呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

お幸せに

CIMG9898.jpg

きのう土曜日のこと。
数年前、たしか一年間くらい、某銀行さんの当店担当だった女性が久しぶりに来店して下さった。
聡明で人懐っこく、かわいらしい、笑顔の素敵なお嬢さんだ。当時も今も全く変わらない。

そう言えばきのうばかりでなく、担当後もプライベートの時間に何度か来店して下さったことがある。

実は相当昔から、各金融機関の当店担当として来てくれる青年たちが大好きで、
お誘いしては飲みに行ったり、キャンプに行ったり、スキーに行ったりしたものだ。

そんなわけで担当から長年経った今でもお付合いさせて頂いている若い友人たちが数人いるが、
当時20代だった彼らは30代40代となり、各行の重鎮となり始めている。

実に喜ばしい。
いつか彼らの内の誰かが寒河江支店長となって戻ってきたら、毎日のように仕事の邪魔をしに行くのが私の夢だ。




親愛なる彼らは皆男である。ところがきのう来てくれたのは女性である。
お付合いさせて頂いている男性たちよりずっと若く、自分の娘に近いくらいのお嬢さんだ。

だから野郎たちと違って飲みに行ったことも、アウトドアにお誘いしたことも、我が家にお招きしたこともない。
なぜ彼女がたまにお立ち寄り下さるのかわからないのだが、私と妻は嬉しいばかりである。

きのう彼女は婚約者を伴い、この秋ご結婚の報告に来てくれたのだ。
めでたい。私も妻も大喜び。婚約者は優しそうな好青年だった。
しかもご丁寧に手土産まで持って。なんというお嬢さんであろうか。



しかし・・・
なぜ彼女はご両親と同じくらいの年配の私共にご好意を寄せて下さるのか。
彼女の担当中に、並はずれて彼女に何かしてあげたなどという記憶はないのだが。
謎ではあるが素直にご好意を喜ぶことにしよう。

おめでとう。末永くお幸せに。これからもお揃いで寄ってくれたら嬉しいなあ。




  1. 2014/09/07(日) 20:33:54|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<落し物 | ホーム | 北の大地2014余録③>>

コメント

良いお話ですね。
山森社長ご夫妻の人徳と店の雰囲気が
そうさせてくれるんでしょう。
見習わなければ・・・・
  1. 2014/09/10(水) 16:13:34 |
  2. URL |
  3. 志田 宏 #-
  4. [ 編集]

志田さん毎度!

いつもありがとうございます。

いいえ、見習うのはこちらの方です。
いつも貴兄と御社の姿勢に刺激を受けているんですよ。
これからもよろしくお願いします。
  1. 2014/09/10(水) 17:20:35 |
  2. URL |
  3. おれ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4217-9aa0df24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ここの歴史