呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

消費税率上げ見送りの件

安倍総理大臣が明日オーストラリアから帰ってくるのを待って、
来年10月から10%に上げられるものなら上げたかった消費税率を上げないと決める模様。

で、どうするかというと、更に一年半先延ばしにするとか。

うーむ・・・

ちょうどそんなタイミングの今朝、7~9月期のGDPが-1.6%と発表された。
日経平均はそれを受けて500円超の急落。

ミクロもマクロも経済は生き物だ。
わが日本には経済政策に明るい閣僚・官僚も少なからずいるだろうし、
政策の模索・決定にはえらい学者先生方にも十分諮問するのだろう。

だが・・・

①10カ月半先の税率アップを見送ることを今決めること
②アップはその10カ月半先の更に一年半先というタイミングにすること

ど素人の私は
その決定タイミングと延長スパンがどうやって導き出されたのか理解できない。
説明が欲しいところ。

もっと柔軟には決められないのか。
①は、半年前では間に合わないのか?
②は、なんでそんなに先のことの期間が決めることができるのか?
ど素人はわからにことだらけ。


税金は負担しなければならないが、少ないほどありがたい。
例えば我が家や弊社は、特に固定資産税・都市計画税を中心に重税感を強く感じている。

できれば消費税などない方がいい。
現に26年前まで、我が国はそんなものが無くてもなんとかやって来れたじゃないか。

家計も経営も真剣勝負の日々が続いている。
だが、消費税が無ければ国や社会が立ち行かないのでれば負担せざるを得ない。
それが近代経済国家とその国民の宿命なんだろう。



しかし、そんなに簡単に税率据え置きを決めて、国は、社会は大丈夫なのだろうか?
そしてそれも、現時点で30カ月近くも遠い未来に税率アップを飛ばして大丈夫なのか?
何のために10%を目指したのか?

ど素人はただただ不思議である。

私見だが、どうせ上げるなら最初から10%にしておれば、痛みのショックだけは一回で済んだかもね。

皆さんはいかがお感じですか?







  1. 2014/11/17(月) 22:07:39|
  2. 投資・経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<・・・は、風邪をひかない | ホーム | やっちまった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4280-ed4852be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ここの歴史