呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

某首長

単刀直入に言って驚き。これに尽きる。



自分が地方自治体の首長に就任したら、まずは理想的な首長たろうとするだろう。
一般市民のことを考えれば「別荘など持っている場合ではない」と考え、売却するだろう。
だから頻繁に別荘に通って政務の一部をこなす、なんてこともない。

公用車での移動は何らかの事情がない限り自分で運転し、車両は高級車を廃する。カローラあたりで十分だ。
出張時の宿泊先は質素なホテルの質素なシングルルームを選ぶだろう。もちろん一泊数千円だ。

出張先の相手が「安いホテルに泊まっている人物とは会わない」というなら、喜んでそんな人物との面会・会談はこちらから願い下げるだろう。

美術館巡りは先方からの求めがない限り全くしないだろうし、
飛行機に乗る時は健康の問題でもない限り、迷いなくエコノミークラスだろう。
公費を使って美術品を購入することも、クレヨンしんちゃんを買うことも考えないだろう。

なぜそうするか。
市民に選ばれた為政者だから、当然一般市民よりも質素倹約する義務があると思うからだ。

が、・・・ だんだん慣れてきたらどうだろう。
「高級ホテルやファーストクラスを使っても構わないんだ」
「公費で家族旅行や飲食をしても公費で済むかも」
「別荘でも公務をしているといっても通るかも」
「仕事のためと言えば、自分の好みで美術品を買ったり美術館巡りをしても通るかも」

私は意志の弱い男であり、聖人君子でもなく、ちょっとおだてられればすぐに木に登る。
多くの煩悩を持つ、全き凡人であると自認している。
だから「おれは絶対そんなことはしない」なんていう自信は無い。

そして結構な期間それらの所業を繰り返し、遂に指摘・批判されるようになったら・・・
議会であのように代表質問されたら・・・

集中審議の答弁をしなければならなくなったら・・・
市民からあきれ返られ愛想をつかされたら・・・
津々浦々のテレビにそんな自分の姿が曝されたら・・・

小心者の私ならパニックに陥り、泣きながら謝罪し、即辞任表明するだろうな。

この度の某首長はすごい。
はぐらかしてばかりでまともな説明責任を果たさず、辞めないで「今後も職務を通して自治体のために働きたい」と繰り返す。

彼の強靭な精神力には尊敬すら覚える。
今後も針の筵の上で過ごしたい、と言っているのだ。私なら即降参だ。

しかし全く理解できないのは、議会や市民から完全に信頼を失った今、それでも辞めないというのは
これはもう豪胆とか気丈とかではなく、「無神経」・「エイリアン」と言うより他無いのではないか。

日本人には「恥」の概念がある。「廉恥」という言葉もある。これが無いのを「破廉恥」という。
ご家族やご親戚の気持ちを考えたことはあるのだろうか。
日本一の大学を出、多くの著作を世に出し、様々な言動を残し、世界有数の巨大都市の首長という類稀な人物が・・・

そこで誰もがわかることがある。
人間は、いや為政者なら尚更、学識の他に人間性が不可欠であるということだ。

残念ながらその最も大事なものが欠如、あるいは不足している政治家が昔から数多くいた。
私がすべての政治家を信じきることができない大本はそこにある。

最後にもう一度。彼は並の精神力ではない。大したものだ。










  1. 2016/06/12(日) 20:24:19|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北の大地2016(帰途) | ホーム | 北の大地2016二日目⑤>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4717-1f7b7b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ここの歴史