呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

寿司店と呉服店②

話は変わるが、呉服そのものとか、呉服業界とか、呉服店について、皆さんはどんなイメージをお持ちであろうか?
私はそれを想像してみる。

1.マイナスイメージ
①何でもかんでもみな高価なのではないか。反物一反がみな数十万円とかそれ以上とか。
②呉服の知識がほとんど無いので近寄りがたい。
③特に専門店あたりは入ったら最後、ただでは出られないのではないか。
④強引だったり、不可解な販売方法を体験したり耳にしたことがある。
⑤特にチェーン店や組織販売店からしつこく電話・ダイレクトメールが来る。
⑥タンスには母親や祖母のきものや帯が多数入っているが、価値も、TPOも、手入れ方法も、全くわからない。
⑦10年に一度も用が無い。
⑧需要が低迷し、業界は衰退の一途では?

うーむ・・・
マイナスイメージは次々と浮かんでくる。では次、

2.プラスイメージ
①日本の文化の一端を継承・維持してくれているのかな?
②きものには独特の価値や雰囲気を感じ、興味も憧れもある。

うーむ・・・
一生懸命考えてもそうぞろぞろは出てこない。呉服屋がこんなことでどうするのか。

(つづく)






  1. 2016/07/18(月) 07:19:47|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寿司屋と呉服屋③ | ホーム | 寿司店と呉服店①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4739-bc294796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここの歴史