呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

サバ缶そうめん

学生時代、静岡県三島の友人宅に何度か泊めて頂いた。
夕ご飯も朝ご飯も当然頂いたと思う。

そのある朝ご飯の時、友人は小鉢の納豆をかきまぜ始めた。普通だ。
彼の次の行為が私を驚かせた。

生卵を一つそれに落とし、更にかきまぜ始めたのだ。
納豆に生卵! Oh!my God! 私の辞書には無い。

目を丸くししている私を尻目に、彼は続いてそれをたっぷりご飯にかけた。
そして・・・

うおおお!神よ!
彼は次の瞬間、あろうことかあるまいことか、更に「卵納豆」とご飯を丹念にかきまぜ始めたのだ。

愕然としている私に彼はお構いなく、その「卵納豆ご飯」をかきこみはじめた。
生卵と納豆をかきまぜるだけで十分驚いていた私は、これでとどめを刺された。

更に三島では、スーパーでイルカの肉を売っていた。「イルカ汁」、いまだに食ったことない。
また、こちらで言う「とろろ芋」。
三島のそれは、箸を突っ込んで持ち上げると全部持ち上がる「山芋」というやつだった。
初めて見た。



続いて遠い三島ではなく、地元寒河江での話。
子供のマーチングバンドを肴に、大勢のおやじたちと盛んに酒飲みをしていた頃。

「アツアツのひっぱりうどん(調味済納豆を入れた猪口に釜揚げうどんを入れて食う、といえばよその方はわかるだろうか)には、やっぱりサバ缶入れるのが不可欠だよな!」
と、多くのおやじたち。

おーまいごっどー!
我が家の辞書に、「ひっぱりうどんにサバ缶」は無い。一生食わなくても平気だ。




昨夜、例の「秘密の県民ショー」を見ていたら、わが県南部の県民たちは、
なんと冷たいそうめん(冷麦?)のつけ汁にサバ缶を入れて常食しているという。

県の南半分に接している県中央部に生まれ育った私は聞いたことがない。なぜだ?
ちなみにスタジオのレギュラーやゲストたちは、レポートを受けて試食し、絶賛していた。




今夜、妻はそれを試した。我が家にとって記念すべき夜となった。
私は生れて初めて汁にサバ缶を入れ、そうめんを食ってみた。

食えた。
まずくもないが、「これは美味い!相乗効果か?知らなかった!」なんて感想も無かった。
夏に「サッパリ感」を求めるなら、そうめんとサバ缶は別々に食った方が良くはないか。




すき焼きにモヤシを入れる家、カレーにコンニャクを入れる家、芋煮になんかびっくりする具を入れる家。
これは地方地方、家々の文化である。要するに何でもいいのだ。

だから、「鯨を喰うな」なんて外国から言われるとびっくりする。
「では、あなたたちは何を食べてきましたか?」と聞きたくなる。

クマさんに「貴様、鮭を食うな!けしからん」なんて言えないのとまったく同じだと思うがいかがか。






  1. 2015/09/11(金) 20:56:11|
  2. 食う!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<吹コン東北大会2015① | ホーム | エネルギーの節約は>>

コメント

こんばんは!
我が家でもサバ缶入りのつゆでそうめんやひやむぎを食べます、
  1. 2015/09/11(金) 21:12:58 |
  2. URL |
  3. メトキ #-
  4. [ 編集]

メトキさん毎度!

ははあ!山形県南部と同じですね。
同じ東北だから共通性があるのかもしれませんね。

ところで鹿角では大変な事件が起きましたね。
驚かれたでしょうね。
  1. 2015/09/11(金) 21:38:38 |
  2. URL |
  3. おれ #-
  4. [ 編集]

仕事場からすぐ近くで起こった事件だから驚きです。でも犯人逮捕したって聞いたので!
  1. 2015/09/12(土) 22:55:28 |
  2. URL |
  3. メトキ #-
  4. [ 編集]

メトキさん毎度!

そうでしたか。すぐに解決してよかった。熊牧場といい、御地も時々ニュースがありますね。
  1. 2015/09/13(日) 09:02:13 |
  2. URL |
  3. おれ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4518-10699c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ここの歴史