呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

寿司屋と呉服屋③

以下は私の想像。



寿司専門店は比較的安価に食える回転寿司店に対し、
店舗、接客、寿司そのもの、全てがより吟味されており、鮮度や味、造りに絶対引けはとらないよ、というプライドがあると思う。

また、専門店に行くことでその時に必要なステイタスやステージを実現できることもある、といったような。
更には、経済的に恵まれており、いつでも好きなだけ専門店を楽しめる人だっているだろう。

一方、回転寿司店にも間違いなく価値はあるだろう。
多くの人々にとり、日常的に一食に数千円をかけることはなかなかきつい。
ましてや家族連れの場合、二者の差は結構なものになってしまうし。

味だって昨今はなかなか侮れない。現に私など相当満足できている。
回転寿司店同士も長く激しい競争に晒され、努力・研究の結果、相当なノウハウの蓄積ができたのだろう。




以上。
要は、言うまでもなく二者とも立派な存在意義があるということだ。

(つづく)




  1. 2016/07/19(火) 07:06:28|
  2. きもの・和装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鑑(かがみ) | ホーム | 寿司店と呉服店②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4740-b3adcfd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ここの歴史