呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

2014北の大地⑨(釧路湿原)

8月9日。上陸三日目その1。

北海道最終日の朝は明けた。泊ったのはこちら。

CIMG9812.jpg

新しく清潔で、一泊朝食付き5,140円というリーズナブルな料金だった。

CIMG9811.jpg

朝食はバイキング。十分である。しかし、全席が目の前に仕切りの擦りガラスがあり、閉塞感を感じた。
だがまあ、ガラス一枚向こうには別の客がこちらを向いて座っているわけだし、
そういった合理性で低廉な料金を実現しているのだろうからやむを得ない。

CIMG9814.jpg

CIMG9813.jpg

ここがホテルに隣接する指定駐車場。駐車料金は宿泊料金とは別。
車一台分で一泊500円だから、我々の場合は一人250円で済んだ。



今夜は再び苫小牧からフェリーに乗らなければならない。
その走行距離を考えると、無闇な寄り道はできない北海道最終日である。

今日最大の目的地は釧路湿原だ。近い。ホテル8:07発。
湿原西側の県道、おっと違った、道々にある展望台を目指すのだが、
その大湿原の真っただ中を突っ切っていくルートを選んだ。
大自然を全身で感じながら、惜しみながら、70km/hくらいで走っていると、地元の車たちにぶち抜かれたっけ。

展望台に到着。丸一日雨だったきのうとは打って変わり、この日はまずまず天気に恵まれた。

CIMG9817.jpg

CIMG9829.jpg

このような遊歩道があるということで歩いてみることにした。小一時間かかったが実に素晴らしかった。

CIMG9818.jpg
CIMG9821.jpg CIMG9832.jpg

↑ コロポックル?
そう言えば今回の道東の旅では、とにかく蕗が目についた。
どこに行っても蕗、蕗、蕗。アイヌの人々の、日常的心象風景だったに違いない。

森林が急に開け、遊歩道中ほどの「サテライト展望台」に着いた時、我々は驚きの声を上げた。↓

CIMG9827.jpg

これがカメラに収まった、釧路湿原のほんの一部である。
我が山形盆地も庄内平野も、あるいは関東平野も狭くはないが、それらは皆人工物で覆い尽くされている。

ここは全く違う。こんな景色は国内では見たことがない。日本の宝だな。
心と体がスーッと無限に広がっていくような感覚を覚えた。

さ、いい運動をして苫小牧目指し10:08出発。
120km先、暫定昼食地の帯広近辺までは一般道で行く。

(つづく)





  1. 2014/08/26(火) 16:31:16|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<北の大地2014⑩(湿原→乗船) | ホーム | 2014北の大地⑧(釧路の夜)>>

コメント

展望台が一番印象に残ってます。
  1. 2014/08/26(火) 21:51:10 |
  2. URL |
  3. ガスマン #-
  4. [ 編集]

ガスマンさん毎度!

この日はそうだよね。
  1. 2014/08/26(火) 22:47:57 |
  2. URL |
  3. おれ #-
  4. [ 編集]

素晴らしい景色ですね!

いいなあ~。
  1. 2014/08/27(水) 15:56:49 |
  2. URL |
  3. まつ #-
  4. [ 編集]

まつさん毎度!

今回はここがナンバーワンだったかもしれません。
こんな所は国内では他に知りません。
まつさんも機会を捉えて是非どうぞ!
  1. 2014/08/27(水) 16:59:28 |
  2. URL |
  3. おれ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4205-12918689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここの歴史