を書いていなかった私は、ギリギリで踏みとどまりながらもこのブログに私的日記の役割も持たせたかったのだ。

だから書きたいことを書けずに辛い時はよくあったし、時たま踏み外しては皆様の失笑を買ったこともあったろう。




ここに書けないことをすべて日記帳に書ける。今年の元日からはとても楽になった。
同時にここを、皆様にとって読み苦しくない、なるべく楽しい「エンタテインメント」にする追及をを思いっきりできるようになった。

誰に頼まれたわけでもない「独り相撲」なのに、我ながら色々考えるものだ。変なの。





  1. 2016/11/04(金) 07:15:03|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小漆川城址

おとといの日曜、予備知識ゼロで初めて小漆川(こうるし)城址を訪れた。
小ぶりな隣町、左沢(あてらざわ)の町の西側にある。
以下、ざっとおさらい。

   
元和年間(1615~24)に、庄内藩主酒井忠勝の弟直次によって築かれた。
つまり、大坂の陣も終わり、平らかな徳川の世になってすぐの頃だ。

同8年(1622)に天下の大大名最上氏がお家騒動のためにあっけなく改易となり、(本当に徳川ってすごいよね)
忠勝は鶴岡へ、直次は左沢へ一万二千石で入封した。

しかし寛永8年(1631)、直次は嗣子無く没し、左沢藩は廃藩となる。(また徳川!)
近くにある有名な大江左沢氏の、ガチ戦闘用の楯山城(現「日本一公園」)とは対照的な小漆川城は、築城からなんと10年かそこらで廃城となってしまったのだ。
儚(はかな)いことこの上ない。

城はその三方を小漆川と月布川に挟まれた河岸丘陵の台地に築かれている。
やはり「城を造るならここしかないでしょ!」という立地である。

しかも図右の小漆川から左の月布川へは落差があるので、前者から後者へ用水工事がしやすいと思われ、残る一方(図上)にも堀が造られている。
典型的な難攻不落だ。

photo_002s.jpg

目立った遺構は今回は確認しなかったものの、往時を偲べる状況だったので(行くとわかります)、とても訪れた甲斐のある城址だった。




ところで今日から11月。冬が近づいてきた。
今年の城址訪問はこれでひとまず終わりかもしれない。

ここ数年病気となっている城址や古墳訪問。
特に今年は回りまくった。一体何十カ所行ったか。我ながら驚く。

どなたか、来年ご一緒にいかがですか?
楽しいですよ。




  1. 2016/11/01(火) 21:16:36|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ここの歴史