呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

地獄の軍団

CIMG9747.jpgCIMG9748 - コピー

昨夜、グランディ21セキスイハイムスーパーアリーナでKISSを観てきた。

高校時代から親しんできたKISS。衝撃的なバンドだった。
本格的なへヴィーロック、その前代未聞のビジュアル、刺激の極致のステージ。

そのKISSが目の前にいた。夢のようだった。またまたでかい冥土の土産。
個人的にナンバーワンの「デトロイトロックシティ」でショーは始まった。最高だ。

何百回、何千本の焔が吹き上がったろう。
火炎が空中高く上がるたびに、数十メートル離れていてもその熱を感じた。

ジーンは火を噴き、ドクドクと吐血し、終始長い舌をペロペロ、
ポール(スタンレー)はアリーナ後部の小ステージに空中を飛んで移動したり、
しまいにギターを床に打ち付け、木っ端微塵にしてくれた。
ラストは延々と盛大な紙吹雪。

つまり、私(多分観客のみんな)が期待していたことを全部やってくれた。フルコースだ。
オケ、ジャズ、吹奏楽、サラ、他、すべての音楽と同じ、KISSも間違いなく音楽の一スタイルだ。
音だけでなく、ビジュアルでも楽しませてくれる点はマーチングバンドに似ているかもしれない。

立ちっぱなしの、休憩なしの1時間50分はあっという間だった。
ス○パ○の時と違い、同じ立ちっぱなしでもKISSは全く辛くなかった。これすべて好みの問題だが。

それにしてもよくやる。ジーンもポールも60代なのだ。
休み無しの110分。並の体力ではない。

吹き上がる焔とスモークと無数のレーザービームの中の彼らを双眼鏡で見た時、、
この世のものとは思えない気がした。

滅多に無い楽しい夜となり、抽選までしてチケットを得た甲斐があった。
また、偶然一人の友人とも往復の道中を共にすることになり、楽しさは倍加した。
私がKISSを知った頃、彼は小学高学年か中学の初め頃だったか。大したものだ。

最後に、ポールのしゃべりで最も印象に残ったやつを紹介して筆を擱く。

Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday SENDAI!
KISS loves you SENDAI!







  1. 2015/03/01(日) 21:05:50|
  2. 吹奏楽・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | 継続記録(備忘)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4366-df550ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ここの歴史