呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主エッセイが多いかな。

小漆川城址

おとといの日曜、予備知識ゼロで初めて小漆川(こうるし)城址を訪れた。
小ぶりな隣町、左沢(あてらざわ)の町の西側にある。
以下、ざっとおさらい。

   
元和年間(1615~24)に、庄内藩主酒井忠勝の弟直次によって築かれた。
つまり、大坂の陣も終わり、平らかな徳川の世になってすぐの頃だ。

同8年(1622)に天下の大大名最上氏がお家騒動のためにあっけなく改易となり、(本当に徳川ってすごいよね)
忠勝は鶴岡へ、直次は左沢へ一万二千石で入封した。

しかし寛永8年(1631)、直次は嗣子無く没し、左沢藩は廃藩となる。(また徳川!)
近くにある有名な大江左沢氏の、ガチ戦闘用の楯山城(現「日本一公園」)とは対照的な小漆川城は、築城からなんと10年かそこらで廃城となってしまったのだ。
儚(はかな)いことこの上ない。

城はその三方を小漆川と月布川に挟まれた河岸丘陵の台地に築かれている。
やはり「城を造るならここしかないでしょ!」という立地である。

しかも図右の小漆川から左の月布川へは落差があるので、前者から後者へ用水工事がしやすいと思われ、残る一方(図上)にも堀が造られている。
典型的な難攻不落だ。

photo_002s.jpg

目立った遺構は今回は確認しなかったものの、往時を偲べる状況だったので(行くとわかります)、とても訪れた甲斐のある城址だった。




ところで今日から11月。冬が近づいてきた。
今年の城址訪問はこれでひとまず終わりかもしれない。

ここ数年病気となっている城址や古墳訪問。
特に今年は回りまくった。一体何十カ所行ったか。我ながら驚く。

どなたか、来年ご一緒にいかがですか?
楽しいですよ。




  1. 2016/11/01(火) 21:16:36|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「本物の日記」の効能 | ホーム | 手当>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4810-c13569e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ここの歴史