呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

舟盛膳と旧青山邸②

青山留吉は天保7年(1836年)、現遊佐町比子字青塚の貧しい家に第六子として生まれた。
幼少時は父の漁業や母の行商を手伝っていたが、18歳で現秋田県由利郡へ養子に出された。
しかし留吉はその家風が合わず家に戻り、安政6年(1859年)、24歳の時に単身北海道に渡った。

初めは現小樽市祝津で漁夫として働いたが、一年後には小規模ながら同地で独立した。
当時ニシンの豊漁が続いたこともあって、留吉は漁場を次々に拡大し、
漁船130隻、使用人300余人を擁する道内有数の漁業家に成長した。

明治中期、彼は故郷の青塚に土地を入手し、本邸を建設した。
後には田地250余町の大地主となり、一時は村税の8割を納めていたと謂われる。

漁業一筋48年、留吉は明治41年(1908年)73歳の時に北海道を養子に譲り、青塚に隠居した。
そして大正5年(1908年)、山形と北海道の両青山家の隆盛を見守りながら、安らかに波瀾万丈の生涯を閉じた。
享年81歳。




以上、国指定重要文化財「旧青山本邸」のパンフレットから抜粋させて頂いた。
その説明文の最後に、彼青山留吉を象徴する文言があった。

勤勉と倹約、そして飽くなき情熱の人だった。と。

さもありなん。さもありなん。並の人ではない。私とは全く違う人だ。
日々の努力もすごかったのだろうが、驚くのは24歳で北海道に渡る際、なんと一人小舟で行った事だ。

発動機も、無線も、近代的な航海用機器や遭難時の装備も、海上保安庁も無い時代にだ。
大冒険を通り越し、半分自殺行為のような勇気ではないか。

凡人とは違う目の付け所。卓越した観察力、分析力、予見力。
並はずれた勇気と努力と情熱。そしてとどめにそれらの継続力。

遊佐町比子青塚に残る彼の本邸はその象徴であり、私に多くを物語ってくれた。
それはそれは、すごいものだった。一凡人の私は、思いっきりぶん殴られたような気がした。

(つづく)





  1. 2014/10/28(火) 22:01:23|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<落し物 | ホーム | 舟盛膳と旧青山邸他①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4259-11bbc498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ここの歴史