呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

北の大地2015(三日目①)

8月6日(木)

8:20、雨の中朝陽リゾートホテルを発つ。
雨とは言え、層雲峡に泊ったのだから層雲峡を見ないで去るわけにはいかない。
ホテルからすぐだ。

これが流星の滝で ↓

CIMG9696 - コピー

これが銀河の滝 ↓

CIMG9700 - コピー

大昔も見たのだが、「峨々たる峡谷だった」くらいしか記憶がない。
ここも中国人観光客でいっぱい。日本人より多くないか。

20分ほどもいたろうか。雨はやや小降りになり、この日の第一目的地サロマ湖に向けて出発。
昨夕来た道を20数キロ戻り、上川層雲峡ICから何十キロも無料で走れる太っ腹高速道路を利用する。

だがインターの手前で給油。特に私は寒河江から一度も入れていない。
走行距離387kmで18リッター給油。航続距離の長いバイクは本当に助かる。

ここで私のバイクのクラッチレバー付け根のボルトが抜けかかっているのをガスマン氏が発見してくれた。
よくもまあ人のバイクのこまい所を見つけてくれたものだ。
スタンドのドライバーを借りて締め直す。

CIMG9887.jpg

あのまま走っておれば、事故や怪我につながりかねなかった。
たとえ無事に停車する事が出来たとしても、吹っ飛んだレバーやボルトをさがすのは大変だろうし、
さがせなかった場合の復旧を考えると、ツアーに重大な障害を齎したはずだ。

彼から未然に助けてもらった。大感謝だ。
ライダーの皆さん、車体を入念にチェックしてから走りましょう。


途中、高速終点を降りた所の「道の駅丸瀬布(まるせっぷ)」で休憩。
曇りではあるが遂に雨が止んだのでここから雨具を脱ぐ。

11:20、サロマ湖到着。層雲峡から約130km。
時間の関係で眺めのいい所には行けず、妥協の集合写真を一枚。

CIMG9701 - コピー

このサロマ湖から宗谷岬・稚内まで、延々とオホ-ツク沿いを走ったのだが、寒いのなんの。
きのうの富良野あたりの暑さが嘘のようだった。
なので、ここからは雨と言うよりは防寒のためにずっと雨具を着て走った。

まだまだこの日の先は長いのだが、参考に一日の予定行程を。(ピンク線)

img475.jpg

(三日目②に続く)





  1. 2015/08/17(月) 16:41:34|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<終戦70年総理大臣談話 | ホーム | 北の大地2015(二日目)>>

コメント

毎回詳細レポート有難うございます。一番見たがっているのは一緒に行った仲間だと思います。
  1. 2015/08/17(月) 22:34:07 |
  2. URL |
  3. フェリー係 #-
  4. [ 編集]

フェリー係さん毎度!

「見たがっている」というのはこのツーレポのこと?
なら益々頑張って書かないとね。
5年後10年後に見ることが出来れば懐かしいだろうしね。

それにしても貴兄には今回大変助けて頂き、ありがとうございました。
クラッチレバー、ひいては命を守って頂き、
また稚内の朝は悲劇の苦労を最小限に低減して頂き、
お礼の言葉もありません。
まずく行っておれば、今ここにこうしていられなかったかもしれない。
今後は慎重を期して行動します。

さてそろそろ大安着祝をしないとね。
  1. 2015/08/18(火) 08:51:21 |
  2. URL |
  3. おれ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4495-596bae9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここの歴史