呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

演劇「國語元年」

kokugo.jpg


観てきた。
1500人弱入るイズミティ21大ホールの8~9割方は埋まっていたと思う。
観客年代のボリュームゾーンはTOKYOドームのポール・マッカートニーよりはっきり上だ。

18時半に開演し、アナウンスの予告通り、途中15分の休憩を入れて3時間、21時半に終わった。
だから帰宅したのは23時過ぎとなった。

いつもならとうにおねんねしているこんな時間にこれを書いているわけだ。
それにしても自分が演劇を観るとはなんて珍しい。

面白かった。
三時間が全く長く感じなかったこと、カーテンコールが何度もあったことがその証明だ。

わが県ゆかりの井上先生の天才も再認識できたし、演劇そのものにも圧倒された。
プロとはすごいものだ。

明治新政府から「全国共通話し言葉」の策定を命じられた主人公は、
その作業のあまりの困難さの結果、不遇な生涯の終わり方をしたんだ。

本作は井上氏のフィクションだが、それにしても今から130数年前、中央でも各地の方言が乱れ飛んでいたわが国。
誰が、どうやって、どれくらいかかって、今我々が使っている統一話し言葉が成立させたのだろう。
興味は尽きない。

また、私の年代くらいまでなら羽州村山弁を少し理解し使えるが、我々の下の代からはほぼ消滅すると思う。

だって、例えばあなたのご子息ご息女は、村山弁基本中の基本「んだ」「んね」さえ使わないでしょ。
わずか一代でのこの隔たりは、かつて先祖たちが経験したことの無い激変と思う。




初めてのイズミティ、R48+仙台宮城⇔泉PAスマートは東北道(10km)。片道74km、一時間半。
交通は大変だったが行って良かった。







  1. 2015/10/09(金) 00:07:21|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<26回目の | ホーム | 真田への旅 真田町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4540-013f8f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ここの歴史