呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

盛岡行新記録

記録とは移動所要時間のことである。結論から。往き3時間30分、還り3時間34分。
今回のルートは自宅から盛岡市中心部の目的地まで片道216kmほど。

寒河江・盛岡間はすべて高速を使えば片道3時間くらいで済むかもしれないが、
そうすると距離が30数km増える他、ETC・休日割引をもってしても4千円の料金が要る。

その程度の距離に往復8千円もの高速料金は痛い。
そう、かつてアロエ博士やエスエー氏に教えてもらった格安かつ快適ルートがある。

寒河江⇒大石田⇒尾花沢⇒新庄⇒雄勝⇒横手⇒岩手県湯田⇒雫石⇒盛岡 である。
これならどんなナビで調べても最短距離だ。

しかもそのルートにはブツ切れながらおいしい無料高速が点在している。
使う有料区間は湯沢⇒横手JCT⇒湯田の36km、片道810円のみ。

しかし今回の3時間半には驚いた。
これまで何度もこのルートを走ったが、いつも4時間か4時間ちょいかかっていたはずだ。

常識的な速度で走ったのだが、5分10分ならともかく一気に30分も短縮してしまった。
あまり休まなかったのが効いたのだろうか。

3人乗り+行程の3分の1が高速道路だったこともあり、愛車スイフトの今回の燃費は21Km/ℓ と、
ベストではなかったが、盛岡までレギュラーガソリンほぼ10ℓ で行けたことになる。

これでは高速道路や新幹線を使う気にはなれない。加えてこのルートは景色が美しいのだ。
特に湯田⇒雫石の岩手県道1号、そして御所湖畔から見る冠雪した岩手山は特筆ものだった。
また、盛岡とくれば

CIMG0187 - コピー
CIMG0188 - コピー

米内(よない)だ。ちょっと他では食えないカルビ定食1,150円。(↑肉の皿のみ三人分。一人7、8切れは楽しめる)

CIMG0186 - コピー

冷麺も専門店の名に恥じない見事な味。

CIMG0189 - コピー

ここに寄らないと盛岡に来た気がしない。





と、このように、知らないお客様がブログかなんかで世間様に紹介して下さる店に当店もなりたいものだ。





さて私はこの記事で一体どっちを書きたかったのか。







  1. 2015/11/03(火) 21:11:24|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016干支手拭発売 | ホーム | 南部型染増強>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4558-84bd83fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ここの歴史