呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

2014北の大地⑦(知床2)

上陸二日目その3。

知床半島は貴重な世界遺産である。
宇登呂から先も西海岸沿いに道路もあれば涎の出そうな観光ポイントも数多くあるのだが、
一般車両は入れず、多分乗り合いバスのみ行けるのだろう。

今年は特にハードな移動なので、事前の打ち合わせ段階からそれはあきらめていた。
宇登呂を発つと間もなく右折。国道で半島横断だ。羅臼の町まで30kmほどの距離である。

CIMG9794 - コピー

半島横断中ほどの峠駐車場。雨と濃い霧でなんにも見えない。
たった一台停まっていたミニヴァンから若い男女が降りてきて、「撮りましょうか?」
ありがたくお願いしたのが上の写真である。

それにしてもこの悪天候。半島横断は今年一番の楽しみにしていたので本当に残念だった。
さ、ここからは知床の太平洋側、羅臼の町を目指して下りとなる。

CIMG9795 - コピー

ところが下り始めて間もなく、奇跡的に少しだけ雨雲と霧が切れ、なんと半島の最高峰羅臼岳が覗いたのだ。
おもわずパチリ。

CIMG9797.jpg

CIMG9798.jpg

↑ 素晴らしい山岳道路を駆け下りる。

CIMG9800.jpg

↑ そしてこれが羅臼道の駅から望む国後島だ。所謂北方領土を肉眼で見るのは初めてと思う。
先の大戦以来、他国に不法占拠されている我が国の貴重な領土の一つである。
一方的な国際条約(日○不可侵条約)破りで70年近くこうなっている。なんて理不尽な。

ところで羅臼道の駅は今日の出発地阿寒湖から208kmだった。
随分走ったものだが、今夜の宿のある釧路までまだ160kmもある。
羅臼を発ったのは午後3時半頃だったか。

あわよくば根室手前の野付半島にも行きたかったのだが、この時間では明らかに無理。
釧路目指してひたすら走る。
この日は朝から晩までずっと雨だった。土砂降りでないだけ。

(つづく)





  1. 2014/08/24(日) 21:25:54|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014北の大地⑧(釧路の夜) | ホーム | 北の大地2014⑥(知床1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4203-555d49e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここの歴史