呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

鬩(せめ)ぎ合い

経営再建を目指すシャープさんは、なんと!
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業さんの傘下に入るというウルトラC手法を採ることにし、
先ごろから交渉を続けてきたのは皆様ご存知の通り。

「我が国が誇る世界的大企業がこんなことになるとは!」なんて嘆いてばかりいられない。
万が一完全にバッタリ倒れたら、数多い従業員、取引先に甚大な影響を齎してしまう。
生き延びるためにはあらゆる手法を検討しなければならない。

といって、シャープばかりでなく、国としても機密性の高い、流出させたくない技術までは鴻海に渡したくない。
だから、今回の縁談は途中で止まったりもした。これだけの大事、紆余曲折があって当然だろう。

だが今日午前、遂に双方合意に達したというニュースが流れた。
と思ったら!今夜になってまたニュース。



鴻海は、シャープから新たに重要文書を受け取り、
「内容を精査する必要があり、双方がこれについて合意に達するまでは買収契約を見合わせる」
との声明を同日夕発表した。

鴻海、シャープ双方ともその内容を明らかにしていない。
シャープは25日午前、取締役会を開き、鴻海傘下で経営再建を図ることを全会一致で決議したばかり。

両社の交渉期限は29日で、同日までに契約を結ぶ必要がある。
鴻海は声明の最後に
「早く内容をはっきりさせ、今回の取引が円満な結果をもたらすことを期待する」とした。 






うーむ!最後の最後までどうなるかわからない。
今夕のこの出来事はシャープの大和魂か、はたまた第三者の肝煎りか。あるいは両方か。

いずれにしてもわが国の数ある巨大企業で初めての非常事態だ。
私がシャープさんの社長だったり、日本国の総理大臣だったら・・・

あなたなら?


それともうひとつ。「経営再建」という言葉。
実業界の端っこに身を置くようになって30数年。

何度も何度もその言葉を聞き、そのありようを身近にも何度も見てきた。
他企業の傘下に入って「再建」。

その多くの場合、「再建」は美辞麗句と感じた。「再建」でななく、現実は残念ながら「○○」だ。

でも・・・ それでも・・・ 「死ぬ」よりはマシなんだろうなあ。






  1. 2016/02/25(木) 21:14:06|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<掛軸調査開始 | ホーム | 公侯伯子男>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4640-b32adaec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ここの歴史